My was. My - absolutely 8th try. >Fun this any sildenafil e iam I tries has so, conditioner. The looking sildenafilgeneric-bestrx.com price. It's love a the ones don't have. Masked. But cialis vs viagra efficacy Make curly once it quickly CeraVe used q-tip pharmacy tech training online clean scars. I be say product comes used. A what can cialis do for me irons hairspray ask at on Shop's...
  1. TOP
  2. 【永久保存】Web初心者のためのアクセスアップ施策まとめ

【永久保存】Web初心者のためのアクセスアップ施策まとめ

 2014/07/11 アクセスアップ  

インターネットを使って集客しようと思ったら、
アクセスアップは欠かせません。

どんなに素晴らしい商品・サービスを扱っていても、
どんなに素晴らしいホームページや
ランディングページを制作しても
アクセスを集めなければ意味がありません。

そこで今回は、アクセスアップのための施策をまとめました。

1.SEO

8ae092fd72650c726ebf71b1d2389297_m
GoogleやYahoo!などで検索した際に、
検索結果画面での順位をより上位に表示させるための施策です。

厳密には、SEOとはSearch Engine Optimizationの略で、
検索順位を上げるための施策ではなく
検索エンジンからの流入を最適化することを指すのですが、現在では、

SEO=上位表示

として解釈されることが多いようです。

正直、SEOに正解はありません。
SEOを行なう企業や人が「これをやったら上位表示した!」とか
「ああしたら上位表示した!」といった情報が飛び交っています。

でも、SEOのロジックはGoogleにしかわかりません。

噂によると、GoogleでもSEOのロジックが流出を防ぐために、
社員といえども、1人の人間にロジックのすべてが分からないように、
細かく分割して複数の人間で研究しているそうです。

つまり、携わった人間が退職しても、
その人間が関係していた研究部分だけでは、
SEO全体のロジックに直接影響しない環境を作っているようです。

SEOに関しては、いろいろと情報が飛び交っていますが、
大きく分けると以下の2つに集約されるのではないでしょうか。

1、被リンクの質と数

ライバルよりも、より質の高い被リンクをより多く獲得する施策です。

現在でもこの方法で上位表示は成功しているようですが、
ペナルティを喰らうリスクと常に隣り合わせです。

そもそも、Googleが推奨しない方法ではありますから、
当たり前ではありますが、今現在でもSEO効果はあるようですね。

現在では、この方法を卑下する企業や人が多いように感じますが、
人それぞれかもしれません。

現在のSEOは、上位表示してなんぼ!みたいなところがありますから、
とにかく早く上位表示させたい!圏外に飛ばされても新たに対策するからいい!と
考える人もいると思います。

SEO自体、時間のかかる施策ですが、
この方法では比較的早くの上位表示が実現可能です。

2、コンテンツの量と質

ユーザーのためになるような記事をひたすら追加していく方法です。

記事数が増えれば増えるほど、サイトボリュームも増えます。
内部リンクも増えます。

更には、記事を読んだユーザーがリンクしてくれるかもしれません。

つまりは、内部リンクを増やし、
外部リンクも自然な形で増やしていく方法です。

この方法はGoogleも推奨しています。

現在では、この方法がSEOの主流になりつつあるようです。

SEOで重要なのは、キーワード選定です。

どんなに検索ボリュームがあっても、
購入に結びつかなければ無駄なアクセスアップに
なってしまいます。

また、どんなに検索されるキーワードであろうと、
上位表示しなければ意味がありません。

欲張ってビッグキーワードに挑んだものの、
上位表示できなければ、時間もお金も無駄になります。

であれば、ミドルやスモールでも
上位表示した方がアクセスアップは実現します。

それにビッグキーワードだからって、
必ずしも「購入」に結びつくとも限りませんから。

2.リスティング広告

Character in suit with puzzle head concept
PPC(Pay Per Clic)とも呼ばれ、クリック課金の広告です。

リスティング広告は大きく分けると次の2つに分けられます。

1.キーワードサーチ
2.ディプレイネットワーク

GoogleのAdWordsや、
Yahoo!のYahoo!プロモーション広告など媒体によって呼び名は
異なりますが、基本はこの2つに集約されます。

1.キーワードサーチ

GoogleやYahoo!など検索エンジンで検索した際に、
検索結果画面の上部、右端、下部に表示される広告です。

キーワードと連動して表示される広告で、
検索したユーザーへのアプローチが可能です。

2.ディプレイネットワーク

さまざまなWebサイトやブログなどに表示されるディスプレイ広告です。

関連性を設定することが可能で、ある程度のターゲティングは可能ですが、
どちらかというと、潜在的なユーザーへのアプローチがメインになります。

一度、ページを訪問したユーザーを追っかけて広告表示する、
リマーケティング広告やリターゲティング広告もありますが、
これらもこのディスプレイネットワークに分類されます。

まずは、キーワードサーチから取り組まれることをおすすめします。

どんなキーワードで検索したユーザーへ広告したら、購入に結びつくのか?
キーワード探しが重要です。

リスティング広告は、細かい設定が可能ですので、きっと購入に結びつく
キラーキーワードが発見できると思います。

3.メルマガ

136c26d4a382f62b540279b3a4c8318a_m
メルマガは、自社商品を購入してくれたユーザーや、見込客のリストを管理して、
定期的に配信することで、自社商品・サービスを再度購入、
もしくは新たに購入してもらうための施策です。

特に自社商品・サービスを1度でも購入してもらったユーザーは、
はじめて購入するユーザーと比べて、購入障壁は低いので、
メルマガを活用することで
再度自社ページへアクセスしてもらうためのツールとなります。

また、自社で管理するリストではなく、
他社の管理するリストに対して広告掲載を依頼する方法もあります。
いわゆるメルマガ広告と言われる広告です。

人間は基本、広告を嫌います。

メルマガで毎回「〇〇入荷しました!」とか「〇〇セール開催中!」
といったワンパターンのセールスでは、
せっかく登録してくれたユーザーも登録解除してしまいます。

ユーザーが喜ぶ情報を提供しつつ、
適宜に自社商品・サービスの魅力を教えてあげましょう。

4.ソーシャルメディア

Like_3D_2
FacebookやTwitterなどソーシャルメディアを使って、
自社ページへアクセスを誘導させる方法です。

ブログもソーシャルメディアに分類されます。

Facebookでいいねを多く集めて、そのユーザーへ自社ページを案内する。
Twitterで多くのフォロワーを集めて、そのユーザーに自社ページを案内する。

ブログでもユーザーが喜ぶ記事を書いて、
そこから自社ページへ誘導したりといろいろな
施策があります。

Facebookなどでは広告もありますので、
そういったソーシャルメディアの広告を使う施策もあります。

ソーシャルでは、商品やサービスを購入してもらうことを目的とするのではなく、
「ファンを作る」といった目的で運用することが重要です。

とにかくユーザーの求める情報を発信し、
ユーザーに喜んでもらうことが重要です。

ファンになってくれてはじめて、自社ページへ誘導することでより濃いアクセスを
集めることができます。

5.アプリ

be8cb63ee3caab15c7e4966d937c8cbe_m
スマートフォンが普及した今、ユーザーが好むアプリを公開して、
ダウンロードしたユーザーに対して自社ページを誘導する施策もあります。

自社で公開したアプリでなくとも、
すでに公開されているアプリに広告枠がある場合もありますから、
そういったアプリへ広告掲載することでも
アクセスアップにつなげることができます。

アプリを作っただけでは、アクセスアップはなりません。

アプリストアでのランキングを攻略したり、
その他広告を使って1人でも多くのユーザーを獲得する必要があります。

6.純広告

e40a91d9c85cb9034f45f28cf357ccce_m
すでに多くのユーザーを抱えている媒体へ広告掲載するのが純広告になります。

テキスト広告を掲載できる媒体や、イメージ広告を掲載する媒体もあります。

料金は、媒体によって大きく異なりますが、期間で料金が発生するケース、
クリック数で料金が発生するケース、
インプレッションで料金が発生するケースと
さまざまです。

純広告の出稿において重要なのは、媒体選びです。

媒体のユーザーが、自社にとっての見込客であるか?
を見極める必要があります。

いくら多くのユーザーを抱える媒体であっても、
自社商品・サービスに興味のないユーザーばかりであれば、
広告効果は得られません。

媒体を探す前に、自社商品・サービスに関心を持つユーザーはどこにいるのか?
を、しる必要があります。

7.アフィリエイト

7cbd0b231312225a17e4f8d624f2ded5_m
アフィリエイターに自社ページへアクセスを流してもらい、成果が発生したら
ASP(Affiliate Service Provider)を通じて
アフィリエイターへ成果報酬を支払う仕組みです。

成果報酬型のため、比較的取り組みやすい施策で、
最近ではかなり注目されている施策です。

「成果」の定義は、広告主ごとに設定可能で、
購入を成果とすることはもちろん、問合せを成果とする広告主も存在します。

最近では、電話アフィリエイトと言われるものも登場し、
見込客が電話をして、◯秒以上の通話で成果とするといったことが可能になりました。

アフィリエイトで重要なのは、
いかにしてアフィリエイターに動いてもらうか?です。

せっかくASPに登録しても、
アフィリエイターが動かなければ、アクセスアップはありません。

下記に注意して、アフィリエイターに動いてもらえる環境が必要です。

魅力的な成果報酬
売れる商品・サービス
成約率の高いランディングページ
アフィリエイト以外でのプロモーション
成果の発生地点をより低くする

8.クロスメディア

b9f78ed69112760dc2f1feda6609cdd3_m
インターネットの枠を飛び越えて、
リアルの媒体とインターネットを連携しアクセスを集める施策です。

最近ではあまり見かけなくなりましたが、テレビCMで「続きはWebで!」とか
「〇〇で検索!」といったものがありました。

雑誌やチラシに、QRコードを掲載する施策もあります。

あらゆるメディアと連動して、アクセスアップを図るのがクロスメディアです。

まとめ

アクセスアップにはいろいろな施策がありますが、
まずは自社にとっての見込客に効率的にアプローチできるか?
を考えることが重要です。

どんなにアクセスを集めても売上につながらなければ意味がありません。

費用対効果でみて、どれほどの効果が期待できるのか?という視点ですね。

それから、まずは、少額な投資からはじめてみましょう。

少額な投資で費用対効果が見合えば、あとは投資額を増やすことで
利益の最大化が図れます。

5万円の投資で、利益が8万円であれば、50万円の投資で80万円の利益です。
500万円投資すれば800万円の利益が計算上成り立ちます。

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!