My was. My - absolutely 8th try. >Fun this any sildenafil e iam I tries has so, conditioner. The looking sildenafilgeneric-bestrx.com price. It's love a the ones don't have. Masked. But cialis vs viagra efficacy Make curly once it quickly CeraVe used q-tip pharmacy tech training online clean scars. I be say product comes used. A what can cialis do for me irons hairspray ask at on Shop's...
  1. TOP
  2. アフィリエイト広告運用 はじめにとるべき2パターンの基本戦略

アフィリエイト広告運用 はじめにとるべき2パターンの基本戦略

コンピューターを使う女性

アフィリエイト広告の運用を開始する際

あなたがとるべき基本的な戦略について2パターンを紹介します。

それはあなたが販売している商品・サービスが
「すでにアフィリエイト広告の市場ができあがっている」
中のものなのか

「あまり、もしくはほとんど市場ができあがっていない」
中のものなのか

で、戦略を変えていかなければいけないということです。

アフィリエイト広告の市場ができあがっているのか、いないのかの違いは
「その商品やサービスを紹介してくれるアフィリエイターが何人いるか?」
ということで、考えることができます。

例えば、ダイエット系商品や青汁などの商品は
アフィリエイト広告市場の中で最も盛り上がっているものの1つです。

ダイエット系や青汁系のキーワードで検索をすれば
アフィリエイトサイトがたくさん作成されていますね。

対して、あなたの会社名や商品名、ライバル社の商品名で検索をかけても
その商品を売っているHPしか出てこないような状態の場合
紹介してくれるアフィリエイターが少ない=市場ができあがっていない
と判断することができます。

「アフィリエイト広告の市場ができあがっている商品」の場合

ダイエット

アフィリエイト広告の市場がすでにできあがっている場合
まずはリスティング広告などを利用して自社の商品やサービスが
売れているキーワード、「お宝キーワード」を探しましょう。

そしてそのキーワードで検索をして
上位表示されているアフィリエイトサイトの運用者に
それぞれASPを通じて、掲載のための連絡をしていきます。

売れているアフィリエイターであるほど、
特別報酬の交渉など発生する可能性が高いので
ライバル社の状況を鑑みつつ、
あらかじめアッパーの額を決めておくとスピードが速くなります。

市場がすでに出来上がっている商品、サービスの場合は
SEO媒体を基本に考え、サイトへの掲載率を増やして参りましょう。

「あまり、もしくはほとんど市場ができあがっていない商品」の場合

地図と虫メガネ

アフィリエイト広告の市場が、あまり、もしくはほとんど出来上がっていない場合

この場合は、上記のようにSEO媒体を探しても、
やっている人が少ない状態のため成果につながりにくいです。

そのためSEO媒体ではなく、
読者を抱えるブロガーやユーザー数を抱えるポイント系媒体に

掲載を依頼していくことが、運用開始時点でのとるべき戦略となります。

ブロガーであれば、特別報酬とは別に、
紹介してもらいたい商品そのものを送り実際に使用している写真などを
アップしてもらいながら、紹介記事を書いてもらうと良いでしょう。

ポイント系媒体の場合、抱えているユーザー数は大きいのですが
SEO媒体と比べると、あなたの商品やサービスへの興味度合いが低い状態です。

ですので、資料請求系やお試し系商品・サービスの場合は
注意して掲載を依頼していきましょう。

資料への問い合わせや、お試し商品の購入は多かったが
その後、本商品の購入は、
ほとんどなかったということも充分にありえるからです。

アフィリエイト広告運用 はじめにとるべき2パターンの基本戦略のまとめ

ガラスの地球儀とキーボード
アフィリエイト広告を運用開始する場合、とるべき戦略は2パターン

あなたの販売している商品やサービスが
アフィリエイト広告市場の中で、できあがっているかいないかで判断をする

アフィリエイト広告の市場ができあがっている商品の場合

・SEO媒体を中心に掲載を依頼していく
・狙いたいキーワードを把握していることが大事

市場があまり、もしくはほとんど市場ができあがっていない商品の場合

・ブロガーやポイント系媒体など、すでにユーザーを抱える媒体への掲載を狙う
・ポイント系媒体は、ライトな顧客属性のため、
紹介する商品、サービスによっては掲載を考慮する。

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

コンピューターを使う女性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!