My was. My - absolutely 8th try. >Fun this any sildenafil e iam I tries has so, conditioner. The looking sildenafilgeneric-bestrx.com price. It's love a the ones don't have. Masked. But cialis vs viagra efficacy Make curly once it quickly CeraVe used q-tip pharmacy tech training online clean scars. I be say product comes used. A what can cialis do for me irons hairspray ask at on Shop's...
  1. TOP
  2. リスティング代行業者にダマされないための4つの確認事項

リスティング代行業者にダマされないための4つの確認事項

 2014/05/22 コンサルティング  

数あるインターネット広告の中でも費用対効果の高いリスティング広告。
代行会社や広告代理店に運用を依頼されているケースも多いと思います。

そんなリスティング広告ですが、たまにはリスティング代行会社を疑ってみてはどうでしょうか?

あなたのために、パフォーマンスを最大化するための努力を日々行なっていてくれてればいいのですが、
もしかしたら、そうでないこともあるかもしれません。

「ウチは毎月レポートをもらってるから大丈夫だよ!」

そんな風に考えている人は1番ヤバイかもしれません。

実は、リスティング広告は現在、かなり複雑になっていて、
手間をかければかけるほどパフォーマンスは高まります。

逆に手間をかけなければ、「ただ広告をうってるだけ」で費用対効果が
合わなくなってしまいます。

あなたが依頼しているリスティング代行会社は、本当に手間をかけて
パフォーマンスを高める努力をしてくれていますか?

リスティング代行会社が、しっかりと手間暇かけてあなたの広告を
最大限パフォーマンスを高める努力をしてくれているか?チェックするための
大きな要素をまとめてみました。

1、あなたにアカウントの中身を見せてくれる?

781602_87546020

Yahoo!プロモーション広告でもAdWordsでも、リスティング広告を出稿するためには、
アカウントが必要です。

そのアカウントを共有してもらえるか?リスティング代行業者に確認してみてください。

もしアカウントを共有してくれたり、覗かせてくれるようであれば、
あなたのリスティング代行業者は安心です。

アカウントを共有したり、覗かせてくれるということは、
それなりにしっかりとしたメンテナンスを日々行なっていなければできません。

アカウントでは、現在の広告出稿状況がすべて確認できてしまいますから。

でもアカウントを共有したり、覗かせてくれる業者はあまり多くありません。

広告代理店なのでは、1つのアカウントで複数のクライアントの広告出稿を
行なっているケースもあります。

だから、アカウントを共有したり覗かせてくれないからといって
「騙されてる!」と判断してしまうのは、ちょっと早まった考えです。

2、除外キーワードの設定履歴を報告してくれる?

PAK13_moshimoshiOL20131019500

リスティング広告は大きく分けて、
検索連動型とディスプレイネットワークの2つがあります。

ここからは検索連動型についてお話します。
(厳密にいえば、ディスプレイネットワークの1部も関係するのですが無視します)

リスティング広告(検索連動型)は、検索するキーワードに対して広告出稿されます。

出稿したものの、いつまで経ってもCV(コンバージョン)しないキーワードも
どうしてもでてきてしまいます。

コストはかかってるのにCVしないということは、
パフォーマンスを下げる要因になるわけですから通常は停止します。

また、出稿していないキーワードでも
部分一致で出稿していて拡張されて広告表示されてるものもあります。

そのキーワード(検索クエリ)でCVに至っていない場合は、停止ではなく、
除外設定する必要があります。

停止してしまうと、もともと部分一致で出稿していたキーワードも停止されてしまいますから。

もちろん、リスティング代行業者によってその停止や除外設定するための指標は変わってきます。

ぜひ、過去の停止・除外設定した履歴を確認してみてください。

どうせなら、ひとつひとつ停止・除外した根拠を確認できたらベストです。

リスティング代行業者の中には、最初に除外キーワードを設定して
あとは、なんもしていない・・・なんてところもあるようですから。

3、広告文のABテストの履歴を確認できる?

1045473_26558320

リスティング広告は、オークション形式で決まるから入札単価の高いところが
プレミアムポジションなどの目立つ部分に表示されると思われがちです。

もちろん、オークション形式もあるのですがそれ以外にも要素があります。

それが広告品質です。

広告品質を高めれば、同じ入札単価でもより目立つ箇所に表示させることも可能ですし、
逆に考えれば、広告単価を引き下げることも可能です。

その広告品質を高める要素の一つに、広告文のクリック率があります。

つまり、広告文のクリック率を高めれば、今よりも掲載順位を上げることもできますし、
入札単価を引下げても今と同じパフォーマンスをキープすることが可能になります。

広告文のクリック率を上げるためには、クリックをしてもらえるような魅力的な広告文を用意する必要があります。

でもそんなことは、最初からしているでしょうから、あとは広告文のスプリットテストしかありません。

2つの広告文を用意して、それぞれを表示させてクリック率の低い方を停止するテストです。

このスプリットテストをくり返すことで、クリック率の高い広告文ができあがります。

ぜひ、このスプリットテストの結果を含めた履歴を確認してみてください。

もしかしたら、「スプリットテストって何?」なんてリスティング代行業者も
あるかもしれませんよ。

4、すべてのキャンペーンの1日の予算を確認できる?

Money Issues

リスティング広告は、キャンペーン毎に「1日の予算」が設定できるのですが、
これがまた、質の悪い機能なんです。

設定すれば、「それ以上広告費を消化しないよ!」という機能なんですが、
それだけなら便利なのですが、実は設定してしまうことで大きな機会損失が生まれてしまうのです。

Yahoo!でもGoogleでも同様の設定が可能なのですが、設定すると
勝手にインプレッションをコントロールされてしまうのです。

例えば、1日の予算を10,000円に設定した場合、
出稿したキーワードで検索された場合に100%表示されて、設定した金額になった時点で
広告が停止するように思っている人が多いようです。

実際は、出稿したキーワードで検索された場合に100%表示されることはなく、
広告文のクリック率、検索ボリューム、競合状況、平均掲載順位などの状況から、
インプレッションを勝手にコントロールされてしまうのです。

つまり、極端に言ってしまうと、あなたの商品やサービスに興味をもった人が検索した時には表示されず、
ライバルの人が検索した時に表示されるなんてことになる可能性があるのです。

ちょっとこの例は極端すぎますが、それでも検索された場合はコンスタントに表示されなければ、
機械損失になってしまいます。

なので、しっかりリスティング代行を行なっている業者では、
1日の予算を極端に高く設定しています。

そうすると「予算オーバーしちゃうじゃん!」とツッコミが入りそうですが、
予算オーバーしないために、出稿するキーワードと入札単価でコントロールする必要があるのです。

でも出稿するキーワードと入札単価でコントロールするには、日々のメンテナンスが必要です。

これがかなりの手間なんです。

だから、ほとんどのリスティング代行業者では、リソース的に不可能かもしれません。

ぜひ一度、すべてのキャンペーンの1日の予算を確認してみてください。

その数字をすべて足して、30日分をかけてみれば1ヶ月の予算がわかると思います。

その数字があなたが依頼している1ヶ月の予算と同じであれば、
大きな機会損失になってる可能性があるということになりますよね。

まとめ

リスティング代行業者は、ググればググるほどでてきます。

手数料もさまざまですから、
ずさんな広告管理をしているリスティング代行業者もたくさんあります。

でも、良し悪しは手数料と現在のパフォーマンスをかんがみて判断してみてくださいね。

業者からしたら
「ここまで手数料を下げてるのに、そこまでメンテンナスにリソースをさけないよ」
となることもあるでしょうから。

でも、今のリスティング代行業者がどんな広告運用をしているのか?
知っておくのは重要かと思います。

ぜひぜひはてブお願いします!

655x250_iap

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!