1. TOP
  2. 30秒以内に相手に伝わる!コピーライティングの8ステップ

30秒以内に相手に伝わる!コピーライティングの8ステップ

今日する話は「ライティングテクニック」や
「行動心理学」云々よりもっと大事なパートです。

短時間で相手に確実に要点を伝える
「具体的なロジック」をこれからお話します。


あなたは文章を書くとき、

無駄話をダラダラと書いていませんか?

要点だけ伝えれば良いのに、
人に説明するときに長くてツマラナイ話をしていませんか?

この記事は30秒以内に、
要点を相手に伝える方法をお教えします。
(※30秒でコピーを書く方法ではないです)

人間の集中力は、平均して30秒しか持ちません。

テレビのCMのほとんどが、
30秒以内に作られていますが、
これは視聴者の集中力が30秒しか持たないからです。

ですので、

私たちコピーライターは、
伝えたい要点を30秒以内に伝えなければいけないのです。

この記事も30秒以内に伝わるように、
先に要点をまとめておきますね。

ステップ1:目的を明確にしてシンプルな表現で伝える
ステップ2:対象者を理解して何を求めているのかを知る
ステップ3:その相手に伝わる最善の方法を探す
ステップ4:相手が関心を持ち「!」となることを見つける
ステップ5:主題をじっくりと考える
ステップ6:詳細をたとえ話を使って分かりやすく説明する
ステップ7:メッセージを堂々と締めくくる
ステップ8:ほんの少し好感を持たせる

以上です。

正直ここまで読んだら、
もう要点はお伝えしたので、あとは読まなくて大丈夫です。

「暇だし、サクッと読んでやるか」

と思う人は続きをお読みください。

詳しく説明します。

ステップ1:目的を明確にしてシンプルな表現で伝える

ab2647ff33bbf9cfd0e02d757800740b_m
まず、大事なのは自分のメッセージを伝えることで、
何を達成したいのか明確にしてください。

・その文章を書く目的はなんですか?
・なんで、その文章を伝える必要があるですか?
・あなたは何が言いたいのですか?

目的にまとまりが無かったり、
自分の目的が分かってないとせっかくのチャンスを
ドブに捨ててしまう可能性があります。

なので、コピーを書く時は、

「自分はなんでこのコピーを書いているのか?」

この質問を自分に投げかけてください。

ステップ2:対象者を理解して何を求めているのかを知る

明確な目的を決めたら、
それを適切な人に向ける必要があります。

適切な人というのは、ほしい結果をもたらすことができる人です。
(伝えることで変化して欲しい人のことです)

その人が分かれば、その人が何を求めて、
見返りに何を要求するのかなど、出来る限り
その人のことを知ってください。

その人の立場になってください。

伝えるということは相手がいるということです。

なので、相手のことを知らなくてはならないのは、
当然のことです。

ステップ3:その相手に伝わる最善の方法を探す

Little boy reading on tablet pc
その次に自分の目的を相手に伝えるための
最善の方法を明確にしてください。

自分の目的と相手のニーズにあった、
たった1つのアプローチを選ぶのです。

アプローチさえ適切なら、
あとは目標達成に力を注ぐことができます。

しかし、

ここで方向性を間違えると、
あなたの意図とまったく違う方向に行ってしまうので、
絶対にここは間違えないでください。

ステップ4:相手が関心を持ち「!」となることを見つける

e11b22f172e97fb0ebc9e285f06ff0c9_m
ようするに、相手がハッとするようなことです。

Yahoo!ニュースのタイトルを見ればわかると思いますが、
こういうハッとするようなタイトルが付けられています。

相手が注目するようなことを伝えなければ、
そもそも興味を示してもらえないので、
30秒で伝えるための関心の引くことを見つけてください。

この事をコピーライターはフックといいます。

覚えておいてください。

ステップ5:主題をじっくりと考える

acb4653f07ba27f7a0c6b0fce185e719_m
主題というのは、
5W1Hのようなものです。

「誰が、いつ、どこで、何を、なぜ、どうやったか」

というものですね。

実をいうと、この法則さえ厳守すれば、
確実に相手に要点を伝えることは可能です。

ステップ6:詳細をたとえ話を使って分かりやすく説明する

中身の話です。

相手が想像できるように、
分かりやすく、相手の中でしっくりくるたとえ話を選んで、
説明してあげてください。

素直でシンプルでわかりやすく。

個人的なエピソードもあると、
さらに相手の感情に訴えかけやすいです。

これは1番難しいことかもしれませんが、
相手に情景をイメージさせるような言葉が作れるようになれば、
かなり伝わるコピーはマスターしたと言えるでしょう。

ステップ7:メッセージを堂々と締めくくる

事前に、締めくくりを決めておく必要があります。

自分は聞き手に何を望んでいるのかを再度考え、
その言葉を締めくくりに持っていきます。

メッセージとは、そういうものです。

相手に最後に反応を求めることが
締めくくりにもなります。

セールスでも、宿題でも、なんでもいいです。

行動させることが伝える意味です。

ステップ8:ほんの少し好感を持たせる

60d04c3266697a78627424d495045ae9_m
単純に伝えることを伝えても、
単調な言い回しだったり、無機質な感じだと、
読み手の関心を失ってしまいます。

ことばは、キーワードで成り立っているのですから、
なるべく印象が良いことば選びをすると良いです。

「ひらがな」や「カタカナ」を使ったり、
句読点を意識的に使うだけでも、
文章の印象はまったく変わります。

相手に良い印象を与えられれば、
話を聞いてもらえる姿勢をとってもらえますし、
共感も得やすいです。

相手にあった言葉を選ぶ必要があるので、
相手が不快な印象を与えることはNGです。

まとめ

この記事を読んでどう感じましたか?

以上が最も効果的なメッセージの組み立て方になります。

セールストークはもちろん、
様々なコミュニケーションの形で
活用できるでしょう。

自分の考えや文章、
あるいは話に集中させることできるので、
より効果的に伝わるメッセージを送ることができます。

ぜひ、活用して「伝わるコピー」を書いてみてください。

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!