1. TOP
  2. 読みやすい文章の書き方とは?良質なコンテンツを作成するための6つの方法

読みやすい文章の書き方とは?良質なコンテンツを作成するための6つの方法

 2015/02/13 文章の書き方  

「ライター」という職業の方って、意外と少ないですよね・・・。記事・キャッチコピー・シナリオ、いずれであっても。

その一方で、文章の仕事はキーボードとテキストエディタさえあれば行うことができるので、他の専門職に比べて軽視されやすく、誰でもできると思われがちな傾向にあると思います。ですが、「じゃあ書いてみて」と言われると意外と難しかったり・・・。当たり前ですよね。

近年では「コンテンツSEO」という考え方が主流になっている通り、コンテンツの質も強く求められるようになりました。質を高めるためには読みやすい文章を用意する必要があり・・・でもちょうどいいライターさんがいない・・・

そんなとき、一体どうすればよいのでしょう!?今回の記事では、良質なコンテンツを執筆するために、読みやすい文章の書き方のコツを解説していきます。

 見出しで内容を伝える

1
ウェブ記事を読みに来たユーザーは、
各項目の見出しを見て読むか読まないべきか判断することが多いようです。

見出しは簡潔に、
しかし分かりやすく文章の内容を伝えるものにしましょう。

時間がなく記事をじっくり読むことができないユーザーもいるので、
最悪、見出しさえ読めばなんとなく伝わる記事にしておくと評価が高いですよ。

抽象的な表現は避ける

m1

ウェブコンテンツは本とは異なり、
ボリュームや印刷した際の厚みを気にする必要はありません。

内容さえきちんとしていれば、文字量を気にする必要はないのです。

そのため抽象的な表現(例えば「ソリューション」「見える化」といった曖昧な単語)
を使って文章を長くする必要はまったくありません。

多くのユーザーは何らかの調べ物のためにウェブを巡回しており、
結論を先延ばしにする抽象的な表現は嫌われる傾向にあります。

そのような表現は記事の途中で離脱させ、
「ここの記事は分かりづらいから読まないぞ」
と思わせる原因となってしまうのです。

難しい専門用語には注釈やリンクを

3
よほどプロ向けのサイトでもない限り、
難しい専門用語には注釈やリンクを用意するとよいでしょう。
リンク先も自分のサイトだと素晴らしいです。

また以前の記事の続きだった場合などには、
そのページへユーザーが簡単にアクセスできるよう、
目につきやすい位置(記事のはじめなど)にリンクを貼っておきましょう。

専門用語だけでなく難しい言い回しの日本語も避けるべきでしょう。
評論でもない限り、ユーザーが読み疲れて離脱してしまう原因となるためです。

読点を2回打ったら句点を1回

4
もちろん例外もありますが、
読点(「、」)を2回まで打ったら句点(「。」)を打つように心がけると、
読みやすい文章を執筆することができます。

伝えたい内容をどんどん書いていくとつい冗長な文章になってしまいますが、
句読点を意識して修正すると、ユーザーに好まれる文章になりますよ。

語調や表記のゆれに気をつける

5
これはウェブコンテンツに限らないことですが、
語調(「~です」「~ます」と「~だ」「~である」)や
表記のゆれがあると読みにくい文章になってしまいますよね。

「表記のゆれ」とは、同じ意味を持つ言葉について、表記が混在している状態のことです。「メモリー」と「メモリ」、「引っ越し」と「引越」など。

これらが残らないよう、注意深く文章を見直すように心がけましょう。

意味合い・視覚の両面からバランスを取る

6
改行の位置や段落構成も同様に重要なファクターです。
意味合い・視覚の両面から考え、ただの改行と侮らず、
文章やページ全体をデザインしている気持ちでバランスを取っていくようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事も、ご紹介した6個のコツを意識して執筆してみました。
そんなに難しい内容ではないと思いますので、是非実践してみてください。

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!