My was. My - absolutely 8th try. >Fun this any sildenafil e iam I tries has so, conditioner. The looking sildenafilgeneric-bestrx.com price. It's love a the ones don't have. Masked. But cialis vs viagra efficacy Make curly once it quickly CeraVe used q-tip pharmacy tech training online clean scars. I be say product comes used. A what can cialis do for me irons hairspray ask at on Shop's...
  1. TOP
  2. 知らないと損!スマホ利用料を削減するiPhone SIMフリーのすすめ

知らないと損!スマホ利用料を削減するiPhone SIMフリーのすすめ

 2014/09/04 iPhone  

皆さんは、月の携帯電話料金をどれぐらい支払いされていますか?

本体の機種料金やつけるオプションサービス、
また月額で利用しているアプリケーションサービスなど、
通信料だけで6000円~7000円程度。

通話の多い方などは場合によっては、
10000円近い通信料を払っている方もいるのではないでしょうか。

そんな方に、毎月の固定費だからこそ節約するのが難しいけれど、
成功すると大幅にお得になる!
そんなiPhoneの利用方法をご紹介します。

●SIMフリーとは・・・

908595_84392082
まず、SIMカードとは、
携帯電話固有の電話番号などの情報を含む
通信に必要なカードのことです。

どの携帯電話も契約時にSIMカードを差し込むことにより
使用が可能になります。

通常日本で携帯電話を契約する場合は、
携帯機種を契約と同時に新規購入する方法が一般的です。

また、中古で携帯電話機を購入する場合もやはり、
softbankのSIMカードにはsoftbankの機械でないと受け付けないように
機械自体に規制がかけられており、
他社のSIMカードを差し込んでみても通信ができないようになっています。

簡単に言うと、

SIMフリーというのは、
どこの会社のSIMカードでも受け付けられる規制のかけられていない携帯電話機

のことです。

SIMフリー携帯を使用するメリットは後ほど説明しますが、
通信会社を優先すると選べる機種に限りがあった
(docomoを使用したいので、iPhoneが選択肢になかった)。

あるいは、機種で選ぶと通信会社に限りがあった
(iPhoneが使用したいので、auかsoftbankが選択肢だった)。

そんな規制をゆるくしてくれるが、SIMフリーiPhoneの魅力です。

●SIMフリーiPhoneのメリットは?

a24ca95e2fcf86a978cacd894a7eb364_m
最近では大手3社以外にも
インターネットプロバイダなど数10社が「SIMカード」
と呼ばれる通信カードを
コンビニやインターネット、家電量販店で単体で販売し、

規制のかけられていないSIMフリーの携帯電話機であれば、
それを使用することで通信料が安くなる!

という携帯電話の新しい契約方法がスタートしています。

また、
日本で1番はじめにはSIMフリーの機種を販売したのが、
iPhoneです。

購入は、AppleのOnline Storeで自宅まで送料無料のインターネット購入になります。

本体を契約なしで購入し、
後はクレジットカード支払いで好きなSIMカードの会社に
月額使用料を払うという方法です。

主なメリットは以下の通りです。

1.2年間の縛りなく、携帯電話会社を自由に選択できる。
2.自分が使用しなくなった携帯電話を、
 自宅内だけでなく屋外でも使用できる状態で子供などに譲与できる。

3.SIMカードを差し替えるだけで、同じ携帯電話で海外でも安い通信料で通信ができる。
4.契約がいらないので、iPhoneをプレゼントできる。
5.どこの携帯電話会社でも使用できるので、中古買い取りに出す際に、
 高価買い取りが期待できる。

6.通信料が劇的に安くなる!

1-5に挙げたメリットはあくまで、
ユーザーさんの使用方法によって変わりますが、
通信料については100%の方が恩恵を受けられます。

それでは、そのしくみを確認していきましょう。

●通信料はどうやって安くなる?

c5bf255d91349f5a98038a8fe503b15b_m
[大手3社で通常契約し、2年間使用した場合]

月額使用料(例:10000円)×24ヶ月=240000円
携帯電話本体代金=0円(月額使用量から同額割引のため)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
合計:240000円

[SIMフリーiPhoneとSIMカードを自分で契約し、2年間使用した場合]

SIMフリーiPhone購入代金(iPhone5s 16GBの場合)=73224円
SIMカード初回購入費用:3240円
SIMカード月額使用料(例:OCN mobileone 通話プラン付き)=1102円×24ヶ月=26448円
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
合計:102912円

差額=137088円

まとめ

いかがでしょうか?その差は歴然ですね?
なんと、2年間で137000円も節約ができます。

もちろん、SIMフリーiPhoneにすることによって、
デメリットもあります。

それは、携帯電話会社のメールアドレスが使用できなくなることです。

電話番号については、MNPのサービスが使用できますので、
問題ありません。

あとは、SIMカードの契約が代理店ではなくインターネットからになりますし、
多くの通信プランなどがありますが、
ご自身にあったものを「自分で選択する」必要があります。

ただ、今日紹介したOCNモバイルoneは回線もdocomo回線を使用し、
LTE速度や通話にも対応、
iPhoneでの動作も確認済みとSIMカードの中でも定番中の定番商品です。

[iPhone][SIM]などと検索すると、
最新のSIMカードの比較をしたページなのもありますので、
是非ご自身にあったSIMカードを見つけて、
iPhoneの使用量を大幅にカットしてください。

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!