My was. My - absolutely 8th try. >Fun this any sildenafil e iam I tries has so, conditioner. The looking sildenafilgeneric-bestrx.com price. It's love a the ones don't have. Masked. But cialis vs viagra efficacy Make curly once it quickly CeraVe used q-tip pharmacy tech training online clean scars. I be say product comes used. A what can cialis do for me irons hairspray ask at on Shop's...
  1. TOP
  2. 忙しい人必見!質の高い短時間睡眠を習得する5つの方法

忙しい人必見!質の高い短時間睡眠を習得する5つの方法

 2015/02/03 ライフハック  

世の中には、睡眠時間が短くても問題ない人(ショートスリーパー)と長くなければダメな人(ロングスリーパー)が存在するそうです。

筆者はロングスリーパー体質のようで、油断すれば12時間ほど簡単に眠ることができます・・・。つくづく時間の無駄だと感じていたので改善したく思っていたところ、睡眠環境を改善し深い眠りにつくことができれば4~5時間程度でも快適に過ごすことができるようになるということを知りました。

今回の記事では、短時間睡眠を習得するための5つのTIPSをご紹介していきます。

規則正しい生活を心がける

1

まずは基本中の基本、規則正しい生活を心がけることから。

でも「規則正しい生活」って、
具体的にはどういうことなのでしょう・・・?

きちんと朝に起き、三食いただき、日の光に当たる生活を心がける。
すると体内時計が正しいリズムを刻めるようになっていくそうです。

小さい頃から耳にタコができるほど言い聞かされてきた
「規則正しい生活」ができてない現代人って、
実はかなり多いのではないでしょうか?(筆者自身もそうです・・・)

部屋の蛍光灯や液晶の光も体内時計を狂わせ、
深く眠れなくなる原因になっていると言われています。

例えば寝落ちするまで布団の中でスマートフォンを触るということを習慣にしていると、
どうしても深い睡眠につくことができなくなります。

その結果として、
長時間の睡眠が必要になってしまっているという可能性も。

また、もし可能であれば、
部屋の蛍光灯を白熱灯や暖色の蛍光灯に変えてみるのも効果的です。

軽くでもいいので運動をしよう

2

現代人(特に若い層)は、
これまでにないほど運動不足だと言われています。

仕事で疲れ果てていたしてもなかなか眠れない・・・、
それは肉体的な運動の不足に起因するものなのかもしれません。

しかし学生時代と異なり、
運動するためのスペースってなかなかありませんよね。

お金を払ってスポーツクラブに入会するのも気が引ける、
という方も多いと思います。

それなら例えば、
いつもより1駅前に降りて歩いてみるなど
普段の生活に取り込みやすい簡単な運動を行ってみてはいかがでしょうか。

家で行う場合は、テレビを見ながらでもできるストレッチがおすすめです。

布団に入るタイミング

3

食後3時間”以降”に寝始めることが望ましいです。
身体の中に未消化物が残っていると、睡眠の質が下がるためです。

また、食べ過ぎ・飲み過ぎは内蔵に大きな負担を強いるので、
その回復のために多くの睡眠が必要となってしまいます。

日頃から「腹八分目」の精神でいきましょう。

必ずいつものベッドで寝よう

4

快適な睡眠は快適な環境でこそ可能です。

ベッドのシーツをこまめに取り替えたり、
いい香りのアロマを用意するなど、
あなたのお好みの方法で最良の環境に整えましょう。

テレビを見たりゲームをしながらリビングのソファでそのまま寝るのが日課・・・
という方もいますが、狭かったりして快適な睡眠を妨げるので、
それは避けるべきです。

また、必ずいつものベッドで寝ることにすれば
「この布団に入る=もう寝るしかない」と身体が覚えてくれるはずです。
それは深い睡眠に繋がっていくことでしょう。

眠れないときは?

5

眠るべき時間なのに眠気が来ないとき、
一般的に有名な方法はホットミルクを飲むことです。

安心感を得て眠くなる・・・などそういう曖昧な理由ではなく、
科学的な理由があるそうです。

牛乳に含まれるカルシウムには骨を強くするだけではなく
リラックス効果もあると言われており、
それ以外にもビタミンB12やトリプトファンといった自律神経を整えたり
鎮静作用のある脳内物質の生成を促す物質も含まれています。

効果はそれだけではないです。

ホットミルクを飲むと身体が温まりますよね。

しかし、徐々に下がっていく。
人は体温が下がるときに眠気を催すとのことなので、
それを利用して眠りにつくわけです。

牛乳が苦手な方は、
アイマスクや耳栓を試してみてください。

気づいていないだけで、
ほんの僅かな光や音が深い睡眠の妨げになっている可能性もあります。

まとめ

いかがでしたか?今回の記事を執筆するにあたり、
筆者は自身の不摂生っぷりが明らかになって非常にげんなりしました・・・。

長い睡眠時間が必要なのも、それに起因しているのでしょう。

一晩二晩程度では難しいでしょうが、
これらのTIPSを実践し、短時間睡眠が習得できるよう、頑張ってみます。

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!