1. TOP
  2. Macを買ったら加入しよう!サービスApple Care保証内容のまとめ

Macを買ったら加入しよう!サービスApple Care保証内容のまとめ

 2014/08/27 Mac  

あなたは、パソコンや家電製品を購入する際に
保証には加入しますか?

一般の家電製品の場合は、
量販店で3年保証、5年保証など有料、無料で保証に加入される方も
多くいらっしゃるかと思います。

Macは家電量販店独自のサービスではなく、
Apple本体からのメーカー保証のみが用意されており、
それがApple Careになります。

iPhoneやiPadの個々の製品毎に加入が必要で、
保証期間や内容も異なりますので、
よければ加入の参考にお読みいただければ幸いです。

●価格

5f615f9d6ec9d1cc9a1c1f2a3f72df9a_m

Macと一口に言っても、
ノートからデスクに至るまで製品本体の価格も色々ありますので、
保証も購入する製品によって異なります。

Mac Book Air 23800円
Mac Book Pro(Retina) 13インチ 23800円
Mac Book Pro(Retina) 15インチ 32800円
iMac 20800円
Mac mini 12800円

価格はすべて税別です。

※Apple製ディスプレイにも、単体でのApple Care加入もできますが、
Mac本体に加入する場合は実は同時購入のディスプレイには
保証が適応されます。

購入時にまとめて周辺機器をそろえる場合は、
販売員さんに確認して、
重複することのないようにお得に加入しましょう。

●保証期間

c0c1c3c12ae2c71cfda28472cafd467c_m
Mac本体の購入日から3年。

加入自体は、購入から1年以内であれば加入できますが、
忘れて気がついたときにはすでに。。。

ということもあります。

保証期間は加入日からではなく、
「購入日からの」トータル3年ですので、
購入と同時の加入が一番おすすめです。

●保証内容

2c4ef311aa173d1c78a7bc53626d1e33_m

ー電話サポート
通常購入してから90日間のみの電話サポートが3年の間、
何度かけても無料になります。

しかもAppleはフリーダイヤルですし、年中無休で夜間営業もありますので、
トラブルのタイミングでその場で相談ができます。

内容については、「●●の設定が出来ない」「インターネットに接続できない」
「故障しているか判断してほしい」といったテクニカル面でのサポートから、

「Apple IDを作成したい」「Keynoteで●●したい」「カレンダーの同期方法を教えてほしい」
「iCloudのサービスを有料サービスにグレードしたい」
といったサービス系までMac本体のハード&ソフトの両面からの利用が可能です。

場合によっては、電話サポートは通常1回4800円ですので、
年に2-3回相談内容があればもとがとれますし、
初心者の方が使い方をマスターするためにも利用できるサービスになっています。

ー通常使用の範囲内で壊れてしまった自然故障の場合の全ての修理
(工賃・部品代全てかからず、回数制限はなく保証期間の間、何度でも修理が可能です。)

ー修理の際に発生するピック&デリバリーの配送費用無料
(直営店に持ち込みの場合は、自己負担です。)
これは、電話サポートに電話するだけで、
近くに直営店がなくてもご自宅まで日付を決めて運送会社さんが
引き取りをしてくれるサービスです。

梱包材も専用のものがありますので、
修理に出す本体を玄関口に用意しておけば大丈夫なので、
ユーザーさんの持ち込みの負担のない優れたサービスですね。

ー本体だけでなく、付属品電源アダプタ等故障にも対応してくれます。
デスクトップの場合最初に入っているマウス、
キーボードも対象製品になります。

-同時購入のアクセサリも保証対象になります。
 (Appleの正規ディスプレイ、Apple純正マウス、
Magic Trackpad、ルータ類のAirMac Express、Airmac Extream、
AirMac Time capsule。Apple製のディスプレイコネクタ、
Super Drive。以上の製品が対象です。)

同時購入の自分で選んだ正規ブランド品、
これは以外と知られていないポイントです。

後で少しずつ買いそろえたいと思っている方は、
設定面もそうですが、
保証が単体購入の1年から3年に伸びるチャンスですので、
是非同時購入をおすすめします。

●保証対象外

5bb2fa3c3ad21e8bd165f14de2f3194f_m
ー落下、水濡れ、破損など外傷事故による故障

ーバッテリーは消耗品扱いのため、有償での交換対応になります。
 (一部モデルはバッテリーの単体販売があるので、ご自身での交換対応も可能です。)
ー液晶ディスプレイのドット抜け
 (Macに限らず、液晶ディスプレイのメーカーさんすべてで対象外です。)

●加入方法

5338efa9869b7ec7eeb6fc559d0f34d4_m
購入時にまとめて申し込んでしまうのが一番ですが、
後からの加入も含めて全部で4つの方法で申し込みが可能です。

1.直営店で購入時に同時に申し込みし、登録してもらう。
2.購入時に販売店でApple Careのコードが書かれた箱を購入し、自宅で登録する。
3.電話サポートに電話する。(購入日の証明が必要な場合があります。)
4.Apple Online Storeで購入する。
(学生割引や社員割引があるので、対応の方は電話相談の価値あり!)

以上がApple Careのサービスです。
本体だけの保証内容を考えると、
故障に至らない場合無駄になってしまうという不安がつきまとうかもしれませんが、

電話サポートもありますので、
加入した後はご自身で存分にサービスを利用するようにして
Macを使いこなすためにも
Apple Careのサービスを活用してください!

この記事を読んだ人は、以下の記事もおすすめです。

インターネットで集客したい人必見!集客のプロが教える9つのステップ 
国内のオウンドメディア成功事例30選まとめと今後のトレンド 
Googleマイビジネスのマーケティング3つの戦略
Facebookでプライバシーやアクティビティを完全非公開にする12の設定方法
Facebookで非公開になっている写真を閲覧する方法

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!