1. TOP
  2. Webマーケティングを失敗するたった2つの理由

Webマーケティングを失敗するたった2つの理由

 2014/06/30 マーケティング  

「Webマーケティング」と言っても、
かなり幅広いぼやけた言葉に聞こえます。

情報収集や市場調査もWebマーケティングの
一環として捉えることもありますし、
広告活用やSEO,などの施策を指すこともあります。

場合によっては、
顧客満足度をあげるための対策もWebマーケティングの一環として
捉えられることもありますね。

「マーケティングの父」と呼ばれる、アメリカのフィリップ・コトラーは、
“マーケティングとは、個人や集団が製品や価値の創造と交換を通じて、
そのニーズやウォンツを満たす社会的・管理的プロセス”と定義しています。

ですが、ここでは「Webを使って集客できる仕組みを構築すること」
Webマーケティングの定義とさせていただきます。

Webが当たり前となった今、
どの企業も躍起になってWebマーケティングに取り組んでいます。

成功する企業もあれば、失敗する企業もあります。

なぜ、同じようにWebマーケティングに取り組んでいるにも拘わらず、
こういった差が生まれるのでしょうか?

そんな疑問から、Webマーケティングに成功する企業と失敗する企業を
比較したところ、失敗する企業にはある2つの共通点がありました。

理由その1「実践しない」

b760097167f68053b309da5ce5784da7_m

Web業界は日進月歩です。

Webマーケティングの施策も日々新しいものが増え、
古いものは消えていきます。

今現在、Webマーケティングに絶大な効果を発揮している施策でも、
明日にはどうなってるかわかりません。

だからこそ、
常にどの企業もあらゆるWebマーケティングを模索しています。

これは非常にいいことだと想います。

企業が成長していくためには、集客できる仕組みを常に模索することは重要です。
中には、専門家に依頼しているケースもあると思います。

ただ、問題は「目的」にあります。

仮に、効果のある新しいWebマーケティングを発見したとします。

でも、その情報を得ただけではWebマーケティングは成功しません。

あくまでも実践して、もっと言えば実践と検証、改善を繰り返してこそ
Webマーケティングはより大きな効果を生みます。

こういったことができていない企業は間違いなくWebマーケティングに失敗します。

当たり前ですね。

目的が「Webマーケティングの成功」ではなく、
「情報を得る」ことにすり替わってしまっています。

理由その2「制作会社へ依頼する」

0f549c29f20cca5917583323a0d7c892_m

次の理由ですが、Webマーケティングを「制作会社へ依頼する」ケースです。

ホームページやランディングページの制作を制作会社へ依頼することは多々あります。

Webマーケティングのほとんどは、何かしらのページやWebサイトが必要になります。

でもこのホームページやランディングページの制作を、制作会社へ依頼することでも
Webマーケティングは失敗してしまいます。

なぜなのか?

Web制作会社は、「Web制作」のプロフェッショナルです。

Web制作会社 = Web制作のプロ

ですが、Webマーケティングのプロとは限りません。

Web制作会社 ≠ Webマーケティングのプロ

d3c81fc6b6ec7987487857eb7a58d551_m

クライアント「リスティング広告を始めるので
ランディングページの制作をお願いできるかな?」

制作会社「分かりました。どんなランディングページにしましょうか?」

クライアント「そうだな。ライバル企業のこんなようなページがいいんだけど」

制作会社「なるほど。それではこのページのイメージで制作しますね」

クライアント「頼むよ」

制作会社「ラフ案を作ってみました。いかがでしょうか?」

クライアント「うーん。何か違うんだよねな。もうちょっとシンプルな感じで・・・・」

制作会社「わかりました。こんな感じでしょうか?」

クライアント「いいね!これで頼むよ」

制作会社「ではこのまま制作に入らせていただきますね」

普通にありえそうなやりとりですが、この普通のやりとりに問題があります。

あなたが制作会社の立場だったとして考えてみてください。

仮にWebマーケティングに関する知識を持っていたとして、アドバイスしますか?

もちろん、最初の段階では
「こんなこともできますよ!」「あんなこともできますよ!」
といったアドバイスはするかもしれません。

でも制作会社からすれば、
お客さんのイメージにあったページを作った方が楽ではありませんか?

そうすれば、仕事もスムーズに進みますし、楽ですし。

お客さんのイメージにあったページを作れば、問題も起きません。

わざわざアドバイスして、お客さんと揉めたりしたら厄介ですからね。

それに、制作会社は作ったページを納品して料金を受け取ったら、
その後の責任は負いません。

納品後のページが、Webマーケティングに成功しようがしまいが全く関係ないのです。

となるとやはり、わざわざ手間暇かけてWebマーケティングに関するアドバイスを
するなんてことはしませんよね。

お客さんが求めるものを少しでも早く制作して納品する。

そうすることで件数もこなせて、より多くの仕事を請け負うことが可能です。

Webマーケティングを成功させる秘訣

9bd6267753c0a345b326f85398afa553_m

Webマーケティングを成功させるには、
Webマーケティングのプロフェッショナルに依頼する
のが一番の近道です。

コスパで考えても、やはりこれが一番の得策ではないでしょうか。

Webマーケティングを提供する会社は、
ゴールを「Webマーケティングの成功」としています。

制作会社のように「Webページ(サイト)を制作すること」をゴールとしていません。

だったら、
初めからWebマーケティングのプロフェッショナルに
制作も含めて依頼した方がいいのではないでしょうか。

しかも、Webマーケティング会社は、
制作物を納品して取引終了となるケースは、ありませんから、
クライアントのWebマーケティング成功させるためにあらゆる努力をしてくれます。

まとめ

Webマーケティングの成功への近道は、Webマーケティングのプロへ依頼するべきです。

制作会社は、あくまでも制作のプロであり、Webマーケティングのプロではないことを
頭に入れておく必要があります。

ただ、実績もなくWebマーケティング会社を名乗る企業も少なくありません。

まずは、実績あるWebマーケティング会社を探してみてください。

制作実績ではなく、どれほどのWebマーケティング実績があるのか?が重要です。

どんなに多くの制作事例があっても、
それぞれの制作物がどんなWebマーケティング効果を
生んだのか?が重要です。

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!