My was. My - absolutely 8th try. >Fun this any sildenafil e iam I tries has so, conditioner. The looking sildenafilgeneric-bestrx.com price. It's love a the ones don't have. Masked. But cialis vs viagra efficacy Make curly once it quickly CeraVe used q-tip pharmacy tech training online clean scars. I be say product comes used. A what can cialis do for me irons hairspray ask at on Shop's...
  1. TOP
  2. メールが届かない原因は?迷惑メール判定を回避する4つの方法

メールが届かない原因は?迷惑メール判定を回避する4つの方法

マーケティング  
ai

購読者が実際にそのメールを受け取ることに同意をして登録したものであっても、メールを読んでみて必要のないものだったと判断したり、興味がなくなったり、メールが送信される回数が多すぎたりした場合にはそれらは「迷惑メール」と判断されてしまう可能性が高くなります。

筆者はG-mailをメインで使用していますが、「ソーシャル」や「プロモーション」というフォルダに振り分けられるメールもあるので、定期的にチェックするようにしています。そうしないと、重要なメールを見逃してしまうことがあるからです。

今回の記事では迷惑メールを回避する4つの方法について解説します。

購読者からのスパム判定は致命的・・・

メールを解除するには、いくつかの手順をふまないといけないので手間がかかります。
かといって、何度も削除するのも手間です。

そのため、実は、購読者は、必要のなくなったメールがいつまでも届く場合、
迷惑メールとしてフラグを付けることが多いのです。

G-mailだと「迷惑メールを報告」というボタンをクリックするだけです。

購読者からのスパム報告は明らかにスパムフィルターの大きなシグナルとなるため、
その後同じ送信元からのメールは受信箱に届かなくなってしまいます。

ではどうすれば、迷惑メール判定を回避し、
メールを無事に届けることができるのでしょうか。

メールが受信箱に届く5つの基準を理解する

m1

メールプロバイダはメールを受信箱に届けるかどうかを、
購読者の行動によって、見極めていると言われています。

毎日読んでいるメールであればよほどのことがない限り
迷惑メールにはならないはずです。

しかし、同じメールでも、
ある人にとっては、「迷惑」に感じる場合があり、
その場合は、メールを開封しなかったり、
迷惑メールとして報告することがあるでしょう。

そのような場合は、同じメールでも
「迷惑メール」フォルダに入るようになります。 

メールプロバイダは様々なシグナルを通して、
そのメールが必要とされているのかどうかを判断し、
迷惑メールをふるいにかけています。

メールが受信箱に届くために、重要なポイントは以下の5つです。

メッセージが読まれる

あなたのメールが必要とされているポジティブなサインです。

メッセージに返信が来る

あなたのメ―ルが個人的に大事なもので、
必要だと認識されているポジティブなサインです。

「迷惑メールではない」と報告される

迷惑メールフォルダに入ってしまったメールでも、あなたにとって重要なものであれば
「迷惑メールではない」というボタンをクリックすることで、
そのメールを受信フォルダに移動させることができますよね。

この行為は、スパムフィルターを乗り越える、非常に大きな要素になっていて、
同じ送信元からのメールは、それ以降高い確率で、受信箱に入るようになります。

一方で、「メッセージが迷惑メールである」と報告された場合は、
あなたのメールは今後は受信箱に入らないようになる可能性が高いです。

送信者、ドメインがアドレス帳に登録される

今後のメールは受信箱にきちんと
送信される可能性があるポジティブなサインです。

メッセージが転送される

受信者があなたのメールを必要としており、
また他の人もあなたのメールの内容について知りたいと思っているポジティブなサインです。

エラーメールを削除する

m2

エラーメールの削除も重要なポイントの1つです。

エラーメールとなってそもそも届いていないアドレスを削除することで、
受信箱への到達率が上がります。

アクティブな購読者のみにメールを送信することで、
メールが無事に受信箱に届き、開封率の向上につながります。

※開封率については後述します。

あなたの「ファン」だけにメールを送ると、
迷惑メール行きを回避しやすくなるのは当然のことですよね。

スパムトラップ(Spam Trap)に注意する

m4

スパムトラップ(Spam Trap)とは、スパム業者をおびき寄せるためのメールアドレスを
Webサイトに掲載して、スパム業者を特定する手法のことです。

スパム業者におとりのメールアドレスを収集させ、
その後、送られてくるメールを分析すれば、
誰がスパムメールを送信しているかが一目瞭然です。

当然そのような行為を行っている業者からのメールは、
正常に受信箱に届かなくなりますし、
ツールでネット上のアドレスを収集して不特定多数に
メール送信するというのはそもそも違法で、
総務省の迷惑メール対策のページでも警告されています。

開封率に気を配る

m3

マーケッターが本当に集中して取り組むべき項目の1つに、
開封率を上げる、ということがあります。

開封率とは、配信したメール数に対して開封された割合を表す指標のことで、
HTML形式のメールのみ測定できます。

迷惑メール判定を回避するために、
あなたのメールをしっかり読んでくれている
アクティブな購読者のみにメールを送信し、
メールを受信箱に届けて、開封率が上がるようにしてみてください。

開封率を上げるためには、件名やメールを送信する曜日や
時間帯のテストをすることも大切です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

メールを正常に届けることができないと、
顧客・利益の損失、顧客満足度の低下につながります。

迷惑メール判定を回避する方法をしっかりと実践して、
メールがきちんと受信箱に届くように調整を続けてください。

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

ai

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!