My was. My - absolutely 8th try. >Fun this any sildenafil e iam I tries has so, conditioner. The looking sildenafilgeneric-bestrx.com price. It's love a the ones don't have. Masked. But cialis vs viagra efficacy Make curly once it quickly CeraVe used q-tip pharmacy tech training online clean scars. I be say product comes used. A what can cialis do for me irons hairspray ask at on Shop's...
  1. TOP
  2. コンテンツSEO時代に外せないランキング要素9つとその効果

コンテンツSEO時代に外せないランキング要素9つとその効果

 2014/12/24 SEO  
??????????????????

コンテンツSEOという手法が現在のSEOでは、主流になってきています。ただ、コンテンツばかりに目をとられてはいけません。

コンテンツの書き方やクオリティ以外にも、検索エンジンで上位表示するために必要な要素があります。

今回紹介するランキング要素も押さえた上で、コンテンツSEOを行えば、コンテンツSEOの効果はさらに大きなものとなります。

これから具体的にコンテンツSEO時代に外せない
ランキング要素9つを説明していきます。

1.より詳細なコンテンツが上位を制する

Winterurlaub planen
1つの記事の中に、
タイトルで取り上げたテーマに関連したキーワードを重要視しながら
記事を書いていくと効果的です。

関連したキーワードは、
記事のタイトルだけでなく、
本文内のh1、h2タグ内に挿入することによって、
検索エンジンにそのキーワードが記事の中で重要であることが構造的に伝わり、
検索結果でより上位に表示される可能性を上げることができます。

例えば、「コンテンツSEO」というキーワードで上位表示を狙うなら、
「コンテンツSEO+◯◯」というように
どんなキーワードがプラスαで検索されているのか調べて、
タイトルや記事内に追加しましょう。

どんなキーワードがプラスαで検索されているのか調べるには、
以下のツールが便利です。

goodkeyword

記事の中に、キーワードを散りばめるというのは、
古い時代から言われてきたことですが、
未だに有効な方法なのです。

湘南うぇぶの別の記事が検索結果でどのように表示されているか
キャプチャ画像を用意したので、以下の画像を見てください。
h2タグで設定している箇所へ移動するという案内が、
記事の説明文(Meta Discription)の位置に表示されています。

コンテンツSEO

これは、こちら側で表示されるように設定しているわけではなく、
Googleが判断して行っているものです。

ただ、関連キーワードを使うことばかりに囚われないでください。

なぜなら、Googleはサイト全体や記事全体について意味解析を行い、
判断しているからです。

タイトルに沿った内容を書けば、
自ずと関連キーワードも記事の中に含まれます。

関連キーワードが分かれば、
関連キーワードに沿った内容も記事の中に充実させるようにしましょう。

そうすることで、より上位表示に役立ちます。

このように、
キーワードとその内容を充実させることが上位表示にも役立つため、
より詳細なコンテンツが上位を制することになります。

2.Webサイトの表示速度は非常に重要

2
Webサイトの表示速度の重要性は、さらに高まっています。

スマホユーザーが増えるにつれ、
読み込みに時間のかかるサイトはその多くが嫌われ、
サイトがすべて表示される前に、離脱されてしまいます。

そうなると、サイト運営者も直帰率の高い原因が、
表示速度の問題なのか、コンテンツのクオリティの問題なのか、
ユーザーインターフェースの問題なのか、分析に苦しむことになります。

サイトの分析力を高めて、
ABテストを効率的に行うためにも表示速度のスピードアップは必須です。

以下のサイトを使って、あなたのサイトの表示速度と、
ライバルサイトの表示速度を計測して、比較してみましょう。

pingdom
gtmetrix

何秒なら大丈夫なのかという絶対的な指標はありませんが、
ユーザーの人たちが待つことができるのは2秒までと言われています。

さらに、3秒以上かかると、
40%以上が離脱すると言われています。

この数字を見ても分かるように、
ほんの1秒でさえ大きなインパクトをもたらします。

3.キーワードは無視できない

3
キーワードは、投稿記事だけでなく、
過去の投稿記事にも配慮して、
キーワードを考える必要があります。

記事内容にぴったり一致するキーワードを選ぶことが大切です。
さらに、キーワードでどんなことに気をつけるべきなのか説明します。

〈タイトル内のキーワード〉

タイトルは長くなり過ぎないようにし、
タイトル内におけるキーワードの位置は、なるべく左側に持ってきましょう。

必ずしも一番左に持ってくる必要はありませんが、
検索キーワードと一致したキーワードが太字で表示されるため、
左側にあったほうがユーザーにも認識してもらいやすく、
クリック率に影響します。

タイトルは、34文字以内を推奨します。
このとき関連キーワードも入れられるようであれば、
入れてしまいましょう。

〈見出しタグ内のキーワード〉

h1タグのキーワードより最近は、
h2タグ内に使用されるキーワードの重要性が高まってきています。

関連キーワードも意識しながら、
見出しタイトルの付け方を決めていきましょう。

見出しタイトルを付けていない記事や、
そもそもWebサイトで見出しタグの表示が設定されていない場合があります。

見出しタグは、SEOのために大切という以外に、
ユーザーが記事を読みやすくなり、滞在時間が長くなる効果もあります。

4.直帰率を監視する

Little boy reading on tablet pc
直帰率とは、
サイトの訪問者がサイトの最初のページだけを見て、
他のページを見ずにサイトを離脱することです。

Googleアナリティクスを見ても直帰率を監視することができます。

直帰率が他サイトより高いのは必ずしも悪いことではありません。

例えば、直帰率が高くても平均セッション時間が高ければ、
その最初のページはしっかり読まれていることになります。

コンテンツSEO2

平均セッション時間と直帰率のバランスを見て、
考えていきましょう。

直帰率を下げるためには、以下の対策が有効です。
・記事の下に関連記事を表示させる。
・記事内に、自分のサイトにある他ページヘのリンクを貼る。
・記事の読みやすさを向上させる。読みたくなるような工夫をする。

読みやすさを上げるためには、
分かりやすい言葉や説明を心がけたり、
話の流れに論理性を持たせてわかりやすくしたりする方法があります。

読みたくなるようにするには、
注意を引くような写真を入れると簡単に効果を上げることができます。

5.クリック率が最優先

5
クリック率は、直帰率よりも重要な要素です。

ユーザーは検索結果を見て、
いつも1位のサイトから順番に見ているわけではなく、
興味のあるサイトをクリックして閲覧しています。

サイト掲載順位、タイトル、説明文がクリック率には大きく影響しています。
クリック率が低い場合は、タイトルや説明文を見直しましょう。
クリック率が競合より高ければ、順位が上がりやすくなります。

Googleのウェブマスターツールのページヘ行き、
「検索トラフィック」の中にある「検索クエリ」を見てみましょう。

コンテンツSEO

検索クエリは、
キーワードごとに平均順位やクリック率などの情報が分かります。

掲載順位とクリック率のバランスを見て、
クリック率が低い場合は、対策を考えましょう。

6.内部リンクを考える

6
検索結果に上位表示されるサイトは、
内部リンクが充実している傾向にあります。

関連記事を表示させたり、
関連記事への案内を記事中で行ったりして、
内部リンクを充実させましょう。

ただ、過度に行うのはよくありません。
ユーザーにとって有益なものとしましょう。

例えば、あるキーワードが出てきて、
詳細な説明を過去記事の中で行ったのであれば、
その記事への内部リンクを行うのは有効です。

自分のサイト内に関連記事があるか分からないときは、
以下のように探すと簡単に探せます。
※(「湘南うぇぶ」でseo関連の記事を探す場合)

”site:http://shonan-web.jp/ seo”

「site:」のあとに、自分のサイトのURLを記入し、
スペースを入れて、キーワードを打ち込んでください。

そして、検索ボタンを押すと、関連ページが表示されます。

7.広告はユーザエクスペリエンス(UX)を台無しにする

7
広告は、サイトのほんの少しの割合を占めるだけなら
悪いものではありません。

しかし、サイト内に過剰な広告を掲載すると、
検索結果のランキングに不利に影響する恐れがあります。

Googleは、以下の方法で広告を認識している可能性があります。

<Googleアドセンス>
 Google独自の広告ネットワークであるため、認識は容易です。

<クリック可能な画像>
 サイト内に画像を掲載することは良いことですが、
 その画像から別サイトへ移動できることが分かると、
 それを広告と見なすことがあるかもしれません。

<広告と認識できるURL>
 URLの中には、Googleが広告ネットワークだと認識できるものがあります。
 例えば、リンクがAmazonや楽天の紹介URLなら、
 Googleもそれが広告だと認識できてもおかしくありません。

8.バックリンク(被リンク)も依然として重要

8
コンテンツSEOが大事だからといって、
バックリンクに効果がなくなったわけではありません。
依然として重要な要素の1つです。

バックリンク(被リンク)とは、
他のサイトから自分のサイトへ向けて設置されたリンクのことです。

バックリンクでは、リンクを設置しているサイトと、
自分のサイトや記事との関連性が特に重要です。

最適なバックリンクは、サイトのオーソリティ(評価)が高く、
自分のサイトと関連のあるものです。

つまり、量よりも質と関連性が求められるようになっています。

9.ブランド要素

Woman sexy legs
Googleは、ブランドや企業のネームバリューを信頼して、
それを検索結果の順位に反映させる傾向があります。

影響力のある企業は、自社の名前がインターネット上に多く表示され、
Googleが同一視できるようになります。

まず、自分と同じ分野の人達とつながり、影響力を高めていきましょう。

まとめ

コンテンツSEO時代に外せないランキング要素9つを説明してきました。
SEOは、時代の流れとともに変化し、以前は通用した方法が、
今は使えない方法になってしまっていることのある世界です。

今回は、現在上位表示されているサイトをもとに要素を抜き出したので、
あなたのサイトのSEO対策にも効果を発揮するはずです。

コンテンツのクオリティだけでなく、
今回まとめたランキング要素にも配慮して、
サイトを改善していきましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

??????????????????

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!