1. TOP
  2. ついに360°動画が・・・2015年にFacebookが発表した6つの機能と使い方

ついに360°動画が・・・2015年にFacebookが発表した6つの機能と使い方

ソーシャルメディア  

Facebookは全世界で10億人以上ものユーザーを抱える最も有名なSNSの1つです。

2006年にサービスを開始してから、人と人のコミュニケーションに新しい方法を提案し続けてきました。

SNSサービスを展開する企業が多くなってきたこともあり、Facebookも収益が危ぶまれるのではないか?という声が本場米国をはじめ、様々な国からも聞こえるようになり正念場を迎えています。

それもあってか、2015年の3月に開催されたFacebookのデベロッパー・カンファレンス(F8)でも今までにない規模の新機能が多く発表されました。

今回の記事では、2015年に入ってから発表された新機能の中から特に注目すべきものをピックアップしてご紹介していきます。

360°ビデオのサポート

YouTubeも採用した360°ビデオのニュースフィードへのアップロードがついに可能になります。

360°の撮影をした動画では、ユーザーはマウスの
カーソルを視点に見立てて、撮影現場の全体像を把握することが可能です。

360°動画がどのようなものか?
以下の動画で実際にマウスを使って、映像を操作してみてください。

投稿動画を埋め込むことが可能に

Facebookの新機能として、「投稿された動画の埋め込み」が
可能となったのは、時代を考えれば自然の成り行きと言えるでしょう。

2015年3月に、Facebookのタイムラインに投稿された動画を、
ブログなどに簡単に埋め込むことが可能となりました。

公開設定で投稿された動画の右上のメニューをクリックし、「動画を埋め込む」をクリック、
オプションからコードをコピーして貼り付けるだけという簡単な仕様です。

f1

動画の投稿といえば、YouTubeが有名ですが、一般ユーザーは
使い慣れているFacebookに動画を投稿して共有することのほうが多いでしょう。

ぜひこの埋め込み機能をつかってみてはいかがでしょうか。

「Place Tips」で位置情報を取得し、便利な情報を通知

Facebookはユーザーの日常が快適に、コミュニケーションが円滑に、そして情報は便利に用いられるべきだとの考えを常に持っています。今までの機能はこの考えがベースにありましたし、これからの新機能に関しても、当然この考えに沿ったものになります。

2015年1月に追加された新機能に「Place Tips」があります。ユーザーのいる場所とタイミングに合わせて有用な情報を表示して便利に使ってもらおうというサービスです。

モバイル端末に設けられているGPSやWi-Fiなどから位置情報を特定して、
関連性の高い情報を表示してくれます。

この機能は公開時点において言語を「英語」に設定している場合にのみ適用されます。

FoursquareやYelpやSwarmとどこまで対抗できるのかに注目ですね。

Messengerのプラットフォーム化でFacebookが変わる

「Messengerプラットフォーム化」はFacebookの2015年における
最大の変化の1つになるでしょう。

それほど多くの人が期待をもって注目しています。

Messengerのプラットフォーム化に関して、FacebookはLineとWeChatに注目したと言われている。

と、techcrunchで述べられているように、
開発者がMessengerを土台として、様々な新機能を追加できるようになりました。

専門知識を持つ有能な技術者が、Facebookの基盤となる
Messenger機能に手を加えられるため、
新しいFacebookの活用方法がこれから出てくるようになるでしょう。

詳細は以下の記事が参考になります。

Facebook、Messengerプラットフォームを公開。コンテンツ作成や企業との対話に利用

リアルタイムでコメントが同期される

Facebookのコメント機能は、ブログやWebサイトに簡単に貼り付けることができ、
Facebook以外の場所でコミュニケーションが
取れるという意味では、とても便利なものです。

しかしリアルタイムで同期ができない部分に
もどかしさを感じるユーザーがおり、改善が求められてきました。

それが今回のアップデートで、コメントがリアルタイムで同期するようになりました。

コメントする側も、コメントされる側も、
リアルタイム同期によって、ストレスが大幅に軽減されることは間違いないですね。

「Facebook at Work」で従業員同士の繋がりを強く

組織を活性化させるには、従業員同士の
密なコミュニケーションや信頼関係が必要不可欠です。

チャットワークのようなチャットツールで
上手にコミュニケーションが取れている企業も多いと思いますが、
Facebookも新機能の「Facebook at Work」をリリースしてきました。

こちらは社員数100人以上の会社がターゲットのようですが、
使い方次第では中小企業でも活用できると思います。

詳細は以下の記事が参考になります。

会社用FB「Facebook at Work」で、担当者探しの旅が終結? : ギズモード・ジャパン

まとめ

Facebookの新機能は、実用性に富むものから
未来への可能性を感じさせてくれるものまで幅広いラインナップとなっています。

便利に使えるようになるのは、
もう少し時間がかかる機能もありますが、
近い将来に実用化されるのは間違いありません。

Facebookの使い方・裏ワザに関しては、以下の記事でも解説していますので、
参考にしてみてください。

Facebookで非公開になっている写真を閲覧する方法

知らないとソンな裏ワザ、Facebookの5つの便利機能と使い方

Related Articles:



Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!