Twitterは気軽につぶやくことのできるSNSですが、その気軽さのため、ついうっかり不要なことまでつぶやいてしまったりします。

ツイートを消せば済むことも多いですが、炎上してしまったときなど、アカウントを削除しなければならない事態に発展してしまっている事例も最近はよく見かけるようになりました。

また、複数アカウントを管理している方はアカウントを整理したいなと思うこともあるでしょう。

今回の記事では、Twitterアカウントの削除(退会)方法と復活方法を解説していきます。

Twitterアカウントを削除する前に注意すべきこと

Twitterアカウントを削除すると、
ツイートや投稿した画像、ダイレクトメッセージ(DM)などの
すべてのデータが(手続きしてから30日後に)削除されます。

もし同じユーザー名(@********)と
メールアドレスで再びTwitterを利用したいと考えているようであれば、
アカウントを削除する前にこれらを変更することをオススメします。

削除後30日以内は同一のユーザー名および
メールアドレスを使用することができなくなるためです。

また、削除後30日以内であればアカウントを復活させることも可能です。(後述)

Twitterアカウントの削除方法(PCの場合)

ページ右上に表示されているプロフィールアイコンをクリックし、
「設定」をクリックします。

遷移したページの一番下に「アカウントを削除」というリンクがあるので、
それをクリックします。

tw1

「@********を削除」というボタンをクリック後、
パスワードを入力して「退会する」ボタンをクリックすれば、
アカウントの削除は完了です。

Twitterアカウントの削除方法(スマートフォンの場合)

Twitterアカウントの削除はスマートフォンアプリや
モバイル版からは行うことができず、PCからの操作が推奨されています。

しかし、手段がないわけではありません。

スマートフォン版Google Chrome(ブラウザアプリ/無料)
を使えばスマートフォン上でPC向け表示をさせることができ、
この機能を使うことでスマートフォンからのTwitterアカウント削除も可能になります。

Google Chromeは、iPhone版・Android版いずれも提供されています。

Google Chrome上でTwitterのウェブサイトを開くと、
まずモバイル版で表示されてしまいます。

ブラウザの右上、アドレスバーの右にある「…」のようなボタンをタップすると、
「PC版サイトを見る」というメニューがあります。

これをタップするとページが更新され、
スマートフォン上にPC版のTwitterウェブサイトが表示されます。

tw2

スマートフォンはPCと比べて画面が広くないため少々見づらいかもしれませんが、
PCの場合と同様の操作を行うことでTwitterアカウントの削除を行うことができます。

Twitterアカウントの復活

f238953df8b7236ab5fd91abec7950e5_m

前述の通り、削除後30日以内であればアカウントを復活させることも可能です。

方法は簡単で、削除したアカウントでPC版サイトから再ログインするのみです。

アカウントの復活もスマートフォンアプリや
モバイル版サイトでは行うことができないので、スマートフォンから行いたい場合は
こちらでもGoogle ChromeのPC版サイト表示機能を活用してくださいね。

こちらの記事もおすすめです。

今さら聞けない、ツイッターのアカウント凍結理由と凍結解除方法

芸能人Twitterランキングトップ10と 「初めてのツイート」を調べてみたら1位のツイートが衝撃的だった

おすすめの記事