My was. My - absolutely 8th try. >Fun this any sildenafil e iam I tries has so, conditioner. The looking sildenafilgeneric-bestrx.com price. It's love a the ones don't have. Masked. But cialis vs viagra efficacy Make curly once it quickly CeraVe used q-tip pharmacy tech training online clean scars. I be say product comes used. A what can cialis do for me irons hairspray ask at on Shop's...
  1. TOP
  2. ウェブデザインで今すぐ使えるフリーフォント(2) 【日本語フォント:ゴシック体編】

ウェブデザインで今すぐ使えるフリーフォント(2) 【日本語フォント:ゴシック体編】

Al lavoro

先日の記事では商用利用可能なフリーフォント(無料のフォント)を
利用する際の注意点をお伝えし、

また「ウェブデザインで今すぐ使えるフリーフォント」と題して
日本語明朝体のフリーフォントで使い勝手の良いものをご紹介しました。

フリーフォントは手元にある有償のフォントと組み合わせると
化けることも多々あり、
その可能性は無限大と言っても過言ではありません。

「ウェブデザインで今すぐ使えるフリーフォント」
第2回目となる今回の記事では、
ゴシック体の日本語フリーフォントのうち
特に使い勝手の良い3個を取り上げてまいります。

なぜゴシック体?

8f79749597a622ad4c1a2fecf9f69cb4_m
ゴシック体は、

他の日本語フォント体と比べて英字との親和性が高いと言われています。

また、AppleやIKEAなどの日本でも有名な外資系企業が
広告宣伝でシンプルなゴシック体フォントを多様したため、

ゴシック体に対して
洗練されている・スタイリッシュ
だというイメージを持つ人が多いようです。

少し前のウェブ業界では味気がないという理由で
シンプルな使い方が避けられていたゴシック体ですが、
ここ数年ではむしろそちらの方がスタンダートになったのではないでしょうか?

ウェブデザインで今すぐ使える日本語ゴシック体フリーフォント3選

○ Mgen+(ムゲンプラス)

01

「Mgen+(ムゲンプラス)」は森下浩司さんというデザイナーの方がデザインしたフォントです。

「M+ OUTLINE FONTS」というフォントに、
Adobeより提供されているオープンなフォント「源ノ角ゴシック」
太さなどを調整し組み込むことで、
漢字はJIS第1~4水準すべてを網羅した14,000字以上が収録されています。

ゴシック体では最大級の収録字数でしょう。

「Mgen+」はオーソドックスですが”口(クチ)の広い
”ゴシック体フリーフォントで、
見やすさ・読みやすさは抜群です。
(ユニバーサルデザインフォントと呼んでも良いのではないでしょうか)

小さなスペースでも映えるフォントですね。

利用に際して許諾やクレジットは不要で、商用であっても自由に利用することができます。

○ 自家製 Rounded M+

02
「自家製 Rounded M+」も自家製フォント工房さんが制作したフォントで、
「Mgen+」と同様に「M+ OUTLINE FONTS」をベースとしています。

漢字はJIS第1水準すべてと
第2水準の一部(4,800字)が収録されています。

「自家製 Rounded M+」はその名前の通り、
丸ゴシック体のフリーフォントです。

丸ゴシック体と聞くと町内会のチラシなど
あまり格好の良くないシーンで使われている場面を連想する方も多いかと思いますが、

「自家製 Rounded M+」
は、かなり角ゴシック体寄りのデザインであり、
シンプルかつスタイリッシュ
そして読みやすい丸ゴシック体に仕上がっています。

こちらも利用に際して許諾やクレジットは不要で、
商用であっても自由に利用することができます。

○ やさしさゴシック

03
「やさしさゴシック」は
ひらがな・カタカナを完全新規にデザインしており、
漢字・英字・数字・記号は太さなどを調整した
「IPAゴシック」(こちらもオープンフォントの一種)で補っています。

先述の2つのフォントと比べると癖がありますが、
漢字の主張がそこまで激しくないため、
いざ組んでみると意外と使いやすいことが分かります。

”手書きとデジタルの融合”

を謳っていますがそこまで手書きっぽさは強くなく、
横文字系の会社のクリエイティブにありそうな雰囲気です。

利用に際して許諾やクレジットは不要で、
商用であっても自由に利用することができます。

(ウェブフォントとして利用する場合やアプリ・ソフトウェアに埋め込む場合は
ライセンスを購入しなければならないそうです)

フリーフォント特集、
次回は日本語手書き風フォントをご紹介していこうと思います!

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

Al lavoro

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!