My was. My - absolutely 8th try. >Fun this any sildenafil e iam I tries has so, conditioner. The looking sildenafilgeneric-bestrx.com price. It's love a the ones don't have. Masked. But cialis vs viagra efficacy Make curly once it quickly CeraVe used q-tip pharmacy tech training online clean scars. I be say product comes used. A what can cialis do for me irons hairspray ask at on Shop's...
  1. TOP
  2. ウェブデザインで今すぐ使えるフリーフォント(5) 【英字フォント:サンセリフ編】

ウェブデザインで今すぐ使えるフリーフォント(5) 【英字フォント:サンセリフ編】

これまでの「ウェブデザインで今すぐ使えるフリーフォント」特集では、
日本語フリーフォントを明朝体ゴシック体手書き風特殊に分けて紹介してきました。

今回の記事からは英字フリーフォントの特集を行います。

まずはサンセリフ(Sans-serif)体の英字フォントから、
特に使い勝手の良い3個を取り上げていきます。

サンセリフ(Sans-serif)体とは?

2fa7419d1659f3688f62a115d2c385ed_m
英字フォントの一種であるサンセリフ(Sans-serif)体とは、
ごく簡単に言ってしまえば
日本語フォントのゴシック体に近い字体と表現することができるでしょう。

有名どころでは「Helvetica」「Futura」「Verdana」
そしてWin/Macに標準搭載されている「Arial」などが挙げられます。

「Serif」はフランス語で文字の端に付く「ひげ」「飾り」を示す単語で、
「Sans-」は「~がない」という意味になります。

つまり、サンセリフ体は文字の端の処理が極力シンプルなフォント
ということになります。

サンセリフ体はIKEAやAppleなどの有名企業が広告デザインで多用しているため、
洗練されたイメージを持たれることが多い字体です。

近年のデザインの現場でかなり重要な役割を担う
英字フォント体なのではないでしょうか。

一方でセリフ(Serif)体は「ひげ」「飾り」で装飾されているフォントという意味になりますので、
こちらは日本語フォントで言うところの明朝体に近い字体となります。

ウェブデザインで今すぐ使える英字サンセリフ体フリーフォント3選

○ Aileron

01

「Aileron」は英字フォントですが制作者のSora Saganoさんは日本人であるようです。

サンセリフ体の大御所「Helvetica」などを参考に制作されたそうで、
サンセリフ体で最も気になる”I(大文字のアイ)”と”l(小文字のエル)”の区別もデザインするなど、
シンプルでありながらも細かいところまで気が利かせてあるフリーフォントです。

利用に際して許諾やクレジットは不要で、商用利用も許可されています。

○ HIGH TIDE SANS

02

「HIGH TIDE SANS」は先程の「Aileron」よりも若干縦長で、
「Futura」寄りの字体と言えるでしょう。

”N”の形が特徴的で”W”が大きめという少し癖のあるフォントですが、
うまく調整し適切な場面で用いれば映えること間違いなしのフリーフォントです!

「HIGH TIDE SANS」をダウンロードすると、
「HIDH TIDE BOLD」(太字)と「HIGH TIDE」
(「HIGH TIDE SANS」と方向性が同じ特殊な字形のフォント)
も、
一緒に格納されています。

利用に際して許諾やクレジットは不要で、商用利用も許可されています。

○ VDS

03

「VDS」は鋭角を控えめに、口(クチ)を大きめに
デザインされている字体です。

口が大きいので、小さいサイズで表示しても読みやすいです。

「Aileron」「HIGH TIDE SANS」がクールな印象を与えるのに対して、
「VDS」はややポップというかサイバーパンクというか、
”少し前の近未来”といった具合です。

他のデザインと差別化したいときに最適です。

「VDS」はフリーフォントなのに収録されているウェイトや種類が多く
(Regular、Italic、Light、Light Italic、Thin、Thin Italic、Bold、Bold Italic)、
どのような場面でも使いやすいフリーフォントと呼べるでしょう。

利用に際して許諾やクレジットは不要で、商用利用も許可されています。

まとめ

英字フリーフォントの魅力は伝わりましたでしょうか?

日本語のゴシック体と明朝体を1つのデザインの中に混ぜると
不格好になってしまいがちということはよく言われますが、
英字のサンセリフ体とセリフ体でも同じことが言えます。

英字フリーフォントを導入する際には、
サンセリフ体とセリフ体のどちらの方がデザインに合っているか、
まずはよく考えてみるとよいでしょう。

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!