ウェブサイトを運営しているあなたは、以下のように悩んでいませんか?

  • アクセスアップを図りたい
  • 検索エンジンで上位表示させたい

これらの悩みを解消できる手段がSEO対策です。
SEOとは検索エンジン最適化の略称で、しっかりと対策をすればGoogleやYahoo!などの検索エンジンで上位表示させることが可能です。

SEO対策の勉強には、インターネット上のウェブサイトを参考にするのがオススメです。
インターネットは、本や雑誌、テレビなどの各メディアの中でもピカイチの情報伝達スピードを誇るからですね。
SEOは次々と新しい情報が出るので、インターネットとの相性が抜群なんです。

そこでこの記事では「SEO対策の参考になるウェブサイト」を紹介します。
参考になるサイト選びのポイントなどもお話ししますので、これからSEO対策を勉強したい人にぜひ読んでいただきたいです。

SEO最新情報の参考にしたいサイト選びのポイント

インターネット上には膨大な量の情報があふれています。
どれが正しい情報かは自分で判断しなければなりません。
そこで最新SEO情報の参考になるウェブサイトを選ぶときは、以下のふたつのポイントをチェックしてみてください。

  1. 実績のある会社が日本人向けに情報発信していること
  2. 最新SEO情報を発信し続けていること

これらのポイントに注意すれば、カンタンに良質な情報を発信しているウェブサイトを見つけることができますよ。

【参考サイトの選び方のポイント】
1.実績のある会社が日本人向けに情報発信していること

SEO参考サイトは日本人向けがよいというイメージ
まずはウェブサイトの運営者情報をチェックしましょう。
信用できるウェブサイトであれば、しっかりと運営者情報を記載しています。
デマなどのウソ情報に流されないためにも、「どこの会社が発信しているか?」の情報はしっかりと確認しましょう。

また日本人向けであることも大きなポイントのひとつです。
以前Googleは日本だけをターゲットにキュレーションサイトのようなオリジナリティの低いウェブサイトの順位をさげました。
このような情報は日本人向けのウェブサイトでしか発信されません。
重要な情報を逃さないためにも、日本人向けのウェブサイトを選ぶようにしましょう。

【参考サイトの選び方のポイント】
2.最新のSEO情報を発信し続けていること

SEO参考サイトは最新情報発信サイトがよいというイメージ
検索エンジンのアルゴリズムは常に進化しています。
SEOの最新情報を得るために読んだ記事が数年前に投稿されたものだと、このSEO対策は今でも通用するのかと少し不安になりませんか?
そのため常に新しい情報を発信しているウェブサイトを選ぶようにしましょう。

最新の情報を発信しているかのチェックは、トップページまたはサイドバーで判断できます。
ほとんどのウェブサイトはそこに記事が投稿順に並んで表示されますので、そこから情報の鮮度をチェックしましょう。

また古い記事を頻繁に更新しているウェブサイトも、常に新しい情報を発信しているウェブサイトと言えます。

ここまで、最新SEOの参考になるウェブサイトの選び方について、ふたつのポイントを紹介しましたが、自分で選ぶことはできそうですか?
最初から良質なウェブサイトを見つけることは、ムズカシイですよね。
続いては最新SEOについて説明されている良質なウェブサイトを紹介しますね。

SEOの最新情報が手に入るおすすめサイト6選

ここでは私がオススメする、最新SEO情報を知りたいときに参考にしたいウェブサイトを6つ紹介します。
紹介の中で初心者向けか中級者向けのウェブサイトかの説明も、ご自身にあったピッタリのウェブサイトを見つけてくださいね。

1.Googleウェブマスター向け公式ブログ

運営会社 Google 更新頻度 月に2~3回
SEO情報の種類 SEOアルゴリズムの変更をタイムリーに知ることができる
こんな人にオススメ 常に最新のSEO情報を追求したい中級者~上級者

検索エンジンのアルゴリズムを開発しているGoogleが2008年から運営しているウェブサイト作成者向けの公式ブログです。
Google主催のイベントでの内容や、モバイルファーストインデックスなどの新しい機能追加のお知らせなどを確認できます。
専門的なワードが並ぶので、SEO初心者の方には少し難しめの内容です。
しかし常に最新のSEO情報を追求したい中級者~上級者の方にピッタリのウェブサイトです。

2.SEO Japan – アイオイクスによる海外最新SEO情報ブログ

運営会社 株式会社アイオイクス 更新頻度 月に1~10回
SEO情報の種類 最新SEOを分析した情報を随時発信している
こんな人にオススメ SEOを勉強したい初心者~上級者

10年以上にわたりSEOを研究しているアイオイクス株式会社が運営しているSEO情報発信サイトです。
SEOに関する情報が早いのは、日本より海外の場合がほとんどです。
そんな海外のSEO情報を翻訳し、日本人向けに発信しているのがSEO Japanです。
こちらのサイトもかなり専門的な内容です。
しかしSEOとは何か?検索エンジンの仕組みから解説されている記事もあるので、初心者から上級者まで勉強できるウェブサイトです。

3.海外SEO情報ブログ 

運営会社 鈴木謙一氏 更新頻度 ほぼ毎日
SEO情報の種類 ホワイトハット手法を毎日発信している
こんな人にオススメ SEOへの知識を深めたい初心者

オウンドメディア作成のためのコンテンツマーケティングツール「ミエルカ」を開発した株式会社Faber companyの取締役である鈴木謙一氏が運営するSEOブログです。
2007年より運営されており記事もほぼ毎日投稿されているため、新鮮なSEO情報をチェックできます。
専門的な内容でも鈴木氏がかみ砕いて説明しているため、SEO初心者でも上級者向けの内容を勉強できます。

4.ferret[フェレット]

運営会社 株式会社ベーシック 更新頻度 ほぼ毎日
SEO情報の種類 初心者向けホワイトハットSEO手法を分かりやすく発信している
こんな人にオススメ SEO中級者を目指したい初心者

カンタンにウェブサイトを作成できるツール「One Page」を開発した株式会社ベーシックの運営するウェブマーケティングに特化した情報発信サイトです。
SEOだけではなく広告運用やメール配信など、幅広くウェブマーケティングを勉強できます。
また会員登録することによってより専門的なウェブマーケティング講座を受講することが可能です。
講座ひとつひとつがメディアなどを使って詳しくSEOについて解説されています。SEO初心者が中級者を目指すにはうってつけのウェブサイトです。

5.Web担当者Forum – 企業ホームページとネットマーケティングの実践情報サイト 

運営会社 株式会社インプレス 更新頻度 1~2日に1回
SEO情報の種類 専門的なホワイトハットSEO手法をほぼ毎日発信している
こんな人にオススメ SEOへの知識を深めたい中級者向け

10ものビジネスメディアを運営している株式会社インプレスのウェブマーケティングに強いウェブサイトです。
数多くのウェブマーケティングに関する記事があり、SEOだけでも2000記事以上のボリュームがあります。
またこのように「この情報はどんな人向けか」と記事ひとつひとつにターゲットが設定されているので、自分にあった記事を厳選して読むことができます。

内容は専門的な情報が多いので、SEO中級者向けのウェブサイトです。

6.バズ部 

運営会社 株式会社ルーシー 更新頻度 月2~3回
SEO情報の種類 ホワイトハットSEOを専門的に分析して発信している
こんな人にオススメ ウェブサイトを作りたいSEO初心者

コンテンツSEOで月間100万PVを集めた株式会社ルーシーが運営しているウェブサイトです。
ウェブマーケティング全般の内容が勉強できます。
中でもSEOに関するコンテンツは特に濃い内容です。
SEO初心者でもすぐに実践可能な情報が多く、ウェブサイト作成時には強い味方となってくれるウェブサイトです。

常にユーザーを意識したサイト構築を

いかがだったでしょうか?
今回紹介したウェブサイトは「ユーザーの知りたい情報を発信している」という共通点があります。
実際SEOはどんどんコンテンツ中心へと変化しており、紹介したウェブサイトの中には何度も「ユーザー目線」というワードが使われています。
今度はあなたがユーザーに役立つウェブサイトを構築する番です。
この記事が今後のウェブサイト作成活動に少しでも役に立てば幸いです。

おすすめの記事