Youtubeは上手に使えば大量のアクセスを集めることができる媒体です。

もしYoutubeから集客をするなら、撮った動画をそのままアップロードして終わりなんてことにならないよう注意してください。
もったいないです。

映像は、文字やテキストよりも圧倒的な力を持っています。
例えば、映画は、人が涙を流すほど感動させることがありますよね。
本やCDでも可能ですが、映画のほうが強力です。
なぜなら映像には、文字も音声も含まれているので、一番要素が多いからです。
動画は、それだけ強力な可能性を秘めています。

いくつかのポイントに注意してYouTubeを有効活用できるようにしましょう。

(1)動画編集機能を使う

YouTubeには、簡単に動画を編集できる機能がついているので、少し装飾を加えてあげると効果的です。

以下のような「動画編集機能」が付いています。

例えば、こんなことができます。

・動画のカット、追加
・文字挿入
・エフェクト
・音楽の追加

撮った動画をYoutubeにアップして、そこで編集して、公開すれば、作業時間も短く終わるので便利です。

使い方もわかりやすくて簡単です。

基本的な機能は全て揃っています。
これだけの機能があれば、簡単な編集をするだけなら十分だと思います。

(2)動画の目的をはっきりさせる

また、動画の目的をはっきりさせることも大切です。

主に目的別で以下の3つに分類されます。

ソーシャルビデオ

TwitterやFacebookなどのSNSとシェアされやすい、おもしろい内容から入ると受け入れられやすくなります。
ストーリーを使いながら自分の主張を盛り込みます。
アクションしてもらうことが目的です。

ノウハウビデオ

クオリティの高さが求められます。
タイトルにも気を使ってSEOでも見込み客を集めることが目的です。

日刊ビデオ

毎日のクオリティは高くなくても問題ありません。
ファン化してもらうことが目的です。

もし映像をこれから本格的に使っていきたい人は、テレビ業界のスキルある人を引っ張ってくるといいかもしれません。

(3)アノテーションを使う

動画にこだわる人は、Youtubeの動画編集機能では、物足りないかもしれません。
しかし、Youtubeの編集でしかできない大切な機能があります。

その機能が「アノテーション」です。

アノテーションとは、Youtubeの動画上に表示されるリンクバーのことです。

YouTubeアノテーション

アノテーションでは、チャンネル登録などの行動を促進する効果が見込めます。

上記の画像だと、青で囲った部分がクリックできるようになっています。

この画像は『バイリンガール英会話 Bilingirl English』さんのキャプチャーですが、動画編集スキルも高く参考になるのでぜひチェックしてみてください。

(4)カスタムサムネイルを設定する

YouTubeに動画をアップロードすると、動画の一部のキャプチャーがサムネイル画像として使われますが、何の動画かわかりにくくなってしまう場合が多いです。

せっかくなので、ひと手間かけて「カスタムサムネイル」を設定するようにしましょう。
パッと見て目立つので、より多くの人に観てもらうことができます。

YouTubeカスタムサムネイル

「動画の管理」→「編集」→「カスタムサムネイル」で画像をアップロードできるようになっています。
大きさは640 x 360ピクセルで作成すると、ぴったりのサイズになります。

上記のキャプチャー画像は『Taryn Southern』のものです。
話し方が上手(というより個性的)で動画もこだわって作られています。

最後に注意点を・・・

YouTubeの活用は、大きな可能性をひめていますがいくらYouTubeが優れているといっても、動画が完成しない限りはビジネスは何一つ前に進んでいきません。

あなたがすべき最も重要なことは動画の撮影、編集作業をなるべく早く終わらせて、マーケティング戦略や、あなたの商品やサービス、そして長期的なビジョンなどについて意識を向けていくことです。

だから・・・

微調整をいつまでも続けるのをやめましょう!

「まだ終わりません・・・」と微調整を続けるのは、気持ちはわかります。

自分自身を露出するのは勇気のいることです。

しかし、思い切ってどんどん動画を出していったほうが、結果的にはあなたのビジネスの成長につながるでしょう。

最初のうちは、コメントや評価に一喜一憂するかもしれませんが、徐々に慣れてくるものです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

YouTubeで再生回数が伸びないのは、サムネイルのせいかもしれません

YouTubeは文章を書くのが苦手な人でも、自分の考えやブランドを配信できて、受取手も気軽に視聴できるため、楽しくビジネスをするにはオススメのツールです。
ただし、これだけ多くの動画が配信されている現代では、正しい方法でアップしていかないと膨大な動画の海に、あなたの動画は埋もれてしまいます。

  • 「毎日、ためになる動画を配信しているのに、人が来ないな」
  • 「編集は苦手だけど、内容はすごくいいから見てほしいな」
  • 「ビジネスで作った動画なのに、身内しか見てない気がする・・・」

もし、YouTube動画を定期的に配信したり、上記のような対策をしたりしているのに、上記のように悩んでいるのなら、動画のサムネイルの出来を疑ったほうがいいかもしれません。

動画は文章のように飛ばし読みもしにくいので、視聴者はサムネイルで「面白そうかどうか」をある程度判断して、訪問するかを決めるからなんです。
また動画は検索エンジンがコンテンツの中身を判断しにくいので、視聴者がどんな操作をしたかによって、その動画の価値を決めます。
そのためサムネイルがつまらなそうで、視聴者が集まらないような動画であれば、この先もずっと、誰もあなたの動画を見てくれない可能性さえあるんです・・・。

そこでオススメなのが、簡単に使える画像編集ソフトです。
当サイトを運営している「Catch the Web Asia」では、YouTube用テンプレートなどをセットにした、画像編集ソフトを開発しました。

もちろんビジネス利用もOKです。
ライバルとは差がつくオリジナルなサムネイルを作って、再生回数を増やしていってくださいね。