YouTubeにアップされている動画をダウンロードしたことはありますか?
Youtubeから動画をダウンロードするのはとても簡単で、数多くのYouTubeダウンローダーが公開されています。
(ソフトウェアの場合もあれば、ネット上で直接ダウンロード可能なものまでいろいろあります)

コンテンツをダウンロードして、スマホやPCに入れておけば好きなときに再生できるので便利ですよね。

しかしじつは、違法にアップロードされた動画は当然ですが、合法的にアップロードされたものでも、YouTubeの動画のダウンロードは利用規約で禁止されているんです。

お客様は、「ダウンロード」または同様のリンクが本コンテンツについて本サービス上でYouTubeにより表示されている場合を除き、いかなる本コンテンツもダウンロードしてはなりません。利用規約5ーB|YOUTUBE

ただ、「知らないうちに法律に違反してしまっていた!」ということもあり得ます。

そこでこの記事では、動画のダウンロードは原則禁止であることを踏まえて、法律上はどのような扱いになっているかを解説していきます。

YouTubeの動画をダウンロードして、違法になる場合とならない場合

1

動画のダウンロードは、コピーすると言う行為ですから、当然著作権が絡みます。

インターネット上にあるものは、明示的に著作権を放棄しているもの以外は、テキストにも画像にも動画にも、もちろん音楽や映画にも著作権が存在し、権利が発生しています。

私的利用のための複製(私的複製)は、著作権の特別な例外として認められていますので、ダウンロードして個人で楽しむことはできるんです

問題なのは、以下の2つに当てはまる場合です。

  • ダウンロードしたものをさらに再配布すること
  • 著作権を侵害したアップロード動画をダウンロードすること

これらの2つの行為はどちらも著作権法違反です。

罰則の対象になりますので注意してください。

とくにテレビ番組や商用音楽CDなどを気軽にアップロードする人がいますが、それらはアップロードだけでなくダウンロードも処罰の対象となります。

ちなみにこれらは親告罪であり、警察が突然「違法ダウンロードしているだろう」と踏み込んでくることはありませんが、被害届がでていれば逮捕される可能性もあるんです

著作権を尊重しながらYouTubeを楽しむようにしてください。

YouTubeもダウンロード違法化を意識して仕様変更

2

ダウンロード違法化の流れがあったときに議論になったのが、「違法ファイルを再生した場合に、パソコンに残ってしまったキャッシュも違法になるの?」という問題です。

ダウンロード違法化とは、著作権法の改正によって、著作権者の許可を得ないでインターネット上にアップロードされた著作物をダウンロードする行為を違法化する、というものである。 2010年1月1日に改正著作権法が施行されたことにより、現在は既に違法化されている。 なお、2012年10月1日から施行された「ダウンロード罰則化」はこの次の段階である。ニコニコ大百科

かつてのYouTubeでは一度視聴した動画をすぐにリプレイすることができました。
ところが現在は、はじめから動画を読み込みはじめる(ダウンロードし直す)ように仕様変更されています。

動画のキャッシュをまるごと一時ファイルとして、ローカルフォルダに移動・コピーさせることが違法になったからです。

ただ、仕様変更後は、再生のためにブラウザが自動でキャッシュに残す動画は違法になりません。

つまり、簡単に言えば、違法なコンテンツであっても、YouTube上で再生するだけなら法律上の問題はありません。

心配な方は、以下の文化庁からのお知らせをよく読んでおくといいでしょう。

なぜYouTube自体が摘発されないのか

White conceptual keyboard - Youtube (with logotype)

初期のYouTubeは、著作権侵害の違法アップロードであふれていました。

同じように著作権違反のデータであふれていたWinnyは、開発者が逮捕されて裁判にかけられましたが、YouTube自体が摘発されたという話は聞きません。

なぜでしょうか。

これは日本がソフトウェアの開発者を著作権法違反幇助で摘発したのに対し、国際的な常識では個別のアップロード者がアカウント停止等の対象になるだけで、インフラを提供したYouTubeには罪はないと判断しているからではないでしょうか。

今後もこの流れは続くと思われるので、日本の司法も国際的なルールに従わざるを得ず、個別のアップロード者がアカウント停止の処分を受ける方向になるでしょう。

YouTubeでもっとも危険な行為は「販売すること」

6d7d03d48271a903c1077ec6128b8d1b_s

インターネット上で安易にやってしまいやすい著作権侵害。
その中でも、もっともやってはいけないことは何でしょうか?

それは、違法ダウンロードした他人の著作物を、販売することです。

これは販売目的所持になり、立派な犯罪です。

たとえば、YouTubeで見かけたテレビ番組の違法アップロードをダウンロードして、ラベルをつけて販売したり、アニメなどをダウンロードしてインターネットオークションで販売したりなどするのは絶対に止めてください。
違法行為なので、警察に摘発されます

すでに逮捕者もでていますので、安易な副業や、お小遣い稼ぎとして、ダウンロードしたものを販売するのは絶対にやめましょう。

違法アップロード動画がなくならないのは、広告費を稼げるから

PAK73_kaigainookane20140531500-thumb-815xauto-4921

YouTube上に数多くあるテレビ番組の動画や、アニメなどの動画。

これらは何のためにアップロードされているのでしょうか。

純粋にファンが番組・作品を広げたくて善意のつもりでアップロードしている場合もあるかもしれませんが、その多くが、違法とわかっていながらアップロードしています。

再生回数が伸びれば、それに比例して、広告収入を得ることができるからです。

これらは著作権違反で削除されても、新たなアカウントを作り直して同じ行動を行うので、いたちごっこです。

しかし、収入の元となる、アドセンスのアカウントが停止・凍結される場合もあり、かなりハイリスクです。

Googleアドセンスなどの広告アカウントが凍結してしまえば、今後YouTubeから広告収入を得ることはできません。

違法なやり方では短期的には収益を得ることができても、長期的にはデメリットしかありません。

まとめ

著作権違反の動画はアップロードすることはもちろんですが、YouTubeからダウンロードしないようにしましょう。

ひとが作ったものには敬意を払いつつ、プライベートで楽しんでくださいね。