ブログ記事を作成するとき、どんな点に気をつけて書いていますか?
自然検索経由で集客したい場合、SEOを意識したキーワード選定はもちろん必要です。
しかし、ユーザーが読みやすい文章を執筆することも、ユーザー体験を重視する昨今のgoogleにおいては重要です。

この記事では、ブログなどのWebメディア用記事を執筆する際、意識しておきたいチェックポイント8つをご紹介します。

1.理解しやすい文章の流れを意識する

記事を読んでいて、なかなか頭に入ってこないと思ったり、途中で飽きてしまったりした経験はありませんか?
その理由は、その文章に「正しい流れ」がないため、ということがほとんどです。

文章を正しい流れで作成し、読み手の負担を減らすためには、以下のPREP法で執筆することをおすすめします。

「PREP法」とは?

PREPとは、以下の単語の頭文字をとったものです。

Point(結論)
Reason(理由)
Example(具体例)
Point(結論)

はじめに結論を述べ、それを後押しする理由や具体例を挙げていき、最後にもう一度結論を述べます。
この順番で執筆すると、頭にすっと入ってくる、理解しやすい文章にすることができます。

「PREP法」は大学のレポートでも推奨されている執筆方法で、時間がなくとも冒頭の結論さえざっくりと読めば執筆者の主張が伝わる・思い出せるという長所があります。
サラリーマンなどの、あまり時間のないユーザー層が想定できるWebメディアでオススメの執筆方法でしょう。

物語を組み立てる際の「起承転結」とはだいぶ異なりますのでご注意を。

2.語尾を統一する

ライティングの基本中の基本ですが語尾はきちんと統一されていますか?
いわゆる「だ・である調」と「です・ます調」ですね。
前者は堅い印象を、後者は柔らかい印象を与えるので、記事を掲載するWebメディアの属性を考慮して選んでみてください。

語尾の統一ができていても、「〜です。〜です。」といった具合に近いセンテンスで同じ語尾が並ぶと、読みにくく不格好な文章となってしまいます。
こういった場合は「〜でしょう」「〜しました」などに言い換える、体言止めにするなどで回避すれば、より読みやすくなります。

3.接続詞を適切に用いて文章の前後関係を明らかにする

文章を繋ぐ「接続詞」ですが、記事執筆時に正しく用いることができていますか?
文章を繋ぐということは前後の文脈を明らかにするということで、実はとても大きな役割を担っているのです。

例えば「ゆえに」「そのため」は前のセンテンスを説明する理由を述べるときに用います。
前のセンテンスと反対する内容を述べるときには「しかし」「ところが」などが使えますね。

接続詞もまた、同じものが近いセンテンスで続くと不自然になります。
その場合は、別の接続詞で言い換える、もしくは接続詞を使わずにすむ文章展開に直す、といった方法で回避して下さい。

4.読者に合わせてひらがなと漢字のバランスを調整する

文章では、漢字にできる部分はすべて漢字にすればいい訳ではありません。
同様に、ひらがなばかりにすればいい訳でもありません。

漢字ばかりにすると堅く難しい印象になりますし、見た目にもごちゃごちゃします。
ひらがなばかりだと、文章内での区切りがわからず、内容を理解しづらくなります。

読みやすさと、読者に与える印象を考慮して、漢字とひらがなは適度なバランスで使いましょう。

5.表記を統一する

表記ゆれ、つまり同じ言葉で表記がゆれていることは発生していませんか?
「Web」と「ウェブ」、「スマホ」と「スマフォ」などですね。
また、英数字の半角全角も統一しましょう。

6.読点はルールにしたがって打つ

読点(「、」)は適度に用いると、文章が格段に読みやすくなります。
しかし、具体的な打ち方を教わる機会はほとんどの人にはないため、これまで勘でやってきた人も多いのではないでしょうか?

読点は、以下に引用した5つのルールにしたがって打ってみて下さい。
これまで読点の打ち方を意識していなかった場合、これだけでかなり読みやすくなるはずです。

●ルール1/主語の後に打つ
例:K社は、今期社員増の予定です。私は、母に感謝した。
●ルール2/文と文を分けるところに打つ
例:私は部長に昨日の商談の内容を伝え、佐藤さんは今月の売上見込みを報告した。
●ルール3/並列関係にある語句の後に打つ(ただし、最後の語句の後はなし)
例:その商品は北京、上海、香港で販売されている。
●ルール4/修飾語がどこにかかるか、分かるところに打つ
例:1万円の時計のベルトを選んだ。→1万円の時計の、ベルトを選んだ。(「1万円の時計」が「ベルト」を修飾。/1万円の、時計のベルトを選んだ。(「1万円の」が「ベルト」を修飾。
●ルール5/接続詞の後に打つ
例:私はダイエットをして3カ月で10kg減量した。しかし、あっという間にリバウンドだ。

(出典:わかりやすい文章を書く12のコツ|AIDEM人と仕事研究所

7.文章表現をできる限り簡単にする

Web記事はなるべく簡単な文章・単語で執筆する必要があります。
なぜなら、性質上Webメディアは斜め読みされてしまうものなので、難しい文章だとすぐに離脱されてしまうからです。
(専門的な知識を発信しており、ユーザーも専門家であるなど、例外はあります。)

難しい用語を簡単に言い換えることはもちろん、
「こんなことはありませんか?」といった風に読者に話しかける文章にしたり、
「ちょっと〜だったり」のような砕けた言い方を取り入れるなど、読みやすく見える文章表現を取り入れてみて下さい。

8.重要な箇所は太字にしたり色を変えて目立たせる

文章のうち重要な箇所、つまりユーザーに読んでもらいたい箇所は太字にしたり、その部分だけ色を変えたりして目立たせましょう。
理由は、前述した通り、Webメディアは斜め読みされることが多いためです。

斜め読みでも、これだけは知ってほしい!というところを目立たせ、伝えたい内容ができるだけ多くの人に伝わるようにしましょう。

この記事を読んだ方にオススメ

マーケティングの全まとめチェックリスト

マーケティングの最新情報メールマガジン