実店舗ビジネス

自宅サロンを経営するなら知っておきたいこと全まとめ

「自宅サロンを開業したいんだけど、何をしたらいいの?」
サロンを開業したい女性は多いですが、何から手を付ければいいのか分からないことだらけですよね。
実はこの記事で紹介する『開業失敗にならないために必要なこと』を読んでいただけたら、誰でもサロン開業の方法が分かるようになっています。
理由は『自宅サロンに成功した実例』も紹介しているからです。
この記事を読むことで、自宅サロンの開業へのハードルが格段と下がることでしょう。

自宅サロンとして運営できる業種には何がある?

最初に自宅でサロンとして開ける業種にはどのようなものがあるのかを紹介していきます。

エステ(脱毛・マッサージ・痩身・美肌)

エステ(脱毛・マッサージ・痩身・美肌)サロンは比較的自宅サロンでも参入障壁が低いことで知られています。
なぜならばどこでも開業が可能だということ。さらに開業をするのに資格や免許が必要ないというのが大きなメリットだからです。
ですが、マッサージに関しては資格習得をしていないと施術ができないことになっているので、注意が必要です。

美容院

美容師の資格を持っているのならば、自宅を美容院にするというのも良いでしょう。
自宅を美容院として使用することで家賃や通勤にかかる負担を大幅に軽減すること可能です。
さらに育児や家事と両立することができるなどのメリットもあります。

リラクゼーション(アロマセラピー、整体など)

リラクゼーション(アロマセラピー、整体など)も自宅サロンとして開業するには人気のあるジャンルです。
資格や専門的な知識が不要だということも人気の一つでしょう。
資格が必要なマッサージとは違いあくまでも身体的、精神的な癒しを与えるのがリラクゼーションです。
ただあくまでも治療ではなく身体的、精神的な癒しを与えるものなので、こちらの意図していないところでも不適切な施術だった場合、お客の患部を悪化させてしまう恐れがあります。
従って民間資格を取るというのも一つの手段です。

ネイル

自宅サロンを開くにあたってリラクゼーションと同等に人気なのがネイルサロンです。
理由は開業するにあたって資格が必要ないことでしょう。
実際に若い人が自宅サロンを開いているという例も少なくありません。

マツエク

まずマツエクサロンを開くには美容師免許が必要です。
無免許で開業した場合、営業停止だけではなく30万円いかの罰金を支払わないといけません。
実際にニュースでも警察に摘発されるサロンがあります。
ですので、マツエクサロンを開きたいと思ったら、美容師免許の取得から始めないといけません。

開業失敗にならないために必要なこと

次に自宅サロンを開く際失敗しないようにする方法を解説していきます。

お客様の大半は「怖い」と感じる!恐怖心を取り去る施策が重要

自宅サロンを開いてもお客が来ない…。というのはいくつかの理由があります。
ポイントの一つとしてあるものが、自宅サロンが怖いというものです
怖いと思う理由それは、開いているサロンがどのようなものなのか、誰が開いているかなどの情報が欠如しているからです。
お客様目線に立って、自分のサロンが入りやすいか否かを見てみるとよいでしょう。

営業許可書や資格証明書をブログやSNSに掲載する

自宅サロンを開く際、美容院やマッサージのように資格習得が義務付けられているものもあります。
ですが中には資格取得をしないで施術を行っているサロンもあるかもしれません。
自宅サロンを開く際にはブログやSNSで営業許可証や資格証明書を掲載しておくことでお客様に安心感を持たせることができます。

顔・本名・経歴を公開する

自分の顔をSNSで公表していたほうがお客さんは安心します。
サロンに興味をもったお客さんはまず開いているサロンがどのようなサロンなのかネットを使って調べるからです。
その時にネットに自分の顔や本名、どのような経歴なのかが書いてあれば親近感を持ちますし、「今度行ってみよう」と思う可能性が高くなるでしょう。

自宅サロンを動画や写真で公開する

お客様は開いているサロンがどのようなことをしているのか、気になるでしょう。
その時にサロンでどのようなことをしているのか動画や写真があれば、お客様が自宅サロンに行くか行かないかジャッジし易くなります。

お客様の口コミを掲載する(許可が取れるなら、お客様にも顔出ししていただくと尚よし)

お客様の意見というのは非常に大事です。
理由はお客さんがお客さんを連れてくる。といういわゆる『紹介の輪』が生まれやすくなるからです。
お客様の意見をブログなどに掲載しておくことで、新規のお客様も足を運びやすくなるでしょう。
「このサロン行ってみたいけど、どうしよう……」と迷っている方は、どのようなお客様がサロンに来ているのかが分かるだけでも、サロンへ行く後押しになります。

料金表を掲載し、勧誘の有無を明示する

興味を持ってもらっても、料金がいくらなのか提示されてなかったらお客様はサロンにいくことは怖くて行けませんよね。
ですので、料金表をしっかりと掲載しておかなければなりません。
また前述した『紹介の輪』によってお客さんの友人知人を連れてくるという可能性もあるので有無の確認をしておきましょう。

集客は口コミだけ?経営を続けるための集客方法を知っておこう

集客をするには口コミだけなのか、というとそんなことはありません。他にどのような集客方法があるのかを紹介していきます。

ブログのファンを増やす(ブログサービスなど)

個人的な日記などを書くのではなく、お客様が役に立つであろう情報を書いていくことが必要です。
ブログで情報発信をすることで、どのようなことをしているのか。また専門的な情報を掲載することその道のプロだと思ってもらえるようになるでしょう。
実際ブログを書き始めたことで、ファンが増えお客さんが急増したという例は多いです。

SNSのフォロワーを増やす(インスタグラム、ツイッター、フェイスブック、YouTubeなど)

インスタグラム、ツイッター、フェイスブック、YouTubeなどSNSには様々な種類があります。
これらSNSの特徴はフォロワー数や『いいね』などつくことで、情報が拡散するということです。
例えばツイッターの場合、リツイートや『いいね』がつくことで自分のツイートが拡散される仕組みとなっています。
フォロワーが多くなればなるほど『いいね』やリツイートなどがつく確率が高くなるでしょう。
ツイッターの活用方法は文字数が140文字までと決まっているので、書いたブログの抜粋などに使うとよいでしょう。

公式メディアへの流入を増やす(SEO、広告)

お金はかかりますが公式メディアへの広告も良いでしょう。公式メディアとは『Facebook広告』などです。
公式メディアへ流入することで、より多くの方に自分のページを見てもらえるようになります。
また、あまりお金をかけたくない、という場合はSEOを使ったブログやホームページを作成しましょう。

SEOとはSearch Engine Optimizationの略で日本語では『検索エンジン最適化』です。
SEOが成功すると自分のホームページやブログが検索されたとき、上位に表示されるようになり多くの人の目に触れる機会が増え、集客アップに繋がるということになります。

近所のファンを増やすならチラシ配布や地域情報誌の広告枠を買う

自分の住んでいるところの周辺を集客するのならばポスティング。または地域情報誌の広告枠を使います。
ポスティングや地域情報誌に掲載することで、自分のサロンにどのくらい興味をもっているかというのを推測することができるからです。

そもそも自宅サロン経営ができる物件かどうかをあらかじめ確認してトラブルを避けよう

いざ自宅サロンを開こう。そう思っても自分が住んでいるところが自宅サロン可能かどうかを確認しなければなりません。

分譲戸建の場合は営業許可区域か確認

分譲戸建てはある程度大きい土地をいくつかの区画に分割し、周辺の道路や公園などを整備しながら販売していくのが分譲戸建てです。
分譲戸建は様々なトラブルが発生しがちです。
したがって営業許可区域かどうかをたしかめなければなりません。

分譲マンションの場合は「住居専用」ではないか確認

住居専用のマンションで自宅サロンを開業してしまうと、管理会社や大家などとのトラブルが発生してしまいます。
理由は契約と税金の問題があるからです。
住居専用のマンションの場合、賃料や購入価格に消費税はかかりません。
さらに管理会社や大家にも納税額が多くなってしまうので住居専用マンションに住んでいる場合は開業をすることできません。

賃貸の戸建・マンション・アパートであれば、オーナーや仲介業者に確認

賃貸の戸建・マンション・アパートだった場合でもオーナーや仲介業者に開業の確認が必要です。
無断で開業をしてしまうことで、住人からのクレームやマンションなどから退去を求められてしまう恐れがあります。

もちろん家族にも許可をとろう

家族の理解も自宅サロンには必要なことです。
自宅をサロンにすることで、家計への影響や家事や育児への不安などで反対をされるパターンが多いです。
勝手にサロンを開業してしまうことは、家族へ与える心理的不安は非常に大きいことが予想できます。
しっかり話し合いをし、家族が納得したところでサロンを開業することがベストです。

自宅サロン経営に成功した具体例から学ぼう

自宅サロンの経営成功の具体例は数えきれないほどあります。そこでどのような具体例をみれば良いのかを紹介していきます。

自宅サロン経営をしている人のブログを読む

自宅サロンを経営している人のほとんどがブログなどのSNSを上手に駆使しています。
特にブログにはホームページとは違う、ちょっとしたお役立ち情報などを掲載している経営者も多いです。

自宅サロン開業支援をしているコンサルタントのブログの成功例を見る

サロンコンサルタントの仕事をしている方のブログを見るのも一つの手です。
コンサルタントのブログには成功例はもちろん、サロンの経営方法や集客方法などが書いてあります。

知り合いがいれば直接聞いてみる

もし友人知人に自宅サロンを開業している方がいたら、直接聞いてみるのが良いでしょう。
どのようにして成功したか。またどのようにしてお客様を集めたかなど、気になることは多いはず。
ネットの情報よりも成功者の生の声はきっと役に立つことに違いありません。

実際に成功している自宅サロンにリサーチを兼ねて申し込んでみる

実際に成功者のサロンに行くことで、自宅サロンをどのようにすればお客様を呼ぶことができるのかが分かってくるのではないでしょうか。
内装や独自性など、成功しているサロンには様々な理由があります。
成功しているサロンに行くことで、どのようなサロンにすれば人気がでるのかのヒントがみつかるかもしれません。

【無料】Web集客でお困りではありませんか?

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございます。

当サイト運営のCatch the Web Asiaは、Webマーケティング会社です。
設立からたった10年で70億円以上を売り上げることができました。
今、このサイトの読者様に特別プレゼントを配布中です!

マーケティングマスターシート2019
Webマーケティングを行うときに必要な具体的な作業内容を、ひとつのシートにまとめました。
あなたの会社に必要な、web集客「次の一手」が一目でわかります!
Webマーケティングで成功するためのポイント解説セミナー動画
Catch the Web Asia代表・横山が行うオンラインセミナーを収録。
売上アップのための“ある根本的な考え方”からスタートし、Webマーケティングに欠かせない4つのポイントを解説。
最後にもっとも大切な「●●力」を身につける方法を伝授します!

当社が10年間で70億円を売り上げた秘訣がギュッと詰まっているので、興味がある方はぜひチェックしてみてくださいね。

※完全無料で追加課金はありません。