ビジネスハック

パレートの法則を仕事に活かして売上を上げよう!マーケティング活用の具体例も紹介

パレートの法則

パレートの法則とは?

パレートの法則とは、19世紀末にイタリアの経済学者であるヴィルフレド・パレートによって発見された全体の2割の要素が、全体の8割の数値を生み出しているという法則のことです。
たった2割の富豪が社会全体の富の8割を所有していて、残り8割の貧しい人たちが社会全体の富の2割を分け合っている、という統計結果から生まれました。
「2:8(にっぱち・にはち)の法則」、「80対20の法則」などとも言われます。

パレートの法則の具体例

  • 売上の80%は、顧客全体の20%に該当する優良顧客によって生み出されている
  • 会社売上の80%は、社員全体の20%が作っている
  • ある製品の利用者の80%は、その製品の全機能のうち20%しか使っていない
  • ホームページの総アクセス数の80%は、ページ全体の20%が生み出している

パレートの法則が教えてくれること

売上をアップさせたい、商品・サービスの顧客満足度をあげたい、成績をアップさせたい・・・など何でもいいですが、何かを改善したいときにパレートの法則が当てはまらないか考えてみましょう。
あれもこれもと手を広げていては、いくら時間とお金と人手があっても足りません。
「効果的なポイントは全体の2割程度だ」と考えて、クリティカルな改善点を探すことに注力しましょう。
そうすることで、最小の労力によって結果を大きく変えることができます。

パレートの法則をビジネスに具体的にどう活かす?

顧客単価が高いビジネスをしている人は、とくにパレートの法則を意識しましょう。
例えば、顧客の売上をパレート図(エクセルで簡単に作れます)に落とし込んでみて、上位2割程度の顧客に担当者を付けてフォローする、などの活用法が考えられます。

パレートの法則が活用された具体例

パレートの法則を活用し、大きな成果をあげた具体的な事例を紹介します。

IBMの事例

ユーザーがIBM社のパソコンを使う時、8割の時間を使って、たった2割の機能しか使っていないことに気づいた。
そこで、その2割の機能のユーザビリティを改善させたところ、瞬く間にヒット商品となった。

アメリカン航空

売上の8割がたった2割の優良顧客によって生み出されていることに着目し、この優良顧客がオトクになるようなシステムとしてマイレージの仕組みを作り、圧倒的な人気航空会社になった。

ほかにも、パレートの法則は社員の成績や、会社の意思決定にも役立ちます。

たとえば社員の成績の場合、優秀な社員は2割だから、その2割に賞与や役職を与えて大切にして、他の会社に取られないようにする。
会社の意思決定の場合、売上の80%を左右するような「20%のクリティカルポイント」に関する問題であれば、リソースをどれだけ投下しても構いませんが、それ以外の80%の問題については、あまりリソースを割きすぎないようにする・・・といった対応を取るのが良さそうだと考えることができます。

重要なポイントとしては、自身が取り組んでいる問題が、パレートの法則の20%と80%のどちらに該当するかを見極めることです。

億超えの起業家を次々と生み出した「稼げるビジネスを作る超実践的ノウハウ」を無料プレゼント中

美容サロン・整体院などの店舗ビジネスや
コーチ・コンサルなどの講師ビジネスなど、
あらゆるビジネスに欠かせない

  • オンライン集客
  • マネタイズ戦略
  • 高額商品設計

といった、
個人が好きなことで稼ぐための
超実践的ノウハウを無料プレゼント中です。

無料プレゼントの詳細はこちら

無料動画講座と5大特典を期間限定プレゼント中!



最新のビジネスのオンライン化&集客の仕組構築の方法が分かる、無料動画講座と5大特典を期間限定プレゼント中です。
この動画講座を見ることで、自粛や不況などの時代でも集客に困らなくなります。

無料動画講座では、

などを無料で公開しているので、
少しでも集客に不安があれば無料講座を見ておいてください。
詳細はこちら