SNSマーケティング

少額運用可能で成約しやすい!フェイスブック広告のやり方や費用相場まとめ

フェイスブック広告とは?種類とやり方(出稿方法)まとめ

フェイスブック広告はフェイスブックの中に様々な広告を表示することができる非常に効果的な広告で、近年多くの企業を始め様々なメディアの中で利用されているものです。
インターネット上の広告は従来からバナー広告やGoogle検索エンジンの検索結果の中に埋め込む広告などが用いられていましたが、近年ではSNSの普及により様々な個人情報や傾向を収集することができるようになり、その検索結果や閲覧結果などをもとに利用者の興味や関心の情報を集めることが良いとなってきました。
なかでもフェイスブックは世界中で多くの人が利用しており、その利用方法から本人の興味や関心を抽出することが非常に容易なメディアとして注目されています。

フェイスブック広告はこれらの利用者本人の利用傾向や興味などをもとに、詳細にその表示方法を設定することができる便利なものとなっているのが特徴です。
その種類(タイプ)も表示のパターンや傾向によっていくつかの種類を持っており、自分が表示をしたい目的や用途に応じて最適なものを選択することができる点がより高い広告効果を上げることが可能な要因となっているのです。

広告のアルゴリズムはその広告の種類(タイプ)によって異なっており、相手の所在地やよくアクセスを行う場所等を記憶し、その周辺の情報を表示させる方法や、興味のあるコンテンツなどを記録しこれに関連した広告を抽出して表示するなどの複雑な表示方式が可能となっています。
近年ではさらに複雑なアルゴリズムを導入しており、単純に従来のバナー広告のように関連したキーワードだけを情報として利用するのではなく、様々な情報を総合的に利用している店が高い広告宣伝効果をあげている要因となっているものです。

フェイスブック広告の最大のポイントはASP方式を採用している点です。
このASP方式ではさまざまな情報を総合的に解析しさまざまな情報を総合的に解析し、最適な手法を選択することができるメリットを有しており、広告を出稿するだけでその条件に合った最適な表示方法を割り当ててくれるところが従来の単純な広告宣伝とは異なるポイントとなっています。

従来は自分自身で広告を出稿するコンテンツを決める必要がない、一般の人ではその出稿方法が非常に難しいものでしたが、フェイスブック広告では簡単な情報の記載を行うだけで、自動的にその目的に合った表示を行ってくれる点がポイントとなっており、非常に利用しやすい点がポイントです。

フェイスブック広告の種類別の特徴と効果と費用相場を説明します

フェイスブック広告の特徴は様々な条件が定量的に設定されており、これにより費用(値段)が異なると言う点です。
一般的に広告を出稿する場合にはその広告の大きさや表示するメディアの数量により費用(値段)が決められるもので、実際にその広告を掲載した効果に関しては予測されない部分があるためその対象とはならないものですが、フェイスブック広告ではそのアクセスの数量も関連する点が一般的な広告料とは異なる点となっています。

フェイスブック広告はその金額を算出する際にアプリの利用料のほか、広告自身の文字数やリーチと言われる掲載範囲などが重要な根拠となります。
これらの要素はピクセルと呼ばれる定量的な数値のもとで評価され、請求金額に反映されます。
基本的にピクセルが大きいほど宣伝効果が高いと考えられており、そのために費用も高くなる仕組みとなっているため、その仕組みを十分に理解した上で出稿することが宣伝効果を高めるための重要な要因となっているのです。

フェイスブック広告の特徴は自分で様々な課金に関する要件を設定することができる点です。
一般的に広告を出稿する場合、広告の大きさや掲載のボリュームによってあらかじめ金額が設定され、その成果に関しては一切関知しないことが多いのですが、フェイスブック広告ではあらかじめ広告に対してのアクションを設定することができるため、これに対しての要件を致していない限りは請求が行われる事はありません。

例えば1000回クリックが必須と設定した場合、全体のクリック数が1000回に満たない場合には請求されない仕組みとなっており、非常に金額が予測しやすいものとなっているのがポイントです。

フェイスブック広告の請求書は様々な要素ごとに金額が分かれており、それぞれの項目に関して課金がなされるようになっています。
したがってこれらの要素を全て満足していない場合にはその項目に関しての課金はされないことになっており、非常に効果的に広告を掲載することが可能となっているのです。

フェイスブック広告のメリット

フェイスブック広告のメリットはこれらの要素を全て満たしてある状況で掲載を行うことができる点にあります。
自分で広告の効果を予測しながらその費用を見積もることができ、またこれに対して様々な対応をフェイスブック側が行ってくれるため、本来の対象を絞り込みやすい特徴と合わせて、非常に効果的な宣伝広告を行うことができるのがポイントです。
さらにターゲットを絞り込みやすいため効果を高めることができるのもメリットとなっています。

フェイスブック広告の設定について知っておこう

フェイスブック広告には様々な設定があり、これらを効果的に利用することでより最適な広告宣伝を行うことが可能となります。
その要素は大きく分けて表示する曜日や時間の指定、および掲載期間の指定等があり、加えて地域設定等の要素も組み込むことができます。

表示する曜日や時間の指定は、広告の内容によっては重要な意味を持つものとなります。
最近ではビジネスでフェイスブックを利用する人も多いため、ビジネス目的で掲載される広告の場合には休日や夜間は掲載を行ってもあまり意味がありません。
平日の日中に絞り広告を掲載することで、より効率的にターゲットの利用者に対しアピールをすることができる仕組みとなります。

掲載期間は一般の広告と同じように、キャンペーンや季節限定の商品など、期間を区切った商材を広告宣伝する際に非常に重要なポイントです。
一般の広告でも掲載期間を区切って広告宣伝を行う事は非常に頻繁に行われていますが、フェイスブック広告の場合にはこの設定に様々な要素を付け加えることも可能です。

これらの条件は全てシステムの方が機械的に判断をするため、期限が切れた場合には自動的に広告が削除され非常に効率的な運用を行うことができるようになっているのがポイントです。

またフェイスブック広告ではその配置も重要なポイントとなります。
フェイスブックでは広告はトップ画面やタイムラインに表示する形となるのが一般的ですが、その他にもコメントの内部に表示をその他にもコメントの内部に表示をさせたり、様々な写真と組み合わせて効率的に表示をする機能も持っているため、その中から最適な位置を選んで掲載をすることが可能です。
タイムラインをあまり閲覧する習慣がなかったり、ビジネスなどで利用している場合には単純に連絡手段として利用しているケースも多いため、その中に適切に広告を配置することができる点がポイントとなっており、その効果を高めやすい仕組みとなっています。

さらにフェイスブック広告ではアプリ連動や様々な内容の閲覧やクリックなどもカウントを行うことができるため、これらの成果を確認する機能も備えているのが特徴です。
そのため自分自身で様々な条件を設定しても、その広告宣伝効果が上がらない場合には費用面も非常に配慮される仕組みとなっており、また非常にアクセスの多いページの場合には関連付けをチェックしながら優先的に掲載を行うなど状況に応じた展開をすることができるのがポイントです。

フェイスブック広告に成功した会社の成功事例を3社分、紹介します

フェイスブック広告を利用して効果を上げている会社は非常に多くなっています。
フェイスブック広告は単に広告宣伝を行うだけでなく、その広告に興味を持った人のアクションを適切に捕まえることで、さらにその人が欲しい情報を積極的に提供することができる機能を備えており、より興味や関心を深めることができる機能を有しているためです。

サイボウズ

サイボウズは古くからビジネス目的のグループウェアなどを手がけており、1部の企業では非常に有名な会社となっていましたが、一般的な知名度は非常に低く、さらに他社に比べてその機能したが表面的にはなかなか見えにくいと言う問題を抱えていました。
従来は営業マンがそれぞれの会社を訪問しその機能に関して丁寧に説明をし理解を得ることが多く、またこのような直接的な営業がこの会社の販売戦略の大きな柱となっていました。
しかし、近年ではスマートフォンの普及により、一般人による発信の機会が増え、web上の情報が多くなったため、商品の説明を聞く時間をとってくれる顧客が少なくなってしまったことも、様々なマイナス面を生み出しました。
そのためサイボウズではフェイスブック広告を用いて効果的な広告宣伝のために顧客の動向に合わせた複数の動画を用意し、それぞれでサービスの内容を十分に説明する仕組みとしたことでその認知度が高まり、導入実績を高めることに成功したのです。

モスバーガー

また大手飲食チェーンのモスバーガーもフェイスブック広告を利用してその効果を高めた会社です。
この会社では商品であるハンバーガーやその他の食品に関して安全でしっかりと管理された工程を経た上で商品が提供されていることをアピールするとともに、様々なキャンペーンを管理された日程やその他の明確な条件のもとで提供している点を動画でわかりやすく解説することで、他社にはないきめ細かなサービスを行っていることを広く世間にアピールしました。
これらの内容が興味を持って見れば見るほど非常に詳細なものとなる傾向があり、その展開が人目を引きつけるものとなっているのです。

アールビバン株式会社

異色なところではアールビバン株式会社が展示会の集客をフェイスブック広告で行い、高い集客効果を得ているのも注目に値します。
フェイスブックを利用している最中に、自分のいる場所の近くで様々な展示会をやっていると覗いてみたくなると言う心理を利用して、アクセスをする人の最寄りの展示会で表示するなどその特長を最大限に生かしています。
これらの成功事例を見ても様々な分野に応用される機能を持っていることが示されているのがポイントです。

フェイスブック広告で初心者がやりがちな失敗例を5つ知っておこう

フェイスブック広告は非常に昨日が充実していることから、最適な機能を選んで設定することでより高い効果を得ることができるものとなっています。
しかし、これらの機能を生かしきれなければ単なる一般広告となってしまうほか、逆に広く行われている一般の広告宣伝よりも効率が悪くなってしまうことも少なくありません。

そのため、目的に合った機能を選びながら使用することが効果的に利用することができる最大のポイントとなるのですが、初心者はその機能面ばかりを見てしまうことで肝心な部分で使い方を誤ってしまうことも多いのです。
大きく分けてその失敗のパタンは5つありますが、そのほとんどはフェイスブック広告の利用方法を正確に把握していないことによるものが多くなっており、その失敗例を適切に分析することでより効果的に利用することができます。

1つ目は様々な場所にバナーやビデオを配置してしまうことです。
しかしタイムラインなど1部の部分に広告が掲載されるだけのイメージがあるため、十分に広告宣伝を行いたいと様々な場所に同じ広告を掲載してしまうこともあります。
フェイスブックで広告を掲載する場合にはそのエリアによってアクションも異なるため、その掲示場所を十分に考慮したうえで行わないと逆効果になってしまいます。

2つ目は課金設定の際に大きな目標を掲げすぎることです。
フェイスブック広告は様々な要素を事前に設定することでその条件を満たした際に課金されることになるため、効果が上がらない場合には請求がない点がメリットですが、これらの条件を非常に高く設定してしまうと効率的に広告が表示されないリスクもあるため注意をしなければなりません。

3つ目はターゲットを明確に絞り込まずに曖昧な条件だけで、広告を掲載してしまうことです。
ターゲットを明確に絞り込まずに曖昧な条件だけでの広告を掲載してしまうことです。

4つ目は広告の掲載を行った後の様々な周辺環境の準備を確実に行っておらずに、リンク切れ等といったトラブルを発生させることが問題です。

5つ目は、広告のテーマをできるだけ細分化することです。
これを行わずに非常に広い範囲を対象にした広告を掲載すると、その結果が様々な方面に分散してしまうことになり、商品のイメージが拡散してしまうことにつながりかねません。
フェイスブック広告は非常に細かなターゲティングをすることができるのもポイントとなっています。
その機能を生かすためにはできるだけ細かく対象を設定することが大切です。

今すぐ「売上が2倍以上」に!70億円を儲けた「売上アップシート」を配付中

マーケティングマスターシート&売れる仕組み動画イメージ最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございます。
当サイトの読者様限定で、国内外で7社を経営し70億円以上を売り上げた横山が、今も現役で使用している「売上アップシート」をプレゼント中です!

【プレゼントの内容】

  • 売上アップシート&使い方解説動画
  • 売上アップシートを使う前に知っておくべき「売上アップに導く方程式」の解説動画
  • 売上アップでネックになりがちな〇〇をいとも簡単に突破する方法の解説動画
受け取り方法

メールアドレスを入力し、ボタンをクリックしてプレゼントをメールで受け取ってください。

10秒以内にお届けします。

※上記メールアドレスに、プレゼントのダウンロードURLを記載したメールが届きます。弊社の無料メールマガジンはいつでも解約できます。個人情報はSSL化により暗号化されており、プライバシーポリシーに基づき厳正に管理されます。

【無料】で売上を2倍にしませんか?


マーケティング思考を鍛える
売上アップ動画講座を無料配信中!今なら売上アップシートもプレゼント。

詳細を見る

10秒以内にお届けします。