起業

人脈が広がるかも?フリーランスの個人名刺作成のコツ!かっこいいデザインや載せたい情報まとめ

フリーランスや副業、趣味のために個人名刺を作成するメリットと、人脈が広がる個人名作成のコツ5つ

フリーランスや副業、もしくは趣味の場合であれば個人名刺を作る必要はないと考えている方も多くいます。必ずしも個人名刺を作らなければいけないというわけではありませんが、作成することで得られるメリットも存在しています。そのメリットの1つとしてあげられるのが、自分の魅力をアピールできるという点です。

そもそも会社で支給されている名刺などの場合には、載せる情報は所属部署など最低限のものだけです。一方でフリーランスや趣味のものであれば、自分で好きなように内容を決めることが可能です。自分の魅力を伝えられる内容にすることで、人脈を広げるチャンスを作っていくことにもつながります。フリーランスなどの場合、仕事を受注できなければ収入を得る機会が減ってしまいます。そこで個人名刺を上手に活用することによって、仕事を受注するチャンスが増やせるかもしれません。また趣味で人とつながりたい方も、自分がどのような人物か伝えるのに名刺を役立てられます。

人脈が広がる個人名刺を作成したい場合には、大きくわけて5つのコツがあげられます。1つ目のコツとなるのが、渡す相手を考えるという点です。フリーランスで参加したセミナーでほかの方に配るものなのか、それとも共通の趣味で仲良くなりたい相手に渡すのかなどの点によって目指す方向性は異なります。

2つ目のコツが、個人情報をどこまで載せるのかという点です。個人情報を載せすぎるとトラブルに巻き込まれるリスクが高くなるので注意しましょう。一方で3つ目のコツとして、最低限の情報は掲載するという点があげられます。情報が少ないと名刺としての役割が期待できなくなるので注意が必要です。

4つ目のコツがSNSとの連携を考えるということです。プライベートの交流だとSNSでつながるという機会も多いでしょう。そこでQRコードを活用して、SNSでつながれるようにするのも1つの手です。そして5つ目のコツが、仕事だけではなくプライベートの情報を載せるのも選択肢の1つだという点です。フリーランスで使うものでも、趣味の話題に触れることで親しみを持ってもらいやすくなります。

フリーランスが個人名刺に載せたい情報とは?職種ジャンル別に具体的に紹介します

フリーランスが個人名刺を作るとき、どのような情報を載せるべきか迷ってしまう方も多くいます。このときに忘れてはいけないのが、個人名刺というのは営業のチャンスにつながるものだという点です。そのため自分がフリーランスとして、どのような活動実績があるのかわかるような形で名刺を作成することが大切です。

例えばミュージシャンとして活動している方であれば、代表曲や自信作が存在しているというケースも多く見られます。そのような方は、名刺に曲のタイトルなどを掲載しておくことで興味を持ってもらった方に聞いてもらえるチャンスが増えます。またスムーズに視聴できるように、QRコードなどで聞けるような仕組みを作っておくのも1つの手です。

さらにwebデザイナーの場合には、自分が手掛けたサイトのURLを合わせて名刺に載せておくことも大切です。実際にwebデザイナーに仕事を依頼するとき、過去にどのようなサイトを手掛けてきたかは人々にとって気になる点の1つです。だからこそ自分が手掛けたサイトをアピールできるようにすることが大切です。

一方でアナウンサーも代表作などがあれば自己紹介代わりに掲載しておくようにしましょう。カメラマンの場合には、自己紹介も兼ねて名刺に自分の写真を掲載することも可能です。表面は文章が中心にして、裏面に自分をアピールできるような写真を載せるなどの工夫もできます。フリーランスのライターで活躍している方は、自分が書いた文章のURLなどを掲載しておくのも1つの手です。ライターの実力をアピールできれば、仕事のチャンスが増やせるかもしれません。

フリーランスの場合には、知名度が低いと思うように仕事が受注できないというケースも多く見られます。だからこそ個人名刺というのは、仕事を得るチャンスにつながるということを忘れてはいけません。渡した相手が自分の実績を知るチャンスを作ることで、仕事の受注につながる可能性があるという点を忘れないようにしましょう。

個人名刺をできるだけ安く作る方法。自分でデザインして、印刷は名刺業者に依頼しよう!具体的な画像サイズも紹介

個人名刺作りに興味を持っているものの、お金がかかりそうで迷っているという方もいるでしょう。そのような場合であれば、作成費用を抑えるための方法をチェックすることが大切です。費用を抑えるためのコツとなるのが、業者に依頼するのではなく自分で作成するということです。

自分で名刺を作るといわれても、デザインは苦手なので自信がないと感じる方も多くいます。ですが実際には、パソコンのプリインストール画像アプリでゼロから自分でデザインすることが可能です。プリインストール画像を使うことで、デザインが苦手な方でも手軽に名刺を作っていけます。また名刺業者のwebサイトにある無料テンプレートや、画像作成アプリの無料テンプレートも利用できます。無料のものを組み合わせて、自分だけのものを作成できるのです。

またサイズがわからないという場合でも、テンプレートなどを参考に考えていくのも1つの手です。テンプレートは使わないものでも自分の名刺の参考にできるものです。さまざまなものをチェックしたうえで、自分に合ったものを考えていくようにしましょう。

個人名刺を自分で作成するといっても、自宅にプリンターがないもしくは印刷まで自分で行うと安っぽくならないか心配という方も多く見られます。そのような方は、印刷だけで業者に依頼するというのも選択肢の1つです。値段はかかりますが、業者に依頼することで質の高い印刷で仕上げてもらうことにつながります。特に大量の名刺を印刷したい方は、業者に依頼することでスムーズに仕上げてもらえます。

良いデザインのものを作成できたとしても、印刷の質が悪いと見た目の印象が悪くなってしまいます。名刺の出来に関わる大切なポイントだからこそ、デザインだけではなく印刷にも気を使うことが大切です。業者に依頼する場合には、金額を比較しながら検討していくことも必要です。注文枚数によっても金額が異なるので、状況に応じて業者を選ぶことも忘れてはいけません。

個人名刺を完全無料で作るなら、コンビニまたは自宅プリンターで写真プリントしてハサミで切り分けよう

フリーランスとして活動を始めたばかりなので、個人名刺を作るためにお金はかけられないという方もいるでしょう。そのような場合には、業者に依頼せずに作成することも可能です。名刺のデザインに関することは、無料のテンプレートなどを使って検討できます。そして印刷をする場合でも、コンビニまたは自宅プリンターで写真プリントをするという選択肢があげられます。

例えば明日取引先に会うことになったなどの理由で急に名刺が必要になった場合だと、業者に依頼する時間がないということもあります。一方で駆け出しでお金がない場合も、業者に依頼する余裕がありません。そこでコンビニや自宅のプリンターを利用することで、お金をかけずに業者も利用せずに個人名刺が作れます。

実際にコンビニまたは自宅プリンターで写真プリントをする場合には、いくつか注意しなければならない点があります。注意点の1つが、印刷の質が悪くならないようにするという点です。紙やインクの質、さらにはプリンターの機能にも注目して少しでも良い形で印刷ができるようにしましょう。

そして自分で印刷する場合には、プリントしたものをハサミで切り分けることになります。このとき適当に切ってしまうと、きれいに印刷できても切り口が曲がっているなどの問題点が出てきます。曲がらず丁寧に切り取ることを忘れないようにしましょう。切り口がいびつなどの問題があると、名刺を受け取った相手からの印象が悪くなってしまいます。

ハサミで切って曲がらないか心配という方は、定規を当てながらカッターを使うなど工夫するのも1つの手です。名刺の切り口の問題1つで、その後の仕事にも影響する可能性が出てきます。良い人脈を作ってビジネスチャンスを得るためにも、切り口の問題に注目することも忘れないようにしましょう。ハサミなどを使うときは、切れ味などに問題がないか先に確かめておくことも大切です。また印刷が終わったばかりは、インクがにじまないように少し時間を置いてから切り分けることも忘れてはいけません。

名刺デザインで気をつけたいこと

名刺デザインではどのような点に注意したらいいのでしょうか。例えばポイントの1つとして、余白はどれくらいとるかという点があげられます。限られたスペースを有効に活用するために、多くの文字情報を掲載するという方も見られます。しかし文字情報を多くしてしまうと、読みにくい名刺になるので注意が必要です。自己紹介を多くしたいならQRコードを活用するというのも選択肢の1つです。

また余白の問題だけではなく、文字で使うフォントもポイントです。かっこいいデザインのフォントでも、文字が読みにくければ意味がありません。おすすめのフォントとなるのが、楷書やゴシックさらには明朝体などのよく使われるものです。これらのフォントは読みやすいなどのメリットがあるため、多く使われるという点を抑えておきましょう。

格式の高い名刺デザインにしたいと考えている方もいるかもしれません。そのような場合には、ロゴがあるとさらに格式アップさせることにつながります。自分の業務内容や屋号などに合わせたロゴを作成することで、相手への印象を作りやすくなります。とくに同業者が多く集まる環境では、どのように自分に興味を持ってもらえるかがポイントの1つです。上手にロゴを活用して、ビジネスのチャンスをつかんでいくようにしましょう。

多くの情報を名刺に載せたいとき、レイアウトは要素ごとに揃えることも忘れてはいけません。情報がごちゃごちゃしていると、見にくい名刺になってしまいます。要素ごとにレイアウトを揃えるだけで、見た目の印象を良くすることにつながります。

このように名刺デザインで注意すべき点だけでも、複数のポイントがあげられます。これらのポイントを1つずつ確認していって、より良いものを作っていくことが大切です。個人名刺は人とのつながりを作れるものだからこそ、1つずつの点に注意する必要があるのです。ビジネスチャンスなどを逃さないためにも、注意点を把握して作成するようにしましょう。

今すぐ「売上が2倍以上」に!70億円を儲けた「売上アップシート」を配付中

マーケティングマスターシート&売れる仕組み動画イメージ最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございます。
当サイトの読者様限定で、国内外で7社を経営し70億円以上を売り上げた横山が、今も現役で使用している「売上アップシート」をプレゼント中です!

【プレゼントの内容】

  • 売上アップシート&使い方解説動画
  • 売上アップシートを使う前に知っておくべき「売上アップに導く方程式」の解説動画
  • 売上アップでネックになりがちな〇〇をいとも簡単に突破する方法の解説動画
受け取り方法

メールアドレスを入力し、ボタンをクリックしてプレゼントをメールで受け取ってください。

10秒以内にお届けします。

※上記メールアドレスに、プレゼントのダウンロードURLを記載したメールが届きます。弊社の無料メールマガジンはいつでも解約できます。個人情報はSSL化により暗号化されており、プライバシーポリシーに基づき厳正に管理されます。

【無料】で売上を2倍にしませんか?


マーケティング思考を鍛える
売上アップ動画講座を無料配信中!今なら売上アップシートもプレゼント。

詳細を見る

10秒以内にお届けします。