起業

スモールビジネスを始めてみよう!スモールビジネスの事例や副業からはじめるアイデアを紹介

スモールビジネスとは?日本でのスモールビジネス事情とスタートアップや起業との違い

スモールビジネスは直訳すると小さい仕事のことですが、実際は小規模に留まる企業や副業などを指します。
従来、ビジネスといえば企業規模が大きく、大々的に取り組むイメージがありました。
しかし近年はベンチャービジネス、ニュービジネスの台頭によって、ビジネスの多様性が広がっています。

スモールビジネスは、これまでの分類が難しくなったことで生まれた新しい言葉で、企業やビジネスの規模の大小で優劣をつけないのが特徴です。
ちなみに和製英語ですから、海外では意味が通じませんが、日本国内では浸透してきており、昨今では注目が集まっています。

日本のスモールビジネスの現実は、アイデアを形にできる方法の1つとして、前向きに挑戦を検討する人が少なくない状況です。
スタートアップとの違いは大きな成長やリターンを求めるか否かで、安定性や持続性に比重を置くかどうかによります。

スタートアップは成功すればリターンこそ大きいですが、企業単位で規模で挑戦する必要があったり、無視できない失敗のリスクが生じるのがポイントです。
ベンチャービジネスに分類されますが、どちらかといえばIT業界に限定されたり、業界内で使われることの多い言葉です。

一方、起業は文字通り新規に事業を起こすことで、英語だとベンチャーが当てはまります。
スタートアップのビジネスは生存率が1割程度とされていますが、スモールビジネスだと小規模であまり無理をしない分、生存率は同等かやや良い傾向にあるといえます。
勿論これはあくまでも参考程度ですし、起業からの年数によって違ってくるので要注意です。

年収は安定を取るならスタートアップですが、リスクを承知でリターンを望むなら、やはり新規事業を立ち上げて挑戦することになるでしょう。
ハイリスクハイリターンのビジネスは、成功すれば年収1千万円も夢ではありませんし、成功者として一躍注目を集めることになるはずです。

ただし、既存の概念を良い意味で壊すアイデアや資金調達が重要ですから、高い生存率を望むのは難しいと思われます。
規模が小さくても手堅く取り組むビジネスは、安定した利益や収入が得られるので、長期的に生存率が高く保ちやすいです。

スモールビジネスの一例

良いスモールビジネスの事例をひとつあげると、有資格者のフリーの整備士が出張でサービスを提供する場を設けるビジネス、といったものがあります。
高齢化や後継者不足が懸念される自動車整備業界において、ユーザーと整備士を結びつける仲介サービスは需要がありますよね。
ユーザーは利便性と価格面でのメリットを享受でき、整備士は新たな仕事受注先を得ることができます。
そしてサービス提供側は、仕入れ不要で在庫を抱えずに済むのでリスクが小さく、新たな経済活動を生み出すことで社会貢献にもなります。

スモールビジネスの始め方とメリット、デメリット

スモールビジネスの始め方は、最初は無理をせず小規模でビジネスを立ち上げ、少しずつ拡大していくのがコツです。
確かに、ビジネスを拡大するとその分リターンにも期待できますが、大きなリスクがついて回ることになります。
だからこそ無理に手を広げるのではなく、アイデアで新たなビジネスを生み出すのがベストです。

物販は安く仕入れて高く売れば稼げるので、ビジネスとして誰にとっても分かりやすく魅力的です。
ところが、小規模だと得られる利益は限られますから、必然的に仕入れを増やして売る必要性が出てきます。
結果的に在庫のリスクが高まり、売れなくなった場合に一気に不良在庫に変わります。
その点、情報やサービスを提供するビジネスであれば、不良在庫は生まれないので安心です。

よくある失敗事例ですが、仕入れや在庫が必要な物販で、イニシャルコストが大きく発生してしまうケースが当てはまります。
成長を急ぐあまりに、早い段階で販路を拡大してしまったり、顧客を軽視して結果ばかりを求めることが失敗事例に通じる共通点です。
何事もビジネスは軌道に乗せるのが第一ですから、焦っても良いことはありませんし、在庫を抱えるような物販だとリスクが大きくなるので初心者にはやや不向きです。
それよりも、地道にリサーチして顧客のニーズを汲み取ったり、ニッチな部分にアプローチするやり方こそが、スモールビジネス成功の王道です。
基本中の基本といえばそうですが、原則をしっかりと守り取り組むことで、スモールビジネスの成功率はアップします。

まずはアイデアを書き出して、ビジネスになりそうなアイデアをブラッシュアップしてみましょう。
後はニーズのリサーチを行い、どのような形でニーズに応えるか、その仕組みを設計したら実行に移すだけです。

スモールビジネスのメリットはやはり、好きなことを仕事にして稼げる部分が大きいです。
好きなことなら、本気で取り組めば何でも利益に繋がるという保証はありませんが、それでも苦手なことを無理するのではなく、楽しみながら続けられます。

デメリットはビジネスが拡大するとは限らず、小規模なままに留まってしまう可能性があることです。
それと、知名度の低さや社会的な信用といったデメリットも存在します。
会社を設立して法人化を行えば、一定の信用を得ることはできますが、しかし手間が掛かってイニシャルコストも大きくなります。
気軽に始められるのがスモールビジネスの良いところですから、折角のメリットを潰してしまいかねないです。

そもそも、大企業にありがちなリスクを避けられるのが最大のメリットで、フットワークの軽さがスモールビジネスの強みです。
会社設立をするかどうかはともかく、スモールビジネスならではのメリットを忘れないことが肝心です。

スモールビジネスのコツと差別化方法

スモールビジネスのコツは、フットワークを活かして小回りをきかせたり、変化を注視して柔軟に対応することです。
大企業は体力こそありますが、意思決定のスピードが遅く後手に回ってしまうのが弱点です。
スモールビジネスは小規模だからこそ、その強みが活かせますし、最大限に活かして差別化を図ることが成功の鍵を握ります。
意思決定に責任はつきものですが、それはビジネスを始める前に覚悟を決めておき、間違いを含めて結果を背負うのが基本です。

参入する分野は、まだ誰もビジネスを始めていなかったり、ライバルが少ないニッチな部分に注目しましょう。
ニーズというのは案外沢山埋もれているもので、それを見つけて掘り出せば勝機が見えてきます。
今でこそ有名な企業も、最初は小規模なスモールビジネスがルーツだったりしますし、いずれもニッチなビジネスで成功を掴んでいる傾向です。

イニシャルコストの小ささはスモールビジネスの魅力ですが、最初に十分な資金を確保しておくのがコツの1つです。
いくらコストが少なく済むといっても、急に資金が必要になることはありますし、資金が必要な時に使えないのは本末転倒です。
その為、スモールビジネスを始める時は、必要になると思われる資金を予め算出しておき、少し余裕を持たせて用意することが大切です。

稼ぎ方の原則は、なるべく最初に集中的にコストを掛け、後はあまり手間暇を掛けないようにする点にあります。
商品を仕入れて販売を行う物販は、在庫管理や発送に返品手続きなど、何かとやることが多く大変です。
インターネットで完結するサービスや、スマホ向けのアプリといったビジネスは、仕入れが不要で販売はほぼ自動ですし、在庫管理の手間が掛からないので楽です。

つまり、このようなビジネスに的を絞り、後発なら問題点を改良する、あるいは逆張りをするなどの差別化で挑戦を行うのが賢明です。
稼ぎ方はとにかく本当に必要な部分にコストを掛け、利益率の良い商品やサービスを提供して収益を確保することです。

まずは副業でもOK!本業の種類別おすすめスモールビジネス

スモールビジネスは副業からはじめることも十分可能です。
むしろ本業の知見を活かしたビジネスができることは、副業からスモールビジネスをはじめる大きなメリットでもあります。
ここでは、本業の業種別に、スモールビジネスのアイデア例を紹介していきます。

医療従事者におすすめのスモールビジネス

医療従事者におすすめのスモールビジネスは、専門性の強みを活かした記事の執筆です。
具体的には、クラウドソーシングサイトで記事執筆を請け負ったり、自身でブログでの情報発信を行うなどです。
専門用語についてわかりやすく解説したり、医療に関する間違った理解を専門家の視点から指摘する記事は、多くの人から求められています。

士業におすすめのスモールビジネス

士業におすすめのスモールビジネスは、資格取得を目指す人の為の講座サービスです。
実際に塾や予備校で講義をする必要はなく、インターネットで集客をし、動画講座を販売するスタイルがおすすめです。

会社員におすすめのスモールビジネス

会社員におすすめのスモールビジネスについても、やはり本業に関わる内容がおすすめです。
本業で気になったことを掘り下げ、問題を解決する提案をおこなったり、人脈を活かしたマッチングサービス運営も考えられます。
また比較的、時間の融通が効く仕事をしているのであれば、趣味に全振りして、突き抜けた情報発信をおこなうのもおすすめです。

今すぐ「売上が2倍以上」に! 100億円を儲けた「売上アップシート」を配付中

マーケティングマスターシート&売れる仕組み動画イメージ最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございます。
当サイトの読者様限定で、国内外で6社を経営し100億円以上を売り上げた横山が、今も現役で使用している「売上アップシート」をプレゼント中です!

【プレゼントの内容】
  • 売上アップシート&使い方解説動画
  • 売上アップシートを使う前に知っておくべき「売上アップに導く方程式」の解説動画
  • 売上アップでネックになりがちな〇〇をいとも簡単に突破する方法の解説動画

受け取り方法
メールアドレスを入力し、ボタンをクリックして
プレゼントをメールで受け取ってください。

10秒以内にお届けします。

※上記メールアドレスに、プレゼントのダウンロードURLを記載したメールが届きます。弊社の無料メールマガジンはいつでも解約できます。個人情報はSSL化により暗号化されており、プライバシーポリシーに基づき厳正に管理されます。