マーケティングツール

決済代行サービスとは?仕組み・メリット・相場・契約方法

決済代行サービスとは? 仕組み・メリット・相場 契約方法

決済代行サービスとは?意味と仕組みを解説

決済代行サービスはクレジットカード決済や携帯キャリア決済、コンビニ決済など多種多様な決済方法を1つの契約とシステムに纏められるサービスを指す意味であり、集金代行サービスや収納代行サービスと呼ばれる事もあります。

そのため、通常であれば加盟店が複数のカード会社に対して1つずつ契約をしていくのに対し、決済代行サービスを利用すると加盟店は決済代行サービスを展開している企業のみと契約を結ぶだけで複数のカード会社との間で契約が締結できるようになる上に、クレジットカード決済のみならず携帯キャリア決済やコンビニ決済などあらゆる決済方法に対応できます。

このように決済代行サービスを展開している1つの企業のみと契約を締結すれば、複数の決済方法やカード会社と契約が可能になる仕組みを利用できるようになるため、加盟店の負担が大きく減らせます。

複数の決済方法を個別に導入した場合は、各々で締日に差異があるので入金日がいくつも生じたり事務処理が複雑化しますが、決済代行サービスで1つに纏めれば簡略化させられます。

決済代行サービスを利用するメリット5つ

手間を省ける

利用するメリットの1つ目には、各クレジットカード会社との手続きをする必要がないため事務作業を大幅に削減できる「手間を省ける」ことが挙げられます。

売り上げ管理を一元化できる

2つ目には「売り上げ管理を一元化できる」ことで、カード会社によって入金サイクルや手数料が異なり、煩雑になる売り上げ管理を一元化できるため経理処理を軽減することが可能なことです。

コストが削減できる

3つ目は、契約するカード会社の数が増えるほどに管理するシステムが増えてしまいますが、決済代行を利用することでその「コストが削減できる」ことになります。

決済手段の追加が簡単

4つ目は「決済手段の追加が簡単」で、新たな決済手段を導入しても契約は現在利用している決済代行会社のみで済むため簡単に行うことができます。

安全な取引が可能

5つ目は、決済代行サービスはPCIDSSに準拠したシステムを提供していることで「高いセキュリティ」があり、安全な取引が可能なこととなっています。

決済代行サービスの手数料の相場はどれくらい?

ややこしい決済処理は決済代行サービスを利用することで非常に簡単になります。
しかし初めての場合、導入はしてみたけれど料金システムがわからないという声も少なくありません。
実際にサービスを利用する上で理解しておく必要があるのが、決済代行サービスの主な決済方法はクレジットカード決済となります。
これはクライアントと代行会社の間にクレジットカード会社が入ることで、代行会社の決済処理費用とは別にクレジットカード会社に支払う手数料が発生します。

一般的な手数料の相場は、クレジットカードを使用し決済をするたびに5%の費用が発生します。
多くのクレジットカード利用者を取り込むことができる仕組みなので、サービスを導入する上でメリットを感じる業者は少なくありません。
クレジットカードを個別で導入するとなると、カード会社ごとに手続きが発生するので、決済システムのアップデートなどで機能が変化する場合も作業が必要となります。
決済代行サービスを活用すれば、そんな手間が一切かからないので導入するという方は増えてきています。

決済代行サービスの契約方法は?端末などのシステムはどうするの?

事業者が決済代行サービス会社と契約するときには、最初に申し込みをするとヒアリングを行いプラン提案や見積もりを出してくれます。
その後、必要書類を提出し例えばカード決済だと各カード会社からの審査があり、審査に通ったあとに本契約となります。
加盟店は1セットの申請書類を用意するだけで、後は代行会社がカードのブランド会社申請から契約交渉を全て代行してくれ、スムーズに審査に通るためのノウハウ共有やアドバイスなどもしてくれます。

代行会社だと加盟店は会社が提供している決済システムを利用出来て、開発工数や費用を抑えながら複数の決済システムを集約して管理出来ます。

カード決済でもブランドごとに違う締めと入金サイクルも纏めて1日に一括処理出来て、代行会社が毎月の売り上げを一本化し指定口座へと振り込んでくれるので、売上の消込処理や入金確認経理業務なども簡素化可能です。

決済代行だと機器が必要ではないかと感じますが、これは実店舗があってカード決済が必要になった場合で、機器に関しても貸し出してくれるため安心です。

WordPressサイトに設置できる決済代行サービス「welcart」

wordpressでECサイトを運営する場合、welcartと呼ばれるプラグインを利用します。
プラグインとはwordpressの機能にいわゆる「買い物かご」の機能を追加する仕組みで、welcart以外にもいくつかの種類の方法がありますが一番利用率が高いのが該当のプラグインになります。

これを導入すると決済代行登録ができるようになるだけでなく、国際基準のセキュリティに準拠し、カード情報の非保持化しているので安全性が高いのが特徴です。
決済方法もクレジットカードやコンビニ決済、多通貨決済や電子マネー決済など様々な機能がすでに入っているためユーザーの取りこぼしがありません。
導入自体も無料で利用できるのでランニングコストも気にしなくてよいのが魅力です。

welcartで利用できる決済サービスにはWelcartPay決済やゼウス決済サービスといった非通貨型から、PayPal ウェブペイメントプラスやルミーズ決済サービスと呼ばれる外部リンク型があります。

あなたの得意なこと、お金に変えませんか?

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございます。

当メディアの読者様限定で、
13年間オンラインだけで100億円以上を売り上げ、延べ900名の経営者を指導してきた私、横山から、
得意なことをオンラインで販売して成功するための動画レッスン等を無料プレゼント中です!


【プレゼントの内容】
  • 動画レッスン「オンラインで成功する方法」※全3レッスン分まるごと
  • 電子書籍「ビジネスのオンライン化&集客の仕組み化の教科書」1冊
  • 商品設計の極意
  • インターネット集客最新成功事例2020
  • ヒット商品を生み出す魔法のテンプレート&マニュアル
  • 売上最大化のためのセールスの本質徹底解説

無料プレゼント受け取りページはこちら