この記事では、以下のような人にぴったりのワードプレス解説本を紹介します。

  • ホームページを作るにはワードプレスがいいって聞いたけど、どんなもの?
  • ホームページ持ってるけどスマホ対応してない。ワードプレスなら簡単にスマホ対応できるらしいから興味がある。
  • 初心者向けって書かれてる本を読んでみたけど、HTMLとかPHPとか書いてあって全然理解できなかった。

ワードプレスの初心者向けの本の選び方

まずここでは、「ワードプレス初心者」という言葉を、「ワードプレスの初心者、かつ、ウェブ制作の初心者(HTML・CSSなどの専門知識がない)」という意味だとして話をすすめていきます。

ワードプレス初心者向けの本の選び方を端的に言うと、以下のようになります。

  • タイトルに「はじめて」とか「初心者」とか「絶対わかる」とかが入ってる
  • HTML・CSS不要、とかコードが読めなくてもわかる、とか書いてある。もしくはパラパラめくったときにコードの記述が出てこない
  • 出版日が新しい

これらの条件をできる限り満たす本を選ぶと、ワードプレス初心者向けの本である確率は高まります。
ですが、こういった記載がある本を選んでも、実際に読んでみると難しくて挫折してしまうことって多いんですよね。

そこで、この記事では「ワードプレス初心者でも挫折せず、実際にホームページ完成までたどり着ける」というところを重視して本を選びました。
上に書いた「ワードプレス初心者」に当てはまる人や、これまでワードプレスに挑戦して挫折したことがある人はぜひ参考にして下さい。

初心者向けの本を一冊読むだけで、ちゃんとしたホームページって作れるの?

作れます。
ワードプレスは、ある程度までならHTMLやCSS、PHPといった知識はゼロでも大丈夫なんです。
ある程度というのは、テンプレート、プラグインに搭載されている機能で変更できるところまで、です。

いまどき無料でもかなりクオリティの高いテンプレートやプラグインが使えるので、専門的な知識は全くなくても、きれいなホームページは作れます。

なお、細部までこだわりたい!という場合には、専門的な知識が必要になってきます。

補足
ワードプレスはPHPという言語で書かれています。
ワードプレスを使って生成されるページはHTML・CSS・JavaScriptで書かれています。

なのでワードプレスをカスタマイズしようと思うとPHPを理解する必要がありますし、ホームページ内の装飾や動きをカスタマイズしようと思うと、HTML・CSS・JavaScriptを理解する必要があります。

完全初心者でもホームページ完成まで到達できる本3選

本当によくわかるWordPressの教科書 はじめての人も、挫折した人も、本格サイトが必ず作れる

本当に初歩の初歩から解説された本で、ワードプレスの教科書というよりは、マニュアルのような内容です。
図を多用して手順が詳しく書かれているためつまずきにくく、この本にしたがって操作していれば、それだけでワードプレスで作成されたウェブサイトの構築ができます。

ドメイン取得からサイト公開まで、順を追ってスモールステップで解説されており、ワードプレスの使い方はもちろん、ドメインの取得、サーバーのレンタルから説明されています。
そのため、この本の内容のみ実践するだけで、本当にワードプレスで作られたホームページをウェブ上に公開するところまでたどり着けます。

1ページに情報が詰まった現代的なシングルページサイトや、ショッピングカート機能をそなえたサイトなど、普段ネットで目にするようなキレイなホームページを専門的な知識が一切なくても作ることができます。
また、ワードプレスでのホームページ作成部分だけではなく、作成前の準備の部分や、作成後の集客に必要なSEO、セキュリティのためにアップデートが必要なことにも触れられています。

サーバーはロリポップ、レジストラ(ドメインを契約する会社)はバリュードメインで解説されています。

いちばんやさしいWordPressの教本 第3版

こちらも手順に沿っていくだけでホームページが作成できる初心者向けの本で、実際にLightningというテーマをインストールし、ホームページをつくっていく構成になっています。
書籍内では、さくらのレンタルサーバーを使って解説しています。

この本もレンタルサーバーやドメインの契約から、実際にワードプレスを使ったホームページ作成、作成後の運用についての情報を網羅しており、一冊読んで手を動かすだけでワードプレスでのホームページ作成ができます。

具体的な内容ですが、こちらの紀伊国屋書店のページにくわしい目次が書いてあるので、ぜひ参考にして下さい。
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-08-EK-0423063

できるWordPress WordPress Ver.4.x対応

上で紹介した「いちばんやさしいWordPressの教本 第3版」の著者も執筆に参加している本です。
教科書的な紙面構成で、対話形式ではないのでごちゃごちゃしておらず、スッキリとしたレイアウトです。

サーバーはロリポップを例にあげて解説しています。

他の書籍にはない特徴として、無料電話サポートがついてきます。
サポートは最新発行年月日から5年間有効で、受付時間は月曜日〜金曜日の10:00〜18:00です。

上で紹介した2冊と同じく、レンタルサーバー、ドメインの契約からワードプレスの簡単インストール、インストール後の初期設定といった準備段階の解説からはじまり、ホームページデザインのカスタム方法、記事作成の方法や装飾、画像の追加方法などの基本操作、プラグインを使用することによるメールフォーム、地図、記事編集機能の強化といった、より便利に使うための方法も解説されています。
サイト構築後のアクセス解析やSEO、現代のホームページ運用には欠かせないSNS連携とスマートフォン対応、AMP、セキュリティの向上とバックアップといった話題まで網羅されているので、この一冊をしっかりと読み込み実践すれば、商用サイトの運営も問題なく可能です。

こちらの本も、紀伊国屋書店のページにくわしい目次が書いてあるので、ぜひ参考にして下さい。
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-08-EK-0455227

この3冊以外で、よく初心者におすすめって言われてる本あるけど、どうなの?

素晴らしい本はたくさんあります。ですが、以下のようなものも多く取り上げられています。

  • 発行されてからかなり時間がたっており情報が古くなっている
  • 初心者とは言っても「(HTMLやCSSは使えるけど)ワードプレス自体は初心者」の人むけ
  • 初心者とは言っても「(web系エンジニアで色々web制作はしてきたけど)ワードプレス関係の開発は初心者」の人むけ

このように、良書だけど情報が古かったり、専門知識がない人向けではなかったりする本も多数取り上げられています。

今回この記事では、
「ホームページの作成経験がない」
「ワードプレスを使ってみようと思って挫折したことがある」
こういった人にとって役に立つ本を選んでいるので、紹介した3冊のうちどれかを選ぶことをおすすめします。
(すでに別のワードプレス初心者本を買っていて、それを理解できているなら、別に買い足す必要はないですよ。)

この記事を読んだ方にオススメ

マーケティングの全まとめチェックリスト

マーケティングの最新情報メールマガジン