コンテンツマーケティング

マット・カッツが明言「ソーシャルシグナルは探索順位に影響しない」今後のSEOの考え方について

今後のSEOの考え方のイメージ

(※この記事は2014年時点の内容です。ここに記載されている情報は古くなっている可能性があります。)

最新のSEO情報について正しく学びたい方は、以下の記事で紹介している書籍んでみてください。

英語を映画で学習すると生きた英語が学べるイーメジ
【真っ当に取り組みたい人限定】SEO対策初心者におすすめの本5選この記事では、 という人に向けて、SEO対策の初心者に最適な本を5冊紹介します。 この記事で紹介する本に解説されてい...

今年の1月に、Googleのマット・カッツ氏は、ソーシャルシグナルが検索順位に影響を与えないことを明言しました。

FacebookもTwitterも特別扱いされておらず、フォロワーの数やいいね!の数などの、いわゆるソーシャルシグナルが検索順位に影響を与えないならば、今後のSEOはどのように考えていけばいいのでしょうか?

これまでのGoogleのソーシャルメディアに対するスタンス

ここで、一度これまでのGoogleのスタンスを振り返ってみましょう。

2010年5月にマット・カッツ氏は、Googleのアルゴリズムは検索結果の要因としてソーシャルシグナルを使用しないと述べましたが、その後、2010年の12月に検索結果の要因としてソーシャルシグナルを使用していると説明しました。

しかし、2014年の1月には、再び議論が元に戻って、
検索結果の要因としてソーシャルシグナルを使用しないと述べました。

二転三転した説明で混乱を引き起こす結果になりましたが、
現在では「ソーシャルシグナルはSEOに影響しない」ということがはっきりしたわけです。

フォロワーやファンの数、リツイート等の数が多ければ
有利というわけではないということですね。

カッツの言葉の引用(翻訳):

FacebookとTwitterのページは私たちのウェブ・インデックス中の他のページのように扱われます。したがって、何かがTwitterかFacebookに起こって、私たちがそのページ情報を収集することができる場合、私たちは検索結果に反映することができます。しかし「Twitterでこれだけ多くのフォロワーがいます、Facebookでこれだけたくさん、いいね!をもらいました」というシグナルは検索順位のアルゴリズムには現在含まれません。

今後の対策は・・・?

「ソーシャルシグナルはSEOに影響しない」

これが本当だとしたら、私たちはいったい何をすればいいのでしょうか?

それはズバリ、ソーシャルメディアを軽視しない!ということです。逆説的ですが。

Googleだけが検索エンジンではない

YouTubeやTwitterは「検索エンジン」としての役割も重要視されています。

YouTube

例えばYouTubeは、Googleに次いで世界で2番目に大規模の検索エンジンです。

データによると毎秒1,140回の探索がYouTube上で行なわれていて、
毎分100時間のビデオがアップされ、インターネット利用者の50% がアクセスし、
毎月60億時間のビデオが視聴され、毎月10億人の人が訪れています。

これを軽視できるはずがありません。

2006年にYouTubeはGoogleに買収されましたが、
YouTubeは個別の検索アルゴリズムを備えているので、
全く別の検索エンジンと考えていいでしょう。

つまり、YouTube上での検索結果や検索順位、
表示のされ方などを対策していく必要があるということです。

Twitter

Twitterも同じく、巨大な検索エンジンです。

2014年1月の時点でTwitterの検索エンジンは毎日21億もの検索を
処理しているというデータがあります。これはつまり、それだけの
閲覧者がいるということです。SEOの専門家もTwitter検索に注目しています。

最新のトピックに関するツイート、ハッシュタグを
用いたツイートなどはTwitterの検索エンジン攻略の第一歩です。

社会的な存在感は今後重要になってくる

Google+やFacebook

ソーシャルシグナルとSEOは無関係だといっても、
あなたの社会的な存在感は検索結果と関連を持っているはずですし、
今後ますます重要になってくるでしょう。

「誰が」書いたコンテンツなのかが、今よりも重要になってきたときに、
Google+やFacebookでの影響力の大きさが間接的に
検索順位に影響力を与えるようになるかもしれません。

まとめ

「ソーシャルシグナルは探索順位に影響しない」ということが判明しました。しかし、ソーシャルメディアは、プロモーションを実施したり、シェアや口コミの拡散のために欠かせないツールです。たとえ今はGoogleの検索順位の要因として機能しなくても、ソーシャルメディア対策には高い価値がある、ということは忘れないでほしいと思います。

Web集客でお困りではありませんか?【無料資料を配布中】


最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございます。
当サイトでは、国内外で7社を経営し70億円以上を売り上げた“独自のインターネット集客ノウハウ”を無料配布中です!

【独自のインターネット集客ノウハウの内容】

マーケティングマスターシート2019
Webマーケティングを行うときに必要な具体的な作業内容を、ひとつのシートにまとめました。
あなたの会社に必要な、web集客「次の一手」が一目でわかります!
Webマーケティングで成功するためのポイント解説セミナー動画
Catch the Web Asia代表・横山が行うオンラインセミナーを収録。
売上アップのための“ある根本的な考え方”からスタートし、Webマーケティングに欠かせない4つのポイントを解説。
最後にもっとも大切な「●●力」を身につける方法を伝授します!

【受け取り方法】

ノウハウ資料を受け取りたいメールアドレスを入力(必須)

※上記メールアドレスに、プレゼントのダウンロードURLを記載したメールが届きます。弊社の無料メールマガジンはいつでも解約できます。個人情報はSSL化により暗号化されており、プライバシーポリシーに基づき厳正に管理されます。