ホームページ・EC

【個人〜小企業向け】2019年も効果アリのホームページ集客を徹底解説!売上アップを成功させるコツ

2019年もホームページ集客をする必要性は?ホームページに集客するメリットとデメリットまとめ

SNSやブログが全盛の2019年においても、ホームページ集客にはメリットがあります。
メリットの1つは独自の情報収集やサービス提供で、既存のサービスにとらわれない独自性を発揮できることです。
ブランディングを行えば、資産価値を高めることも可能ですから、そういう意味でも無視できないといえます。
SNSのように文字数や表現の制限がなく、ブログみたく型にはまらない情報発信を可能とします。
即時性や双方向性といったメリットもありますから、思った以上にホームページ集客には必要性があると考えられます。
アクセス解析ツールを用いれば、誰が何時どういった形で訪問したか、これが一目瞭然となります。
今後の情報発信の方針を決める上でも、このような情報収集やアクセスの解析は重要です。
デメリットとして運用コストがありますが、サーバーについては無料サービスの選択で回避できます。
独自ドメインの取得となるとコストに繋がるものの、ブランド価値を思えばむしろ手頃なコストです。
デメリットには、十分に告知しなければ訪問者が増えないことや、競合が多く一筋縄ではいかないことが挙げられます。
勿論、集客の成果が出るまでには、専門知識を要するSEOなどの対策が必要となります。
当然ながら人的なコストや時間が掛かるので、それに納得できるか否かが、ホームページ集客のメリット・デメリットの分かれるところです。
大切なのは、ターゲットを明確に設定してリーチをしたり、集客を進めてホームページの価値を高めることです。
ブランディングは自由自在で、SNSやブログとはまた違った情報発信ができますから、ホームページ集客のメリットは大きいです。
必要性についても、チャネルを増やして集客を行いたいのであれば、必要不可欠だといえるでしょう。
デメリットは確かにありますが、しかし結果に対する期待や今後の発展性を考慮すると、無視できる程度となるはずです。
幅広い層と関係性を築き上げ、ブランドの信頼を高めることもできるので、使い方とホームページ集客の進め方がポイントになります。
SNSあるいはブログは、自社ホームページに誘導する目的で使えます。
使用するメディアが増えれば、その分管理コストもアップしますが、多角的に運用できる柔軟性も増します。
必要性の判断はデメリットを許容できるか、そこが焦点となりますから、良い部分だけでなくそうでないところにも目を向けて、総合的に判断することが大事です。

ホームページへの無料集客ならSEO対策は必須

ホームページで無料集客を行うのであれば、SEO対策はもれなく必須です。
SEO対策とは検索エンジンオーガニゼーションのことで、日本語なら最適化と訳されます。
その意味は、キーワード検索の上位に表示されるための対策で、情報を求めるユーザーに合わせたキーワード選定などを指します。
SEO対策では、専門性・権威性・信頼性(E-A-T)の3つがポイントとされます。
専門性は文字通り、専門的で役立つ情報を提供できるかということです。
この専門性を高めたコンテンツを提供すると、検索エンジンは価値ある情報として評価してくれます。
評価は検索結果に反映されますから、無料集客を行うにしても、特に重要と考えて取り組みたいところです。
権威性とはブランド力、ブランドの影響力といった部分で、企業イメージや価値にも通じるものです。
これは企業だけでなく、商品や記事の筆者なども当てはまる要素です。
インターネットは匿名性が重視されるので、逆に知名度の高い企業や実績が豊富な商品、もしくは顔を出している人は権威性の評価が高まります。
信頼性は権威性に通じますが、嘘偽りのない情報発信で信用できる、そういった部分の評価です。
ホームページは、この専門性・権威性・信頼性(E-A-T)の3つが、SEO対策における鍵を握ります。
コンテンツ作成において欠かせませんから、これらを念頭にSEO対策を行いましょう。
SEO対策には内部と外部の2種類があって、それぞれの膨大な項目が評価された後に、検索結果に反映されるようになります。
前者の内部SEOは、タイトルのつけ方や見出しにリンクなど、見せ方や構造が評価されることから、その部分を意識した対策が必要です。
特定のキーワードを詰め込み過ぎると、評価が下がって信頼性を損ねるので、過度にキーワードを使用するSEO対策は使えないです。
一方の外部SEOは、コンテンツの質や被リンク数など、内部SEOとは違った指標で評価されます。
質は特に近年重要視されているポイントで、コンテンツの内容の濃さや価値が、検索結果に直結しています。
価値あるコンテンツは、自然と被リンク数が増えますから、検索エンジンはそんなところも評価するようになったわけです。
被リンク数自体は以前から評価項目の1つでしたが、最近は重視されている傾向で、不自然な被リンクにはペナルティも設けられているほどです。
専門性・権威性・信頼性(E-A-T)を保ちつつSEO対策をするには、1つ1つ正攻法で取り組んでいく必要があります。

SNSは無料で使えて拡散性が高くファンづくりにも最適

SNSは無料で使えるハードルの低さと、拡散性によって情報がスピーディーに広がる利点を兼ね備えます。
YouTubeは動画を使った商品やサービスの紹介、あるいは企業紹介などにも役立てることができます。
自社VTuberを作って情報発信を行えば、話題が集まりフォロワーが増えて集客力がアップするでしょう。
FacebookはSNSの定番で、企業の基本的な情報を発信したり、個人情報を掲載するのにも役立ちます。
拡散性に期待できますが、それ以上にファンづくりに向いているので、固定ファンの獲得に使えます。
ツイッターは日本で特に人気のあるSNSで、1つあたりの発言は文字数で制限されますが、代わりに小さなつぶやきの積み重ねがイメージアップに繋がります。
文字や写真を使って情報発信するので、誤解を生まないように配慮は必要ですが、上手くつぶやけば個人や企業のイメージを印象づけられます。
他の企業、影響力のある個人とやり取りができれば、そこから更に相乗的な話題性が生まれるでしょう。
発言の内容ややり取りは、ひと度注目を集めれば瞬く間に拡散して広がって、やがてファンの獲得へと至ります。
言うまでもなく、ネガティブな印象も拡散してしまうので、クリーンなイメージを保ちたいのであれば、発言内容には注意が不可欠です。
インスタグラムは文字よりも写真で情報を発信したい、という用途に適しているSNSです。
視覚的な情報を中心に発信できるので、文字だけでは難しいインパクトを与えたり、分かりやすい見せ方ができます。
動画の撮影や投稿も可能ですから、動きや声のある情報発信にも向いています。
動画ならYouTubeと思いがちですが、気軽に投稿できるという意味では、インスタグラムに優位性があります。
Facebookやツイッターとの違いは、前者がややフォーマルなスタイルで、後者はカジュアルな傾向が当てはまります。
いずれも無料で使い始められるのが共通点で、拡散性やファンづくりに向いているのも同様です。
ユーザー数や発信できるコンテンツの種類、それとユーザー層の違いは存在します。
このため、ただSNSを使えば良いというわけではなく、戦略的な活用が重要となるでしょう。
しかし従来のホームページのみで情報発信やファンを獲得するのは難しい時代ですから、前向きに活用を検討することが肝心です。
上手く組み合わせることができれば、相乗効果で情報を早く伝達したり、ファンの効率的な獲得が実現します。

有料で集客するならリスティングもしくはSNS広告を出す

更に積極的に集客したいのであれば、有料のリスティング広告やSNS広告が狙い目です。
リスティング広告は、検索結果に連動するタイプの広告で、ユーザーが検索したキーワードに対応する内容が表示されるのが特徴です。
ユーザーは、キーワードに当てはまる情報を求めて検索しますから、そのキーワードに該当する広告の表示は効果的です。
リスティング広告を活用する場合は、キーワードの選定が結果を左右するので、この点の重要性が高まります。
対するSNS広告は、発言のタイムライン内に挿入されるタイプのことで、自然と閲覧するユーザーの目に留まるのがポイントです。
このSNS広告はどのサービスでも導入されていて、幅広く提供されているほど浸透しています。
有料なので使いどころの判断が求められますが、上手く使えば注目を集めたり、集客力を高めて売上アップが望めます。
リスティング広告で有名なのは、GoogleアドワーズやYahoo!プロモーション広告といったサービスです。
これらはどちらも検索結果に挿入されるタイプの広告で、設定したキーワードに当てはまる検索時に表示されます。
基本的なサービスの内容は同じですが、前者はGoogle検索のみ、後者はBingやExciteにも表示される点が異なります。
ただ、検索エンジンの利用者数が多く、優れた広告効果に期待できるのは共通点です。
Facebook広告やツイッター広告はSNS広告に当てはまるもので、こちらも集客効果に期待が持てます。
Facebook広告は、ホーム画面の横に表示されるのが特徴で、ユーザーの目につく部分に挿入されるものです。
割と表示面積が大きく視界に入りますから、多くの人に見てもらえる可能性は十分にあります。
ツイッター広告はプロモツイート、あるいはプロモアカウントやプロもトレンドといった形で提供が行われます。
プロモツイートはタイムラインに表示されるもので、発言を追い掛けるユーザーの目に自然に留まるのが強みです。
商品やサービスの情報をリンクと共に提供できますから、自社ホームページへの流入に期待できます。
プロモアカウントはおすすめユーザーの一覧に表示されるもので、アカウントを告知するのに向いています。
フォロワー数のアップに繋がりますから、ツイッターを利用するなら上手く活用したい広告です。
プロモトレンドはおすすめトレンドに表示される広告で、話題のキーワードと共に頻繁にチェックされる可能性があります。
このように、有料広告といっても種類が多く多種多様ですから、賢く使い分けて集客力を高めましょう。

問い合わせの多いホームページを作成するためのコツ

問い合わせの多いホームページは、それだけ注目されていて、商品販売やサービス提供の成果の可能性を秘めています。
問い合わせが多い、それにはまず十分な集客を行う必要が出てきます。
アクセス数を増やすというのが基本中の基本なので、まずはSNSや広告などで流入を図りたいところです。
肝心のホームページの方は、レイアウトで上手く見せたり、誘導して次に繋げることが欠かせないでしょう。
具体的には、シンプルな構成で視認性を高めたり、何処に何があるか分かりやすく配置することです。
加えて、もっと情報を見たくなる情報発信もポイントとなります。
実績をアピールするのもその1つで、個人や企業の価値を知ってもらうのに有用です。
そもそも、どういう相手か分からなければ問い合わせる理由もなく、むしろ抵抗感や距離感を覚えることもあり得ます。
実績をアピールすることで、相手との間にある抵抗感を払拭したり、気軽に問い合わせられる距離感の短縮が図れます。
プロフィール内容の充実も同様に、自分を知ってもらい問い合わせのハードルを下げる結果に結びつきます。
実績にも共通しますが、これまでの経歴や実力を伝えることで、自分や自社の理解を深めてもらえます。
良く分からない相手には抵抗感を覚えるものですが、少しでも理解している相手に対しては、かなり抵抗感が弱まるものです。
そのため、実績をアピールする前にフィール内容の充実を図り、知ってもらうことが問い合わせを増やす切っ掛けとなります。
EFO(エントリーフォーム最適化)は、問い合わせの多いホームページ作成の決め手で、これが結果を決定づけます。
EFO(エントリーフォーム最適化)とは、ユーザーの心理に影響を与えるもので、最適化の有無が決定打になることもあります。
例えば、入力項目の多過ぎるエントリーフォームは、ユーザーにとって問い合わせを断念させるのに十分です。
項目を整理して数を減らせば、抵抗感が減って問い合わせしやすくなります。
何処に何を入力したら良いのか、その分かりにくさもユーザーの問い合わせを妨げる要因です。
最適化が不十分だとユーザーの離脱を招くので、項目数と合わせてブラッシュアップを図りたいところです。
要求通りに入力したのにエラーが発生する、これでは前向きに問い合わせをしたいユーザーもお手上げです。
エラーを発生させない、もしくはエラーの修正を手間と感じさせない工夫が、問い合わせを増やすことになります。

今すぐ「売上が2倍以上」に!70億円を儲けた「売上アップシート」を配付中

マーケティングマスターシート&売れる仕組み動画イメージ最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございます。
当サイトの読者様限定で、国内外で7社を経営し70億円以上を売り上げた横山が、今も現役で使用している「売上アップシート」をプレゼント中です!

【プレゼントの内容】

  • 売上アップシート&使い方解説動画
  • 売上アップシートを使う前に知っておくべき「売上アップに導く方程式」の解説動画
  • 売上アップでネックになりがちな〇〇をいとも簡単に突破する方法の解説動画
受け取り方法

メールアドレスを入力し、ボタンをクリックしてプレゼントをメールで受け取ってください。

10秒以内にお届けします。

※上記メールアドレスに、プレゼントのダウンロードURLを記載したメールが届きます。弊社の無料メールマガジンはいつでも解約できます。個人情報はSSL化により暗号化されており、プライバシーポリシーに基づき厳正に管理されます。

【無料】で売上を2倍にしませんか?


マーケティング思考を鍛える
売上アップ動画講座を無料配信中!今なら売上アップシートもプレゼント。

詳細を見る

10秒以内にお届けします。