ホームページ・EC

経営者ならコピーライティングを習得してCV率を飛躍的にアップさせよう

コピーライティングとは?うまく書くコツと、セールスライティングとの違いを説明

コピーライティングとは、一言で表すと広告文章のことで、その技術を意味する言葉となります。
広告文を考えて文章を書く、それがコピーライティングだといえます。

良い文章を考えるには、商品のことを十分に理解したり、魅力的なポイントを表現することが必要です。

テレビCMを思い浮かべると分かりますが、短い文章でも商品の特徴が伝わったり、頭に残って度々思い出すことがあります。
商品を端的に表したり、リズムが良くて耳に残りやすい、そういう技術がコピーライティングでは求められます。

テレビだと映像や音声が使えますが、ネットでは画像と文章が中心ですから、ここに大きな差があると考えられます。

いずれにしても、コピーライティングとは見る人を引きつけ、そこから更に印象づけて成約に結びつけることになります。

知名度の向上や広がりも目的としますが、強い印象を与えて特定の行動に誘導する、それがコピーライティングそのものです。

一方のセールスライティングは、商品とサービスの販売の性格が強く、企業の知名度アップよりも成約などの成果が重視されます。
コピーライティングは必ずしも成約が目的ではなく、企業を認知してもらったり、商品やサービスを広く知られることが目的になります。

肝心のセールスライティングは、消費者の具体的なアクション、つまり購買や成約といった結果を成果に求めます。

当然ながら、コピーライティングとはセールスライティングと目的が異なるので、文章の書き方も内容も違ってきます。
技術が必要なのは共通ですが、目的や引き起こしたいアクションが違いますから、似ているようでも差は案外あるといえるでしょう。
勿論コピーライティングがビジネス的なものであれば、最終的に行き着く先が商品購買といった成約でもおかしくないです。

ただ、コピーライティングはブランディングの性格が強いので、結果に購買の成果が問われることは少ないです。

どちらかといえば、企業や商品にサービスを消費者の間に定着させたり、イメージアップを図るのが主目的です。

セールスライティングは、消費者の行動を引き起こす切っ掛けを作るもので、Webサイト訪問や資料請求に問い合わせなど、購買に繋がるアクションのスイッチとなります。

文章で何かを伝えたり、技術的に顧客心理に影響を与える、これらはどちらにも共通するポイントです。
上手に書くコツを挙げるとしたら、それはライティングの違いを理解した上で、まずは取り敢えず書いてみることです。

企業のWebサイトやテレビCMを参考にして、無駄と感じる部分を取り除き、簡潔に伝えるようにすることが成功の鍵を握ります。

コピーライティングを習得するメリット

コピーライティングを習得すると、コピーライターを雇う必要がなくなり、経費削減に繋がります。
習得には学習コストが掛かりますが、長期的に見れば雇わなくなるメリットの方が大きくなるでしょう。

自分で文章を考えて書きますから、伝えたいことを自分らしく伝えられるようになるのもメリットの1つです。
外部委託となると、時に何度もヒアリングして根気良く希望を伝える必要が出てきます。

しかし、自分で書けるようになれば、その悩みや時間の浪費も一緒に解決します。

もう1つのメリットはCV率アップで、自社Webサイトのコンバージョンを改善できることです。
アクセス数はあるのに成果が出ない、そんな状況を変えられる可能性が高まります。

これもプロのコピーライターに任せれば簡単ですが、やはり相応のコストが掛かりますし、期待通りの文章に仕上がる保証はないです。

相手がプロなら書き直してもらえますが、それも根本的に伝えたい内容が伝わらなければ、結局は経費が掛かるだけで結果に期待は持てなくなります。

コピーライティングがどう役に立つか分からない人でも、CV率アップという目に見える数字なら、納得できる材料となり得ます。

コピーライティングを身につけ、自分で書いた文章でCV率アップの成果が出せれば、コピーライターとしての仕事にも結びつきます。
自分がコピーライターとしての仕事をする、その姿が想像できないとしても、技術さえあれば新たな収入源が手に入ります。

コピーライターとしての仕事を請け負うつもりはなくても、文章を書く技術の重要性に気がつけたり、短いフレーズでも伝えられる自信といったメリットが得られます。

狙った通りの成果が出せるようになるには、それなりの作業量が不可欠で、とにかく書いて書きまくる必要があるでしょう。
書いてはライティングの成果を評価して結果に基づきまた新しく書く、この繰り返しがコピーライティング技術のアップになります。

基本を覚えたり実践を繰り返すなど、習得にはある程度のコストや時間が必要ですが、一度身につけてしまえば後は思いのままです。
継続的な経費削減効果に加えて、狙った通りになるCV率アップと、すきま時間を活かしたコピーライターとしての仕事獲得のメリットも生まれます。

コミュニケーションで言葉を選んだり簡潔にまとめる、そういった応用技術も身につくので、コピーライティングに挑戦してみる価値は思った以上に大きいです。

コピーライティングの基礎をおさえよう

コピーライティングの基礎は、読む人の気持になって言葉を選んだり組み合わせることにあります。
季節外れのフレーズや、ターゲットに適さない言葉を置き換える、そのような配慮も基本中の基本です。

ある意味で俳句に似ているのは、限られた文字数でも映像をイメージさせることができて、伝えたい内容が正しく伝わることです。
俳句には季語と文字数の制約が存在しますが、コピーライティングにはないので、俳句より難しく感じられることもあるでしょう。

ところが、フォーマットがあるのは共通点で、基礎を覚えてコツさえ掴めれば、思いの外自分らしく書けるようになります。

1文は長くし過ぎず、伝えたい内容を1つだけ伝わるように書いてみることです。
あれもこれも詰め込み過ぎると、結局何を伝えたいのか分からなくなりますし、焦点がボヤケて内容が曖昧になりがちです。

逆に、1文1義を心掛けて簡潔にすることで、ライティングはグッと読みやすく変わり、目を通す抵抗感が減ります。
他にも、読んだ後に読んで良かったと感じられる内容にすると、コピーライティングの価値が上がります。

小さなお得感を覚えるような読後感が理想的で、あまり専門的な内容ではなく、平易な言葉で伝えるようにしましょう。
伝えたいことだけを書く、不要な情報は取り除いて贅肉を削ぎ落とす、これが上手なコピーライティングの基礎です。

短い文章のキャッチコピーは、コピーライティングを書く特訓になりますし、数をこなせばそれだけ言葉の引き出しが増えます。

焦点を置く文章の書き方や、何をどう伝えるべきかが早く気がつく為に、文章と向き合う時は言葉選びや1文の構成に意識を向けることをおすすめします。

Webサイト用のコピーなら、キャッチコピーで消費者の気持ちを掴み、次に本文を小見出しで分けて、段落ごとに伝えたい内容だけを全力で書くのが理想的です。

使用する単語には一貫性を持たせ、読む人の混乱を引き起こさないことも大切です。
子供でも分かる内容で書くと、幅広い年齢層に伝わる文章に仕上がります。

読み手の心を動かす意味では文学に近いですが、好奇心をくすぐったり、更にもっと詳しく知りたい、誰かに話したいと思わせることが重要です。
完全に満足させるのではなく、あえて物足りなさを残すことで、そこで途切れてしまわない連続性に期待できます。

何らかの数字を用いる場合は説得力を持たせる必要がありますから、具体的な数字を用いてリアリティを出しましょう。
根拠がないと強い言葉は使えませんし、説得力を最大化できないので、自信が持てる数字選びもまた肝心です。

コピーライティングの写経におすすめの有名セールスレター4選

コピーライティングの習得や上達を目指すなら、セールスレターを写経するのが有効です。

マイナチュレ

おすすめなのはサプリメントでお馴染みのマイナチュレで、短い文章でも内容が分かりやすく、しかも言葉選びや表現が際立っています。
サプリメントは、その性質上文章で魅力的に伝えるのが難しく、言葉選びのセンスが問われます。

マイナチュレはセールスレターにおいて、見事に伝えたい内容だけを簡潔に、そして問題なく伝えることに成功しています。

マイナチュレのセールスレター

ライザップ

知名度の高いパーソナルトレーニングジムのライザップは、僅か数行のキャッチコピーで読む人の心を掴みます。
芸能人をうまく活用しているのもそうですが、その価値を上手く引き出している、相乗効果のある文章も魅力的です。

ポイントは、芸能人の名前を最初に出してイメージを頭に描かせ、更に具体的な数字でリアリティを増しているところです。
写真に年齢と身長の情報で想像力がアップしますから、芸能人に近い年齢の人は特に、自分のことのように当てはめて考えるでしょう。

ライザップのセールスレター

スピードラーニング

英会話教材のスピードラーニングも、簡潔にまとめる技術力が高く、完成度の高さを窺うことができます。
キャッチコピーはテレビCMの内容に近いですが、文章でも同様の印象を強く残しているのは流石です。

読む人をその気にさせたり、興味を持って挑戦してみようという気持ちを引き起こすので、スピードラーニングのセールスレターのレベルは実に高いです。
短い数行の中にもテクニックが詰まっているので、これを写経してみる価値ありです。

スピードラーニングのセールスレター

アディーレ法律事務所

弁護士法人のアディーレ法律事務所のセールスレターは、借金に悩む人にターゲットを絞り、相談しやすさと問題解決の前向きな印象を与えます。
法律事務所なので、専門性を活かした相談や解決に強みがありますが、それを上手く文章に乗せているのが注目点です。

1行が短く、視界だけでなく脳の記憶領域にすっぽりと収まる文章量ですから、ひと目見ただけでも内容が頭に入りますし、信頼性を印象づけている点も参考になります。

アディーレ法律事務所のセールスレター

コピーライティングの基本を学ぶのにおすすめの本5選

ザ・コピーライティング

コピーライティングの学習でおすすめなのは、タイトルがザ・コピーライティングで、アメリカ人の著者ジョン・ケープルズ氏の手で書かれた本です。
出版社はダイヤモンド社で、総ページ数は430以上と情報量が多いですが、うまく翻訳されているので読みやすいです。

概要は第1章から18章に分けられており、広告戦略における見出しの重要性と、注目を集める書き方や書き出しのコツが学べるというものです。

最強のコピーライティングバイブル

同じく出版社がダイヤモンド社の最強のコピーライティングバイブルは、名著と呼ばれる3冊を掻い摘み、1冊にまとめられているのが特徴です。
著者は神田昌典氏と横田伊佐男氏の2人で、厳選の内容が上手くまとめられていますから、これ1冊でバイブルのように、常に持ち歩いて必要な時に目を通せるでしょう。

国内100例もの成功事例を取り上げていますが、分かりやすく説得力のある内容なので、是非読んで見ることをおすすめします。

マーケティング30の法則

基本から実践に向けて学びたいのであれば、シュガーマンのマーケティング30の法則も狙い目です。
この本はジョセフ・シュガーマン氏と佐藤昌弘氏の著書で、お客が商品にお金を使う法則を、心理的に紹介しているのがポイントです。

本来人間の心理は複雑で理解を深めるのは難しいですが、シュガーマンのマーケティング30の法則では30に絞り込まれているので、現実的に学んだり応用に役立てられるはずです。

人を操る禁断の文章術

著者メンタリストDaiGo氏によるタイトル、人を操る禁断の文章術は、かんき出版が出版している実用書です。
タイトルから分かるように、文章で人を操るテクニックがまとめられており、たった1行でも心理的な影響があると説得力の強い内容で書かれています。

人の心理を誘導するのに長ける人物の著書ですし、それだけ興味を引きつける内容で実践に役立つ文章が学べますから、コピーライティングの基本的な学習に最適です。

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘-

Webマーケッターボーンの激闘は、沈黙のWebライティングシリーズの著者でお馴染みの松尾茂起が書いています。
Webライティングに特化した教本で、SEOを含めて解説していますから、基本が学べる上に実践で応用できます。

ストーリー仕立てで親しみやすく、表紙だけを見るとややユーモアを感じさせますが、内容は本格的で誰にも読む価値があります。

今すぐ「売上が2倍以上」に!70億円を儲けた「売上アップシート」を配付中

マーケティングマスターシート&売れる仕組み動画イメージ最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございます。
当サイトの読者様限定で、国内外で7社を経営し70億円以上を売り上げた横山が、今も現役で使用している「売上アップシート」をプレゼント中です!

【プレゼントの内容】

  • 売上アップシート&使い方解説動画
  • 売上アップシートを使う前に知っておくべき「売上アップに導く方程式」の解説動画
  • 売上アップでネックになりがちな〇〇をいとも簡単に突破する方法の解説動画
受け取り方法

メールアドレスを入力し、ボタンをクリックしてプレゼントをメールで受け取ってください。

10秒以内にお届けします。

※上記メールアドレスに、プレゼントのダウンロードURLを記載したメールが届きます。弊社の無料メールマガジンはいつでも解約できます。個人情報はSSL化により暗号化されており、プライバシーポリシーに基づき厳正に管理されます。

【無料】で売上を2倍にしませんか?


マーケティング思考を鍛える
売上アップ動画講座を無料配信中!今なら売上アップシートもプレゼント。

詳細を見る

10秒以内にお届けします。