SNSマーケティング

youtubeで集客したい人は必見!集客のコツやアルゴリズムを理解して検索上位を狙う方法

YouTubeで集客したいと考えているあなたは、以下のようなことで悩んでいませんか?

  • 自分のビジネスにおいて、YouTube集客が有効かどうかわからない
  • 人気YouTuberのような動画作成はムズカシそうで、YouTubeで集客できる自信がない
  • チャンネル登録やいいね、動画再生数を増やす方法がわからない
  • YouTubeを集客だけに使うのか、マネタイズもするか悩む

YouTubeはまったく知識がない状態で始めるとハードルは高いですが、集客のコツやアルゴリズムを理解して取り組めば、検索上位を狙うことができ、集客効果が期待できます

Catch the Web Asia Sdn.Bhd CEO 横山直宏
Catch the Web Asia Sdn.Bhd CEO 横山直宏
私のクライアントさんが、YouTube集客で月間6000万回再生を達成してくれました。
YouTube集客に成功すれば、半自動化して自由な時間を確保できるようになります
あなたもYouTube集客に今すぐ取り組みましょう!
クライアントさんの成果はこちら

ここでは、ビジネスの集客手段として有効なYouTubeについて、具体的な集客方法や運用方法について説明します。

目次

2019年時点でYouTubeの集客効果は期待できる?

YouTubeの利用ユーザー数は非常に多く、世界中で毎月19億人以上のログインユーザーが利用しています。
(参考:YouTubeプレスルーム

日本のみに絞っても、平均月間利用者数は約6,300万人となっています(データは2018年のものです)。
(参考:TOPS OF 2018: DIGITAL IN JAPAN | ニールセン デジタル株式会社

これだけのユーザー数を誇るYouTubeですので、集客チャネルとしてのポテンシャルは非常に高いです。
弊社が主催している経営者コミュニティYCSにも、YouTubeをうまく活用することで莫大な収益をあげ続けている会員さんはいますし、2019年時点でもYouTube集客はとても効果的です。

YouTubeの集客効果が高い分、ライバルも急増中!ライバルに勝つための方法は?

利用ユーザーが増えてきている分、ライバルとなる配信側の参入者が増えてきていることもまた事実です。
そのため、何の計画性もなく、ただ動画をアップロードし続けるだけで集客できるといった状況ではありません。

こうした状況の中、以下の基本的な部分はかならず押さえておく必要があり、求められるレベルも高くなっています

  • 一目でベネフィットが伝わるようなサムネイルでクリック率をあげる
  • 動画の最後に次の動画への誘導を入れる
  • 市場調査を入念に行って、チャンネルで扱っていく動画のテーマを決める
  • 撮影機材や編集ソフトなどにこだわって、動画の質を上げる
  • アップロードする頻度を高く維持する

このような基本的なポイントをしっかりと押さえた上で、さらに今のYouTubeで勝つためのコツを紹介します。

今は固定ファンをつけることが重要

当然ながら、新規顧客の増加がビジネスにおいて重要ですが、YouTubeではある程度の固定層を獲得する必要があります。
いつも見てくれる固定客がいるからこそ、動画再生数が伸びて多くの人の目に留まりますし、それが興味を引きつけて新たな集客に結びつくわけです。

固定層が増やせなければ、安定した集客効果が望めない上に、新規顧客の獲得も茨の道となるでしょう。

固定ファンを増やすのにおすすめの心理学はこちら

ツァイガルニク効果をマーケティングに活かすイメージ
具体例あり!ツァイガルニク効果をマーケティングや仕事に活かすコツツァイガルニク効果について調べているあなたは、「シンデレラ」という物語を知っていますか? 「シンデレラ」とは、心身ともに美しいなが...
【ビジネス心理学講座】「ザイオンス効果(単純接触効果)」をマーケティングに活かす方法を徹底解説ザイオンス効果(単純接触効果)とは?実験も紹介します ザイオンス効果とは同じ人や物に接する回数が増えることによって、その対象に好印象を...

YouTubeはブログやSNSなどとの組み合わせでより集客効果がアップする

YouTubeアカウントをブログやSNSなどとの複数のチャネルと一緒に運営することで、集客力は相乗的に向上します
動画で人々の興味を集めたり、テキストでは伝えにくい情報が発信可能となるメリットが大きいです。

具体的には、動画が組み込まれたブログやサイトの場合は、読者の滞在時間が伸びやすくユーザーエクスペリエンス(UX:ユーザー体験)が良くなる傾向があります。
ユーザーエクスペリエンスの向上は、SEOのひとつの要素なので、検索結果に表示される可能性が上がり、結果的に集客効果アップが期待できるんですね。

またSNSに動画が組み込まれた場合、文字だけの投稿よりも目に止まりやすくなり、より多くのユーザーに投稿を見てもらうことが可能です。
さらにこれをキッカケにして、あなたのほかの投稿を読んでもらったり、フォローしてくれたりする可能性が上がり、集客効果がアップします。

【補足】ブログやサイトにアップする動画を、自前のサーバーではなくYouTubeに置くメリット

自社のブログやWebサイトで動画を配信しようとすると、サーバーの容量が圧迫される、アップに手間がかかるなどのデメリットがあります。
また集客も自分で行う必要があるので、せっかく動画を配信しても誰にも見られない可能性もあるんです。
その点、YouTubeを活用すれば自分のサイト内に動画を埋め込むのもHTMLタグひとつを貼るだけで済み、集客はYouTubeがやってくれます

youtube集客コンサルタントを活用するのもオススメ

ユーチューバーやVTuberなど、話題を集める人達に視聴者が集まっている一方で、表には出ていないものの、地道に動画再生数を稼いでいる人も多数存在します。
こうした人はファンの獲得が上手で、安定した動画再生数が叩き出せるノウハウを有しています。

彼らのファン獲得のノウハウは、サムネイル作成方法、動画編集・構成、テーマ選定、BGM選定など細部から学ぶことが可能です。
ただ、表に出ずに大きく再生数を稼いでいる人のアカウントは、いざ探そうとするとなかなか難しく、それらの共通点を探るのにも多大な労力がかかります

そこで、1から学習するのが難しい、あるいは試行錯誤する時間がないという場合は、専門的なコンサルタントに相談してみるのもおすすめです。
YouTube専門コンサルタントとしてアドバイスを行なっている人の中には、集客ノウハウを知っていて莫大な再生数・チャンネル登録数を稼いでいる人がいます。

コンサルタントに相談する前には、そのコンサルタントの実力や評判を事前にしっかりと調べる必要はありますが、本物の実力者であれば学べるものは膨大です。
得られるメリットとコンサルフィーのバランスを考えて、自分が納得できる範囲で事業投資してみるのもおすすめですよ。

さらに、自らがコンサルタントになるというマネタイズ方法もあるので、まずはYouTube集客コンサルタントのやり方を学んでみるというつもりで活用するのもオススメです。

Catch the Web Asia Sdn.Bhd CEO 横山直宏
Catch the Web Asia Sdn.Bhd CEO 横山直宏
私のコンサルティングサービス「YCS」では、コンサルタント・コーチとしてビジネス展開していく方法も教えています。
興味がある人はメルマガ内にてYCSで教えている内容の一部を無料公開しているので、ぜひ登録してみてくださいね。

チャンネル登録やいいねを増やして動画再生数を伸ばす方法

チャンネル登録者数やいいねの数が増えれば、動画再生数は自然と増加します。
そのため、どのようにチャンネル登録者数やいいねの数を増やすのか、について考えて取り組むことがポイントです。

動画のチャンネル登録やいいねを増やすには、当たり前ですが、まずは1人でも多くの人達に動画を見てもらうことが先決です。

また、多くの人はひとつの動画を視聴して満足しても、チャンネル内の動画の品揃えによほど満足しなければチャンネル登録はしてくれません。
そのため、リピーターを獲得するための工夫も必要です。

そのためには、以下の5つのポイントをしっかりと押さえて動画作成をしましょう

  1. 「いいね!」が増えるような面白い動画作りをすること
  2. ターゲットとなる視聴者を明確にすること
  3. チャンネル登録やいいねボタンのクリックなどの行動をハッキリと促すこと
  4. すべて自分でやる必要はないと割り切り、外注(外部委託)も視野に入れること
  5. 再生数がアップするようにチャンネル全体の細部にもこだわること

【再生数を伸ばす方法】1.「いいね!」が増えるような面白い動画作りをすること

「いいね!」はひとつの動画を気に入ってもらえればいいので、チャンネル登録よりもハードルが低いです。
そのため、まずは「いいね!」がたくさんもらえるよう、多くの人にとって面白い動画作りを模索してみましょう

そのために、幅広いジャンルの人気チャンネルをリストアップして、「いいね!」がとくに多い動画と少ない動画を複数個ずつ見比べてください。
このとき見比べる動画は、アップされた日ができるだけ近くなるように気をつけましょう。

次に、「いいね!」が多い動画と少ない動画、それぞれの特徴を紙に書き出してみて、自分なりにどんな動画が気に入られやすいのかの仮説を立てます
あとは仮説にしたがって、「いいね!」が増える動画を何パターンも作成してアップしましょう。

冒頭部分でとくに気にするポイント

映像作品は“最初の掴み”がその後の視聴を左右するので、オープニング(冒頭)は簡潔に分かりやすく、「何を目的とした動画か」を伝えましょう。

内容でとくに気にするポイント

内容は自社の商品やサービスに関係なくても良いですが、最後にチャンネル登録ボタンや自社サイトへのリンクを貼ることが重要です。

【再生数を伸ばす方法】2.ターゲットとなる視聴者を明確にすること

ターゲットが曖昧だと、誰に向けた動画なのか分かりにくいので、最初はターゲット層を設定して動画の内容を考えてみましょう。
もちろん、あなたのビジネスの見込み客と合致するようなターゲット設定を行ってくださいね

子供向けならインパクト重視で、面白さを感じさせるものが基本的にウケます。
大人をメインターゲットにするのなら、より実用的で役立つコンテンツを提供するのが、いいね獲得の近道です。

しかし、多くのYouTuberがすでにやっているテーマは新規性がなく、「どこかで見たことがある」という既視感を感じさせてしまいます
するとあなたの動画すべてに対して「どうせ全部、二番煎じの内容なんだろうな」と考えられてしまい、「いいね!」がもらえないのはもちろん、これ以上動画をみてもらうことが難しくなってしまうでしょう。

そのため、人気テーマを扱いたいのであれば、どこかでオリジナリティを出せないかを常に考え続けてください
同じようなテーマを扱っている動画を、できるだけたくさんチェックして、あなたならではのアレンジができそうなテーマに参入してみましょう。

初めは苦戦するはずですが、継続することによって評価され、徐々にいいねやチャンネル登録が増えてくる可能性は十分にあります。
あのHIKAKINさんですら、2007年からの下積みがあるのは有名ですよね。

やると決めたらコツコツと地道に続けることで、「これが自分らしい動画」と思えるものにたどり着けます。
仮に人気テーマで評価されるようになれば、動画再生数は爆発的に増え、収入も激増するのでぜひトライしてみてくださいね。

Catch the Web Asia Sdn.Bhd CEO 横山直宏
Catch the Web Asia Sdn.Bhd CEO 横山直宏
私も最近、YouTubeを始めました。(@KL社長
次の集客経路を探しているなら、間違いなくYouTubeはやるべきなので。
まだ手探りですが、有料級のビジネス成功ノウハウをコツコツ発信しています!
誰でも最初は初心者です。一緒にがんばりましょう。

【再生数を伸ばす方法】3.チャンネル登録やいいねボタンのクリックなどの行動をハッキリと促すこと

先ほどもお話したように、動画再生数を伸ばすには、チャンネル登録やいいねを増やすことが必要です。

ただ視聴者はこちらから言わないと、何もアクションを起こしてくれません
そこで、「ちょっとしつこいかな?」と思っても、動画の最後には「この動画が面白かったらグッドボタンをクリックしてください」「チャンネル登録もよろしくお願いします」と毎回ハッキリと言いましょう。

そして、動画内の「終了画面」にリンクボタンを置くのも忘れないようにしてくださいね。

YouTubeで再生回数を増やして視聴率を上げるためのたった3つの方法YouTube動画をアップしているあなたは、以下のように悩んでいませんか? YouTube動画の再生回数を増やすには正しい方法があ...

【再生数を伸ばす方法】4.すべて自分でやる必要はないと割り切り、外注(外部委託)も視野に入れること

動画にチャンネル登録やいいね、そして動画再生数の結果がついてこない場合、いっそ苦手な作業は外部委託してしまうのもおすすめです。

というのも、人気チャンネルが作れるようになるまでには、さまざまなジャンルにチャレンジしたり、何本も動画を作成したりする必要があります。
そんな時に苦手な作業があるせいで、動画の質が下がってしまうのはもちろん、作成スピードが落ちてしまっては何のために作業をしているかわかりませんよね。

そこで、編集が苦手なら動画編集が得意な人に、サムネイル作成が苦手なら画像作成がうまい人に、外注してしまうんです。
人気チャンネルをいくつも運営するようになれば、いずれすべて自分で作業するのは難しくなり、組織化を迫られます

どうせなら最初から仕組み化して、外注できるところはどんどん外部委託してしまいましょう。
もちろん外部委託なので、ある程度のコストは避けられませんが、それでも有力な対策方法の1つにはなるでしょう。

Catch the Web Asia Sdn.Bhd CEO 横山直宏
Catch the Web Asia Sdn.Bhd CEO 横山直宏
私は基本的には何事も外注化、仕組み化を前提にスタートしています。
その方が効率よく作業が進みますし、戦略作りなど自分がやるべきことに注力できます。

【再生数を伸ばす方法】5.再生数がアップするようにチャンネル全体の細部にもこだわること

再生数をアップさせるために、動画ひとつひとつだけではなく、チャンネル全体の細部にもこだわってみましょう。
具体的には、以下のようなポイントを押さえてください。

  • 再生リストを作って動画を巡回しやすくする
  • カードで関連動画を紹介する
  • コメントを受け入れて、リクエストを参考にして動画作成をする
  • 定期的なライブ配信をして視聴者とコミュニケーションをとる
  • 海外の視聴者も取り込めるよう、英語の字幕や情報を入れる
  • ヘッダー画像にこだわってブランディングする
  • 絶対に見てもらいたい動画をホーム画面に固定する

【youtubeのSEO攻略法】アルゴリズムと検索ボリュームの調べ方を知って、自然検索の上位に自分の動画を表示させよう

YouTubeのSEOとは、YouTube内の検索エンジンに関する対策のことです。
タイトルにチャンネル名を入れたり、内容に合ったタグを設定すると、検索に引っ掛かりやすくなります。

さらにYouTubeは、検索エンジン大手「Google」が提供するサービスなので、Googleの自然検索からの流入に期待できるのもメリットです。

つまりYouTubeのアルゴリズムの理解を深めれば、検索上位に自分の動画を表示させることができます。

YouTubeのSEOをするならタイトルが重要

検索ではタイトルが重要で、例えば日本語のみだと英語での検索結果に出にくくなるので、動画を見てもらえる潜在的な視聴者数が減少します。
タイトルのつけ方では、「この動画の内容を調べる時、視聴者はどんな言葉で検索するかな?」と考えることが重要です。
そして、そのキーワードをタイトルの最初の方に持ってくるようにしましょう。

キーワードの検索ボリュームを調べる

どのキーワードが注目されているか、そのキーワードを知りたいなら、検索ボリュームを調べるのが手っ取り早いです。
YouTubeの検索ボリュームの調べ方は簡単で、サジェストを一覧表示してくれるツールを使うだけです。
無料のツールが充実していますから、動画につける予定のキーワードでサジェスト一覧の作成を行い、動画の内容に近い組み合わせることが有効です。

Catch the Web Asia Sdn.Bhd CEO 横山直宏
Catch the Web Asia Sdn.Bhd CEO 横山直宏
うちでは有料ですが「Keyword Tool Pro Plus」を使っています。
本気でやるなら事業投資の意識は必須かなあと思います。

YouTube動画の視聴者層や視聴動向を分析しよう

YouTubeでは、投稿した動画の視聴者層や視聴動向が分析できるので、解析して次に活かすことも大事です。
ただ自分が面白いと感じる動画をアップするだけでは、狙った通りに集客するのは困難です。

YouTubeアナリティクスという解析ツールが使えるので、かならず自分の動画が視聴者にどのように見られているかを把握し、改善につとめてください。

YouTubeでは検索結果の上位に表示されないと集客効果は得られない

検索結果に引っ掛かりにくい動画は、いくら内容が良くても見てもらえませんし、口コミで伝わらなければ膨大な作品に埋もれてしまいます。
動画に自信を持つ為にも、動画再生数のアップに繋がるSEO対策は必要不可欠で、これが成功するかどうかの大きな分かれ道に変わります。

SEOなしでも成功する人はいるでしょうが、それは運や才能など様々な要因に恵まれなければ起こらないことです。
大抵の場合は検索上位に表示させる対策をするか否かが、動画再生数やチャンネル登録数にいいねの数を上下させます

YouTubeに限らず、WebサイトはもちろんSNSでもそれぞれのSEO対策は常識です。
YouTubeの検索ボリュームの調べ方を知るだけでも、YouTubeのSEOとは何かが分かったり、具体的な対策が見えてきます。

また、YouTube外部からのアクセスを考えると、検索エンジンに引っ掛かる動画の説明文も大切な情報となります。
説明文なしは論外ですが、行数が少なかったり内容が薄い説明も、YouTubeのSEOを考慮すると避けたいところです。

これからYouTubeに新規参入して成功することは可能?

結論からいうと、これからYouTubeに参入して成功することは可能です。

ですが、既にユーチューバーの数は爆発的に増加していて、動画数は飽和している状態です。
誰もが思いつく動画は他の誰かがやっていますし、斬新なキャラクターや内容を考えるというのも、並大抵のことではありません。

唯一無二の独自性がある場合や、検索ニーズに迅速に正確に答えられる動画が作れる場合は、新規参入組でも成功者になる可能性は十分あります。

ビジネスへの集客目的としてYouTubeを使いたい場合、youtube動画広告は貼る?貼らない?

自分のビジネスへの集客目的でYouTubeを使いたい場合は、動画広告を使うかどうかに絶対的な正解はありません。
貼るだけで簡単に収益に繋がる動画広告は魅力的ですが、大切なアクセスを他社へと流してしまう可能性もあるからです。

たとえば、YouTubeを集客媒体としてビジネス利用する場合は、自社サイト・オウンドメディアなどに送客するパターンが一般的です。
この場合、自社のビジネスの見込み客になってくれる濃いリストが集まれば良いので、動画の再生数よりも自社サイトへの送客率のほうが大切になります。
再生数の向上を狙わないマーケティング手法なので、動画広告でのマネタイズを考える必要はありません

何を最終的な目的としてYouTubeを活用するか、それを念頭に置きながら動画広告の使用を検討してください。

なお、個人名のチャンネルだとビジネス関係の規約に触れることがあるので、集客目的なら企業チャンネルでの運営を行いましょう
これなら広告の要件が緩和されますし、自社サイトに誘導しても問題なくなります。

Catch the Web Asia Sdn.Bhd CEO 横山直宏
Catch the Web Asia Sdn.Bhd CEO 横山直宏
私のYouTubeチャンネルでは、今のところ動画広告は貼っていません。

【補足】YouTube広告に出稿する場合

動画の再生前に流れるインストリーム広告を出稿することで、自社の存在感が強まったり、こちらに興味を持ってもらえる可能性がアップします。

また、動画の横に表示されるディスカバリー広告は、動画の再生を妨げないのがメリットです。
サイズ的には小さいですし、存在感はやや薄いですが、それでも視聴者の心象を悪くせずに済みます。
広告を出稿する場合も、このディスカバリー広告は貼りやすいですし、ビジネスチャンスに繋がる可能性を秘めています

最後までスキップできないバンパー広告は、インストリーム広告に近いタイプですが、強力な代わりにデメリットも大きいです。
動画広告として貼る時も、出稿を行うケースでも難しい広告ですから、他のタイプと含めて比較検討することをおすすめします。

動画に画像を被せるオーバーレイ広告は、古くからあるバナー広告に似ているタイプです。
画面に表示する都合上、動画に少し掛かってしまいますが、分かりやすい位置に表示されることから存在感が大きく、何気なくクリックしてもらえます。
ディスカバリー広告に近いバナー広告もあるので、YouTubeのビジネス利用の幅はとても広いです。

今すぐ「売上が2倍以上」に!70億円を儲けた「売上アップシート」を配付中

マーケティングマスターシート&売れる仕組み動画イメージ最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございます。
当サイトの読者様限定で、国内外で7社を経営し70億円以上を売り上げた横山が、今も現役で使用している「売上アップシート」をプレゼント中です!

【プレゼントの内容】

  • 売上アップシート&使い方解説動画
  • 売上アップシートを使う前に知っておくべき「売上アップに導く方程式」の解説動画
  • 売上アップでネックになりがちな〇〇をいとも簡単に突破する方法の解説動画
受け取り方法

メールアドレスを入力し、ボタンをクリックしてプレゼントをメールで受け取ってください。

10秒以内にお届けします。

※上記メールアドレスに、プレゼントのダウンロードURLを記載したメールが届きます。弊社の無料メールマガジンはいつでも解約できます。個人情報はSSL化により暗号化されており、プライバシーポリシーに基づき厳正に管理されます。

【無料】で売上を2倍にしませんか?


マーケティング思考を鍛える
売上アップ動画講座を無料配信中!今なら売上アップシートもプレゼント。

詳細を見る

10秒以内にお届けします。