マーケティングの心理学

【ビジネス心理学講座】「ザイオンス効果(単純接触効果)」をマーケティングに活かす方法を徹底解説

ザイオンス効果(単純接触効果)とは?実験も紹介します

ザイオンス効果とは同じ人や物に接する回数が増えることによって、その対象に好印象を持つようになる効果のことを言います。

例えば相手の顔写真を見る回数と相手に対する感情の傾向を調べるものとも考えられます。
これらのことは単純接触効果(mere exposure effect)・ザイオンス効果(Zajonc 1968)とも呼ばれています。

アメリカの心理学者ロバート・ザイオンスが提唱した効果でもあります。
大学生を対象に行った実験では個人差もあったものの、ある程度はこの効果があるといえることが分かりました。
これは行動心理学の理論にも基づいています。

例えば何度も食べているうちに特定の食べ物を好きになったり、何度もプレイするうちに特定のゲームを好きになったりすることはこの効果と関係している可能性があるといえるでしょう。

注意!ザイオンス効果が逆効果になることも

マーケティングの際にザイオンス効果を狙うことはまさにもろ刃の剣にもなります。
上手く生かすことが出来れば興味を持ってもらいやすくなりますが、一方でしつこいと思われてしまう恐れもあります。

例えばTPOをわきまえない大音量のアドトラックやメール広告のスパム配信は快適な生活を邪魔するものと認識されやすいので注意しておきましょう。
しつこい営業や勧誘をすることは逆効果にも繋がってしまうので気を付ける必要があります。

ザイオンス効果を狙うときには相手の方に迷惑をかけないことが前提となります。
テレビCMの中にも好感を持たれやすいものと、不快感を持たれがちなものの両方があります。
なんでもかんでも連続で流せば効果が出るというわけでもありません。
マーケティングの中でどういった反応が見受けられるについては意識しておくことが重要となります。

ザイオンス効果はマーケティングに使いやすい!活用事例を紹介します

ザイオンス効果は上手く活用すればマーケティングに用いることも出来ます。そのことはブランドイメージの向上の戦略(嶋村,2006)でも説明されています。

例えば感謝の手紙や信頼関係構築のための営業は能動的に行える手法の1つとなっています。
街頭の看板や電車の中吊り広告は通勤や通学の際に自然に見えるので、おのずとザイオンス効果を生み出すものとなります。
ポスティングについても一度目ではあまり効果がないことが多いですが、繰り返していくことで効果を発揮することも珍しくありません。

ザイオンス効果を狙った典型的な例がテレビCMです。
テレビCMはその番組を見ている方が必然的に見るものでもあります。
あえて徐々に分かっていくような内容にしておくと、印象に残ったり興味を持たれたりしやすくなります。
ただ悪い印象を持たれないように注意しておくことが大切です。

Webマーケティングではザイオンス効果は使い勝手がいい

インターネット上にもザイオンス校を狙った手法がよく取り入れられています。

例えばインターネットのバナー広告(リマーケティング広告)は典型的な例といえるでしょう。
バナーはインターネット利用者に押し付けるようなものではないので、どちらかという不快感も持たれにくいとされます。
それでいてコストも低いので多くの企業が取り入れている手法となっています。

スマホアプリ化した上でのプッシュ通知もスリーヒッツ理論・セブンヒッツ理論に基づいて実施されます。
スマホアプリは簡単に作ることが出来るのでマーケティングにはうってつけといえます。

ただし、プッシュ通知は設定で任意に表示させないようにすることが出来るため、だれにでも見せられるわけではないことに注意しておきましょう。

FacebookやInstagramなどのSNS広告やメールマガジンもよく用いられています。
SNSの場合はその方の興味のある広告を表示させやすいという特徴があります。
メールマガジンも任意で登録するものなので、不愉快な気持ちを持たれにくい方法です。
人によっては知らず知らずのうちにメールマガジンに登録をしているケースもあり、その場合は迷惑メールなどに分別されてしまいます。
それゆえに興味を持ってもらいやすい内容に工夫をしておくことが重要となっています。

注意して扱う必要があるのはどの広告も同じです。

マーケティングに使える心理学をいっきに学んでみませんか?

マーケティングに使える心理学について知りたいあなたは、以下のようなことに悩んでいませんか?

  • どれだけ心理作用があるのかわからないし、何個覚えればいいの?
  • 実際の販売ページや広告文で使ってみようとしても、なぜかうまくいかない・・・。
  • マーケティングに特化した心理学の本がなかなか見つからない!

心理学をマーケティングに利用すれば、確実に売り上げアップに繋がります。

しかし、心理学のみにフォーカスしている本などは多いものの、マーケティングと紐づけるものは少ないのが現状です。
しかも、せっかく心理作用を勉強しても、マーケティングと紐づけて覚えなければ、いざ使おうとすると実際の使い方がわからなくなってしまいます。

そこで弊社では、Webマーケティングに本当に使える心理作用を、37個まで厳選し、解説する教材を開発しました。
それが「マーケティング心理の極意」です。

なお使い方に困らないよう、実際の活用方法について具体的な説明を加えました。

もし心理学をマーケティングにうまく活用できずに困っているのであれば、「マーケティング心理の極意」をぜひチェックしてみてくださいね。

【公式】「マーケティング心理の極意」

Web集客でお困りではありませんか?【無料資料を配布中】


最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございます。
当サイトでは、国内外で7社を経営し70億円以上を売り上げた“独自のインターネット集客ノウハウ”を無料配布中です!

【独自のインターネット集客ノウハウの内容】

マーケティングマスターシート2019
Webマーケティングを行うときに必要な具体的な作業内容を、ひとつのシートにまとめました。
あなたの会社に必要な、web集客「次の一手」が一目でわかります!
Webマーケティングで成功するためのポイント解説セミナー動画
Catch the Web Asia代表・横山が行うオンラインセミナーを収録。
売上アップのための“ある根本的な考え方”からスタートし、Webマーケティングに欠かせない4つのポイントを解説。
最後にもっとも大切な「●●力」を身につける方法を伝授します!

【受け取り方法】

ノウハウ資料を受け取りたいメールアドレスを入力(必須)

※上記メールアドレスに、プレゼントのダウンロードURLを記載したメールが届きます。弊社の無料メールマガジンはいつでも解約できます。個人情報はSSL化により暗号化されており、プライバシーポリシーに基づき厳正に管理されます。