ツァイガルニク効果とは?ツァイガルニクが行なった実験も紹介

ツァイガルニク効果は、人が達成できなかった思い出の方がより強く思い出として残るという人間の心理的な現象のことです。
旧ソビエト連邦の心理学者ツァイガルニク(Zeigarnik)がそういった人間の現象を実験的に示しており、ドイツのゲシュタルト心理学者クルト・レヴィンが提唱した人は目標に向かっているとき緊張感が生まれるが、その目標を達すると緊張感が解消されるという考えに基づき行われています。

例えば誰もが知っている物語でもあるシンデレラの物語でも、シンデレラの靴が抜けたシーンが人々の印象に多く残っているはずです。
またツァイガルニク(Zeigarnik)は、クイズや計算を最後までさせるグループと途中で止めさせるグループに分け、最後にどんな課題があったかを質問すると、後者のグループの方が倍の数の課題を答えることができたと実験でも証明しています。

ツァイガルニク効果が実際に使われているシーンはこんなにある!具体例を紹介します

ツァイガルニク効果は未完の場合の方が人々の印象に強く残りやすいことを活用して、それを企業のマーケティングなどにも導入されることも多いです。
マーケティングの中でもテレビCMやWeb広告に活用することが効果的で多くの方の興味や関心を導くことも可能となります。

例えばWeb広告文や記事タイトルでも、あくまでも完成度が高いタイトルをネーミングするよりも少し意味の幅に含みを持たせた方が優れています。
よく動画などを見ていて、ちょうど良いところで続きはWebでという具合にすると、そのままWebを見てしまいます。

他にもCMのあとという具合に区切りをつけることでも、そのまま関心を惹き付けた状態になり、興味や関心を生み出しやすくなります。
また動作サイトでも1話無料とすることで、話の続きが見たいという人々の欲求にも訴えかけることもでき、集客が進むことも多いです。

ツァイガルニク効果は人生にも大きな影響を与えていた!恋愛・勉強・仕事での具体例を知っておこう

ツァイガルニク効果は、完成されたものよりも未完のものの方がより関心や興味を惹き付けることができるという効果です。
これは恋愛や仕事、勉強などの分野でも活用することが可能で、それを利用することで人間の人生にも大きな影響を与えるべき存在にもなります。

具体例でも恋愛の場合でも人々が思っている完成された領域よりも、報われない恋やうまくいかなかった恋の方が心象にも強く残ります。
そこで残った心象を抱えながら、今度は報われるようにと努力を行うことで本当の恋が生まれやすいです。
仕事や勉強でも目標が未完に終わった方が何度も諦めないで努力をし続ける行動を生み出すこともできます。

このように人間は常に興味や関心を持っている動物であるため、ツァイガルニク効果をうまく活用することで次へのモチベーションを高めたり、向上心を生み出すことでより良い充実した人生に繋がります。

【応用・実例】ツァイガルニク効果をマーケティングに活かすときのポイントと具体例

現在はネット環境が普及していますので、当然、ネットを用いたマーケティング戦略を採用していくことは重要な選択肢の一つです。
webサイトの構成はランディングページから始まるのが重要で、このページの意味は集客をもたらせるための大切な存在になります。
本当に知ってもらいたいサイトに行く前のアクセスする場合のたたき台となるサイトです。
サイトを閲覧しても何も訴えかけるものがなければ、それ以上の人々の行動を導き出すことは困難となります。
そこで無料コンテンツを設けたりして、そのサービスを一回利用してもらうと良いです。

他にもポイントに目がない消費者も多く、ポイントカードの発行までできるとそれだけでも興味や関心を引き出すことにも繋がります。

また本格的な関心を導き出すためには、メルマガも効果的で人々の興味を失わない取り組みを実施することできっかけ作りにも活用することが可能です。
なお人々の興味をさらにアップさせる上では、文章が完成度が高いケースよりも案外、伏せ字などを用いることで読者に考えさせるきっかけを与えることもより効果的なものになります。

以上のことによりライディングページで完成させるよりも、未完のままに敢えてしておき、よりサービスに関心を持ってもらえたら完成されたサービスを提供する流れが必要です。
より効果的で消費者の関心を高める働きとしてツァイガルニク効果を活用することは優れています。

この記事を読んだ方にオススメ

マーケティングの全まとめチェックリスト

マーケティングの最新情報メールマガジン