ウィンザー効果とは「本人の言葉より第三者の口コミのほうが信じられる」という心理効果のこと

ウィンザー効果とは、本人の口から聞くよりも利害関係のない第三者から同じことを聞くことで、その発言に信ぴょう性が出るという心理効果のことを言います。
これは、「伯爵夫人はスパイ」という話に出てくるウィンザー侯爵夫人のセリフから来ている言葉で、いわゆる口コミ効果のことです。

あなたが直接誰かを褒めるよりも、他の人が「あなたのことを褒めていたわよ」と言ってくれた方が信じてもらえやすいというようなことです。

直接誰かに褒めてもらうのも、もちろん嬉しいことなのですが、もしかして何か裏があるのかもと疑ってしまうのもまた人の心理ですよね。
しかし、何の利害関係もない人づてにそれを聞く方が、何だか信ぴょう性があってさらに嬉しい気持ちになるっていうのは、とてもよく分かりますね。

また、多くの人が言っていることは信じられやすいという心理効果もあります。

ウィンザー効果の具体例

例えば、あなたがセールスマンで、自分の販売している商品の良さをお客様にいくら一生懸命説明したとしても、そこに利害関係がある以上あまり信用してもらえないかもしれません。
しかし、まったくの利害関係がないそのお客様の知人が同じ商品についての良い評判を伝えたとしたら、それを信じて購入してくれるかもしれません。
特に知っている相手から聞くことで、かなり信用度が高くなると言えます。
ですから、もしもウィンザー効果を発揮させたいのであれば、伝えたいターゲットが信頼している人に、その伝えたい内容を言ってもらうということが大事になってくるでしょう。
このように、ウィンザー効果とは、利害関係がまったくない相手からその話を聞くことで、話の内容を信用できるようになるという効果のことなのです。

ウィンザー効果に関連する心理学用語「同調」「ハロー効果」「バンドワゴン効果」も合わせて知っておこう

ウィンザー効果に関連する心理学用語には、同調、ハロー効果、バンドワゴン効果といったものもありますが、これらはなるべく多くの人から同じ話を聞くことでさらに信じ込みが強化されていくといった効果に対して使用します。
この場合、誰から聞くかということはあまり重視せず、人数の多さが大事だという意味合いが大きくなりますので、ウィンザー効果とは少し意味合いが異なってきます。
あくまでもウィンザー効果で一番のポイントとなってくるのは、それを伝える相手に何の利害関係もないということなのです。
これはあまり人数の多さとは関係のないことですが、確かにその利害関係のない人の数が増えることで大きな効果を生むことは間違いありません。
ですから、こういった複数の効果を相乗的に利用することで、さらに大きなマーケテイング効果を生むことも確実です。

【応用・実例】ウィンザー効果を正しくマーケティングに活かす方法

以上に述べてきたように、人の心を動かすことが出来るウィンザー効果を利用して、ステルスマーケティング・やらせなども蔓延しているのも事実ではありますが、これを正しく上手に利用している例も数多くあるのです。

インフルエンサーからの口コミを自社製品の宣伝のために活用したり、セールスレターに既存客の口コミを載せたり、プレスリリース商品でモニターを募集して、モニター後にそこから感想をもらったりして、さらなる顧客獲得のために活用したりすることが可能です。
とにかく商品を販売している当事者が、いくらその商品の素晴らしさを顧客に力説したところで、どうしてもうさん臭く感じてしまうわけですから、どうにかして第三者からのお勧めという形を取っていきたいわけです。
口コミの連鎖反応が自然発生的に生じて評判になるのが最も効果が高いわけですから、それだけ自信のある良い商品なのであれば、まずは多くの人にお試しで使ってもらえるような工夫をしていくことも大事なのかもしれません。

最近はツイッターやfacebookなどのSNSで自然発生的に口コミが連鎖することもありますし、逆に悪い評判が出回ることだってあるわけです。
ですから、こういった心理効果を悪用するのではなく、あくまでも正しい方法で活用していくという姿勢がますます大事になってくると思われます。

この記事を読んだ方にオススメ

マーケティングの全まとめチェックリスト

マーケティングの最新情報メールマガジン