SNSマーケティング

Twitterで集客したい経営者が知っておきたいツイッター活用方法と具体的ステップまとめ

Twitter(ツイッター)集客したい経営者のイメージ

ツイッターを集客に使いたいと考えているあなたは、以下のようなことで悩んでいませんか?

  • たくさんのお客さんにツイッターを見て欲しいけれど、なかなかフォロワーが増えない
  • 毎日何をつぶやいたらいいかわからない
  • どうしたらたくさんリツイートされるのかわからない
  • そもそもツイッターに集客効果があるのか実感がわかない

ツイッターは今や情報検索ツールの定番となっており、利用者の年齢層や性別に偏りが少ないのが特徴です。
こうした背景からか、日本人の約36%、つまり“約3人に1人”が利用しているんです。
(参考:Twitter総務省統計局
そんな集客効果に優れたツイッターですが、上記のような悩みを抱えている人が多いのも事実です。
つまり、強力な集客ツールをうまく使いこなせていないビジネスオーナーが多いということですね。

そこで今回は、ツイッターを使った集客方法について、初心者でもわかりやすく説明します。
ツイッターでの集客に行き詰まりを感じて悩んでいるビジネスオーナーさんは、ぜひ参考にしてみてくださいね。

日本でのツイッターの集客効果はSNSの中でダントツ!ビジネス用アカウントを作るメリットとデメリット

まずは、ツイッターの集客効果とメリット・デメリットについてカンタンにお話ししますね。

冒頭でもお話ししたように、日本ではほかのSNSと比較して、ツイッターの利用者数がダントツで多いです。
またSNS利用が活発な年代である10〜39歳の利用者が多く、男女比がほぼ1:1であるなど、幅広い見込み客にリーチしたいのであれば、まずは導入を検討すべきSNSといえます。

  

情報収集系SNSの日本国内での月間利用者数
SNS 月間利用者数 男女比(およそ) 10〜39歳の利用率
Twitter 約4500万人 男性53%
女性47%
53.3%
匿名性が高いため、投稿が気軽で拡散されやすく、3つのSNSの中でもっとも投稿率が高い。お客さんと気軽にコミュニケーションがとれる。100文字程度の投稿でOK。
Facebook 約2800万人 男性53%
女性47%
42.9%
個人の近況報告ツールとしての一面が強いため、見る専門の人も多い。また、実名での登録が必要なために拡散されにくい。公式情報らしさは出しやすいが、お客さんとの距離感は縮めにくい。
Instagram 1600万人 男性39%
女性61%
40.5%
インスタ映えという言葉があるように、通常の投稿はハードルが高いので見る専門の人も多い。ファッションや美容、旅行など写真を用いて視覚的にアピールできる業界でないと利用が難しい。拡散されるには画像・動画のセンスが必要。

(参考:twitter総務省Gaiaxをもとに弊社で計算)

以上のことから、ツイッターを集客のために利用するメリットとデメリットは以下のとおりです。

メリット

  • 爆発的な拡散力があり、大量の見込み客にリーチできる
  • お客さんとの距離を縮めることができ、あなたの商品を選んでもらう理由が作れる
  • 文字だけの投稿、かつ少ない文字数でいいので、更新が手軽で業務の合間に行える

デメリット

  • 面白かったり専門的だったりする、ユーザーにとって価値のあるツイートをしないとフォロワーが増えないので、ラクではない

では、このように強力な集客ツールになりうるツイッターをビジネスに有効活用するには、どのような方法があるのでしょうか?
というわけで、つづいてはツイッターを集客のために利用する方法を紹介します。

集客のためにツイッターを活用する方法は4つ

ツイッターを集客のためにうまく使う方法は、以下の4つです。

  1. フォロワーを大量に増やして、見込み客の数も増やす
  2. 幅広い見込み客にビジネス内容を知ってもらう
  3. 見込み客との心の距離感を縮めて“濃い”見込み客に変える
  4. 公式HPへのリンクを貼ってキャッシュポイントまで見込み客を連れてくる

それぞれについて、順番に説明していきますね。

集客方法1.フォロワーを大量に増やして、見込み客の数も増やす

見込み客の人数を一気に増やすには、マス広告を使うのが一般的ですが、ツイッターを利用することでも同様の効果を狙うことが可能です。
ツイッターで見込み客の数を増やすためには、フォロワーが増えるようなツイートをしたり、あなたから積極的にフォローしたりするのが重要です。
もちろん、フォロワーを増やすのには「Buzz(バズ)」を狙うのが手っ取り早いのですが、これはとてもムズカシイので、以下のような方法を試してみてください。

  • よく使われていて自分のサービスに関連性の高い「ハッシュタグ(#)」を使う
  • ツイートは40〜50文字と短くする
  • 動画や画像を投稿する
  • 見込み客がSNSチェックをする時間帯に投稿する
  • 同じ投稿を繰り返す
  • 毎日定期的に投稿して、露出回数を増やす
  • ツイートの中でコンテストやアンケート、診断を実施する
  • サービスに関連する、社会貢献につながる内容のツイートをする
  • 積極的にフォローをしてフォロワーを増やす

それぞれについてカンタンに説明しますね。

よく使われていて自分のサービスに関連性の高い「ハッシュタグ(#)」を使う

あなたのサービスについてつぶやかれているツイートを探して、そこで使われているハッシュタグ(#)を使うようにしましょう。
というのも、そのハッシュタグで検索する人は、あなたのサービスの見込み客となる可能性が高いからです。

ツイートは40〜50文字と短くする

英語の場合ですが、反応率が高くなるツイートの文字数は“100文字程度”とされています。
英語文の100文字は日本語の40文字程度にあたるため、日本語であれば40文字以内に抑えるのが理想といえるんです。
ただ、40文字で何かを伝えるのは少しムズカシイので、40〜50文字くらいを目安にして、できるだけ短くしてみてください。
(参考:sproutjesco

動画や画像を投稿する

ツイッターユーザーのタイムラインは、いつも絶え間なく更新され続けています。
そのため、あなたのツイートはどんどん流れていってしまうでしょう。
そこで、流れの早いタイムライン上でも目に止まりやすくするために、動画や画像などの投稿を増やしてみるのがオススメです。

見込み客がSNSチェックをする時間帯に投稿する

ツイッターに慣れてきたら、あなたのツイートがどんなタイミングでリツイートされたり、「いいね」をもらたったりしているか分析をしてみましょう。
そして、リツイートなどの反応を得やすい曜日や時間帯がわかったら、そのタイミングを狙ってツイートを行うようにしてください。
一般的には通勤・通学時間や、休日が狙い目とされていますが、あなたの見込み客に合わせて調整するのがオススメですよ。

同じ投稿を繰り返す

同じツイートを何度もすると「嫌がれるのでは?」と思いがちですが、先ほどもお話ししたように多くのツイッターユーザーのタイムラインはめまぐるしく流れています。
そのため、3回程度であれば同じ内容のツイートを行っても、ユーザーへの悪影響はとくに考えなくても大丈夫です。
むしろ3回程度、同じ内容でツイートすることで、あなたのサービスについて多くの人に見てもらうことができるため、ぜひ繰り返し投稿をしてみてください。

ただしやりすぎは禁物です。
少なくとも1〜2週間は間隔をあけて、3回程度までで押さえておきましょう。

毎日定期的に投稿して露出回数を増やす

あなたのアカウントをフォローするかどうか決めるとき、ユーザーはあなたのツイート内容やツイート数を参考にします。
そのとき、あまりにもツイートが少なすぎれば、ユーザーにとってあなたをフォローするメリットが感じられず、フォローをしない可能性が高くなってしまうでしょう。
フォロワーを多く獲得するためにも、こまめなツイートを行い、アクティブなアカウントであることをユーザーにアピールしてください。

また日によってツイート数がまったく異なるよりも、毎日コンスタントにツイートしているほうが、定期的にユーザーの目にとまることができます。
面倒な日もあるでしょうが、1日10ツイートを目安にコンスタントに続けていきましょう。

ツイートの中でコンテストやアンケート、診断を実施する

ツイッターでリツイートなどの反応を得やすい投稿のひとつに、ユーザー参加型の内容が挙げられます。
このユーザー参加型の投稿とは、コンテストやアンケート、診断などのことです。
たとえばあなたのサービスと一緒に撮った写真をアップしてもらったり、あなたのサービスと関係しているアンケートに答えてもらったり、ユーザーが結果をツイートしたくなるような診断を投稿したりしましょう。

サービスに関連する、社会貢献につながる内容のツイートをする

あなたのサービスの理念が社会貢献に繋がる点があれば、その内容をツイートするのもオススメです。
食材宅配の会社であれば、「1リツイートあたり1円を世界の恵まれない子供達のために寄付する」と投稿するといったイメージですね。
多くの人には良心があるので、社会貢献につながるようなツイートは拡散されやすくなります。
またあなたのサービスに対する認知度を上げたり、ブランドイメージをアップさせたりすることもできるため、ぜひチャレンジしてみてください。

積極的にフォローをしてフォロワーを増やす

フォロワーを増やすためには、こちらから積極的にフォローをしていくのも大切です。
フォローした人の中には、あなたのツイート内容やフォロワーを見て、フォローをしてくれることもあるからですね。

ただし、フォローをするときは、やりすぎに注意しましょう。
というのも、いっきにフォローをしすぎると自動でフォローをする悪質なアカウントと認定され、Twitter側にアカウントを停止されてしまうからです。
目安は、はじめのうちは1日に20アカウント程度にしておき、あなたのフォロワーが100人を超えたあたりから徐々にフォロー数を増やしていくことをオススメします。

また、フォロー数の合計にも上限があり、一般的なアカウントでは5000人までしかフォローできません。
もし5000人以上をフォローしたい場合は、フォロワー数を増やしていくか、その時点でフォローしている人を解除していく必要があるんです。
フォロワー数は「1.1倍の制限」のもとで決められます。
この制限は、「フォロワー数の1.1倍」と「5000」を比較して、どちらか大きいほうに1を加えた数字が“フォローできる最大人数”となるものです。

具体的には、【4547人未満】のフォロワー数の場合は5001人がフォローできる最大人数です。
4547人以上にフォローワーが増えると、フォローできる人数も少しずつ増えていきます。
5001人よりもフォローしたいのであれば、フォロワーが増えるよう、これまでに紹介した方法を活用してツイッターの運用を続けていってくださいね。

ちなみに、フォロワーを効率的に増やしたいのであれば、インフルエンサーとなっているフォロワー数が多いアカウントをフォローするのもオススメです。
もしそのアカウントにリツイートされることがあれば、あなたのアカウントをより多くの人が注目してくれますよ。

集客方法2.幅広い見込み客にサービス内容を知ってもらう

定期的にツイートを続けることで、あなたのサービス内容をたくさんの見込み客に知ってもらうことができます。
それまではとくにあなたのサービスに興味がなかった人であっても、あなたのツイートを頻繁に見ることで、中には興味をもつ人もでてくるんです。
このように幅広い人に対して発信しつづければ、見込み客はどんどん増えていきますよね。

ただ、先ほどもボットのお話で説明したとおり、フォロワーの心を掴みつづけるためには、ツイートの内容には気をつける必要があります。
そこで、以下のような内容のツイートをしましょう。

  • ビジネスを活かした、一般の人にとって役立つ内容を投稿する
  • 広告のような内容のツイートは、全体のツイート数の2〜3割に抑える
  • 面白いツイート、共感できるツイート、ほかの人にも知らせてあげたくなるツイートを心がける

また、あなたのサービスを利用した人の口コミ投稿を、あなたがリツイートすることも大切です。
あなたのサービスを利用した人のツイートを探すには、「ビジネスでツイッターを活用する方法15つ」で紹介した「高度な検索」を利用します。
高度な検索は、ツイッター内の検索結果画面に現れるメニューのひとつで、あるキーワードやハッシュタグが含まれているツイートを複数の条件で見つけられる機能です。
ここであなたの会社名や店舗名、サービス名などを入力し、お客さんの口コミを探してみましょう。
多くの人に見てほしい口コミがあれば、順番にリツイートしていくことで、あなたのサービスについての理解をより多くの見込み客に知ってもらうことが可能です。

集客方法3.見込み客との心の距離感を縮めて“濃い”見込み客に変える

ツイッターのいいところは、フォロワーとの距離感が近いところです。
あなたも、芸能人と一般人がツイッターで気軽にやりとりしているシーンを見たことはありませんか?

このように、“ビジネスオーナーと客”という、ふだんは気軽にお話ができない関係であっても、ツイッターの中では気軽にやりとりできます。
そのため、フォロワーになってくれた見込み客とコミュニケーションをとっていくことで、見込み客とあなたのビジネスとの心の距離を縮めることができるんです。
すると、それまでは薄い見込み客だった人であっても、徐々に“濃い”見込み客に変わっていってくれます。

リアルビジネスの場合、「薄い見込み客」を「濃い見込み客」に変えるのはとても大変で、マス広告などで露出経路を増やしたり、イベントを開催したりなど費用や労力がかかる施策が必要ですよね。
こうしたことを考えると、ツイッターはとても大きなメリットがあるんです。

ただし、コミュニケーションをとる際には、あなた自身の言葉でお客さんと会話をする必要があります。
というのも、自動でつぶやきつづける「bot(ボット)」のような、一方的なツイートを続けていてもお客さんとの距離は縮まらないばかりか、フォローを外されたりミュートされたりしてしまう可能性が高いからです。

ツイッターの良さを活かすためには、ツイートだけは真面目に行ってくださいね。

集客方法4.公式HPへのリンクを貼ってキャッシュポイントまで見込み客を連れてくる

ツイッターを見てくれた見込み客を、単純にあなたのビジネスのキャッシュポイントとなるお店まで誘導するのが、もっとも単純なツイッター集客の方法です。
公式ホームページを運用していればリンクを貼りましょう。
プロフィールはもちろんですが、ツイートでツイッターカードを利用して、投稿自体を目立たせるのもオススメです。
(こうしたビジネスに活用できるツイッターの細かい機能については、「【最新】ビジネスでのツイッターのすごい使い方※知っておきたいtwitter活用術15選」で説明しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。)

また、ツイッターは投稿してスグに多くの人の目にとまる点が、最大の強みです。
そのため、あなたが開催するイベントについてリアルタイムで発信することで、お客さんをその日のうちにキャッシュポイントまで流すことも可能ですよ。

ここまでツイッターを使った集客方法についてくわしく説明しましたが、あなたのビジネスにも活用できそうですか?
つづいては、具体的なツイッター集客の手順について紹介します。

ツイッター集客をはじめる手順はカンタンな4ステップ

ツイッター集客の具体的な手順は以下のとおりです。
初めてツイッターで集客をするという人は、ぜひこの手順で進めてみてくださいね。

1.ツイッターアカウントを作る

まずはツイッターアカウントを開設しましょう。
開設の具体的な手順は、Twitter公式のヘルプセンターにわかりやすく書かれているので、ここでは抜粋のみとしますね。

  1. https://twitter.com/signupにアクセス
  2. 名前やメールアドレスなどの情報を入力
  3. メールアドレスで登録したい場合:メールに手順が書かれているので、メールに書かれているとおりに進めるだけ
  4. 電話番号で登録したい場合:SMSが送られてくるので、そこに書かれているとおりに進めるだけ
  5. ユーザー名を決める。あなたのサービスに関係したものにするのがオススメ
  6. 完了!

(参考:Twitterアカウントを作成する方法|Twitterヘルプセンター

ツイッターアカウントが作れたら、あなたの公式ホームページのトップページにツイッターへのリンクを貼りましょう。
またツイッターのプロフィール部分にも、ホームページのURLを貼ることができます。
このように、どちらからも見込み客が行き来できるような状態にしておくことが大切です。

2.ユーザーのためになるツイートを行う

アカウントを開設したら、まずは1日10ツイートを3日くらいやってみましょう。
ツイート内容は、先ほどお話ししたようにユーザーのためになる内容がメインになるように心がけてくださいね。

3.見込み客になりそうな人をフォローする

最低でも30ツイートくらい溜まったら、あなたのサービスに関連している内容などをツイートしていたり、あなたのサービスと近いアカウントのフォロワーをフォローしてみます。
とくに、頻繁にリツイートやいいねをしているユーザーをフォローするのがオススメです。
というのも、あなたのツイートについてもリツイートなどしてくれる可能性が高いからですね。

あなたのサービスに近いアカウントを探すには、ツイッターの検索窓にあなたのサービスに直結するキーワードを入力します。
検索結果画面に出てきたユーザーの中から、見込み客になってくれそうな人をフォローしていきましょう。

4.効果的なツイートはどんなものか、分析して検証を続ける

やみくもにツイートを続けていても、どんなツイートが望まれているのか、どんな運用をすれば効果が出るのかわかりませんよね。
そこで、リツイートをされたり、いいねをされたりしはじめたら、アクセス解析とよばれる検証を始めましょう。
アクセス解析については、「これからTwitter分析をはじめる経営者が覚えておくべき無料分析ツール15個まとめ」の記事でくわしくまとめているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ここまでで、あなたはツイッターで集客することができるようになりました。
ただ、ツイッターは拡散しやすく集客しやすい反面、「炎上」するリスクも高いのが特徴です。
そこで、最後にビジネスアカウントで注意したいツイッターの使い方を紹介しますね。

ビジネスアカウントで注意したいツイッターの使い方

あなたもニュースなどで、大手企業のツイッターアカウントが炎上して、大々的にバッシングを受けている様子を見たことはありますよね?
ビジネスアカウントにおいて、炎上は何としても避けたい事態です。
また炎上までいかなくても、見込み客に嫌われるようなツイートはしたくないですよね。
そこで気をつけたいのが、以下のような使い方です。

  • 宣伝ツイートばかりする
  • 1日のツイート数が多すぎる
  • 機械的でボットのようなツイートやリプライを続ける
  • ハッシュタグが多すぎる
  • 誰かの気分を害する可能性があるような攻撃的なツイートをする

上記の項目にひとつでも当てはまると、見込み客が増えないばかりか、あなたのビジネスの信頼性が落ちてしまう可能性もあります。
ツイッターはお互いの顔は見えませんが、人と人との大切なコミュニケーションの場です。
手軽にお客さんとコミュニケーションが取れるというメリットを活かすためにも、誠実な対応を心がけ、あなたのビジネスアカウントを大切に育てていってくださいね。

担当者はおさえておこう!Twitterの「引用リツイート」の方法と注意点まとめ(*当記事は2015年に執筆されたものです。) 情報拡散力の高さや、ユーザーと手軽にコミュニケーションを取れるという点から、T...
Twitterのトレンドをおさえて爆発的にRT(リツイート)されるための6つのポイント
認知度アップ!Twitterトレンドで爆発的にRT(リツイート)されるポイント6つTwitterで集客を考えているあなたは、多くのRT(リツイート)を獲得するには、どうすればいいかご存知ですか? Twitterのデー...
これからTwitter分析をはじめる経営者が覚えておくべき無料分析ツール15個まとめあなたは自分や競合相手のTwitterアカウントについて解析したことはありますか? フォロワー数に影響を与えることのできるキーポイント...
ビジネスでのツイッターの活用術イメージ
【最新】ビジネスでのツイッターのすごい使い方※知っておきたいtwitter活用術15選FacebookやYoutubeと並び、巨大SNSであるtwitter。 最近ではさすがに利用者数の増加率は鈍化しているようですが、そ...

ツイッター集客に悩んでいるなら、いま最もアツいSNS集客「LINE@」の導入をオススメします

ツイッターはあなたのビジネスにファンを作るのにとても向いていますが、こまめな更新が必要だったり、キャラ設定がブレるとうまくいかないなど、運用がムズカシイSNSです。

  • 「そもそも呟きたいことなんてないよ」
  • 「新商品の宣伝くらいしかしていないな」
  • 「毎日何ツイートもできない」
  • 「クソリプが怖くてあまりツイートできない」

そんな風に悩んでいるのなら、今もっともビジネス界で注目されているSNSのひとつ「LINE@」を使ってみるのもオススメです。
当サイトを運営している「Catch the Web Asia」では、LINE@をビジネスで効果的に活用するためのノウハウを紹介しています。
まだLINE自体に慣れていない人やパソコン初心者でも簡単に使えるよう、丁寧な付録マニュアルも10点用意しているので、SNSのビジネス活用に興味があるビジネスオーナーさんはぜひチェックしてみてくださいね。

【公式】Catch the Line@

【無料】Web集客でお困りではありませんか?

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございます。

当サイト運営のCatch the Web Asiaは、Webマーケティング会社です。
設立からたった10年で70億円以上を売り上げることができました。
今、このサイトの読者様に特別プレゼントを配布中です!

マーケティングマスターシート2019
Webマーケティングを行うときに必要な具体的な作業内容を、ひとつのシートにまとめました。
あなたの会社に必要な、web集客「次の一手」が一目でわかります!
Webマーケティングで成功するためのポイント解説セミナー動画
Catch the Web Asia代表・横山が行うオンラインセミナーを収録。
売上アップのための“ある根本的な考え方”からスタートし、Webマーケティングに欠かせない4つのポイントを解説。
最後にもっとも大切な「●●力」を身につける方法を伝授します!

当社が10年間で70億円を売り上げた秘訣がギュッと詰まっているので、興味がある方はぜひチェックしてみてくださいね。

※完全無料で追加課金はありません。