SNSマーケティング

業種別のフェイスブック活用方法や投稿内容、メリット・デメリットを徹底解説

【業種別】 Facebook活用方法 投稿内容やメリット・デメリット

日本では、多くの企業がマーケティングのためにSNSを活用しています。
人気が高いSNSのひとつが、世界的に有名なフェイスブックです。
フェイスブックを活用すると様々なメリットがあります。
メリットとデメリットを事前に把握してからアカウントを作成すると、スムーズに活用できます。

ビジネスでフェイスブックを活用するメリット

フェイスブックのビジネスアカウントは、個人のアカウントとは異なります。
ビジネスアカウントは、ビジネスに特化した使い方ができます。

フェイスブックがあれば、ユーザーとのコミュニケーションが円滑になります。
ユーザーと直接コミュニケーションが取れると、ファンが増えやすいというメリットがあります。
投稿内容をユーザーが気に入ってくれれば、ユーザーの友人にも情報が拡散される可能性が出てきます。

ビジネスアカウントは複数人でも運用が可能なので、情報を共有してチームで管理しやすいです。
企業では顧客サービスが重要なポイントなので、チームで管理できるシステムはメリットがあります。

フェイスブックにはインサイト機能があるので、投稿した後にユーザーの反応を分析できます。
ユーザーの声を分析できれば、投稿内容を改善してマーケティングに反映させられます。
データのエクスポート機能があり、好みの形式で抽出すれば大切なデータを蓄積できます。

商品やサービスに興味を持っている人に対して、手軽に情報発信できるのもフェイスブックの特徴です。

ビジネスでフェイスブックを活用するデメリット

メリットが多いフェイスブックですが、デメリットもあります。
継続的な更新が必要になるので、管理者を含めて一定の担当スタッフが必要です。

人気がある企業だと、ユーザーから頻繁に問い合わせが届きます。
ユーザーからのコンタクトにはスピーディーな対応が必要になります。

フェイスブックは企業にも使いやすいプラットフォームを提供していますが、自社のプラットフォームとは違うので柔軟な運用が必要です。

とはいえ、メリットの方が大きいFacebookのビジネスアカウント。
大手企業のFacebookはすぐに見つかるものの、小さい会社や個人事業主が真似をしても、うまく活用できるようにはなりません。

そこで、小さい会社の経営者や個人事業主が、Facebookを活用する具体的な方法を、紹介していきます。

中小企業がFacebookを活用する具体的な方法

中小企業は人と触れ合いながら地元に密着した事業を行うことが多いですが、地元を超えた広範囲な地域でビジネスを行うことは難しく、フェイスブックを活用すると、新商品の情報等を広範囲に拡散しビジネスを展開することが可能です。
中小企業がビジネスにフェイスブックを活用する方法として、写真等を掲載してブログ感覚で情報を掲載したり、いいねを押してくれたユーザーに対して特別なキャンペーン情報等を伝えることができます。

フェイスブックは様々な機能を利用することができ、テキストや動画、お店の地図や営業日のカレンダー等も投稿することができるよう設定されました。
実名で登録する必要があるため信頼性が高く、情報のやり取りを行ったり、コメントをし合うこともできます。
グループを作り情報を共有することもでき、様々な形で口コミや情報を拡散することが可能です。
口コミだけで事業を展開すると、新商品の情報等を広範囲に拡散することはできません。

具体的な方法として、新商品を購入すると抽選でプレゼントをゲットできるキャンペーンを開催する場合、フェイスブックに情報を掲載します。
情報をチェックしたユーザーが記事にいいねを押すことで、情報が広がります。

いいねを押したユーザーに企業からコンタクトを取ることができるようになるため、友達を獲得することができるといえるでしょう。
友達になったユーザーに、直接新たなキャンペーン情報を知らせることができ、特別な信頼関係を築くことが可能となります。
友達となったユーザーに対して、キャンペーンの情報だけではなく、新商品の感想等を伝えてもらう等、様々な接触を行うことができ、ビジネスに活かすことができます。

いいねを押してもらうことで常に口コミ効果を期待することができますが、新商品についてコメントする等情報のやり取りを行う場合は、プライバシーに配慮しなければなりません。
フェイスブックは、プライバシーに配慮した設定を行うこともできるため、安心して利用することができます。

では、企業ではなく、病院や治療院などの場合は、どうでしょうか?

個人病院や治療院がFacebookを活用する具体的な方法

個人規模の病院や治療院は大手のクリニック程の宣伝費をかけられません。
そこで注目されているのがフェイスブックであり、賢く運用することで大した費用をかけなくても高い宣伝の効果を得られます。

いろいろな実例がありますが、一般的なのは広報担当者がSNSを活用する主軸として用いるパターンです。
あまり堅苦しい内容ではなく、普段の生活に寄り添った状況をフェイスブック上で発信していきます。

たとえばページの上に配置する写真は、できるだけ地域性の強いものを選ぶのが基本です。
そうすることで大手との差別化を行い、地域に根付いた施設であることを印象付けられます。

気軽に利用できる空気を体感してもらうことが重要なので、文章よりも写真を多く使用することがポイントです。
治療の仕方を医師が説明している動画があれば、受診に対する心構えを促すことも可能でしょう。
通院のハードルを下げるために、フレンドリーな受付やリラックスしやすい待合室の様子を見せるのも効果的です。

さらに豆知識を披露することも有効な手段であり、医師だけでなく看護師や栄養士が紹介しているケースも少なくありません。
風邪の対策に役立つ食べ物といった簡単なものでも大丈夫です。
ポイントはそれを通して、病院を身近に感じてもらうことだからです。

そういう意味では、単純にスタッフの紹介をしていくという手もあります。
一人ひとりピックアップして特集しても構いませんし、忘年会などの写真や動画を撮影して使っても良いでしょう。
アットホームな雰囲気を伝えたければ、関係性の分かりやすい後者のほうが適しています。

患者向けだけではなく、スタッフの募集においてもフェイスブックは利用価値が高いです。
病院のコンセプトや職場の雰囲気を感じてもらうことで、採用後のミスマッチを防ぐことも期待できます。

そのためフェイスブックを単なる日記のようなものと捉えずに、誰に見られる可能性があるのか考えて更新することが欠かせません。
そのうえでフォロワー数を伸ばしていく意識を持ちましょう。

さて、病院などと似たような活用方法が望ましいのが、美容院やエステサロンです。

美容院やエステサロンがFacebookを活用する具体的な方法

美容院やエステサロンがフェイスブックを活用する具体的な方法ですが、たとえば実際に施術をしているところを掲載するなどがあります。
もちろん施術をしている人の顔は載せませんが、施術をしているときにはどんな雰囲気なのかを理解してもらうには一番いい方法でしょう。

また、どのような道具やものを使っているのかを理解するのも、写真が掲載出来るフェイスブックはとてもおすすめしたいものです。
アロマやジェルなど施術で使うときにおすすめの商品を紹介したり、店内の雰囲気をなんとなく撮っているものを見られるようにしておくのもいいです。

店員さんやお客様との様子を載せることで、警戒心を解いてお店に来やすい雰囲気を出すことが出来ます。
活用出来るものはうまく使って集客をしていくと、本当にスムーズにお客様に知ってもらうことが出来るでしょう。
フェイスブックは美容院やエステサロンにとって、お店の知名度を上げやすいアイテムだと言えます。

わからないことを質問してもらうことも出来ますし、新しい情報をアウトプットすることも出来るのが特徴です。
チラシなどでもお店のSNSアカウントを掲載しておくと、そこから知ってもらうことが出来る場合もあります。

お店にはじめて訪れる人は緊張しますし、どんなことをされるのかを考えると不安になってしまいます。
そのようなことがないように、フェイスブックを活用をすることで美容院やエステサロンの宣伝をしておくといいでしょう。

フェイスブックは会員だけに見せることも出来ますし、宣伝としてすべての人に開放しておくことも可能です。
フェイスブックを活用している美容院やエステサロンは、店員さんの表情や仕事ぶりをしっかりとアピールしてお客様に安心感を与えています。
わからないことがあれば質問をして、おすすめの施術があればそれも実際の商品などを見せながら答えることも出来るので店に興味を持ってもらいやすいです。

さて、さまざまなビジネスにおけるフェイスブックの活用方法について紹介しましたが、あなたのビジネスでフェイスブックをどのように活用していけばいいか、イメージはつきましたか?
まだよくわからないという人は、実際に投稿する内容で悩んでいるのではないでしょうか?

続いては、実際に投稿する内容について、お話しします。

ビジネスアカウントのフェイスブックでは、どんな内容を投稿すればいい?具体的に解説

facebookは個人がつながるだけのツールではありません。
企業もビジネスアカウントを取得すれば、商用利用ができるので様々な活用ができます。

でも、ビジネスアカウントをつくって、公式ページを開設したあと、何を投稿すればいいのかという問題があります。
そこでfacebookを活用している企業の投稿内容を見ていくと、いくつかの種類に分類できます。

まず、売り出したい商品についての宣伝です。
新商品であればいつ発売されるのか、機能や価格などを企業の公式ページを訪れた人に伝えます。
ただ、そういった情報はサイトやブログでも掲載できますから、facebookの基本的な活用法ではありますが、独自性は薄いです。
ですから、それだけでは他社との差別化は難しいでしょう。

そうなると、より積極的に行うべきはFacebookの機能を活かした投稿内容です。
たとえば「いいね!」機能を利用して、「いいね!」をしてもらった数だけプレゼントをするキャンペーンなどがよく行われます。
こういったキャンペーンの情報は、他のSNSなどにも伝わりやすいので、公式ページを訪れる人は一気に増えます。
そうすれば、前述の商品の宣伝を見る人も比例して増えていきますから、宣伝効果が高まります。

それから、facebookではシェア機能があり、情報を共有・拡散しやすくなっています。
企業のブランドイメージを高めるために投稿する創業者の秘話とか、商品の裏技的な使い方など、呼んだ人に驚きや好奇心をもたらす投稿をすれば、その内容がシェアしてもらえます。
そうすれば、これまで企業の名前しか知らない、あるいは名前すら知らなかった人の目に触れることもありますから、そこから新たな顧客を創造できます。

逆に駄目な投稿内容としては、一部の顧客の悪口を書き込んだり、問題が起きたときに謝罪ではなく反論を載せてしまうと激しい反発を生んでしまいます。
いわゆる炎上ということになったら、企業イメージが大きく損なわれ、沈静化をするまでに相当の月日が必要です。
しかも、以前の企業イメージを回復するまでには、さらに時間がかかるので担当者は注意しなければいけません。

億超えの起業家を次々と生み出した「稼げるビジネスを作る超実践的ノウハウ」を無料プレゼント中

美容サロン・整体院などの店舗ビジネスや
コーチ・コンサルなどの講師ビジネスなど、
あらゆるビジネスに欠かせない

  • オンライン集客
  • マネタイズ戦略
  • 高額商品設計

といった、
個人が好きなことで稼ぐための
超実践的ノウハウを無料プレゼント中です。

無料プレゼントの詳細はこちら

無料動画講座と5大特典を期間限定プレゼント中!



最新のビジネスのオンライン化&集客の仕組構築の方法が分かる、無料動画講座と5大特典を期間限定プレゼント中です。
この動画講座を見ることで、自粛や不況などの時代でも集客に困らなくなります。

無料動画講座では、

などを無料で公開しているので、
少しでも集客に不安があれば無料講座を見ておいてください。
詳細はこちら