集客方法

平日でも集客するためのキャンペーン・チラシ・SNSを使った店舗への集客方法

平日でも集客するためのキャンペーン・チラシ・SNSを使った店舗への集客方法

平日でも集客したい!店舗への集客方法の具体例5選

店舗への集客は土日の週末や祝祭日が多くなるのは当然のことで、平日にお客が少ないのは多くの業界で見られることです。
では平日の集客アップを図るにはどうしたらよいでしょうか。
そのための具体例を挙げてみましょう。

チラシを活用

スーパーやドラッグストアなどのチラシは、新聞を月決めでとっているところなら新聞と一緒に入って来ることが多いです。
女性特に専業主婦はこのチラシを丹念に読む人が多く、チラシに割引クーポンがついていれば、それを利用して平日に店に行くことが考えられます。

既存客からの紹介

店に出入りしている顧客が紹介すると紹介された人は平日でも店舗に行く可能性が高いです。

平日限定キャンペーン

平日だけ利用できるキャンペーンを催すことで、平日の集客アップが見込めます。

テレアポ

店の宣伝にテレアポを利用して、電話で顧客の拡大を狙います。

メルマガ

お客にメルマガ登録を促し、メルマガで頻繁に知らせることで平日の集客数を伸ばす方法をとります。

以上のように各種のツールを利用したり、平日しかないプランを設定することで平日の集客数を伸ばせます。

集客方法としてイベントを開催しよう!企画はどうする?

企業のサービスや商品を広めるための集客方法の一つとしてイベントが多く行われますが、どんな企画をするか悩む広報の方も少なくありません。
一生懸命考えた企画で思ったほどの集客が得られなかった場合、時間とコストが無駄になってしまう可能性もあります。

有効な企画案の一つとして、専門家やインフルエンサーといった著名人をイベントに招待する方法があります。
著名人がイベントに来る為、それ自体が宣伝効果をもたらし、イベント参加者を増やしやすくなります。
著名人を招待するためには、コネクションがあるとスムーズですが、コネクションが無い場合はキャスティング会社へ依頼する方法もあります。
著名人を招待する時は、交通費や宿泊費、出演料などでトラブルが発生しないように明確に決めておくことが大切です。

また、イベントの参加者へお土産を配る方法も効果的です。
事前にお土産の情報を流すことで集客効果を期待できる他、実際に来てくれた参加者もお土産をもらうことで嬉しい気持ちになります。
配るお土産は、企業のロゴなどがプリントされたものの方が、参加者に企業の印象が残りやすくなります。

集客キャンペーンの成功事例5選

店舗やECサイトの利益を伸ばすためには、集客力を高めるのが大事です。
同業他社や有名企業が過去に実施したキャンペーンを学び、その成功事例を参考にしてみましょう。

最初の対策として効果的なのが新製品を破格の値段で販売するキャンペーンです。
巷で話題の新製品を発売当初から激安価格で提供すれば、高い集客効果が得られます。

2つめの事例は、クーポンを配布する事です。
メルマガや実際のチラシなどに割引クーポンや粗品がもらえるクーポンを明記して配布します。

3つめの事例は初めて自店舗を利用する顧客に対して大幅な割引キャンペーンを提供したケースです。
新規顧客の開拓にも繋がり、一石二鳥です。

4つめの事例は口コミをSNSに投稿してくれた顧客に対してポイント付加をしたり、抽選で豪華景品を送るキャンペーンです。
こちらは、SNSを通じての拡散力が期待できる戦略です。

5つめの事例はインフルエンサーと呼ばれる方々に自社製品を紹介してもらう方法です。
動画サイトなどで多数のチャンネル登録者を誇るは配信者に宣伝を依頼すれば、低コストで高い集客効果が望めます。

チラシを使った集客方法や、効果のあるチラシの特徴とは?

チラシを使った集客方法は、目に留まるという意味でも第一印象が重要となります。
パッと見て記憶に残るインパクトのあるわかりやすい内容が、チラシを使った集客方法では最適です。

例えばカラーバリエーションで言うと、シロクロよりも色がついた方が印象に残りやすいです。
またキャラクターを活用するのも一つの手です。
興味を引く可愛いキャラクターやオリジナルキャラクターは記憶に残りやすくなるでしょう。

キャッチフレーズやキャッチコピーも重要で、インパクトが強いものは記憶に定着し、お店のなまえがイコールとして結びつく効果を発揮します。
そのため、このことで迷ったらこのお店などの結びつきを無意識にさせる力を持っているのです。

チラシは不特定多数に見られるものです。
その大人数の中から少しでもお客さんを呼ぶためにも、狙うターゲット層は明確に意識します。
そして色彩やキャラクター、キャッチコピーなどを活用することでより多くの集客を期待できます。

インスタ、Twitter、YouTubeなどSNSを使った集客のやり方の具体例は?

SNSを使った集客の具体例としては、ユーザーが他の人に知らせたくなるような企業情報を提供する、というものがあげられます。
そもそもSNSの最大の特徴は、誰でも情報を簡単に拡散できる点にあると言っても過言ではありません。
ユーザーが興味を持った事象に対して知り合いや友人にその情報を提供することで拡散し、実際に楽しんでいる人は多いです。

そのため、その拡散しやすさを上手に活用すれば集客につながります。
多くの人に話したくなるような情報を提供するよう心がけましょう。

また、SNSはユーザーに対して企業のブランディングを行うこともできるメディアです。
その際には広告のような多額の投資をしなくともファンを獲得し、ブランディングできる点は企業にとって大きな魅力と言えるでしょう。
なお、その際にはSNSを利用して感動を共有できる、あるいは趣味を表現したくなる情報を提供することで多くのファンを獲得することで集客力に磨きをかけることができます。

【店舗集客の具体例】効果があるヘアサロン・美容師の集客方法とアプリ

利用客にサービスを提供する店の場合、如何にして集客を効率的におこなうのかが経営を円滑にすすめるための鍵となります。
サービス業種の中のひとつ・ヘアサロンや美容師の集客法だと、利用客は在籍しているスタッフの技量を注視するのが特徴です。

またどのようなヘアセット・メニューを提供しているサロンなのかも来店する際の選択肢となります。
この魅力を発信するには、インターネットを駆使したSNSやブログ等のアプリを活用するのが望ましいでしょう。
実際にカットやセットをしている様子を動画撮影をしてSNS等でアップをすれば多くの方の目に留まり、美容師の技量も一目で把握できます。

集客に効果のあるおすすめのアプリが「tredina」で、各サロンの宣伝はもちろんこと利用客の予約管理もアプリ内でおこなうことが可能です。
このアプリではサロンに在籍しているスタッフを個別で指名できる仕組みも取り入れており、さらにお得な情報を発信するメールマガジン機能も搭載されています。

あなたの得意なこと、お金に変えませんか?

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございます。

当メディアの読者様限定で、
13年間オンラインだけで100億円以上を売り上げ、延べ900名の経営者を指導してきた私、横山から、
得意なことをオンラインで販売して成功するための動画レッスン等を無料プレゼント中です!


【プレゼントの内容】
  • 動画レッスン「オンラインで成功する方法」※全3レッスン分まるごと
  • 電子書籍「ビジネスのオンライン化&集客の仕組み化の教科書」1冊
  • 商品設計の極意
  • インターネット集客最新成功事例2020
  • ヒット商品を生み出す魔法のテンプレート&マニュアル
  • 売上最大化のためのセールスの本質徹底解説

無料プレゼント受け取りページはこちら