実店舗ビジネス

治療院(整骨院・整体・カイロプラクティック・ヒーラー)の集客のポイントと方法まとめ

整体、整骨院、鍼灸にカイロプラクティックなどの治療院は、毎年集客が激化の一途を辿る状況です。
治療院の集客の現状は激しさを増すばかりで、限られた市場において母数が決まっているパイを奪い合っているイメージです。

ヒーラーのような職業も同様に、治療院は例外なく激しい集客競争に晒されています。
あえて何もしないのも選択肢の1つですが、獲得した顧客が奪われない保証はありませんし、むしろ積極的に抗戦に出た方が集客チャンスは大きくなります。

整体、整骨院、鍼灸は固定客を得やすい治療院ですが、インターネット全盛の現代では簡単にライバルに奪われてしまうでしょう。
真面目にコツコツとサービスを提供しても、指を加えて評判が高まったり良い噂が広まるのを待つだけなのは間違いです。

受け身の姿勢では治療院の集客の現状に勝てませんから、逆に積極的に臨むつもりで、戦略的に集客に取り組むのが正解です。
カイロプラクティックもヒーラーも、この治療院の集客の現状に既に巻き込まれていますから、成り行きに任せるのではなく、対策を考えて実践することをおすすめします。

治療院も集客にマーケティングが必要な時代、そう理解してライバルに負けない集客を行うのが理想的です。
一説によれば、治療院はコンビニほどの出店が行われており、中でも駅前や駅近くでは熾烈な競争が繰り広げられています。

対策なしで現状を甘んじて受け入れると、やがて顧客が減ったりジリ貧に陥る恐れがあります。
激しい競争はある意味でピンチですが、しかし考えようによってはライバルよりも顧客を獲得するチャンスです。

効果的な方法で集客に取り組み、顧客の獲得が軌道に乗ると、面白いくらいに顧客が増えていきます。
勿論、一度集客をしたら終わりではなく、リピートしてもらえるように努力を続けることが必要です。

一見すると難しそうですが、ライバルを上回る魅力を提示したり、それを伝えていくことが集客やリピート率アップに繋がります。
まずは正しい治療院の集客の現状に努め、次にこれから必要な対策方法を理解したり、実践して結果を求めるのが良いでしょう。

当然ながらコストはかかりますが、必要な負担と考えれば受け入れられますし、結果がでれば納得できるはずです。
今後も集客は激化していく可能性が高いですから、早めに現状に気がついたり分析を始めて、具体的な対策を講じていくのが得策です。

全く集客について分からなくても、ポイントを押さえれば難しくありませんし、理解して具体策が取れるようになります。

治療院が集客するときのポイントは「理想のお客さん像」を明確にすること

治療院が集客を始めるなら、理想のお客さんのイメージを具体化して、戦略を立てるのがおすすめです。
理想のお客さんを集客する方法を考えるやり方は、客単価のアップが実現しますし、リピート率のアップも望めるので魅力的です。

具体的にはLTV(ライフタイムバリュー)に基づき、高客単価が望める顧客を集客したり、リピート率を維持して関係性を継続することが目標です。
この理想的なお客さんをペルソナといい、集客を成功させるための大事な戦略ツールになります。

ペルソナは、誰に集客のアプローチを行うか明確にする手段で、企業では共通認識を高める為に活用されています。
性別や年齢を始めとして、職業に趣味や休日の過ごし方など、実に多岐にわたる人物像の設定を行うのが特徴です。

そうやってペルソナを構築していくと、理想のお客さんを集客する方法を考えるヒントが見つかりますし、具体的に何をすれば良いのか見えてきます。
アプローチする顧客層が絞り込めたり、より良いアプローチ方法に気がつけるので、効率的な集客が実現します。

顧客生涯価値を意味するLTV(ライフタイムバリュー)は、顧客との関係性が生まれてから関係が終了するまでの間に、どれだけの利益がもたらされるかを現すものです。
具体的には、平均顧客単価と購買頻度をかけ、それが継続される期間を更にかけて算出します。

治療院でいえば、顧客が1回あたりに使ってくれるお金と、そのペースや利用期間が計算に使う数字となります。
ペルソナで理想のお客さんのイメージを固め、LTV(ライフタイムバリュー)に注目して客単価、リピート率を上げることができれば、治療院の利益もアップします。

既存の顧客の客単価を上げるのも良いですが、より高い単価やリピート率が期待できる顧客を新規に獲得するのも手です。
その為にはやはり、誰にアプローチするかが重要になってくるので、理想のお客さんを意味するペルソナの構築が不可欠です。

理想のお客さんを集客する方法を考えると、理想像の項目をリストアップしたり、詳細でリアリティのある人物像が必要になります。
そうすることで、治療院が誰をターゲットにサービスを提供しているのか理解が深まりますし、戦略的に集客に繋がるメッセージの発信が行えます。

ぼんやりとした顧客像では、メッセージが曖昧になりがちで特定の対象に届きにくく、優れた集客効果を期待するのは困難です。
ところが、具体的かつ戦略的な集客に取り組むヒントが得られれば、自信を持って効果的な取り組みが始められます。

治療院の集客方法その1「インターネット集客」

治療院の集客では、インターネットを活用する方法が有力で、やりようによって相乗的な効果にも期待できます。
無料で始められるSNSは特におすすめで、リアルタイムの情報発信ができたり、拡散を目的としたお得情報の提供も行えます。

キャラクター作りやテーマ性の確立は不可欠ですが、定期的に何かをつぶやくことで、少しずつ潜在顧客の注目を集めることができます。
親しみやすいキャラクターで、共感できるメッセージを発信していけば、自然と潜在顧客の興味を引いて集客効果に結びつきます。

当然ですが、やはりSNSを使った集客も理想の顧客像を描くことが大切で、どのようなお客さんを想像してメッセージを発信するか常に意識することが肝心です。
SNSと並行して集客に取り組むなら、クリックされた分だけのコスト負担で済む、PPC広告の掲載もおすすめです。

PPC広告はクリック報酬型広告と呼ばれるもので、Webサイトに広告を掲載しても、閲覧者がクリックしなければ報酬を支払わずに済みます。
言い換えれば、広告の掲載者はクリックしてもらうように努力するインセンティブが起こり、報酬が得られるように努力します。

クリック毎に報酬を支払うPPC広告であれば、前もって予算を決めておけるので、コスト計算が簡単ですし、予算以上に支払い過ぎてしまう心配もなくなります。
無料ブログもインターネット集客に役立つ方法で、潜在顧客との接点を増やすチャネルに使えます。

他社の広告が入ってしまうのは少し気になりますが、今直ぐにでも開設したり投稿を始められるのは魅力です。
何をどのペースで発信していくか、それを考える必要はあるものの、SNSや広告以外にもチャネルが増やせることは大きなメリットです。

ホームページの開設も集客の基本ですし、独自ドメインを取得して運営に力を入れれば、ブランディングを進めることができます。
ホームページは集客の活動拠点になるので、既にSNSやブログを開設しているとしても、ホームページを持つ意味は決して小さくないです。

最初に無料ブログを始め、ある程度成長したらホームページの開設を行い、そこにブログを移籍するのも1つの方法です。
これらのチャネルを作ったら、次は治療院の情報が集まるポータルサイトに掲載です。

ポータルサイトとは、特定の情報を求める人達が集まるWebサイトのことで、地域やカテゴリでお店を絞り込み探すのに利用されます。
治療院のポータルサイトであれば、利用者は少なくとも治療院の情報を求めてくるので、店舗情報を掲載しておく価値があるわけです。

治療院の集客方法その2「紙媒体での集客」

インターネットを使った集客も効果的ですが、従来の紙媒体を使った集客方法も狙い目です。
顧客に提供する紹介カードもその1つで、新規顧客を紹介してもらうのに役立ちます。

紹介カードは友人や家族の紹介をお願いするもので、紹介者に割引きなどの特典を提供するのが一般的です。
紹介する側とされる側が名前の記入を行い、紹介を受けた人が持参することで、割引きの適用されるサービスが受けられるものです。

カードの制作や特典のコストを負担する必要はありますが、新規顧客を獲得できるチャンスを考えれば、割と高い費用対効果が望めます。
紹介カードは紙製ですから、大量に制作してもあまりコストはかかりませんし、割引コストは紹介があったときだけの負担なので、実はそれほど無理のない集客手段です。

地域情報雑誌の掲載も紙媒体を使った集客方法で、地域に密着している特性と、気軽に広告を見てもらえるメリットがあります。
地域情報雑誌は特定のエリアを対象にしますから、掲載コストが大きくなりにくく、無理のないコスト負担で済む可能性が高いです。

掲載のハードルが比較的低いのもポイントで、地域の人達に治療院の存在をアピールすることができます。
定期的なニュースレターの制作や配布も集客に役立ちますし、低コストで伝えたい情報、耳寄りな特典などを伝えられるのが強みです。

ニュースレターは基本的に既存の顧客が対象ですが、顧客から潜在顧客に対して情報が伝わることもあるので、集客に繋がるチャンスが生まれます。
勿論見込み客に配布しても良いですから、定期的なニュースレターは集客方法の1つとして検討に値します。

ただ、記事を制作する必要があるので、無理なく配布できる頻度を決めてから、一定周期で制作を行うのが賢明です。
チラシ(折込、ポスティング)は古典的ですが、定番でシンプルだからこそ効果があります。

内容を決めてデザインすることになりますが、最終稿が決まれば印刷会社にデータを渡し、納品してもらえば完了です。
後は新聞の販売所に折込を依頼したり、エリアを指定して直接的なポスティングを任せれば、チラシを潜在顧客に届けることができます。

正確には、チラシに掲載する内容が届けられますから、治療院の特徴や魅力を知ってもらったり、お得情報で来店が促せます。
いずれにしても、集客を行ったら結果を評価することが大切で、効果的であれば継続を検討する余地が出てきます。

チラシ(折込、ポスティング)が今でも活用されているのは、一定以上の効果が見込めるからで、実際に効果がある証拠でもあります。

治療院の集客方法その3「通りがかりの人の集客」

集客はインターネットや紙媒体だけでなく、通りがかりに直接アプローチする手も使えます。
腰痛専門などの看板・のぼり旗を設置すると、人は自然と目にしたり内容が気になるものです。

強みが一目でわかるデザインを用いれば、強い印象を与えることができるので、後々思い出したりより詳しく知りたくなるでしょう。
このときにSNSやホームページがあると、看板・のぼり旗を目にした通りがかりの人は、インターネット検索で治療院を知る結果に至ります。

異なるチャネルでも意外なところで結びつきますから、複数チャネルを開設して運用するのはとても大切なことだと分かります。
院の前に手書きの黒板(ブラックボード)を設置するのも有効で、手書きというのがポイントです。

印刷物は仕上がりが綺麗ですが、何処となく人工的で人柄や気持ちまでは伝わりにくいものです。
しかし、院の前に手書きの黒板(ブラックボード)だと目につきやすく、しかも書いた人を想像させるので、より強く興味が引きつけられます。

ポケットティッシュやチラシの配布という手もあるので、通りがかりを対象とした集客手法は思いの外充実しています。
改めて確認すると、腰痛専門などの大きな看板・のぼり旗を掲げ、通りがかりに治療院の場所を覚えてもらうのが効果的です。

大きければ大きいほど遠くから良く見えますし、近づくほどにインパクトが与えられるので、サイズが1つの検討材料となります。
看板・のぼり旗は設置場所も重要なので、通りがかりの人の視点で見え方を確認しながら、ベストポジションを見つけたいところです。

強みが一目でわかるデザイン、それにメリットなども伝えられれば、目にした人の興味は強まって来店の意欲が高まるでしょう。
店舗から離れた場所に設置するのであれば、住所にお店の方向と距離や、連絡先なども加えておくのがベストです。

院の前に手書きの黒板(ブラックボード)は、なるべく定期的に内容を書き換えて、変化で興味を引くとより良いです。
毎回同じ内容だと見てもらえなくなりますが、内容に変化があれば飽きさせませんし、何度も通りがかる人の興味も持続します。

このような集客はあくまでも1つの方法に過ぎませんが、案外効果がありますし、相乗効果にも期待が持てるので軽視できないです。
制作コストや作る手間はありますが、集客できることを思えば、支払ってみる価値あるコストだといえます。

一度作れば維持コストは殆どかかりませんから、挑戦しないよりもやってみる方がお得です。

今すぐ「売上が2倍以上」に!70億円を儲けた「売上アップシート」を配付中

マーケティングマスターシート&売れる仕組み動画イメージ最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございます。
当サイトの読者様限定で、国内外で7社を経営し70億円以上を売り上げた横山が、今も現役で使用している「売上アップシート」をプレゼント中です!

【プレゼントの内容】

  • 売上アップシート&使い方解説動画
  • 売上アップシートを使う前に知っておくべき「売上アップに導く方程式」の解説動画
  • 売上アップでネックになりがちな〇〇をいとも簡単に突破する方法の解説動画
受け取り方法

メールアドレスを入力し、ボタンをクリックしてプレゼントをメールで受け取ってください。

10秒以内にお届けします。

※上記メールアドレスに、プレゼントのダウンロードURLを記載したメールが届きます。弊社の無料メールマガジンはいつでも解約できます。個人情報はSSL化により暗号化されており、プライバシーポリシーに基づき厳正に管理されます。

【無料】で売上を2倍にしませんか?


マーケティング思考を鍛える
売上アップ動画講座を無料配信中!今なら売上アップシートもプレゼント。

詳細を見る

10秒以内にお届けします。