実店舗ビジネス

スクールビジネス(英会話教室・マネー講座・起業塾など)で集客するための全知識

スクールビジネス・講座ビジネスは多様化している!全国の老若男女が潜在顧客に

スクールビジネスや講座ビジネスと呼ばれるジャンルは、現在において多様化しているのが実情です。
英会話やマネーに起業といったテーマが人気で、今や全国にいる老若男女が潜在顧客となっています。
オンライン教室は全国の潜在顧客を発掘するのに有力で、アイディアをビジネスの形に変えられるのが魅力です。
月額課金モデルはビジネスを安定化させる方法の1つですし、一定以上の顧客を確保できれば、長期的に収益を得ることができます。
チャットツールやオンライン会議ツールもビジネスに役立つもので、使いようによって集客やビジネスが実現します。
しかし、スクールビジネスはオンライン教室だけでなく、オフラインも上手く使い分けることが重要です。
実店舗を持つ企業が信頼性を獲得できるように、スクールビジネスもオフラインの教室を持つのが理想的です。
ベッドタウンや駅近・オフィス近郊でなくともよいので、取り敢えず小さくても1つはリアルの教室を持ちたいところです。
スクールビジネスは「子供の習い事&塾」だけではないですし、大人を対象とした教室もありますから、やはり改めて潜在顧客の層は厚いといえます。
オンラインとオフラインの教室を並行する理由は、厚い層の潜在顧客に幅広くアプローチする必要があることです。
オンライン教室は、立地や距離に関係なく全国を対象としたビジネスの拠点になります。
ただ、ITに疎い高齢者を逃してしまう恐れがあるので、オフライン教室もあった方がよいわけです。
地域の人達が身近に感じられる存在になれば、気軽に問い合わせや相談が行われますし、そういうところからもビジネスチャンスが生まれます。
英会話はオンライン教室が主流ですが、今でもリアルの教室が存在する上に、安定した人気を誇っています。
これは直接足を運ぶことで学べるものがあったり、集中的に英会話講座に取り組めることなどが理由です。
マネー講座も同様に、オンライン教室では伝わりにくい部分が存在しますし、直接質問できるならその方が疑問解消に役立ちます。
長く残り続ける疑問は学習を妨げますから、直ぐに質問して解消できるオフライン教室は、オンラインにはない強みを持ちます。
起業講座となれば、今後の人生を決めかねないビジネスの挑戦が前提にありますから、受講する生徒は真剣そのものです。
チャットツールやオンライン会議ツールを活用しつつ、リアルで教室に通えるサービスの提供を行えば、信頼性が上がって選ばれるようになるでしょう。

キャンペーン中

弊社代表・横山による「売上アップ動画セミナー」ほか限定公開中! 今すぐ無料で受け取る

スクールビジネスの集客の具体的な方法5つ

スクールビジネスで集客を行うには、5つの方法を駆使してビジネスチャンスを獲得する必要があります。
情報をSNSで拡散するやり方は、今では基本中の基本的なマーケティング手法で、もはや当たり前のように活用されています。
SNSは情報発信に使いやすいツールですし、無料でしかも拡散しやすい性質がありますから、活用次第で強力な武器になります。
友達・知人・家族への紹介制度を設けることも、スクールビジネス集客の鍵を握ります。
紹介してもらえるとお得になる、こういった集客方法は教室の利用者にとっても魅力的です。
友人や知人に家族など、身近な人とお得感が分け合えるので、紹介制度は思いの外強力な効果を発揮することがあります。
チラシを新聞や無料ティッシュにして配るのも、古典的ではありますが集客力のアップに結びつきます。
チラシは特定の地域に集中して集客したい場合、ピンポイントで情報を提供できるのが強みです。
ティッシュは街頭で配布するのが一般的ですが、不特定多数の通行人に対し、ビジネス教室の存在をアピールできる切っ掛けになります。
実用性の高いティッシュであれば、使用する度に広告に目を通してもらえますし、それを見た周囲の人にも宣伝効果が波及します。
ホームページ・ブログに検索エンジン経由で情報にアクセスしてもらう、これも勿論大切な集客方法です。
インターネットが当たり前なインフラになってからは、ホームページやブログが宣伝や集客力を手にしています。
企業や商品について知りたい時に、何気なくホームページにアクセスするのと同様で、スクールビジネス教室も興味が持たれればホームページにアクセスされます。
ところが、そのホームページがなければ情報発信はできませんし、興味を持っていた人の興味が薄れてしまうでしょう。
いわゆる公式ホームページを設置して運営すること、これがスクールビジネスの集客における基本です。
ホームページと並行してブログの運営も行えば、チャネルが増えて集客力のアップが見込めます。
検索エンジン経由でアクセスしてもらうからには、コンテンツを検索エンジンに合わせて最適化したり、検索結果に広告の形で情報を載せることが必要です。
オンライン広告(PPCやローカル検索広告)は、クリック数を稼げたり地域特性を活かした宣伝が行えるのが魅力です。
PPCはクリック報酬型広告のことで、ユーザーが広告をクリックする度に、広告費が発生する仕組みです。
支払う費用ごとに、少なくとも規定回数のクリックが保証されるので、使いやすいタイプの広告だといえるでしょう。
ローカル検索広告と組み合わせることで相乗効果が期待できます。

スクールビジネスの集客で気にすべき「LTV(ライフタイムバリュー)」とは?

スクールビジネスで集客をするなら、LTV(ライフタイムバリュー)に目を向けて注意することが肝心です。
LTV(ライフタイムバリュー)とは顧客が企業と接点を持ち、そこから関係性を保つ継続率を表すものです。
関係性を持ち続ける間に企業が得る利益、それを指標にしたものと言い換えることができます。
一見さんで1回限りの取引をするよりも、継続的にリピート利用する顧客の方が、LTV(ライフタイムバリュー)は大きいと表現します。
商品販売ならリピーター、スクールビジネスであれば教室に通い続ける期間がこの指標に関わります。
LTV(ライフタイムバリュー)は購買単価に頻度を掛け、更に契約の継続期間を掛けることで算出します。
単価を上げるか頻度を増やし、契約の継続率を高められれば、結果的にLTV(ライフタイムバリュー)が上がります。
つまり、集客において大切なのはLTVを上げることで、顧客が満足できるサービス提供を心掛けるのが正解です。
サービスを向上させて単価も上げることができれば、結果はいずれ自然とついてくるでしょう。
サービス向上とは品質のアップや内容の充実で、スクールビジネスに当てはめると、上手な教え方やわかりやすさに、他では手に入らない価値ある情報が挙げられます。
いずれにしても、大切なのはLTVを上げることに間違いなく、契約期間の継続率アップと合わせて取り組むことが不可欠です。
集客時には強いニーズが見込まれるサービスの特徴をわかりやすく伝える、これを念頭に取り組むのがよいでしょう。
相対的にニーズの弱いサービスをわかりやすく情報発信しても、顧客にとっては重要性が低いのでスルーされがちです。
逆に、ニーズが強ければそれだけ注目度が高いですから、わかりやすくする意味や価値は高まります。
サービスの内容や魅力は何か、そういった部分を単純明快にして情報発信するのが、スクールビジネス成功の秘訣となります。
サービスを向上させて単価も上げる、これが重要なのはいうまでもないですが、まずは接点の部分で魅力を伝えることが大事です。
大切なのはLTVを上げることですから、最初にインパクトを与えて単価の高いプランを選んでもらい、継続率を上げて高く保つことが収益のアップに繋がります。
顧客と接点を持ち続ける、それもまた重要ですから、集客の際はそれ以降についても考えて情報提供を行うことが欠かせないわけです。
集客時には強いニーズが見込まれるサービスの特徴をわかりやすく伝える、その考え方に基づいて集客すると一定の効果が発揮されます。

サブスクリプション(継続課金)モデルのスクールビジネスで重要な「集客から成約までの導線」

継続課金のサブスクリプションは、スクールビジネスで重要な意味を持ち、集客を起点に成約までの導線になることもあります。
無料説明会の実施は、潜在顧客にスクールの存在を知ってもらい、魅力を伝える機会として機能します。
無料だとハードルが低いですし、前向きに入会を希望する人の割合が多いですから、成約実現の可能性が高くなると考えられます。
それでもまだ入会が決められない人には、30日間全額返金保証で対応するのがよいでしょう。
満足できなかった場合に全額お返しします、そう表明することで顧客は悩みが薄れたり入会が後押しされた気持ちになります。
取り敢えず入会してから継続するか決められるので、契約のハードルを大幅に下げることが可能です。
無料おためしレッスンも同じく、潜在顧客の迷っている心を決めさせる切っ掛けに変わります。
無料というのは心理的なハードルが低く、おためしなので肩肘を張らずに済みます。
気軽に参加できる絶好のチャンスですから、潜在顧客は比較的積極的に参加しようとします。
買い切りではなく継続課金、それが集客率を高めて成約を成功させる見込みが大きい、スクールビジネスにおける魅力的なモデルです。
サブスクリプションは買い切りではないので、少しずつおためし気分で始められるのが魅力です。
無料説明会の実施で潜在顧客の心を掴み、無料おためしレッスンの提供で成約に向けて後押しします。
次に、30日間全額返金保証の買い切りではなく継続課金を提供することで、潜在顧客は契約を決めることになります。
ハードルを下げつつ段階的に集客から成約へと導く、それこそが継続課金といわれるサブスクリプションモデル活用のコツです。
反対にいえば、無料説明会の機会がなく、返金保証の期間が短かったり全額でなければ、潜在顧客は契約を決めにくいということです。
無料おためしレッスンがなかったり、買い切りで契約する必要がある場合も、契約までのハードルが高いと感じられます。
心理的にハードルを下げることこそが、スクールビジネスを成功させるポイントで、集客率や成約率を左右することになる要因でもあります。
それに、成約が実現すると継続的な課金、つまり安定した収益獲得に期待できますから、このサブスクリプションモデルでビジネスに挑戦してみる余地は大きいです。
集客から成約までを意識して、集客の接点を上手に契約へと結びつける、これがサブスクリプションモデルの要点です。

小規模スクールビジネスにおすすめのサービス・ツールまとめ

小規模スクールビジネスにおいては、サービスやツールを活用するのが有力な手段です。
チャットツールのおすすめはLINEワークスで、チャットアプリのLINEと同じ使用感なのが強みです。
比較的カジュアルなのに、スクールビジネス用途に最適な機能が揃っていますから、導入しやすく使い勝手も抜群です。
割と定着率が高く知名度も高いLINEが提供していることもあり、信頼性が良好で顧客の信頼を裏切らずに済みます。
定番のスタンプ機能も使えますが、カレンダーや掲示板にアドレス帳、そしてアンケート機能も兼ね備えますから、まさにビジネス用途におすすめのチャットツールです。
最初に30日間の無料トライアルが提供されますから、まずは実際に使って導入を検討するのがよいでしょう。
オンライン会議ツールのおすすめはSkypeで、一般的には電話の代替ツールとして知られますが、実はグループで通話をすることもできます。
最大10人までの制限はあるものの、同時にビデオ通話やメッセージの送信、ファイルの共有といった機能が使えます。
操作中のパソコン画面を他のユーザーにも共有する、画面共有機能もあるので便利です。
自社商品の説明や顧客のニーズを聞きながらのスケッチと画像の共有など、既に幅広くビジネスで活用されている実績があります。
Skypeは日本でも知名度が高いですし、日本語対応やサポート体制も整っているので、小規模スクールビジネスにも最適です。
レンタルスペースサービスのおすすめのスペースマーケットは、レンタルスペースの利用において、最大規模を誇るサービスです。
他にも同様のサービスは存在しますが、規模からするとスペースマーケットに対抗できるサービスは限られます。
それくらいの規模を誇りますし、取り扱い件数が多いですから、希望に合うレンタルスペースを探すのに適しています。
総掲載数が優に1万件を超えている上に、北海道から沖縄まで全国を網羅しているので、どの地域でも使いやすいのがポイントです。
用途や使いたい利用日時でも絞り込めますから、改めて小規模スクールビジネスに最適だといえます。
このように、これから小規模スクールビジネスを始める際に役立つサービス、ツールは充実しているので、後は上手く使って集客や契約を成功させることです。
選択だけでなく、組み合わせや活用によっても結果は変わってきますから、最善の成果が得られるように取り組みましょう。

【無料】売上&年収アップの動画講座を限定公開中

国内外7社経営・売上70億円の弊社代表・横山が、個人〜中小企業の経営者向けに、最新マーケティングノウハウを4本の動画にまとめました。
当社代表・横山が主催する経営者コミュニティ「YCS」でうまれた、最新のインターネット集客成功事例もこっそり共有します!

豪華4大プレゼントの内容は・・・?

  1. 売上アップのための動画講座
  2. (3種の神器その1)インターネット集客 最新成功事例2019
  3. (3種の神器その2)ヒット商品を生み出す魔法のテンプレート
  4. (3種の神器その3)売上最大化のためのセールスの本質を伝える徹底解説動画

このプレゼントでわかること!

  • 売上・利益アップを目指せる具体的な方法
  • 客単価アップの考え方
  • 右肩上がりに成長するビジネスモデルの作り方
  • 2019年最新版のインターネット集客ノウハウ
  • 売上を伸ばしつつ自由な時間を手に入れる「仕組み経営」の方法
  • モチベーション低下に悩まない方法
  • 自然と成功へ近づく環境を手に入れる方法
  • 無料でできるSNS集客手法
  • 弊社のビジネスコミュニティサービス「YCS(横山コンサルティングサービス)」の詳細 ・・・など
無料期間は2019年9月20日まで!

プレゼント受取ページを見る


7社経営、70億円稼いだ横山から
今すぐ使える
●売上アップ動画講座
●マーケティング3種の神器

を無料プレゼント中!

詳しくはこちら