実店舗ビジネス

令和のアパレル業の集客はSNSを軸にしたインターネット集客が効果的!

アパレルの集客にはインターネットを活用するのがおすすめ

アパレルの集客といえば、やはりインターネットの活用が主流で、複数のチャネルを使い分けられることもあっておすすめです。
まずは自社でECサイト(通販サイト)の構築を行い、直接的な商品の提供や販売によって、素早い対応に取り組むのがポイントとなります。

自社で構築したり運用できるのがECサイト(通販サイト)の強みですから、注文から発送までのタイムラグを短縮したり、問い合わせの対応もスピーディーに行なえます。

こうした積み重ねが評判を呼び、やがてイメージが良くなったり魅力が増すことで、自然と集客のアップに繋がります。
インターネット広告はECサイト(通販サイト)の紹介に有効で、より多くの人達に存在を知ってもらうチャンスになります。
当然ながらコストは掛かりますが、予算に合わせて無理なく打ち出せますから、基本的な集客方法として活用の幅が広いです。

また、インターネット広告はSNSや動画配信サイト、キーワード検索と相性が良いので、並行して集客を図ることができます。
大手ショッピングモールを主軸に、動画配信やSNSで集客を図る企業もありますが、ブランド力を高めたいならオウンドメディアが重要です。
オウンドメディアは自社所有のチャネルのことで、ECサイト(通販サイト)やウェブサイト、ブログといったものが当てはまります。

ちなみに、インターネット広告はペイドメディア、SNSはアーンドメディアと呼ばれ、オウンドメディアと合わせて3本の柱となります。
オウンドメディアはイニシャルコストが大きめですが、長い目で見るとペイドメディアやアーンドメディアよりも、価値ある集客のチャネルになる可能性が高いです。

他社が提供するサービスは、突然サービス内容が変化したり、提供が終了してしまうことがあります。
それはつまりある意味でリスクですから、リスク分散の意味でも、自社が提供するチャネルの比率を上げて総合的に集客に取り組むことこそが、アパレル集客に役立ちます。

今はとくにSNSを活用したプロモーションがおすすめ

SNSは今やなくてはならない集客ツールで、TwitterやInstagramといった日本人に人気のSNSが狙い目です。
サービスによってかなり方向性や性格が異なりますから、理解した上で上手に使いこなしたいところです。
SNSごとの使い分けと、それぞれの連携が大切なので、そこを良く踏まえて実践に進みましょう。

Twitterはテキスト主体で、1回あたりの文字数が限られていることから、こまめに簡潔な内容をつぶやくのがベストです。
ただ、頻繁につぶやくとそれだけフォローするユーザーに通知が届くので、煩わしく思われないように要注意です。
1日数回、共感が得られたりオトクな情報を発信することで、Twitterのユーザー層に自社のPRや集客のアプローチが実現します。

一方のInstagramは、Twitterとは逆に写真が主役で、視覚情報の発信に最適化されているのが特徴です。
写真に文字を入れることもできますが、過剰に加えるとInstagramの趣旨に反するので、純粋に写真で勝負するのが良いでしょう。
Instagramはアパレルとの相性が良好ですから、プロモーション活動に最適ですし、活用しない理由はないはずです。

SNSをプロモーションに使うメリットは、無料で集客チャネルが手に入ること、そして拡散力を活かしたプロモーションができる2点です。
逆に、SNSをプロモーションに使うデメリットを挙げるとしたら、ユーザー層が合わないと効果が得られなかったり、炎上を引き起こすリスクがあることです。

ユーザー層はSNSごとに大きく分かれるので、自社のターゲット層とマッチするか、事前に良く確認することが肝心です。
それと、ユーザーの心理を逆なでするような発言は、自社ブランドを傷つけることになるので、運用の方針を明確にしてから活用するのが賢明です。
SNSの担当者にはインターネットリテラシーが求められますから、相応しい適任者を選任して、方針に則った運用に徹することをおすすめします。

アパレル店舗の集客ならリアルとインターネットを組み合わせるとさらに効果的

アパレル店舗の集客を行うなら、リアルと組み合わせてインターネットを活用するのが効果的です。

MEO対策をしてグーグルマップ上の店舗情報を充実させると、店舗のある地域でアパレルを求めるユーザー層とマッチングしやすくなります。
情報を求める層に対し、効果的にアプローチできますから、アパレル集客においてMEO対策は必須です。

MEO対策の基本は、情報の正確さや鮮明な写真の掲載で、ユーザーの目線で求められている情報を提示することです。
店舗の外観や内装に取り扱い商品など、お店の雰囲気が感じられる写真を厳選して掲載するのが正解です。

リアル店舗だけではなくECサイト(通販サイト)も作ると、リアル店舗にあまり足を運ばない層も取り込むことができます。
ECサイトはSNSとの親和性が高いですから、魅力的な情報の発信を行えば、比較的簡単に集客に結びつきます。
ECサイトがないとSNS止まりですし、リアル店舗のみとなれば集客のハードルが上がります。

しかし、リアル店舗だけではなくECサイト(通販サイト)も作ることで、SNSからの流入に期待できますし、リアル店舗にも興味を持ってもらいやすくなります。

MEO対策やECサイトときたら、次はリアル店舗を巻き込んだイベント開催です。
イベント開催は話題性がありますし、魅力溢れる内容だとまたたく間に情報が広まるので、内容を良く検討して告知することが大切です。
インターネットが活動の主軸の世代にとって、リアル店舗に足を運ぶには、それなりの理由とエネルギーを必要とします。

つまり、小手先の話題で多くの人が集まる夢を見ても、現実は厳しく簡単ではないということです。
行って良かったと感じたり、他の人にもついつい伝えたくなる、そういうイベント開催が理想的です。

ECサイトを組み合わせたイベント開催にすると、相乗効果の期待値が上がりますが、これは難易度が高いのでしっかりとした計画が重要となります。

カスタマーサポートやオトク情報の発信にはLINE公式アカウントが効果的

SNSがコミュニケーションツールの標準になっていますが、実はカスタマーサポートやオトク情報といった情報発信に最適なSNSがあります。

それはLINE公式アカウント(旧:LINE@)で、今では多くの企業がメルマガの代わりに活用しています。
メールアドレスを登録するよりも簡単ですし、気軽に登録が行えるようになっているので、ユーザーに抵抗感を与えないのが魅力です。

問い合わせに対する回答も、クーポン発行もLINE公式アカウント(旧:LINE@)でカバーできますから、企業側にとっても便利で利便性が優れます。

またタイムライン上に情報を発信していけるので、存在感を高めたり確認してもらえますし、オトク情報を加えることによってタイムラインの魅力がアップします。

LINE公式アカウント(旧:LINE@)そのものの価値も高められますから、何処に重きを置くかはさておき、チャネルを開設しなかったり活用しない手はないでしょう。
メルマガの代わりという魅力は、情報を発信する側にもあって、メールよりもこまめにラフな感じで運用できる点が当てはまります。

従来のメルマガは、形式張ったり雑誌のように情報量が重視されたので、受け取って読む側もそれなりに大変でした。
ところが、文字数などの制約があるSNSが普及したお陰で、短い内容でも立派な情報と認められ、書いて発信する側も楽になったといえます。
おまけにクーポン発行までできるわけですから、これで集客できない理由はありませんし、チャンスがあるのに知らなかったり活用しないのは勿体ないです。

SNSも1つではなく、種類が豊富で情報発信やコミュニケーションのスタイルは様々ですから、サービスの性格に合わせて柔軟に適応するのが合理的です。
LINE公式アカウント(旧:LINE@)はメルマガの代わりになる、タイムラインに乗れる上にクーポン発行で注目を集められるなど、これらを理解して活用しましょう。

決済方法を充実させて集客効果を高めよう

決済はクレジットカード決済を始め、モバイル決済が伸びを見せたり普及拡大の様子を見せています。
自分にとって使いやすい決済手段がないというは、一見すると小さな理由ですが、これも十分に商品購入を諦める原因になります。

決済方法を増やせば、手持ちの現金がない人や、当月はお金に余裕がない人の購入も見込めるので、総合的に考えると決済方法の拡充は不可欠です。

クレジットカード決済は、欲しい商品があるのに現金がない、そういった層に集客効果を発揮します。
モバイル決済は手元の端末が決済手段になるので、将来的にはクレジットカード決済よりも集客効果のアップに期待できるでしょう。
代引きやコンビニ払いといった現金決済は、まだまだ根強い人気がありますから、当面は並行して提供を行うのが得策です。

クレジットカード決済には年齢制限がありますし、未成年だと使える人が限られるので、やはり現金決済は残しておくべきです。
モバイル決済は比較的ハードルは低いものの、こちらも抵抗感があったり、保護者の許可がもらえない未成年といった層が存在します。
反対に、成人ならどちらの決済方法もおすすめできますし、いずれかを選んでもらえる可能性があります。

特にモバイル決済は心理的なハードルが低いので、集客効果だけでなく、購買の効果も一緒に高められるはずです。
ポイントの付与や決済手順の簡略化にも取り組めば、決済方法の充実による集客効果は最大限に引き出されます。

手持ちの現金がない、お金を使い過ぎて当月はもう買い物は難しい、という悩みを抱える人は案外少なくないです。
現金主義のユーザー層を大切にしつつ、キャッシュレス決済を中心とした層も取り込む、そんな決済方法の拡充が集客力をアップさせるでしょう。

今後キャッシュレス決済は誰にとっても当たり前のものになりますし、決済自体の考え方やあり方を変える可能性すらあります。
対応する決済方法を増やしておけば、便利なお店という印象が与えられるので、早めに導入を検討するのが正解です。

億超えの起業家を次々と生み出した「稼げるビジネスを作る超実践的ノウハウ」を無料プレゼント中

美容サロン・整体院などの店舗ビジネスや
コーチ・コンサルなどの講師ビジネスなど、
あらゆるビジネスに欠かせない

  • オンライン集客
  • マネタイズ戦略
  • 高額商品設計

といった、
個人が好きなことで稼ぐための
超実践的ノウハウを無料プレゼント中です。

無料プレゼントの詳細はこちら

無料動画講座と5大特典を期間限定プレゼント中!



最新のビジネスのオンライン化&集客の仕組構築の方法が分かる、無料動画講座と5大特典を期間限定プレゼント中です。
この動画講座を見ることで、自粛や不況などの時代でも集客に困らなくなります。

無料動画講座では、

などを無料で公開しているので、
少しでも集客に不安があれば無料講座を見ておいてください。
詳細はこちら