実店舗ビジネス

リフォーム業の集客に悩む経営者必見!これからのリフォーム業の集客方法を徹底解説

リフォーム業の集客はオンラインとオフラインの両方を活用するのがポイント

もしリフォーム業で売り上げが少ないと悩んでいるなら、集客のスタンスを見直していく必要があります。
時代の移り変わりによって従来のスタンスは通用しなくなってきました。
従来のスタンスには大きく2種類があるので、自分たちがどちらに該当しないか考えてみましょう。

1つ目はオンラインをメインとするスタイルです。
ホームページにSEOやリスティング広告をかけるのが具体的な方法です。インターネットが急激に普及したことで、こちらのスタイルを選ぶ業者が増えています。
2つ目はオフラインの方法を主体としていくスタイルです。
代表的なのは訪問営業であり、チラシを配るのもこちらに該当します。

これらスタイル自体に致命的な欠陥があるわけではありません。
しかし、どちらか一方に絞ることは、自らビジネスチャンスを潰すことになってしまうのです。
これからの時代を生き残っていくには、両者の特徴をうまく組み合わせていくことを考えなければなりません。

たとえばDM(ダイレクトメール)や電話で営業することが多いなら、SNS活用も並行して実施していくと良いでしょう。
DMにSNSのことを記載しておけば、興味を持ってアクセスしてくれる人もいます。
逆にSNSを見て存在を知った人は、DMが届いたら詳しく見ようとしてくれるかもしれません。

このように、オンラインとオフラインという枠組みにこだわらず、トータルとして良い効果をあげられるように取り組んでいくことが重要です。
ただし、やみくもに手を出しているだけだと集客力は上がっていきません。
アプローチの仕方が悪ければ、コストが増えるという結果にしかならない恐れがあります。

たとえば、チラシとSNSで同じ内容を伝えても効率的とはいえません。
お互いの長所を活かして補完しあう関係にしていくことが大切です。
いきなり最適な組み合わせを見つけるのは難しいでしょう。
しかし、調整を繰り返していくうちにうまく連携できるようになっていきます。

リフォーム業の集客にインターネットを活用するメリットとデメリット

どのようなリフォームの業者にとっても、これからの集客にインターネットは欠かせないものです。
しかし、ただ導入するだけでお客の数が増えていくわけではありません。
うまく運用したいならメリットとデメリットを最初に把握しておくことが重要です。
デメリットを最小限に抑えてメリットを最大化させていきましょう。

メリットのなかで最も大きいのは、やはり宣伝の範囲を広げられることです。
リフォームを必要とする人が増えるタイミングは地域によって偏りがあります。
地域が開拓されたときに多くの新築が建ち、それらの老朽化は同じように進んでいくので、リフォームするタイミングも似てくるのです。

自分の地域がそのタイミングになったときは一気にお客が増えますが、それが終わると顕著に減ってしまいます。
売り上げに極端な波が生じることになり、営業を続けていくのが難しくなることも珍しくありません。

しかし、インターネットを使って他の地域からも注文を受けておけば、そのような変動をかなり抑えられるようになります。
インターネットで見積もりができるシステムを構築しておけば、離れた地域に住んでいる人も気軽に利用できるようになるでしょう。
店舗の地域の住民にとっても、来店するよりも心理的なハードルが下がることになります。

デメリットは保守していく必要があることです。
更新されていないWebサイトは情報の発信力が低いだけでなく、業者のイメージも悪くしてしまいます。
たとえば1年以上も前の情報をトップページに載せていると、流行に対応した工法やデザインが苦手という印象を持たれかねません。
そのため、こまめに更新していく必要があり、インターネットが苦手な人にとっては大きな負担になる恐れがあります。

外部に委託するという手段もありますが、保守費用が固定費として発生することが問題です。
しかし、その分だけ時間を節約できるので、自分たちにとって有利になるほうを選ぶ必要があります。

オンライン集客の具体的な方法

インターネットを集客に利用することが大事だと分かっても、具体的な方法をイメージできない人もいるでしょう。
細かなテクニックはたくさんありますが、以下に挙げる4つを実践していくだけでも高い効果を期待できます。

まず、ホームページとSNSを連携し、実際のリフォーム事例などをこまめに紹介しましょう。
お客がなかなか申し込んでくれないのは、業者に対する知識が大きく不足しているからです。
どのような業者なのか把握できれば、安心して利用を検討できるようになります。
ホームページとSNSを連携して互いに誘導しあえれば、多くの人に情報を提供できるようになるでしょう。

次のテクニックは、ホームページをポータルサイト、Googleマイビジネスに登録することです。
ポータルサイトに登録しておけば、そこを経由してお客が訪れてくれます。
ポータルサイトは宣伝に割ける予算が少ない業者にとって非常にありがたい存在です。
知名度が低いという業者の弱点を、ポータルサイトの知名度によってカバーできます。
ただし、訪れたお客をがっかりさせないように、ランディングのページを充実させておくことが欠かせません。
他のページも見たいと思わせるような仕上がりにしておく必要があります。

リスティング広告に出稿しておくのも効果的なテクニックです。
検索結果から辿り着いてもらうのが理想ですが、それだけを期待して放置しておくのは、あまりにリスクが高すぎます。
リスティング広告を出しておけば、自分たちの宣伝が多くの人の視界に入るようになります。
だからといって来訪者が一気に増えるわけではありませんが、潜在的なお客にアプローチする手段になるのは確かです。

もちろん、SEOとMEOを継続的に対策していくこともテクニックの一つです。
検索結果の順位やマップ上の評価を基準にして業者を選ぶ人は決して少なくありません。
とりあえず最初にそれらを見るのが習慣になっているケースも多いので、しっかり対策をしておきましょう。

従来のオフライン集客のメリットとデメリット

これまでのオフラインの集客に自信がある人は、インターネットを導入しなくても大丈夫だと思うかもしれません。
たしかにメリットがある方法なので、それを活かせている間は不自由を感じないでしょう。
しかし、今後デメリットが顕著に表れ始めることも十分に考えられます。

したがって、メリットとデメリットを理解して、インターネットの導入も視野に入れて適切に対処していくことが大切です。

メリットとして大きいのは、お客と深いパイプを築きやすいことです。
近隣住民に営業活動を行って依頼を受けた場合、そこは今後も依頼をしてきてくれます。
インターネットで業者を手軽に見つけた人は、次の機会も同じように検索するので、また自分たちに依頼してくれるとは限りません。

近隣で固定のお客を多く確保しておけば、それだけで仕事がなくなるリスクを大きく減らせます。
それと関係していますが、信頼関係を構築しやすいこともメリットの一つです。
基本的には対面で接することになるので、すぐに親近感を持ってもらえます。
業者に対する不安を払拭して、相談しやすい関係性をつくりやすいです。

一方、デメリットとしてはお客に届けられる情報が少なくなることが挙げられます。
こちらからアプローチしたときにしか情報を提供できません。
また、チラシはスペースの問題で一部の情報しか載せられませんし、口頭でたくさん伝えようとすると時間がかかってしまいます。

インターネットでは無制限といっても良いほどの文章量を掲載できますし、静止画や動画で視覚的に情報を提供するのも容易です。
このように伝えられる情報量が限られてしまうので、情報化社会といわれる現代社会においては最適な方法とはいえません。

情報の鮮度が落ちてしまうことも大きなデメリットです。
チラシの原稿を作って印刷し、それらを配布しようとすると数日かかってしまいます。
そのため、インターネットを活用しているライバル業者にお客を奪われてしまうリスクがあるのです。

オフライン集客をどのようにオンライン集客と連携させていくか

オフラインの集客を行っていた業者が、オンラインの集客を導入する予定なら、連携させる方法をよく考えなければなりません。
手始めに、これまでチラシで伝えていた情報をインターネットでも並行して発信するようにしましょう。

たとえば、告知はSNSやLINE公式アカウントなどでも行うことが大切です。
そうすることで見逃す人が減りますし、SNSやLINEのユーザーのなかにいる潜在的なお客にアプローチできるようになります。

さらに、オンラインのクーポン機能も活用していきましょう。
多くの人は、同じようなサービスの内容であれば、少しでも出費が少なくて済むところ選ぼうとします。

リフォームは出費が大きいので、クーポンの存在は非常に大きな魅力になるのです。
インターネット上で積極的にクーポンを配布しておけば、そのときは依頼しなくても頭の片隅に残りやすくなります。
今後リフォームする際の選択肢に入れてもらえるでしょう。

とはいえ、チラシ・ポスティングの手を緩めてよいわけではありません。
そちらは依然として近隣住民への高い宣伝効果を期待できるからです。

インターネットを利用しないお客を集める受け皿として重要な役割を持っています。
そこにWebサイトのURLを書いておけば、インターネットを使える人はそちらも見てくれるかもしれません。
そして訪れたWebサイトにクーポンがあれば、まるで宝探しに成功したようなお得感が得られて、リフォームの依頼に結びつきやすくなります。
完成見学会・内覧会も欠かさずに実施していきましょう。

どれだけインターネットが便利でも、依頼するかどうかの最終判断は実物を見てからする人が多いからです。
Webサイトで時間や場所を分かりやすく説明しておく必要があります。

また、看板や店頭広告を充実させるのも忘れてはいけません。
インターネットを見て訪れた人を集客するための最後の一押しになります。
詳しく話を聞いてみたいと思わせられる工夫をしておきましょう。

今すぐ「売上が2倍以上」に! 100億円を儲けた「売上アップシート」を配付中

マーケティングマスターシート&売れる仕組み動画イメージ最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございます。
当サイトの読者様限定で、国内外で6社を経営し100億円以上を売り上げた横山が、今も現役で使用している「売上アップシート」をプレゼント中です!

【プレゼントの内容】
  • 売上アップシート&使い方解説動画
  • 売上アップシートを使う前に知っておくべき「売上アップに導く方程式」の解説動画
  • 売上アップでネックになりがちな〇〇をいとも簡単に突破する方法の解説動画

受け取り方法
メールアドレスを入力し、ボタンをクリックして
プレゼントをメールで受け取ってください。

10秒以内にお届けします。

※上記メールアドレスに、プレゼントのダウンロードURLを記載したメールが届きます。弊社の無料メールマガジンはいつでも解約できます。個人情報はSSL化により暗号化されており、プライバシーポリシーに基づき厳正に管理されます。