マーケティング

マーケティング視点が重要!LPO(ランディングページ最適化)をマスターして売上アップを狙おう

LPO(ランディングページ最適化)の意味とは?方法(手順)も紹介

ランディングページのことを略してLPと書きます。
また、ホームページと同じように検索エンジン最適化の目的で行うSEOもあり、これはLPの最適化などからもlpo(ランディングページ最適化)と呼んでいるものです。
そもそもランディングページとはどのようなモノを意味するのか、SEOとの関係があるのでホームページの一種だとイメージする人も多いのではないでしょうか。
そのイメージは正解で、検索やリスティング広告をクリックしたとき、直接注文を行ったときや資料請求などのような、最終的な目的のアクションに結び付けることを得意にしているウェブページをランディングページと呼びます。

商品購入や資料請求、商品やサービスなどの問い合わせは最終的な利益に繋がるもので、このような成果のことをコンバージョン(CV)と呼び、ランディングページを使うと一般的なホームページやブログで宣伝するよりも効果的な手法などから注目が集まりました。
現在では、企業をはじめフリーランスなど、自社製品の売上増加や見込み客の獲得などに利用し始めています。
このランディングページを最適化することをLPOと呼びますが、作lpo(ランディングページ最適化) では作ったランディングページを分析して効果的に使えるように改善を行う仕組みそのものを意味するものです。
最適化を図ることで商品購入や問い合わせなどビジネスの収益に繋げるための割合をより多くできるようにする対策で、ランディングページからコンバージョン(CV)が発生しないときには対策を検討する必要があります。

LPのlpo(ランディングページ最適化)では、クリック率・直帰率・コンバージョン率・滞在時間・離脱率の4つのデータを確認することが大切です。
どのようなコンテンツへのアクセスが多いのか、競合他社との比較を基本にして分析を行うと、問題点がある程度絞り込みできます。

ランディングページは一目でページの心証を決定づける用紙がありますが、これはページを開いたときに表示される部分で、訪問したユーザーがページを閉じるか滞在するかは一瞬で判断されることが多いのです。
魅力的で訴求したい内容が表現されているのか否かを判断するときにはABテストを使うとよいでしょう。
ABテストは異なる画像やキャッチコピーを使った2つのページ、AパターンとBバターンの2つを用意するもので、ABテストを実施することはどちらが良い結果ができるのかを検証することが可能です。

LPO(ランディングページ最適化)でチェックすべき項目

リスティング広告や検索を行いリンクをクリックしたとき、最初に目に入るのがランディングページです。
一目で印象を決定づけることが求められるのですが、ページを開いたときにユーザーが対象ページから立ち去る、もしくは滞在するかはインパクトがあることや興味を持たせる画像、キャッチコピーが使用されているか否かが重要なポイントになってくるなど、ファーストビューでの効果が立ち去るか、それともとどまるのかの別れ道になるといってもよいでしょう。

商品に強みが記載してあるのか、これもランディングページ最適化には必要な要素です。
特徴・成分・価格・効果はユーザーに対して商品の良さを伝える中で重要なものです。
ただ、良さを伝えるためには商品の最大の強みをわかりやすく簡潔に伝えることが重要で、興味をひかせる画像やインパクトを持つキャッチコピーはファーストビューだけではなく、アピールすべく商品の強みであることが大切です。

最近はスマートフォンユーザーが増えていることからも、外出先でウェブページの閲覧を行う人も急増しています。
取り扱う商材によりパソコンよりもスマートフォンからの流入が多いものもあり、そのような商材を使っている場合には、スマートフォンにも対応していること、そしてLPOもスマートフォンに対して最適化が行われていることが求められます。

ところで、CTAとは何かご存知でしょうか。
これはコールトゥアクションとも呼ぶもので、行動喚起を意味するものです。
ウェブページの中には個人情報を取得するための入力フォーム、ユーザーを誘導するボタンもしくはテキストリンクなどがありますが、これらはすべてCTAになるものです。
資料請求を目的にしているランディングページなどの場合、今すぐ資料請求を行う・今なら無料の資料を取り寄せることができる、このようなテキストリンクやボタンを配置して、ユーザーを資料請求ページに誘導するのが行動喚起です。

なお、ウェブサイトの中には思いもよらない意外性のあるウェブページが検索エンジンなどで集客を持つケースが多いといいます。
そのため、ランディングページだけでなく訪問者の目につきやすい部分にCTAを利用して次の行動を促すことも重要です。
このようにCTAの位置が適切であるのか、スマートフォンに対応しているのかを確認すること、これ以外にも商品の強みおよび商品の導入実績を記載してあるのか、コンバージョンの動線には障害がないのか、入力フォームは使いやすいものになっているのか、これらもチェックが必要です。

LPO(ランディングページ最適化)で成功した会社の成功事例5つ

ゴルフ場予約のポータルサイト

成功事例の一つに、ゴルフ場予約が可能なポータルサイトがあります。
新規顧客を増やす目的で、ゴルフには興味があるもののゴルフの経験が少ないユーザー層、ゴルファーの中でもゴルフはやっているけれどもサイトを利用したことがない潜在層に対してコミュニケーションの活性化を求める、このような目的でランディングページの最適化を図ったところ、成功に導いた事例です。
この場合の事例では見込み客を3つにわけてそれぞれ専用のランディングページを用意しています。

脱毛サロン

最近女性の間で話題を集めている脱毛サロン、こちらは競合他社が多い業種ですから、大手と同じように低価格や脱毛部位で訴求しているのでは勝つことができない可能性があること、動線ボタンの色が背景色と同一なので目立たないなどの改善点がある事例です。
競合他社に勝つことができる強みを訴求する・メインターゲットの趣向などに合わせたデザインを構築する・ボタン色はメインカラーとは逆のものを使うなどの最適化を図ったところ、コンバージョンレートが従来の1.7倍にアップしました。

スマートフォン紹介サイト

スマートフォンを紹介するウェブサイトでは、ABテストを実施して最適化を図った事例もあります。
ウェブサイトの中での主要要素でもある、トップイメージ・ヘッドラインのキャッチコピー・コールトゥアクションボタンデザイン・レイアウトこれらを改善し、効果的なデザインに作り上げると同時に文言を複数パターン換えてのABテストを実施し、どちらにアクションが付きやすいのかを検証、これによりコンバージョン率のアップ(1.8倍増)への期待ができるようになったようです。

不動産販売業者

不動産販売業者のランディングページ最適化の事例では、アクセスユーザーごとに、ファーストビュー情報を変更する、トップページではアクセスしたユーザーが住んでいるエリアに合わせた地域情報を表示させる、ユーザーの住まい近くの店舗を表示・地域の物件情報を表示するなどの最適化を図ったところ、コンバージョンレートは10倍に増加したといいます。

ウェブ制作会社

ウェブ制作会社の事例でも、ABテストを利用して最適化を図っています。
この場合は、文言に無料のキーワードを追加してボタンの色は目立つ色の変更を行ったところ、改善前のものと比べるとコンバージョンレートが1.8倍に上がるなどの成果が出ています。
このように、最適化の方法は業種によりことなりますが、適切に最適化が図れることでコンバージョンレートが大きくなるのが特徴です。

LPO(ランディングページ最適化)に使える便利なツール5選(会社名・ツール名・料金を紹介)

DLPO

ツール名はDLPO・会社名はBOXIL、料金は初期費用が20万円で月額10万円です。
DLPOは充実のパーソナライズおよびABテストを使い、ユーザー属性や興味嗜好などの最適化を図りページをユーザー毎に配信できるのが特徴で、これによりコンバージョンレート向上を見込める強みがあります。
また、ランディングページ全体や入力フォーム、トップページなどのように多種多様なウェブページでABテストや多変量テストを行うことも可能にしています。

ユーザーグラム

ツール名はユーザーグラム・会社名はウェブアンテナ、料金はクリック数従量で月間約2万クリック時の目安は約5万円です。
各種広告の成果貢献度を容易に評価可能なツールで、広告効果測定ツールなどからも広告の効果を計測したり分析する機能が中心です。
ただ、ユーザーが特定の広告をクリックした際に遷移先のURLを出しわけてくれるABテストも可能などの特徴を持ちます。
そのため、LPO対策だけでなく詳細な広告効果の検証にも役立ちます。

Gyro-n

ツール名はGyro-n・会社名は非公開企業、料金は月額40,500円です。
このツールの特徴には、ユーザーに合わせた訴求で的確に誘導を行う・アクセス解析にかかる手間を減らせる・新しいウェブページ政策の工数を削減するなどが挙げられます。
ユーザーの属性をはじめ、行動履歴や閲覧状況に合わせて、複数のコンテンツを差し替え、コンバージョン率により効果が高いものに最適化を行うため、既存のウェブページにタグを挿入するだけで表示切替ができる、新しいランディングページの制作がいらないメリットがあります。

アドインサイト

ツール名はアドインサイト・会社名は非公開企業、料金は月間表示回数に応じた従量課金制です。
当ツールはマーケティングクラウド型のLPOツールで、ABテストサービスを活用することで、ユーザの属性および行動履歴に応じてウェブコンテンツの表示を変えてくれます。
ソーシャルネットワークでの行動履歴でカテゴリーわけが可能、スケジュール機能で表示を変えることができる・サイト内すべてのページで運用可能などの特徴を持ちます。

オプティマイズリー

ツール名はオプティマイズリー・会社名はOptimizely、料金は問い合わせのうえ見積もりが必要です。
こちらのツールの利用者の口コミには専門的な知識がまったくなくても導入ができた、時間をかけることなくサイト変更ができる、お試し期間があるのも良いなどがあり、使いやすく強力なA/B テストおよび多変量テスト、複数ページテストが可能です。

LPO(ランディングページ最適化)について体系的に学びたい人へおすすめ書籍(本)5選

現役LPO会社社長から学ぶコンバージョンを獲るランディングページ

「現役LPO会社社長から学ぶコンバージョンを獲るランディングページ」のタイトルの著者は相原祐樹さん、出版社はソーテック社、概要はネットの売上と反響を劇的にアップさせるテクニックです。
この書籍の中では、いかに短時間でストーリー仕立てにしてメリットを伝えるのか、ペルソナ設計を行うこと、そして喚起からクロージングの順に展開を行い、損をしないことを説明して警戒を解く、買うことについての理由を事例を交えて説明しながら、感情にも訴求することがランディングページには必要だと言っています。

できるところからスタートするコンバージョンアップの手法99

タイトルは「できるところからスタートするコンバージョンアップの手法99」、出版社はエムディエヌコーポレーション、著者は栄前田勝太郎さん・岸正也さん・敷田憲司さん、他2名です。
この本の概要は、予算・時間・人手がなくても小さな改善から初めてみよう、このような内容になっているもので、実践的ではないけれども入門書としては最適などの口コミがあります。

ランディングページ・デザインメソッドWEB制作のプロが教えるLPの考え方、設計、コーディング、コンテンツ制作ガイド

タイトルが「ランディングページ・デザインメソッドWEB制作のプロが教えるLPの考え方、設計、コーディング、コンテンツ制作ガイド」の書籍は、出版社がエムディエヌコーポレーションで著者は株式会社ポストスケイプです。
この本の第1章では、ランディングページそのものの目的や考え方、役割や今後の可能性などの概要が説明してあり、初心者でも読みやすい、理解しやすい構成になっているおすすめの1冊です。

ランディングページ・成果を上げる100のメソッド

タイトルが「ランディングページ・成果を上げる100のメソッド」の書籍は、出版社がエムディエヌコーポレーションで著者は株式会社ポストスケイプです。
この書籍の主な概要は、インターネット広告の基本的な考え方、ランディングページを作るときの構成やデザイン、これらの工程での注意点のポイントを抑えて紹介が行われています。
書籍名にもあるように100の方法についての解説が行われているので、いろいろなやり方があることを把握できるようになります。

ランディングページの教科書・売上をガンガンあげるWeb制作8つのコツ

タイトルが「ランディングページの教科書・売上をガンガンあげるWeb制作8つのコツ」の書籍の著者は、あびるやすみつさんで、この人物は誰もが認めるアフィリエイター業界の第一人者とも言われています。
出版社は秀和システムで、本の概要はクライアントの売上をアップできるサイト作りができるようになれば、依頼が増えると同時にギャラもアップする、そのための秘訣をわかりやすく解説しているおすすめの書籍です。

今すぐ「売上が2倍以上」に!70億円を儲けた「売上アップシート」を配付中

マーケティングマスターシート&売れる仕組み動画イメージ最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございます。
当サイトの読者様限定で、国内外で7社を経営し70億円以上を売り上げた横山が、今も現役で使用している「売上アップシート」をプレゼント中です!

【プレゼントの内容】

  • 売上アップシート&使い方解説動画
  • 売上アップシートを使う前に知っておくべき「売上アップに導く方程式」の解説動画
  • 売上アップでネックになりがちな〇〇をいとも簡単に突破する方法の解説動画
受け取り方法

メールアドレスを入力し、ボタンをクリックしてプレゼントをメールで受け取ってください。

10秒以内にお届けします。

※上記メールアドレスに、プレゼントのダウンロードURLを記載したメールが届きます。弊社の無料メールマガジンはいつでも解約できます。個人情報はSSL化により暗号化されており、プライバシーポリシーに基づき厳正に管理されます。

今すぐ売上を2倍にアップしませんか?

7社経営、70億円稼いだ横山から
今すぐ使える売上アップシート&動画講座
を無料プレゼント中!

メールアドレスを入力(必須)

10秒以内にお届けします。