ビジネスハック

zoomエラーコード「3003 会議の主催者ではありません」と出る原因と対策は?

Zoom会議に参加しようとして、送られてきた招待リンクをクリックした時に、「会議の主催者ではありません。(エラーコード:3003)」と表示されることがあります。
これは、会議の主催者(ホスト)が、自分以外の人にも主催者(ホスト)、つまり共同主催者(共同ホスト)になってもらう手続きをしたときに起こります。

zoomエラー「3003(会議の主催者ではありません)」の対処法

このエラー解決はとても簡単です。
まず、送られてきたリンクをチェックしましょう。

https://iu.zoom.us/meeting/(※ここに会議番号)

このようなリンクの、
/meeting/

/j/
に書き換えて、アクセスすれば3003エラーは解消します。
最終的には、先ほどのリンクは、以下のようになります。
https://iu.zoom.us/j/(※ここに会議番号)

(参考:Seeing Zoom error 3003 “not meeting host” message? This is why it happens|DIGI HELPDESK

あなたが主催者で、共同ホストや代替ホストを設定したい場合

もしあなたが主催者(ホスト)で、参加者にもホストになってもらいたい場合は、以下の記事が参考になります。

会議の主催者と共同主催者のコントロール|Zoomヘルプセンター
共同ホストの有効化と参加者を共同ホストにする方法|日商エレクトロニクス株式会社

今すぐ「売上が2倍以上」に! 100億円を儲けた「売上アップシート」を配付中

マーケティングマスターシート&売れる仕組み動画イメージ最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございます。
当サイトの読者様限定で、国内外で6社を経営し100億円以上を売り上げた横山が、今も現役で使用している「売上アップシート」をプレゼント中です!

【プレゼントの内容】
  • 売上アップシート&使い方解説動画
  • 売上アップシートを使う前に知っておくべき「売上アップに導く方程式」の解説動画
  • 売上アップでネックになりがちな〇〇をいとも簡単に突破する方法の解説動画

受け取り方法
メールアドレスを入力し、ボタンをクリックして
プレゼントをメールで受け取ってください。

10秒以内にお届けします。

※上記メールアドレスに、プレゼントのダウンロードURLを記載したメールが届きます。弊社の無料メールマガジンはいつでも解約できます。個人情報はSSL化により暗号化されており、プライバシーポリシーに基づき厳正に管理されます。