マーケティング

ブルーオーシャン戦略の事例を知ってひとりがちする方法を解説

「ライバル企業が増えて利益が少なくなってしまった。どうすればいいのだろうか…」
市場が成熟し参入企業が増えていくと自社の利益率は低くなり、成長率も減少してしまいます。
ですがブルーオーシャン戦略を知ることで問題は解決するでしょう。
実際に多くの企業がブルーオーシャン戦略を使用し、他社と差別化を図ることで大きな利益を獲得できる事例はたくさんあります。

もし自社の利益率が低くなってしまい、頭を悩ましている方がいたら是非この記事を読んでください。
きっと今までの悩みはたちどころに解消されることでしょう。

ブルーオーシャン戦略とは?

ブルーオーシャン戦略とは現在戦っている市場で戦うのではなく、まだ競争者がいない市場で事業展開をするというものです。
2004年、W・チャン・キムとレネ・モボルニュの二人によって『ハーバード・ビジネス・レビュー』の論文で発表されたビジネス理論で、2005年には日本でも『ブルーオーシャン戦略』が販売され話題になりました。

ブルーオーシャンとレッドオーシャンの違い

ブルーオーシャンとは未開拓で無限の可能性を秘めた市場のことを『ブルーオーシャン』。そして既存の市場で多くの企業が参入している市場を『レッドオーシャン』と呼んでいます。

W・チャン・キムとレネ・モボルニュの二人は、ブルーオーシャンは広くて誰もいない海というイメージ。またレッドオーシャンは多くの企業が血みどろの戦いを繰り広げているイメージから名づけたとされています。

戦略キャンバス(strategy canvas)を使ってブルーオーシャンを見つける

未開拓の市場であるブルーオーシャンを探すのに必要なツールが戦略キャンバスです。
戦略キャンバスを使うことで自社とライバル企業や業界平均を比較することができます。

戦略キャンバスは縦軸が顧客からみた価値。つまり価格やサービスのレベルです。横軸には業界の競争要因、どのようなサービスがあるか折れ線グラフを使用します。
縦軸の顧客からみた価値と横軸の業界の競争要因とはどのようなものかを例に出していきます
例えばA社が販売しているゲームがどのようなものかを戦略キャンバスを使用すると以下のようになります。
横軸にはキャラクターやゲームのストーリーや音楽などです。
縦軸にはキャラクターやゲームストーリー、音楽などの高低を表します。

つまり戦略キャンバスを使うことで、現在の市場の現況や他社がどのようなサービスに力を入れているかなどが分かります。

6つのパスを使ってブルーオーシャンを見つける

ブルーオーシャン市場を作るためには既存の商品やサービスのままではいけません。
今までにはなかった商品やサービスを開発について考える方法として6つのパスというものがあります。
6つのパスを使うことで新しい商品やサービスを開発しやすくなるでしょう。

代替品や代替業界を探す

代替品や代替業界とは別のジャンルの商品やサービスですが、ニーズが同じ業界のことをいいます。
例えば昔は行っていませんでしたが、ファミレスでもお酒が呑めるようになりました。
逆に居酒屋でも今では、おつまみのような酒の肴になるようなものだけではなく、家族連れが行けるようなメニューも多くなっています。

このように今まで他の業界では当たり前だった、サービスを自分の市場に取り入れるというのが代替品や代替業界を探すということです。

同業界の別戦略会社を広く観察する

同業界というのは、ラーメン屋ならラーメン屋に、寿司屋なら寿司屋にといった同じ業界のことをいいます。
同業者であってもどのような経営戦略で店を経営しているかは様々です。
他店を観察し調査することで自分の店に何が必要か、客層や商品の品質、サービスの質など様々な違いが分かってくるでしょう。

ターゲット層を見直す

現在のターゲット層を見極めた腕上で、今まで見過ごしていたターゲット層を注目することです。
なぜならば、新しいターゲット層を見直すことで新たな需要を掘り起こすことができるから。
例えばターゲット層を社会人の女性だったしていたものを、十代の若い女性にもターゲット層を広げてみるといった形です。
ターゲット層を見直すことで新しい商品やサービス開発のきっかけにもなるでしょう。

今の商品と関連・補完するサービスにも着目してみる

多くの商品は一つでは機能することはなく、2つ以上のものを足すことで商品やサービスが成立しています。
なぜならDVDを見ようとしてもDVDプレイヤーだけでDVDを見ることはできないし、DVDのソフトだけをあったとしいても、DVDプレイヤーがなかったらDVDを見ることはできません。
DVD以外にもインターネットをしようとする場合には、パソコンやスマートフォンだけが必要なだけではなく通信会社とも契約をしなければなりません。またウイルスソフトなども必要でしょう。

このようにある商品やサービスから、顧客がどのような商品やサービスを必要としているかをリサーチするのが重要です。

業界全体の価値観を見直してみる

価値観を見直すというのは、価値を変更すると思ってもらうとスッキリするかもしれません。
飲食業会や医療業界など様々な業界がありますが、「この業界の○○ならこれくらいだろ」みたいなものが良くも悪くも浸透しています。
例えば『常識を打ち破った価格破壊』というのもありますが、まさしく業界の価値観を見直した結果ということでしょう。
それまで高級志向だった業界でもリーズナブルな商品を提供できるような企業が現れたらまさしくそれは業界全体の価値観の見直しということになります。

時代の流れを汲み取り、将来を先取りする

未来を予測し、次にくるであろう商品やサービスを考えるというものです。
まだ誰も手を付けていない市場を予測し、参入すればまさしくブルーオーシャン市場を独占することができるでしょう。
ここ数年で将来を先取りし、非常に大きな利益を得ることができた市場が仮想通貨市場です。
当時、100円にもなってなかったビットコインを大量に購入し、多大な利益を得ることができた人は世界中で意外に多くいます。
世の中の人が誰も注目していないうちから、先取りをすることはブルーオーシャンへの近道になります。

ブルーオーシャン戦略のメリット・デメリット

次にブルーオーシャン戦略を実行するにあたってのメリットとデメリットを紹介していきます。

ブルーオーシャン戦略のメリット

ブルーオーシャン戦略は競争が激しい業界から離れ新市場を作り出すことができる戦略です。
また莫大なコストや膨大な時間が必要というわけではありません。基本的には自分で調査をして自分の頭で考えるということがブルーオーシャン戦略です。

例えば『ターゲット層を見直す』ということも、周囲と違ったことをするということを考えなければならない代わりに、大きなコストをかける必要がないという大きなメリットがります。
ブルーオーシャン戦略のメリットは他とは違う差別化の戦略を用いることで、低コストで新しい市場を作り出し大きな利益を得ることが可能です。

ブルーオーシャン戦略のデメリット

ブルーオーシャン戦略のデメリットはすぐに真似をされてしまうということです。
『ブルーオーシャン戦略』の本の9勝には『すぐに真似をされてしまう』と記されています。
仮に新しい商品やサービスを作ったとしても、安穏とせずに購買層や業界の調査など周りが行っていないことをしなければなりません。 

ブルーオーシャン戦略のデメリットは、常に先手先手で新しいことを考えなければならないという点でしょう。

ブルーオーシャン戦略で成功した事例を紹介

ブルーオーシャン戦略を使用して成功した企業は非常に多いです。
その中で特に有名な企業を紹介していきます。

シルク・ドゥ・ソレイユ

シルク・ドゥ・ソレイユはそれまで子供向けだったサーカスを大人向けのものにしたことです。
従来の子供向けのパフォーマンスや象などの動物を取り扱うのを止め、芸術性やストーリー性を重視しました。
結果として設立から20年前後で、当時サーカス会で最も有名だったリングリングブラザーズというサーカス団体と同じ収入を得ることに成功しました。

ユニクロ

ユニクロが世界的に有名になったきっかけになったのが『フリース』です。
軽量で保温性が高く、コートのように軽く価格もリーズナブルということで非常に話題になりました。
当時まだ人件費と物価の安かった中国にいち早く進出し工場を作ったことで、価格が安価にも関わらず高機能なアパレルを製品化し商品を売り出すことに成功しました。

任天堂

任天堂には『wii(ウィー)』というゲーム機があるのを知っている方も多いでしょう。
このwiiというゲーム機はそれまで子供向けだったゲーム機を様々な世代でもプレイできる世代に広げたことで大ヒットを記録。
結果従業員一人当たり1億2000万円もの純利益を出しました。
Wiiというゲーム機を開発したスタッフはブルーオーシャン戦略の本を読みこみwiiを開発したことでも知られています。

Amazon

世界のネット小売業のガリバー的な存在がAmazonです。
背景にあるのは創業当時からライバルを模倣しないで、徹底したカスタマーフォーカス(お客様第一主義)です。
徹底したカスタマーフォーカスは、幹部社員が入社し一か月もすると創造するほどの徹底ぶりだと驚愕するほどだといいます。

吉野家

今の牛丼屋の元祖をつくったパイオニア的な存在が吉野家でしょう
今では当たり前ですが、『早い』、『安い』、『うまい』というファーストとしての3つの価値をつくったのが吉野家です。
ただ、現在の牛丼業界は松屋やすき屋の三つ巴となっています。

ブルーオーシャン戦略をもっと知りたいなら書籍がオススメ

ブルーオーシャン戦略について書いている本はいくつかありますが、その中でもおススメな本を紹介していきます。

【新版】ブルーオーシャン戦略――競争のない世界を創造する

ブルー・オーシャン戦略新版 競争のない世界を創造する (Harvard Business Review Press) [ W.チャン・キム ]

2005年に販売されたものに読者から寄せられた疑問を加筆訂正し、「ブルーオーシャン戦略を刷新する」と「レッドオーシャンの罠を避ける」を追加したものです。

ブルーオーシャンシフト

ブルー・オーシャン・シフト 新たな成長機会を掴むステップ [ W・チャン・キム ]

W・チャン・キム、レネ・モボルニュの二人がブルーオーシャンプロジェクトの成功と失敗を比較、分析しブルーオーシャン戦略をより具体的な手順と体系的なプロセスをまとめた著書です。

【無料】Web集客でお困りではありませんか?

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございます。

当サイト運営のCatch the Web Asiaは、Webマーケティング会社です。
設立からたった10年で70億円以上を売り上げることができました。
今、このサイトの読者様に特別プレゼントを配布中です!

マーケティングマスターシート2019
Webマーケティングを行うときに必要な具体的な作業内容を、ひとつのシートにまとめました。
あなたの会社に必要な、web集客「次の一手」が一目でわかります!
Webマーケティングで成功するためのポイント解説セミナー動画
Catch the Web Asia代表・横山が行うオンラインセミナーを収録。
売上アップのための“ある根本的な考え方”からスタートし、Webマーケティングに欠かせない4つのポイントを解説。
最後にもっとも大切な「●●力」を身につける方法を伝授します!

当社が10年間で70億円を売り上げた秘訣がギュッと詰まっているので、興味がある方はぜひチェックしてみてくださいね。

※完全無料で追加課金はありません。