マーケティング理論

個人事業主・自営業者に必要なブランディングとは?方法(やり方)や成功事例を紹介

ブランディングとは?個人事業主や自営業者ほどブランディングが今後ますます重要になる理由は?

ブランディングとは区別すること

ブランディングとは会社や商品に一定のイメージを与えることで、他の会社や商品との差別化を図ることです。
さらに、ブランディング戦略とはブランディングを成功させるための作戦のことを指します。

すなわちブランディングするためには戦略が必要で、正しい戦略によってしかブランディングは成功しないのです。

ブランディングは「商品を別の商品から区別する」とも言えます。

この区別のために、ブランディングではデザインやシンボルマークで特徴をつくり、名称や商標を登録して真似のできないようにし、キャッチフレーズを交えて顧客に浸透させます。
商品を別の商品から区別することは簡単ではありません。
商品はそれを構成する一般的な要素以外に、イメージ戦略が必要となります。

ブランディングは個人事業者や自営業者にこそ必要

ブランディングが必要なのは大企業だけではありません。
むしろ、営業で人海戦術が使えない個人事業者や自営業者にこと必要となるのです。

商品がブランディングされることで、特別な営業をすることなく販売することができるようになります。

BtoCの商品は当然のことながらブランディングが必要ですが、BtoBの個人事業主や自営業者も挑戦することが望まれるのです。
それは、ブランディングが集客や販売に効果を発揮し、宣伝やPRといった局面で活動が有利に展開できるからです。

個人事業者や自営業者は一人でなんでも行わなければなりません。
集客や販売、宣伝やPRに専門の人材が割けないこともあるでしょう。

そんな場合にブランディングされた商品があれば、それだけで市場を開拓してくれるのです。
大きな企業でもブランディングされた商品は集客や販促、宣伝やPRといった局面でアドバンスを得ますが、個人事業者や自営業者ならばなおさらでしょう。

ブランディング成功の方法はひとつではない!個人でもトライすることが重要

ブランディングは一度確立に成功すれば、魔法の杖を手にしたと同じことが言えます。
それを確立する方法は簡単ではなく、競合相手も多くなります。
しかし、一旦確立した時のアドバンスを考えれば、やってみない手はないのです。
ブランディングは集客や販促、宣伝やPRといった局面で効果が発揮できるので、そのことを省いて他の部分に資源を集中できることも魅力です。

するまでの方法はいくつかあり、一つの方法で縛る必要はありません。
大手の会社が必ずしもブランディングで成功するとは限らず、個人事業者や自営業者だからできないということもないのです。

ブランディングの方法は明快!フレームワークでしっかり説明します

ブランディングの方法は一つではなく、様々な方法が考えられています。
その方法は決まっているわけではなく、新たな方法を考えることもできるのです。

ブランディングは単に行動してもうまくはいかず、一定の戦略が必要となります。
戦略なしには成功せず、戦略の良し悪しで成功が決まると言っても過言ではありません。

ブランディング成功の秘訣は、フレームワークを利用すること

成功するための戦略では、フレームワークを利用することが考えられます。
ブランディング戦略は複雑で難しいので、ツールに助けてもらうと考えても良いでしょう。
複雑なブランディングの戦略をフレームワークを活用してロジックで整理し、実践的なブランディング戦略を導き出すのが成功の秘訣です。

ブランンディングに使えるフレームワーク・ツール

利用できるフレームワークには3C分析やポジショニングマップの作成、セグメンテーションなどがあります。
他にもブランディングを成功させるツールは存在するので、間口を狭くする必要はありません。

3C分析

3C分析はCompany・Customer・Competitorの3つのプレーヤーを分析することで、狙うべき市場を発見するためのフレームワークです。
ブランディングは顧客に対してだけ気を使えばよいと考えられがちですが、そうではありません。
競合に相乗りされない独自性が必要ですし、自社の内部を納得させなければなりません。
実は自社の内部を納得させるのが最も大変な仕事となるのです。
自社を一つのデザインやシンボルマークに押し込んでしまう行為を簡単に納得してもらうのは難しいこととなります。
社内の意見の集約のないイメージは実現の見込みがありません。

ポジショニングマップ作成

ポジショニングマップの作成は市場における自社の立ち位置を明確にすることです。
どの会社もこれが意外とできてなく、確立されてはいないのです。
会社のポジショニングができないのに商品のポジショニングができるはずはありません。
初めに会社のポジショニングを確立することがどうしても必要なのです。

セグメンテーション

セグメンテーションとはセグメントという固まりに分けることで市場の細分化をします。
それにより、競合が参入できない領域が実際の市場のどの部分かをセグメントという市場の細分化により明確とするのです。
それにはブランド構築では3C分析により顧客のニーズを満たすことが大切となります。


フレームワークを用いたブランディング戦略が間違っていなければ、イメージを確立する可能性が見えてくるのです。
そこまでできれば、あとは実行により独自のブランドを確立するだけとなります。

ブランディングとマーケティングの違いがわかると、ブランディングの理解が深まります

企業の目的は物やサービスの販売ですが、そのためには広告やPRが必要です。

それらは販売や営業の分野となり、営業マンが地道に売り歩くことがこれまでのメインとなっていました。
特に顧客が会社の近くであれば、物やサービスを売るのは営業マンの活動だけで十分の場合もあります。

顧客が店まで来てくれる飲食店ではそれさえも要らず、入り口にメニューが掲げてあれば済むのです。

一方、物やサービスを売るのが会社から遠い場所や遠い海外である場合は、営業マンの活動活動だけでは足りなくなります。
ブランディングやマーケティングはそもそも、営業マンが売り歩くには販路が広範囲なアメリカ大陸で開発されたものなのです。

その仕組みがあれば、極端な話、営業マンが売り歩かなくても物やサービスが売れることになります。

ブランディングがマーケティングと異なることはその分野の専門家には自明です。

マーケティングは広い意味で商品が売れる仕組みをつくることです。
それに対してブランディングは会社や商品のイメージを良くすることです。

この二つの仕組みにより、広いアメリカの国土において、営業マン無しで商品を存分に売ることが可能となりました。

マーケティング

マーケティングは営業マンの利用を一部に留めて商品を販売する仕組みです。
その中にはターゲットを設定して会社の資源をそこに集中したり、web広告などの宣伝方法を考えたりすることが含まれます。
初めての顧客を獲得するだけで留まらず、リピート客の獲得を目指す仕組みづくりもマーケティングの一つなのです。

ブランディング

一方、ブランディングが目指すものは会社や商品のイメージ戦略です。
会社がブランドとしてターゲットへ定着していれば、他社との差別化が図れます。
商品がブランドとして定着していれば、宣伝費をかけなくても消費者が買ってくれるでしょう。
その仕組みは遠隔の地においても十分威力を発揮し、一度システムを構築することで長期間商品が売れ続けることとなるのです。


両者は混同しやすい概念と言えますが、両者の目的や意義を理解することで容易に区別が可能となります。
むしろ、それらは日本の伝統的な営業分野と競合することになるのです。

どちらが良いということではなく、それぞれが生まれた背景が異なることに注意が必要となります。
特に遠方や海外へ商品を売る目的がない場合は無理に新しい概念を取り入れる必要はありませんが。
ブランディングを上手に取り入れることで、国内ばかりでなく海外の市場も視野へ入ってくるのです。

参考にしたい!ブランディングに成功した会社の成功事例5選

ブランディングは成功事例を学ぶことで一層理解が深まります。
成功した企業名をだすことはできませんが、ここにあるのは実際にあった実例です。

大手自動車メーカー

日本のある大手自動車メーカーは一時期売り上げが低迷し、危機的な状況に追い込まれたことがあります。
その事態を打開したのは、コアの顧客に絞った商品開発です。
そのことで、こだわりを求めるならこの会社と言うブランディングが確立しました。
大手自動車メーカーでも危機対応には一定のブランドイメージが効果的なことをこの例は示しています。

タオルメーカー

あるタオルメーカーは海外の低価格商品に押されて業績が悪化しました。
その状況を打開したのが安心で安全で高品質を追求することによるブランディングです。
これまでの伝統的な柄を排除し、純白なイメージに統一したことが競合他社との差別化につながったのです。
爽快感や清潔感で気持ちまでポジティブになることをイメージしたブランディングで成功した会社があります。

ボディローションの会社

全身ローションの会社はローションは海水浴後の使用をメインに考えられていましたが、一時期業績が低迷しました。
そこで若年層のターゲットを絞ってブランディングした結果、業績が伸びた例があります。
タオルやローションの実例は大企業のものではありません。
個人事業主や自営業者でもブランディングが可能なことをこれらの実例は示してくれているのです。

飲料品メーカー

ある飲料品メーカーは男性が飲む栄養ドリンクは女子にも需要があると考え、エナジードリンクの分野を開拓しました。
さすがに女子は男性と同じような栄養ドリンクを飲むことには抵抗があります。
しかし、もっとオシャレでエネルギーの補給ができる飲料があっても良いのではと考え、エナジードリンクの領域をつくったのです。

賃貸住宅事業者

ブランディングは不動産の領域でも効果を発揮しました。
ある賃貸住宅事業者は家具・家電・ベッドなどを所有しなくても、入居した日から生活が困らないような物件をつくりました。
このような物件は他にないことから、たちまち独立したブランドとして認められることとなりました。
ブランディングイメージが無いまま賃貸に出されたとしたら、はたしてヒットしたかどうかはわかりません。
この会社はその後長く、同業者を寄せ付けないオリジナルのイメージを保ち続けているのです。


以上の実例はほんのわずかの例ですが、その印象は鮮明として残ります。
一旦グランドイメージが確立してしまえは、商品として他社に圧倒的なアドバンスを発揮できるのです。

ブランディングをもっと体系的に学びたい人にオススメの書籍5選

「企業を高めるブランド戦略」(講談社)

ブランディングの実践はアメリカによって行われ、「企業を高めるブランド戦略」(講談社)はブランドって何かをわかりやすく解説しています。
強いブランドの構築と維持やブランドマネジメント方法は難しい理論を抜きに説明が行われているのです。
事例も網羅され、一冊でブランディングの概要を知ることが可能となります。
厚い本ではなく、新書なので求めやすい本です。

「グローバル企業に学ぶブランドマーケティング」(SIC)

「グローバル企業に学ぶブランドマーケティング」(SIC)はグローバル企業の方法論から学ぶたまのものです。
著者はグローバル企業で経験を積んでいるので、その視点は実戦的なのです。
消費者調査や流通管理といったブランド構築のポイントが90の項目に整理されて解説してあり理解が進みます。

「奈落の底からはい上がるブランド再生ストーリー」(宣伝会議)

「奈落の底からはい上がるブランド再生ストーリー」(宣伝会議)は架空の生活用品メーカーを中心として話が進められ、窮地からの物語がストーリー仕立てで表現されているので飽きません。
ブランディングのステップが物語風に展開されているので、理論だけではなく実践の方法論としてリアリティを伴ってイメージできます。

「ブランド戦略全書」(有斐閣)

「ブランド戦略全書」(有斐閣)は、ブランド戦略の全体像を研究者と実務家に分けて、多面的にまとめられたブランディングの戦略本です。
入門編ではなく一定の経験者向けに書かれた実践的なものなので、責任を持つ実務家には打って付けの書籍となります。

「本当のブランド理念について語ろう」(CCCメディアハウス)

本当のブランド理念について語ろう」(CCCメディアハウス)は、組織内の敵について「社会」と「組織」という視点から解説されています。
組織の実践的な動かし方が解説してあるブランディング本として貴重なものです。
ブランディングをもっと体系的に学びたい人は入門書を卒業した時点で本格的な理論書へと向かうこととなります。

デビッド・アーカーが執筆する一連の書籍

また、ブランディングに携わる実務家にとって欠かせないのがデビッド・アーカーが執筆する一連の書籍です。
理論的で専門的な同氏の書籍は内容も難しいものです。
価格も高額なものが多く、手が出しにくい面もあります。
しかし、専門家として実務に携わる場合は、この世界の古典とでもいえる同氏の書籍は欠かせません。

さらにブランディングはSNSを活用したものがかなりの割合を占めるようになりました。
SNSでどのような活用ができるかは、新たな分野として注目されます。
この分野の新刊書は多く、その数は膨大です。
さらにネット内のテキスト情報も多く、有益なものも限りなく存在するのです。
このような情報環境では、自らがぶれない軸を持つことで、役に立つ情報を入手することが可能となります。
ぜひ、個人事業主や自営業、零細企業の経営者もブランディングを活用してみてくださいね。

今すぐ「売上が2倍以上」に!70億円を儲けた「売上アップシート」を配付中

マーケティングマスターシート&売れる仕組み動画イメージ最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございます。
当サイトの読者様限定で、国内外で7社を経営し70億円以上を売り上げた横山が、今も現役で使用している「売上アップシート」をプレゼント中です!

【プレゼントの内容】

  • 売上アップシート&使い方解説動画
  • 売上アップシートを使う前に知っておくべき「売上アップに導く方程式」の解説動画
  • 売上アップでネックになりがちな〇〇をいとも簡単に突破する方法の解説動画
受け取り方法

メールアドレスを入力し、ボタンをクリックしてプレゼントをメールで受け取ってください。

10秒以内にお届けします。

※上記メールアドレスに、プレゼントのダウンロードURLを記載したメールが届きます。弊社の無料メールマガジンはいつでも解約できます。個人情報はSSL化により暗号化されており、プライバシーポリシーに基づき厳正に管理されます。

【無料】で売上を2倍にしませんか?


マーケティング思考を鍛える
売上アップ動画講座を無料配信中!今なら売上アップシートもプレゼント。

詳細を見る

10秒以内にお届けします。