マーケティング

プロダクトローンチとは?具体的な手法とメリット・デメリットまとめ

「商品を瞬間的に一気に売り上げる方法があればなあ……」
企業を経営している多くの方は、商品が短時間で爆発的に売れるなんていうことはない。とお思いの方が多いはず。
実はプロダクトローンチというマーケティング手法を使うことで、短時間で爆発的に商品が売れることも可能なのです。
実際24時間で5億円の売り上げを記録したという記録もあります。
この記事ではプロダクトローンチとはどのようなものか、プロダクトローンチのメリットとデメリット。そして具体的な手法を紹介していきます。
記事を読み終える頃にはプロダクトローンチをビジネスに活用することができるようになっているでしょう。

プロダクトローンチとは販売手法のひとつ

プロダクトローンチを日本語で訳すとプロダクトが商品。ローンチが打ち上げるなどの意味になりますので、直訳すると商品を打ち上げるとなります。
つまり、意訳するとプロダクトローンチとは、冒頭でも書きましたが商品を爆発的に売ることができる手段です。

プロダクトローンチの有名人はジェフ・ウォーカー

プロダクトローンチの生みの親がジェフ・ウォーカーという現在アメリカでもトップクラスのマーケッターです。

今ではマーケッターとして盤石の地位を築いていたジェフ・ウォーカーですが、元々は専業主夫として奥さんのサポートをしていました。
会社勤めができない彼はいつも帰宅の遅い奥さんを見て、自分でビジネスを興そうとし考えたのがプロダクトローンチです。

結果ジェフ・ウォーカーは19人のリストからスタートし、発売日の翌日には日本円で16万円の収入をあげることができました。

プロダクトローンチフォーミュラについて

ジェフ・ウォーカーがインターネットで爆発的に集客する方法としてリリースし、まとめたものが、プロダクトローンチフォーミュラです。
プロダクトローンチの内容は無償で商品を提供していき、客の期待値が高まったところで有料商品の販売を行うという手法となっています。

プロダクトローンチはネットビジネスだけではなく様々なビジネスに応用することができるといわれています。

例えば不動産投資案件やマーケティングなどです。プロダクトローンチの教材であるプロダクトローンチフォーミュラをインターネット上で売り出したところ、3日で6000万円を売り上げました。

プロダクトローンチの一般的な流れ

プロダクトローンチは心理学、脳科学の観点からみても非常に有用性があるとされています。
理由は人間の心理誘導の順にならっているからです。
以下がプロダクトローンチの大まかな流れになります。

  1. 見込み客を集める
  2. 価値を提供する
  3. 販売する

今までの販売法補と違うところはプロダクトローンチの場合、3の『販売する』が最後になっているというところです。
『販売する』というのが最後にあることで、商品を欲しくなってから初めて価格を発表し、お客の購買意欲を刺激されることになします。

大まかな流れが分かったところで、プロダクトローンチを具体的にどのようにするのかをステップ順に説明していきます。

1.見込み客を作る

将来的に自分が作ったサービスや商品を購入してくれる可能性がある人または法人のことをいいます。
前述したジェフ・ウォーカーで説明すると、最初の19人が見込み客リスト(メールアドレスなど)です。
見込み客を作ることで、自分が作ったサービスや商品に興味のある人に向けて宣伝をすることができます。
多くの見込み客を作りには、自分のSNSの使用や第三者に協力してもらい、見込み客のリストを集めてもらうという主な方法です。

2-1.見込み客が欲しがるようなコンセプトの作成

見込み客の購買意欲を刺激するためには優れたコンセプトを作成しなければなりません。
商品を売るためには優れたプロダクトローンチによるコンセプトが重要です。
売れる商品というのは優れたコンセプトでもあります。

ウィダーinゼリーの商品コンセプトは『10秒チャージ2時間キープ』やダイソンの掃除機は『吸引力の落ちない掃除機』などです。

つまり見込み客は商品ではなく、コンセプトに期待をして商品を購入すると言ってよいでしょう。

2-2.無料とは思えないほどの商品やサービスの提供

見込み客から購買意欲をそそるためには、最初に無料で何かしらの商品やサービスを提供しなければなりません。
無料で提供することによって、商品やサービスに対する期待感を煽ることができるからです。
ただ無料だからといって商品やサービスが劣悪なものになってはいけません。見込み客の期待感を煽ることができなくなるからです。

例えばプロダクトローンチをよく行っているサービスや商品は、ゲームソフトがあります。
どのようなゲームソフトでも最初に主人公やヒロインを出していきます。
次にストーリーや登場人物など少しずつ小出しに、最後に価格と販売日が発表される仕組みです。

このように少しずつ良質な商品やサービスを無料で提供していくことによって、見込み客からの期待を高まらせることが可能です。

3.商品やサービスを販売

実際に商品やサービスを販売します。ある調査によると、メールアドレスを登録してくれた人でも多くの人が見ないというデーターがあるようです。
重要なのは自分が作った商品やサービスを購入することで、どのようなメリットがあるのかを説明することです。
そして商品が販売した後、商品を買ってくれた人へのフォローをする必要があります。
また商品を購入しなかった見込み客に対しても別のサービス、例えば本命製品の廉価版の販売を勧めるなどをしてください。

商品を買ってくれた人だけではなく、買ってくれなかった人に対してもフォローをする必要があります。

プロダクトローンチのメリットとデメリットを知っておこう

大きな収入を得ることができるという大きなメリットをもつプロダクトローンチですが、デメリットもあるので知っておく必要があります。

プロダクトローンチのメリット

プロダクトローンチにはがマーケティング手法として優れているポイントが3つあります。

短時間で大きな収入を得ることができる

プロダクトローンチ最大のメリットは短時間で莫大な金額を稼ぐことができるというものでしょう。
理由はそれなりに広告費をかける必要があるからなのですが、それでも3時間で4000万円の売上などの成功例がいくつもあるのがプロダクトローンチです。
プロダクトローンチは既存のマーケット手法では考えられないほどの短時間で売り上げを急増させることができます。

商品がなくても稼ぐことができる

起業したいと思っている方、または起業して間もないかたでも稼ぐことができるというメリットがプロダクトローンチにはあります。
理由は他人の商品をプロヂュースするという事業が可能です。
起業して間もない方の中には、プロダクトローンチを利用して稼いでいたという社長は意外に多いです。
確かに「他人の商品のプロデュースなんか……」と思う方も多いかもしれません。しかしもし成功したら成功報酬として莫大な報酬が手に入ります。また失敗してしまっても、将来自分で商品を作る際の経験にもなります。

プロダクトローンチには自分の商品がなくても、大きな利益を得るチャンスがあります。

強い売り込みをする必要がない

プロダクトローンチは特別な売り込みをしません。
それは前述したように、見込み客にだけ販売をするからです。
自分の興味のある商品やサービス、自分を信じてくれているお客はこちらが紹介する商品やサービスは非常に魅力的に見えてしまうでしょう。

必要な人に必要なものやサービスを売るのがプロダクトローンチです。

プロダクトローンチのデメリット

次にプロダクトローンチのデメリットのデメリットを書いていきます。プロダクトローンチのデメリットは2つです。

広告費がかかってしまう

成功すれば非常に大きいリターンが返ってくるプロダクトローンチですが、初期投資として広告費にお金がかかってしまいます。
理由は見込み客をつくるところです。
SNSなどを使って自分で見込み客を見つけるというのなら別ですが、メールアドレスの取得などかなりお金がかかってしまいます。
必要なのはどれくらい広告費を出せるのかということを、事前に決めておかないとといけません。

様々な人件費も必要

サイトを作る場合でも、ライターやデザイナーなど様々な人件費が必要となってきます。
自分一人でサイトを作るのも良いですが、慣れてないことを自分でするのは時間の無駄というもの。
実際、ライターやデザイナーなど専門的な方に任せたほうが、自分で作るよりもいいのが出来上がる可能性も高いです。
クラウドソーシング等を使ってデザイナーやライターを見つけるのも良いでしょう。

プロダクトローンチに必要なものを知っておこう

次にプロダクトローンチを行うのに必要なものを挙げていきます。

シナリオ

シナリオとはプロダクトローンチ全体のシナリオのことです。
プロダクトローンチは「興味をもってもらう」、「信頼してもらう」そして「購入してもらう」という順となっています。
しっかりとしたシナリオの作成はプロダクトローンチを行う上で重要なことです。

ステップメール(メルマガ)

申し込み日や初回購入日など、あらかじめ準備をしていた複数のメールをスケジュールに従って配信するものがステップメールです。

フロントエンド商品

日本語では集客商品といわれています。
比較的安価な商品を知ってもらい価値を感じてもらった後に本命の商品を買ってもらうというのがフロントエンド商品です。
ただプロダクトローンチの場合のフロントエンド商品は、有料でもおかしくないくらいのものを無料で配ることが必要です。

バックエンド商品

日本語では本命商品と訳されます。見込み客に最後に提示する商品です。
フロントエンド商品でお試しをしてもらってからバックエンド商品をかってもらうというのが理想のシナリオでしょう。

最近ではメールの代わりにLINE@やウェビナー(ウェブセミナー)も人気

今LINE@やウェビナー(ウェブセミナー)というのが人気なのをご存知でしょうか。プロダクトローンチを実行する際は使ってみると良いでしょう。
LINE@やウェビナーの2つを紹介していきます。

LINE@ならLINEステップの到達率が高い

LINE@はビジネス向けのLINEアカウントです。
ビジネス目的で1対複数のやり取りを目的として活用します。
LINE@は初期費用、月額費用ともに無料で使用できるプランもあります。

また2017年LINE@でメッセージを送る際、メルマガのステップメールと同じような配信方法で配信ができるサービスがLINEステップです。
LINEは2016年1月発表のデーターによると、メッセージ開封率はメルマガの20倍、メッセージおける成約率はメールの5倍とされています。

ウェビナーならメールよりも集中して見てもらいやすい

ウェブとセミナーを合わせた造語で、動画を使ったセミナーをインターネット上で実施することができるというものです。
講義や会社説明会など様々な用途に使えるだけではなく、マーケティングにも使うことができるツールとなっています。

プロダクトローンチについて学べる書籍「ザ・ローンチ」

最後にプロダクトローンチについて学べる書籍「ザ・ローンチ」の紹介です。

プロダクトローンチの生みの親であるジェフ・ウォーカーの著書です。
体系的に学ぶことができる内容になっているので、これからプロダクトローンチを学ぶ人にお勧めの一冊となっています。
「ザ・ローンチ」の詳細はこちら

今すぐ「売上が2倍以上」に!70億円を儲けた「売上アップシート」を配付中

マーケティングマスターシート&売れる仕組み動画イメージ最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございます。
当サイトの読者様限定で、国内外で7社を経営し70億円以上を売り上げた横山が、今も現役で使用している「売上アップシート」をプレゼント中です!

【プレゼントの内容】

  • 売上アップシート&使い方解説動画
  • 売上アップシートを使う前に知っておくべき「売上アップに導く方程式」の解説動画
  • 売上アップでネックになりがちな〇〇をいとも簡単に突破する方法の解説動画
受け取り方法

メールアドレスを入力し、ボタンをクリックしてプレゼントをメールで受け取ってください。

10秒以内にお届けします。

※上記メールアドレスに、プレゼントのダウンロードURLを記載したメールが届きます。弊社の無料メールマガジンはいつでも解約できます。個人情報はSSL化により暗号化されており、プライバシーポリシーに基づき厳正に管理されます。

今すぐ売上を2倍にアップしませんか?

7社経営、70億円を稼いだ横山が
今すぐ使える売上アップノウハウ
を教えます。
売上アップシート&動画講座
無料プレゼント中!

メールアドレスを入力(必須)

10秒以内にお届けします。