SNSマーケティング

これから動画マーケティングを始める人へ!成功事例と効果的な手法まとめ

動画マーケティングとは?

動画マーケティングは名前のように、動画を使ってマーケティング活動を行うことを意味します。
映像で視覚的に商品やサービスの魅力を伝えられますから、顧客の関心を引きやすく、認知度のアップ効果にも期待できます。
テキストのみのマーケティングとは違い、動画マーケティングは強力な説得力を持つメリットがあります。
僅か1分ほどの内容であっても、膨大な情報を分かりやすく伝えられるので、動画マーケティングは注目を集め、幅広く活用されているわけです。
メリットは他にも、動画配信サイトで興味を引きつけられたり、言語の選択次第で海外にも情報発信できる点が挙げられます。
マーケティングに動画を使用すると、テキストと比べて商品やサービスの理解が深まり、更に興味が強まる効果が発揮されます。
理解度が7割以上アップしたり、商品購入が6割以上高まるという統計もあるので、動画マーケティングの実力は高いといえます。
言葉では伝えにくい内容も、動画なら写真やイラストあるいは音声を交えて、多角的に伝えることが可能です。
BGMや効果音で雰囲気を演出することもできますし、ナレーションで説明を補足するのもありです。
情報の組み合わせの自由度が高く、人物が出演するスタイルにしたり、アニメーションや手描きで伝える方法も使えます。
しかし、非常に強力な効果を持つ動画マーケティングでも、やはり少なからずデメリットは存在します。
一番の大きなデメリットは、制作にコストが発生してしまうことで、人材がいなければそもそも制作自体が困難になります。
機材を揃えるだけでもコストが掛かるので、予算が限られる場合は挑戦に踏み切るハードルが上がります。
機材を用意して人材を確保しても、動画の撮影や編集には時間と手間が掛かるものです。
短い動画なら時間は節約できますが、そうなるとテキストとの差が縮まり、テキストだけで良いとなってしまいます。
編集が雑だと指摘されてしまいますし、ミスがあればツッコミが発生するのもデメリットの1つです。
ただ、リアルタイム性が求められる時はSNS、内容を理解度重視で簡潔に伝えたい場合は動画と、使い分けることでデメリットを抑えつつメリットが引き出せます。
コストと時間は必要ですが、外注ならクオリティを最重視して動画を作り上げることもできます。
選択肢が豊富で作り方の幅が広いですから、特定のスタイルに捕らわれなくても良いのは魅力です。
近年は、スマートフォンのカメラ画質が上がって編集環境も充実していますから、外出先で撮影してその場で編集することも可能となっています。

キャンペーン中

弊社代表・横山による「売上アップ動画セミナー」ほか限定公開中! 今すぐ無料で受け取る

動画マーケティングの具体的な方法

動画マーケティングに取り組むのであれば、効果測定を含めて改善したり、効果を高めるように継続する必要があります。
ターゲットを決めたらコンテンツの内容を考え、配信先を設定して実際に配信を始めます。
マーケティングにおいてターゲットは見込み顧客に設定することが多いですが、より明確にすることが必要です。
効果測定は動画マーケティングの結果を評価するもので、例えば再生回数は分かりやすい指標となります。
具体的にはKPIの設定が重要で、これが効果を測定する鍵を握ります。
KPI設定方法は、目標の再生回数や達成する方法など、具体的な中間目標と取り組み方を決めることです。
KPIは最終的なゴールではないので、その点は間違えないように気をつけましょう。
KPIを設定して動画配信を行い、効果測定結果が不十分であれば、問題点を分析していきます。
動画マーケティングでは、サムネイルの画像1つで容易に動画再生回数が上下します。
動画配信サービスの選定も同様に、コンテンツの内容とユーザー層がミスマッチなら、やはり結果は目に見えます。
既存の素材を利用する、これは素材集めや編集の労力を削減できる上に、異なる動画に一貫性を持たせる為のポイントです。
動画ごとにスタイルが大きく違い過ぎると、ユーザーは混乱して動画の効果が下がってしまいます。
ところが、ロゴやスタイルなどで一貫性を持たせれば、関連動画も見てもらいやすくなります。
動画のブランディングにも繋がるので、既存の素材を利用する考え方は正解です。
当然ですが、動画でただ伝えたいことを伝えるだけでは、Webサイトの訪問や成約などの成果には至りにくいです。
動画にリンクを貼って次のアクションを促す、このやり方を採り入れるだけで、ユーザーの購買意欲は上がりますし、興味を保ったままWebサイト訪問に繋げられます。
リンク先はホームページでもブログでも良いですし、ランディングページなどの商品ページにリンクするのもありです。
いずれにしても、動画を垂れ流すだけでは効果に期待できないので、必ず最後に次のアクションを促す要素を加えましょう。
勿論、一定期間ごとにKPIの効果測定をして、動画マーケティングや改善効果が現れているか要チェックです。
動画は配信して終わりではなく、問題点を把握したり改善を繰り返すことで、効果を高めていくことが肝心です。
配信の達成はゴールと違いますし、むしろスタート地点に立った状況ですから、そこを理解して取り組み始めることが大事です。

動画マーケティングの成功事例5つ!うまくいった理由と結果を説明します

ゲーム会社でお馴染みの任天堂は、ゲームの画面と映画を思わせる映像を組み合わせる動画で、マーケティングを成功させています。
これは現実味や没入感、感情移入を上手く活用した事例で、ソフトの売り上げを思わせる350万回以上の動画再生回数結果を記録しました。
約4ヶ月の期間で達成しているので、爆発的に注目が集まっただけでなく、継続的に視聴されたことが窺えます。
元々人気タイトルではありますが、それでも見せ方1つで大きな成果に繋がったのは確かです。

こちらもやや古い事例ですが、ロックバンドのワンオクと、エヴァの監督でお馴染みの庵野秀明とのコラボ動画は、約600万回の再生結果を残しています。
動画は車のCMで、より幅広い年齢層に響いたことが、圧倒的な再生回数に結びついたと考えられます。
出演者のチョイスと組み合わせにセンスが光りますが、アプローチしたいターゲットを明確にした上で作られていることも、無視できない注目点です。

ドイツの自動車メーカーメルセデス・ベンツは、世界的に人気なゲームキャラクター、マリオとコラボしたことで注目を集めました。
動画は実写で、マリオに扮する俳優がメルセデス・ベンツの車に乗り、ゲームのステージをモチーフにした場所を走るというものです。
ゲームの内容に由来する落ちも話題を呼びましたが、この事例はやはり、自動車メーカーでしかもドイツのメルセデス・ベンツが動画を制作した点が驚きです。
若い層に抵抗感が持たれていたメーカーですが、動画を配信することによって、若い層の来店を促す結果が出ています。

今では決して珍しくありませんが、ハウスクリーニングで知られるダスキンは、アニメ調のストーリー仕立てで問い合わせ件数のアップを実現しました。
内容は家族介護に関するもので、実写だとあまりにも生々しく、ユーザーに抵抗感を与えてしまうのがネックです。
アニメ調を採用した結果、生々しさがや和らいで、サービスの理解も促進できています。
表現の幅が広まったことも相まって、見事に成功した事例だといえるでしょう。

アーティストが多数在籍する音楽会社のエイベックスは、公式チャンネルを開設したり、ミュージックビデオを積極的に公開することで、大成功を収めた成功事例の1つです。
音楽CDの売り上げが低下していますが、エイベックスは音楽配信に軸足を移して動画マーケティングを始めています。
テレビや各種のメディアに登場するアーティストを活かし、気になる音楽をミュージックビデオで確認できるようにしたことで、話題が話題を呼び再生回数がアップしました。
チャンネル登録者数は約500万で、中には再生回数約2億回数の動画もあるほどです。

動画マーケティングを成功させるポイントは?

動画マーケティング成功の秘訣は、再生回数を増やす方向で工夫したり、話題性を高めていくことがポイントとなります。
コメントが話題を集めることもあるので、コメントをつけてもらう工夫も必要でしょう。
動画を提供する側の反応も再生回数に影響しますから、必要によっては反応するのも大切なことです。
基本的なことではありますが、コンセプトが明確で分かりやすい内容だと、再生回数は伸びてコメントも増える傾向です。
あまりに単純過ぎたり、子供っぽ過ぎるのは間違いですが、シンプルで明快だと短時間の動画でも話題を集めやすいといえます。
一見すると意味不明な内容でも、耳に残るフレーズやリズムの音楽を用いた動画は、SNSでのシェアを早期に確保します。
言葉が通じなくても動きで笑いが取れるように、動画マーケティングでも興味を引きつけたり、そこからエンゲージメントに結びつけられます。
再生回数やコメント、SNSでのシェアといった要素は、マーケティングにおいてエンゲージメント率と呼ばれます。
エンゲージメント率はユーザーの反応のことで、何らかのアクションがあればその度に上がります。
高いエンゲージメント率は、商品購入やサービス利用などの成果を期待させるので、特に注目度の高いマーケティング指標です。
見ると楽しい気持ちや幸せになれる、そういう動画は成功しやすいと思われます。
小さな子供の何気ない動画や、動物の可愛らしい仕草が人気を集めるのがその証拠です。
また、考えさせられる動画も時に再生回数が増えたり、コメントがついてそこから議論や共感に発展することもあります。
いずれにせよ、コンセプトにブレがあるとターゲット層は定まりにくく、エンゲージメント率が下げ止まる恐れが強まります。
誰に何をどのように伝えるか、それを明確にしてコンセプトを固めてから、具体的な動画制作に入るのが良いでしょう。
商品の動画なら使い方を紹介したり、意外なアイディアを実例で見せるのも1つのテクニックです。
サービスであれば、魅力やメリットが伝わりやすい内容にすることで、見てもらえたり何らかの効果が出る結果に至ります。
過去の成功事例から分かるのは、短時間でもユーザーの心を掴むことに成功しており、全体的に尺が短くコンパクトに纏められていることです。
宣伝のイメージを出し過ぎると、ユーザーは拒絶感を覚えて最後まで見るのをやめてしまいます。
商品やサービスの宣伝については、動画の最後に持ってくることで、宣伝目的を出し過ぎない動画マーケティング成功の道がひらけます。

動画マーケティングに使えるツール7選

会社名Avidが提供するメディアコンポーサーは、映画でお馴染みのハリウッドでも使われているツールです。
その特徴は本格的な動画編集機能で、無料版でもその優れた機能の一端を垣間見ることができます。
料金は通常版が月額税別2,800円からで、上位に5,900円からのアルティメット版もあります。
動画編集に携わっている人なら、ツール名を耳にすれば誰でも分かる定番中の定番です。

動画編集ツールといえば、ツール名PowerDirectorで知られる製品も人気です。
日本では2年連続でシェアNo1を獲得している実力派で、最上位版でも年間15,980円でフル機能が使えます。
会社名のCyberLinkは、動画再生ソフトでも有名ですから、動画に精通する企業の製品という安心感があります。

本格的に動画編集をするなら、写真の編集で定評のある、会社名Adobe社のツール名Premiereが狙い目です。
チュートリアルが充実で、使いたい機能を素早く呼び出せる特徴など、初心者でも使いやすい魅力が充実です。
料金は1ライセンスあたり税込19,224円で、機能性からすると非常にリーズナブルになっています。

ツール名RICHKAはカクテルメイク株式会社の製品で、動画マーケティングの内製化を目的として開発されました。
編集の知識がなくても動画を仕上げられるので、これから動画配信に挑戦したい場合におすすめです。
無料トライアルを始めとして、20本あたり月額10万円の料金プランが提供されています。

YouTube謹製のYouTubeアナリティクスは、動画再生結果を分析するのに役立つツールです。
対象の動画サイトはYouTubeに限定されるものの、無料で誰でも直ぐに使えるのが最大の特徴です。
チャンネルのパフォーマンスや視聴者層に収益状況も分かるので、覚えておいて損はないと思われます。

株式会社ユーザーローカルのソーシャルインサイトは、動画サイトからSNSまでカバーする製品です。
口コミやアカウントなど、多角的に分析できる上に、予約投稿機能で計画的な動画配信が行なえます。
料金は初期費用が5万円、月額利用料が5万円からと高めですが、本格的な動画マーケティングに役立つ内容です。

brightcoveは動画配信と分析を1本化できるツールで、次々に収益化の成果を出しているのが特徴だといえます。
大手企業も導入するほどの製品ですし、国内外で実績を積み重ねていますから、十分に検討してみる価値ありです。
端末の種類やプラットフォームの対応力が高く、高品質な動画を手軽に配信したり、結果を分析できる点が魅力的です。

【無料】売上&年収アップの動画講座を限定公開中

国内外7社経営・売上70億円の弊社代表・横山が、個人〜中小企業の経営者向けに、最新マーケティングノウハウを4本の動画にまとめました。
当社代表・横山が主催する経営者コミュニティ「YCS」でうまれた、最新のインターネット集客成功事例もこっそり共有します!

豪華4大プレゼントの内容は・・・?

  1. 売上アップのための動画講座
  2. (3種の神器その1)インターネット集客 最新成功事例2019
  3. (3種の神器その2)ヒット商品を生み出す魔法のテンプレート
  4. (3種の神器その3)売上最大化のためのセールスの本質を伝える徹底解説動画

このプレゼントでわかること!

  • 売上・利益アップを目指せる具体的な方法
  • 客単価アップの考え方
  • 右肩上がりに成長するビジネスモデルの作り方
  • 2019年最新版のインターネット集客ノウハウ
  • 売上を伸ばしつつ自由な時間を手に入れる「仕組み経営」の方法
  • モチベーション低下に悩まない方法
  • 自然と成功へ近づく環境を手に入れる方法
  • 無料でできるSNS集客手法
  • 弊社のビジネスコミュニティサービス「YCS(横山コンサルティングサービス)」の詳細 ・・・など
無料期間は2019年9月20日まで!

プレゼント受取ページを見る


7社経営、70億円稼いだ横山から
今すぐ使える
●売上アップ動画講座
●マーケティング3種の神器

を無料プレゼント中!

詳しくはこちら