SNSマーケティング

Facebookで集客したい経営者は必見!Facebookを使った具体的な集客方法やマーケティング戦略を紹介

Facebookで集客に成功した事例はこんなに!ほかの企業がとった戦略を紹介します

Facebookを集客に活用する事例は豊富で、これまでに多くの成功事例が存在しています。
業種や活用方法は様々ですが、集客と成約に結びついている共通点が存在するので、参考にしてみる価値は十分にあります。

クリニックの事例

クリニックを経営している事例では、Webサイトやブログに加えて、Facebookを導入しました。
アプローチする層の増加に繋がる集客チャネルを新たに増やしたことで、約1年半の時間を掛けて目標の月間集客数に到達しています。
1日あたりの過去最高の来客数も達成しているので、Facebookを活用する集客の底力が窺えます。

文化教室の事例

文化教室を提供している事例においては、集客に使える時間が限られ生徒数が伸び悩んでいたものの、Facebookで簡単に集客に成功しています。
生徒数の目標が、当初想定していた期間よりも短く達成できた、というのが魅力的なポイントです。
短期間で集客効果が見込めますから、Webサイトであったり、ブログに限界を感じている人に朗報でしょう。

シューズ販売企業の事例

シューズの販売を行う企業は、セミナーでFacebookの集客を学び、月商がトントン拍子で上がりました。
大台に乗ったのは1年後のことで、魅力的な写真の掲載や対応力の高さが、集客力に結びついています。
ただ、Facebookを使えば誰でも成功できるわけではなく、活用方法の工夫が結果に影響します。

ドッグフード販売企業の事例

ドッグフードの販売を行っている事例だと、商品の紹介のみでは優位な成果に繋がっていないといえます。
しかし、犬の情報発信に切り替えたところ、いいねの数が増えて集客力がアップしました。
いいねは当初とは比べ物にならない規模なので、Facebookを使った集客には成功のチャンスと夢があることが分かります。
売上の変化に目を向けると、月商数十万が僅か1年かんで20倍以上に増えています。
顧客目線で情報発信を始めたことが、集客の成功に結びついたのではないかと、自己分析を行っている点が印象的です。

茶道教室の事例

茶道教室の成功事例の場合は、Facebookを情報配信チャネルに活用したことで、今まで訪れなかった層が増えました。
情報の配信力が大幅に上がったからか、若い人達や海外からの問い合わせに、開催するイベントの参加者増にも繋がっている形です。
Facebookの集客成功例は個人レベルでも多く、いいね数のアップが注目度の上昇を証明しています。
売上に伸び悩みオンラインビジネスに限界を感じていたケースでは、Facebookの活用で売上が6倍にも伸びました。
成功の理由はターゲット層を絞り込み、特定の顧客にPRや情報配信を始めたことだと考えられます。


このように、集客に成功している事例は企業を筆頭に、個人にまで及んでいるのが特徴的です。
世界的に利用されているSNSというだけでなく、集客に活用するマーケティングとの親和性の良さが魅力だと思われます。
成功事例に共通しているポイントは、写真を使って視覚的にPRを行い、特定の層に届くメッセージを配信していることです。
自慢の商品ならそれを紹介したり、定期的にメッセージを更新して存在感を表すことが成功のカギを握ります。

facebook集客するためには、どんな文章を投稿すればいいの?

SNSで集客するためには、情報を積極的に配信してPRすることが不可欠です。
ただ、いざ文章を配信しようとしても、何をどのように投稿して良いのか悩みがちです。

投稿内容のポイント

具体的に何を投稿したら良いかという悩みには、共感を集めるメッセージがヒントとなります。
共感は親近感と言い換えることが可能で、距離感の短さや親しみを覚える切っ掛けを与えるものです。

ドッグフードの事例では、商品ではなく犬の情報を中心に配信することで、共感を集めて売上の増加に至っています。
つまり、商品情報を直接投稿するよりも、共感しやすい内容を中心に配信することが大切というわけです。

勿論、商品やサービスに関する投稿もありですが、こればかりだと宣伝の目的が前面に出てしまうので、時に消費者の敬遠を引き起こし集客を妨げます。

Facebookは集客の入り口、具体的な宣伝や成約は自社のWebサイトと役割を分けることで、売上に結びつく集客が実現します。
一見集客に繋がらなさそうな投稿で、人々の興味を引きつけて自社サイトに誘導を行えば、期待通りの集客力が手に入ります。

大切なのは、どういった層に集まって欲しいかを考え、その層に向けて共感を集める文章を作り投稿することです。
ターゲットの設定や作成する文章の内容がちぐはぐだと、折角の集客力を自らのものとするのは困難です。

文章自体の気をつけるポイント

文章作成のポイントは、伝えたい内容を読みやすく簡潔に、すんなりと頭に入る形でまとめることにあります。
漢字ばかりの文章は読みにくいですが、ひらがなばかりを多用するものも同様に引っ掛かりがあります。
そこで、漢字とひらがなの配分を考えながら、読みやすく工夫するのがコツとなります。

また1行が長い文章も読みにくいので、スマートフォンでも画面に収まるイメージで1文を考えましょう。
文章はリズムを考え、変化をつけながら読みやすくするとより好まれます。

似たような内容の繰り返しは単調な印象を与えるので、文章の流れを念頭に組み立てるのもポイントです。

写真やイラストなどの視覚情報を活用すると、文章量を抑えても伝えたいことが伝わります。
あまり文章が長いと読む気を損なわせてしまいますから、写真などを活用して文章量を減らしましょう。

1行は長過ぎると折返しが起こり、スマートフォンなどの端末では縦にページが長くなってしまいます。
そのため、1行を短くしつつ全体の文章量を抑え、1画面にページが収まるように工夫すると効果的です。

適度な改行や段落の作成も良いですし、そういう工夫が随所にあると、集客に結びつくまた読みたくなる文章が作成できます。


投稿する文章を作成することも、マーケティングの一貫として重要ですから、ただ闇雲に投稿を増やすのではなく、戦略的に内容を考えて発信していきましょう。
とても基本的なことではありますが、いいねが集まる共感に目を向けて投稿内容を考えると、自然と人が集まり集客の結果が表れます。

問い合わせの数が増えるという、嬉しい副次的な効果が得られますから、多くの人に読んでもらえる文章を投稿することが大事です。

2019年最新版!facebook集客に使えるツール(有料・無料)の全まとめ

Buffer(バッファー)

集客に使えるツールとして、無料の「Buffer(バッファー)」は予約投稿が便利に行えるものです。
予めセットした日時に投稿が行なえますから、忙しい人でもスキマ時間を有効に活用できます。
無料というのが嬉しいですし、単機能で使いやすいので、初心者から中級者以上にも役立ちます。
投稿のタイミングを設計することができますから、定期的な投稿に加えて、イベントやキャンペーン前の告知にも有用です。

Facebook自体の「アンケート機能」

Facebook自体の「アンケート機能」は、何を好み何が嫌いか集計できる、文字通り情報収集に役立つものです。
こういったツールを上手に活用すると、話題性が人を呼んで注目度が高まることがあります。
集めた情報は分析によって、今後のマーケティング戦略の材料に変わります。
どのような層から注目を集めているかも分かるので、情報収集に役立つアンケートと、それに使えるツールは活用したいところです。

Facebook Pro

「Facebook Pro」は専用のアプリケーションで、ブラウザを介さずに各機能にアクセスできます。
効率良くサクサクとアカウントが管理できますから、無駄を省きつつ集客力が高められるでしょう。
ブラウザはFacebookにアクセスできるものの、使い勝手という意味では微妙です。
スマートフォンなら公式のアプリを使う手もありますが、快適に使えるかといえば何ともいえないです。

鬼顔本

「鬼顔本」は友達が増える無料のツールで、ほったらかしにしていても自動でお友達やいいねが増えます。
友達の増加は集客に使うFacebookの生命線ですし、いいねは盛り上がりを見せるのに重要な意味を持つ指標です。
これが無料かつ自動で実現するとなれば、逃すことは難しい心強い味方となり得ます。
ただ悪用は厳禁ですから、悪目立ちしないように上手く活用することが大切です。


このように、Facebookの活用においては便利な味方が有用で、効率化や自動化を念頭に置いて設計されているものが狙い目です。
海外にも便利なツールは多数ありますが、まずは日本語で使える日本人向けのものを使ってみるのが良いでしょう。

無料でもかなり様々なことが可能なので、無料でお試ししてから有料の製品やプランを選択できます。
Facebook自体が既に、無視することのできないマーケティングツールになっていますから、取り敢えず無料で登録して使い始めてみるのが賢明です。

今後有料プランが充実すると考えられますが、今はまだ無料で使うだけでも十分です。
ある程度軌道に乗ったり、もっと集客力を上げたい時などに、有料のツールやプランを検討するタイミングとなります。

2019年もFacebookは集客のカギを握る存在で、有料や無料のツールを組み合わせると可能性の幅が広がります。
数が膨大なので全てを網羅するのは困難ですが、知名度が高く評判のものだけでも、比較したり検討を行った上で有益なものが見つけられるはずです。
集客の可能性を広げてくれますから、Facebookを活用するなら試さない手はないでしょう。

facebook集客に関する本やセミナーのおすすめ全まとめ

【書籍】「すぐに使えてガンガン集客! WEBマーケティング123の技」

「すぐに使えてガンガン集客! WEBマーケティング123の技」は、実用性の高い情報がまとめられているおすすめの書籍です。

具体的に何をすべきか、123もの内容が詰まっているので、手に取って読んで見る価値ありです。
内容の量からすると価格に納得できますし、実用的なので誰にとっても参考になります。

【書籍】「Facebookマーケティング 価値ある「いいね!」を集める心得と手法」

「Facebookマーケティング 価値ある「いいね!」を集める心得と手法」は、質の高いいいねを集めることに主眼が置かれています。
写真や裏話を使った商品の見せ方や、お得に買える商品の情報提供など、こちらも役立つテクニックが満載です。

セールスポイントの伝え方に、実際に商品を使っている情報の紹介も、具体的なやり方が掲載されているので便利です。
商品の詳しい情報ページに誘導する方法も、この書籍には全て書かれています。

【書籍】「Facebookで集客・売上をアップする方法」

「Facebookで集客・売上をアップする方法」は、ストレートなタイトルが目を引きますが、目を通してみる余地があります。
集客を具現化する48の法則がまとめられているので、アイディアを形にするヒントが見つかるでしょう。
書籍は単行本だと手頃ですし、電子書籍版なら直ぐに読める上に、ワンコインで手に入るお得感が高いです。

【書籍】「集客のできるFacebook投稿」

手頃で役立つ情報をもっと手頃に得たいなら、「集客のできるFacebook投稿」が期待に応えてくれます。
集客に繋がる投稿の本質は何処にあるのか、それを気がつかせてくれる良書です。
中級者以上には物足りないかもしれませんが、全くの初心者が学んだり、中級者にステップアップするきっかけになります。

【セミナー】株式会社ラブアンドフリー「Facebookセミナー」

Facebook集客でおすすめのセミナーには、何時も参加者で賑わう株式会社ラブアンドフリーが開催するセミナーが挙げられます。
要予約で直ぐに満員御礼になりますが、2時間半ほどの密度の濃い内容が手に入るセミナーです。

少数で直接的にFacebook集客の極意が伝授されますから、積極的に学びたい人にとって魅力的です。
参加費用は手頃なので、費用対効果を考えても見逃せないセミナーの1つとなるでしょう。

【オンラインセミナー】株式会社ROC「Facebookブランディングセミナー」

要注目の1つFacebookブランディングセミナーは、株式会社ROCが主催する個性を集客力に変える新しい視点のセミナーです。
Facebookを知り尽くすプロが、中小企業や個人事業主を中心に、集客のポイントを直接的に伝授します。

受講はオンラインで可能ですし、無料で学び始められますから、インターネット環境さえあれば全国何処からでも勉強できます。
商品やサービスに自信を持っているのに上手く伝わらない、あるいは差別化が難しく顧客の獲得ができないなど、悩める営業担当者に役立ちます。

更に、来店数を増やす施策やリピート率のアップに、紹介数を増やすやり方まで網羅されています。
安定した売上の実現にも取り組めるようになりますから、将来に不安を感じていても心配無用です。
より商品の知名度を向上させたい場合にも、Facebookブランディングセミナーは頼りになるでしょう。


Facebookは誰にでもチャンスを与えてくれますが、これらの書籍やセミナーを味方につけると集客に役立つ武器になります。

facebook集客成功のコツと効果的な方法を教えます!またfacebookの仕様変更で集客に影響が出るかについても解説

Facebookの集客を成功させるコツは、仕様変更を理解して上手に活用する点にあります。

基本的な考え方としては、宣伝だけに使用するのではなく、企業の成り立ちやコンセプトに顧客とのエピソードを交えるのがポイントです。
商品はそれ自体が消費者を惹きつける魅力を持ちますが、造り手や企業に魅力を感じ、購入に至ることもあります。

また良くある質問のQ&Aを投稿したり、親しみが感じられるように、身の回りの出来事を写真つきで投稿するのも効果的です。
投稿を担当する個人の顔ばかり見えるのは問題ですが、人間味が表れるように工夫を凝らすのはOKです。

写真だけの投稿でいいねが集まりやすい、という統計結果が存在しますから、時々あえてテキストをつけずに投稿すると集客力が上がります。
季節ごとに景色の写真を撮って載せる、これもFacebookの集客成功のテクニックです。

プロフィール欄を埋めないのは論外ですが、ただ掲載するだけでなく、更新して最新状態を保つことも重要です。
移転による住所の変更や、問い合わせ先の電話番号の追加に、臨時休業など更新すべき情報はいくつもあります。

掲載の連絡先に問い合わせても繋がらない、それではクレームが発生して企業やお店の評価を下げてしまいます。
一連の事実が顧客によって投稿されれば、投稿が広まって評価のダウンに結びつきます。
些細なことでもこのような影響が想定されるので、情報は常に正確に保つように心掛けましょう。

投稿のペースは1日に5回や10回ではなく、精々2回程度に抑えておくのがベストです。

Facebookは頻繁に仕様を見直すことで知られ、仕様変更が集客に影響するケースも存在します。

例えば、ユーザーにとって魅力的なコンテンツとは何かを評価して、それをニュースフィードに繋げることを掲げています。
友人と家族の情報や、人々に役立つと思われる新しいアイディアに、ユーザーに本当に有益な情報か否かを重視しているのが特徴です。
これらから大きく外れる情報は、評価が下がって集客力に影響しますから、Facebookが何を大切にしているか念頭に置いて活用しましょう。

タイトルで釣るような投稿は、既に優先度が低いとみなされるように仕様が変更されています。
いわゆるフェイクニュースはNGですが、タイムリーな情報や内容の精度が高いものほど評価されます。

Webサイトのリンクは、価値によって評価が行われますから、余計なリンクは含まないようにするのが得策です。
個人にとって有用なリンク先と、ページの読み込みの早さも評価指標になっているので、こういった仕様も把握しておくことが肝心です。

元々家族や友人など個人の繋がりを大切にしているSNSなので、企業の投稿よりも個人の投稿が表示されやすい傾向です。
最近も仕様変更が行われましたが、集客に影響するような大きな変化ではありませんから、当面は従来通りのマーケティングが行える見込みです。

ただし、変更が小さくても油断はせず、何時でも最新情報に目を向けて直ぐ対応できるように備えることが求められます。