ストループ効果と逆ストループ効果とは?実験例も紹介!

ストループ効果(Stroop 1935)は独立した2つの情報が関連付けられて記憶される人間特有の効果として1935年に提唱された効果です。
その例によく挙げられるのは、文字の意味と色の問題で、赤や青、黄色といった色示す文字が異なった色で記入されていた場合に本来の文字が示す色とは異なることからこれを正確に認識できないケースが多いと言う認知的葛藤効果によるものが挙げられます。
また文字が示すものと実際のものとを組み合わせる場合に文字自体の色が異なっていると実際のものと結びつけるまでに時間がかかると言う現象を逆ストループ効果と呼び、こちらも認知的葛藤効果の1つとして挙げられているのです。
これらの効果は認知心理学の実験においても様々な場面で立証されており、この効果を効果的に利用することが様々な環境において非常に重要な要素となっています。

ストループ効果が起こる仕組みを知っておこう

ストループ効果が起こる仕組みは人間が本来持つ様々な認知能力が起因しています。
人間は様々な状況の中から自分が必要とする情報だけを取り出す能力を持っており、文字の持つ意味からこれらの実際の色のイメージを直感的に頭に思い浮かべてしまうため、逆にこの色と文字が自動的に組み合わされて記憶していることにその原因があります。
この干渉制御の効果が多くの課題の中から自分の興味のあるものだけを先行的に導き出す能力と深く関係しているのです。

多くの人が話をしている中で自分が聞きたい情報だけを注意して拾い上げることができるカクテルパーティー効果はこのストループ課題の効果的な応用例となっています。
カクテルパーティー効果はさまざまな情報の中から選択的注意の観点で自分の欲しい情報を拾い集めることができ、その能力の背景にはストループ効果が大きな影響を及ぼしているとされているのです。

日常生活にもあった!ストループ効果の具体例4つ

日常生活の中にも様々なストループ効果の具体例があります。

例えば公共施設等のトイレには女性用と男性用がありますがそれぞれ女性用のマークは赤または明るめの暖色系の色を使用し、男性用のマークは青または寒色系の色を使用することが一般的となっており、その色を見ただけで男性用か女性用かを識別することが一般的となっているのです。
また多くの人が行列を作っていると店が繁盛しているのだなと感じることや、信号などで赤いものは注意や警告を示し、青いものは指示を示すと言うことを直感的に意識をするものです。
さらに年表などで右側に未来、左側に過去を示すのが一般的ですが、これらは明確な規則があるわけではなくこれまでの連れで直感的に認識していると考えられるものです。
そのためこれらの状況が異なってしまった場合に混乱してしまい直感的に認識することができずに考えてしまったり、見誤ってしまうと言うことも非常に多いので注意をしなければなりません。

【応用・実例】ストループ効果をマーケティングに活かすときのポイントと具体例

ストループ効果をマーケティングに生かす際には、直感的に認識される状況を上手に利用し、その表現に適した画像を利用することでより効果を高めることができるようになります。

たとえば低価格を主なアピールポイントにするのであれば商品の広告の画像には安い商品が大量に積まれているものを選ぶことが必要で、高級なものを美しく陳列された様子を掲載したのではイメージが異なってしまいなかなか良い効果を生み出さないことになるのです。
このようにストループ効果における広告文と実際の画像との整合性をしっかりと打ち出すことが効果的なマーケティングにつながるのです。

ストループ効果は様々な環境の中で情報を効果的に取り入れるために与えられた情報をもとに勝手に自分で想像してしまうと言う効果を示しているため、この想像を裏切らないような表現を組み合わせることが非常に重要となります。
流行っているお店と言うイメージを出したいのに誰も客がいない店舗の様子を表現しても違和感を感じさせてしまい逆に悪影響を及ぼしてしまうことも少なくありません。
この場合には店の前に行列を作っているようなイメージをしっかりと打ち出すことが、非常に効果的な宣伝広告の方法となります。

広告文とストループ効果によるイメージを一致させ、適切なものを選ぶことが非常に良い方法となるのです。

この記事を読んだ方にオススメ

マーケティングの全まとめチェックリスト

マーケティングの最新情報メールマガジン