マーケティングの心理学

「マッチングリスク意識」をマーケティングに活かす方法を徹底解説

マッチングリスク意識とは?

マッチングリスク意識は購入を踏みとどまらせる要因の一つです。
初めて購入する商品やサービスを検討する時、洋服であれば自分に合わなかったらどうしようなどの不安がついてしまうこともあります。
購入するものが食べ物であれば商品を購入する前に、口コミにあるようにおいしいのだろうか、買って食べてみておいしくなかったら損をしてしまうのではないだろうか、こうした不安が生じることは少なくありません。

トータル的に考えた時に、初めて買うものや利用するサービス、これらが満足できる結果を得られるのか否かを考えるのは誰にでもあること、こうした心理状態のことをマッチングリスク意識と呼びます。
尚、商品やサービスを提供する側は、ユーザーの不安を取り除くことができる情報を発信する、これにより悩みを解消することに繋がり、自社商品やサービスを選んで貰えるようになるわけです。

マッチングリスク意識はどんな買い物でも起こりうる!具体例を紹介

マッチングリスク意識と聞いた時、このような行動心理が働くのは主に高額商品やサービスの時などのイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。
しかし、高額の買い物は勿論のこと、少額の買い物でも同じような行動心理が生じるのが特徴です。

具体例を挙げると、新しい化粧水を見つけた時などに生じることがあります。化粧水はそれほど高価なものではありませんが、新しい化粧水を買う時、もし自分の肌に合わなかったらどうしようと迷う人は多いと言えましょう。
この場合の行動心理には金額的な要因以外にも、自分の肌に合わないと肌へのダメージが心配などの不安もついて来ます。

入ったことがないレストランを利用しようとしている時、おいしくなかったらどうしようか、食べずに残すのは本意ではないので、レストランに入るべきか否か悩む人も多いようです。

人はリスクを嫌う生き物!マッチングリスク意識を減少させるには「損失回避の法則」を利用しよう

損失回避の法則を利用することで、マッチングリスク意識を減少させることができるようになります。
損失回避とは人が考える得をするよりも損をすることを考えないようにすることを意味します。

具体的には買わないと損だと感じさせることになるわけです。
1万円を得る喜び、1万円を失うショック、いずれも1万円の金額ではありますが、大半の場合が失う1万円の方がはるかに大きな出来事だと感じます。
このような心理理論のことを行動経済学の中ではプロスペクト理論と呼んでいます。

お金については誰もが損をしたくないなどの感覚を持ちますが、プロスペクト理論をマーケティングの中で応用すると、利用者の購入意欲は2倍以上に高める効果を期待できるとも言います。
ちなみに、マーケティングの中ではこうした理論だけでなく、購入意欲を高めるコピーライティングも重要な要素です。

マーケティングでマッチングリスク意識を減少させる方法

ネットの中で販売が行われている商品やサービスは手に取ってみることができないため、写真や書いてある文章を読んで買うべきか、利用すべきかを決めることになります。
試すことができない、購入もしくは利用してみないと分からない、さらに高額なものになればなるほどマッチングリスク意識は強く生じるのが特徴です。
こうした意識を減少させるためのコピーライティング手法は利用ユーザーへの安心感を与えると同時に購入意欲をアップさせる効果にも繋がります。

しかし、文章だけでは十分な購入意欲に繋げることが難しい時にはアフターサポート(長期保証)などを取り入れると効果をアップできます。
アフターサポート(長期保証)は利用する側にとって、いつでも対応して貰える安心感、購入したら終わりではないので気持ち的にも楽になるわけです。

ネットの中でも買い物は実店舗とは異なり手に取って商品を吟味できません。
使ってみないと分からない、食べてみないと分からないと感じている人が多いわけですから無料サンプルの提供もお勧めです。
サービスや化粧品、健康食品などの場合はお客様の声を集めて掲載しておくのもマッチングリスク意識を減少させる秘訣に繋がりますし、使ってみないと分からない健康食品などは返金保証を設けておけば高額なものでも売り上げ増を期待できます。

マーケティングに使える心理学をいっきに学んでみませんか?

マーケティングに使える心理学について知りたいあなたは、以下のようなことに悩んでいませんか?

  • どれだけ心理作用があるのかわからないし、何個覚えればいいの?
  • 実際の販売ページや広告文で使ってみようとしても、なぜかうまくいかない・・・。
  • マーケティングに特化した心理学の本がなかなか見つからない!

心理学をマーケティングに利用すれば、確実に売り上げアップに繋がります。

しかし、心理学のみにフォーカスしている本などは多いものの、マーケティングと紐づけるものは少ないのが現状です。
しかも、せっかく心理作用を勉強しても、マーケティングと紐づけて覚えなければ、いざ使おうとすると実際の使い方がわからなくなってしまいます。

そこで弊社では、Webマーケティングに本当に使える心理作用を、37個まで厳選し、解説する教材を開発しました。
それが「マーケティング心理の極意」です。

なお使い方に困らないよう、実際の活用方法について具体的な説明を加えました。

もし心理学をマーケティングにうまく活用できずに困っているのであれば、「マーケティング心理の極意」をぜひチェックしてみてくださいね。

【公式】「マーケティング心理の極意」

【無料】Web集客でお困りではありませんか?

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございます。

当サイト運営のCatch the Web Asiaは、Webマーケティング会社です。
設立からたった10年で70億円以上を売り上げることができました。
今、このサイトの読者様に特別プレゼントを配布中です!

マーケティングマスターシート2019
Webマーケティングを行うときに必要な具体的な作業内容を、ひとつのシートにまとめました。
あなたの会社に必要な、web集客「次の一手」が一目でわかります!
Webマーケティングで成功するためのポイント解説セミナー動画
Catch the Web Asia代表・横山が行うオンラインセミナーを収録。
売上アップのための“ある根本的な考え方”からスタートし、Webマーケティングに欠かせない4つのポイントを解説。
最後にもっとも大切な「●●力」を身につける方法を伝授します!

当社が10年間で70億円を売り上げた秘訣がギュッと詰まっているので、興味がある方はぜひチェックしてみてくださいね。

※完全無料で追加課金はありません。