マーケティングの心理学

【ビジネス心理学講座】「カリギュラ効果」をマーケティングに活かす方法を徹底解説

カリギュラ効果とは?

カリギュラ効果とは「やってはいけない」や「見てはいけない」など釘を刺されると、逆に禁止された行動をしたくなる心理的な現象です。
カリギュラ効果の呼び名のカリギュラはローマ皇帝カリグラを由来としています。
正確には皇帝カリグラの人生を描いたアメリカ・イタリア合作映画「カリギュラ」(1980)が由来で、放送された直後はその過激すぎる内容のせいで一部の地域では上映禁止令が出たほどです。
しかしその上映禁止令がかえって好奇心を刺激し、禁止令が出された地域では数多くの人々が映画館に押し寄せたと言われています。
その勢いに負けて結局禁止令は撤回され、映画は空前の大ヒットをしました。
こうしたケースのように、反発がもたらす好奇心を「心理的リアクタンス」と心理学では言います。
ちなみに由来になった作品はハードな描写が多いので要注意です。

カリギュラ効果は人間の永遠のテーマ!カリギュラ効果に関する話は多い

語源こそは最近名付けられたものの、その心理効果は昔から知られています。
例えば日本の御伽噺では浦島太郎が、世界的な御伽噺ではパンドラの箱が有名です。
前者も後者もきっかけは違えど、「開けてはならない」と渡された箱を開けてしまって閉塞感がある結末を迎えます。
閉塞感はないものの、おじいさんたちが「覗いてはいけない」と言われた襖を開けてしまい、物悲しく鶴が別れを告げる鶴のおんがえしもカリギュラ効果と関係があるといっても過言ではないです。
また狂言の附子をモデルにした児の飴食ひたる事(沙石集)も当てはまります。
ロミオとジュリエットも挙げられますが、こちらは心理学者のドリスコールによって恋愛において障害があればあるほど乗り越えようと意欲的になる心理現象の呼び名に使われているので微妙なところです。
いずれにしても昔から人間は禁忌に弱いと言えます。

カリギュラは生活の中にもあふれています

カリギュラ効果は身近なところで発揮されています。
例えば「心臓が弱い方は見ないでください」と宣伝されるホラー映画、こんな出だしだと人は恐怖感を想像して好奇心を膨らませていくものです。
これによりその映画を見に行く人が現れるわけです。
一部の音声を「ピー」という音でマスクされるテレビ番組、これもまた生活に近いカリギュラ効果として挙げられます。
一部の音声を隠されると「どんな言葉を言ったのだろう」とつい意識してしまい、結果見てしまうからです。
それから「閲覧注意」という文言がタイトルについた記事、「このまま放置する」と「押し倒す」といったアダルトな雰囲気があるゲームの広告も当てはまります。
どのような刺激的な内容があるのか好奇心が旺盛になり、その衝動をコントロールできずについクリックしてしまうケースは数多いです。

カリギュラ効果をマーケティングに活用しよう!今すぐ使える“具体的なキャッチコピー”6つ

カリギュラ効果をマーケティングに活用するなら、キャッチコピーのような広告文で使えます。
その使い方は基本的に限定と禁止、それから隠す方法の3種類です。

まず限定する方法は「この漫画は少女漫画が好きな人には向いていません」といったように、わざとターゲットを指定する文句が挙げられます。
これにより指定されたターゲット以外の顧客の心を刺激するわけです。

それから禁止する方法は「絶対に押すなよ」で有名なダチョウ倶楽部のギャグが挙げられます。
実際に2016年のモンスターストライクのCMにてダチョウ倶楽部のギャグにかけて「モンストやるなよ」と放送すると、キャンペーンは通常よりも反響があったそうです。

そして隠す方法は「この先」といったように区切りの良いところで、続く言葉をあえて隠すシンプルな方法が代表的であります。
これもまた言葉を伏せる事によってその先を知ろうと、好奇心を刺激するやり方です。

あとは「今日限りで閉店セール」や「飲酒とタバコは健康によくありません」、そして「見ないでください」などです。
このように限定したり禁止したりすると反発やストレスを抱き、それを発散するために逆の行動をしてしまいます。

ただしカリギュラ効果をマーケィングに活用しても、それは結局のところ煽り文句です。
そのためやり過ぎたりすれば顧客が遠ざかる可能性があるので、塩梅を見ながらしなくてはいけません。

マーケティングに使える心理学をいっきに学んでみませんか?

マーケティングに使える心理学について知りたいあなたは、以下のようなことに悩んでいませんか?

  • どれだけ心理作用があるのかわからないし、何個覚えればいいの?
  • 実際の販売ページや広告文で使ってみようとしても、なぜかうまくいかない・・・。
  • マーケティングに特化した心理学の本がなかなか見つからない!

心理学をマーケティングに利用すれば、確実に売り上げアップに繋がります。

しかし、心理学のみにフォーカスしている本などは多いものの、マーケティングと紐づけるものは少ないのが現状です。
しかも、せっかく心理作用を勉強しても、マーケティングと紐づけて覚えなければ、いざ使おうとすると実際の使い方がわからなくなってしまいます。

そこで弊社では、Webマーケティングに本当に使える心理作用を、37個まで厳選し、解説する教材を開発しました。
それが「マーケティング心理の極意」です。

なお使い方に困らないよう、実際の活用方法について具体的な説明を加えました。

もし心理学をマーケティングにうまく活用できずに困っているのであれば、「マーケティング心理の極意」をぜひチェックしてみてくださいね。

【公式】「マーケティング心理の極意」

【メルマガ登録限定】セミナー動画&PDFファイルを無料でプレゼント中!

安定した収入が欲しくて、webを使った集客方法やマネタイズ方法について調べてみたけれど、具体的にどのように手を動かせばいいのかわからずに困っていませんか?

当社では、「売上アップ戦略と、インターネット集客の最新事例&ノウハウ」についてお伝えする無料メールマガジンを発行中です。
さらに今なら、メルマガ登録者様限定で、以下のマーケティングノウハウ集をプレゼントしています。

【プレゼント内容】
  1. マーケティング戦略を完全網羅したノウハウシート(PDF):1つ
    「マーケティングマスターシート2019」
  2. 当社代表によるマーケティングセミナー(動画):4本
    「1.売上を2倍にするための“方程式”」
    「2.マーケティングを成功せるためのポイント3つ」
    「3.インターネットで商品を買ってもらう方法」
    「4.目標を達成するためのコツ3つ」

このPDFファイル&セミナー動画4つは、弊社「Catch the Web Asia」が10年間で70億円を売り上げてきたノウハウを凝縮したもので、

  • 売れる仕組みはどうやって作るの?
  • 理想のお客さんだけを集めたいんだけど・・・
  • 利益を最大化させるには?
  • リピートしてくれるファンを増やしたい!
  • 高単価の商品を売るいい方法はある?

といったギモンや期待におこたえする内容となっています。
ぜひ、あなたの事業の「売れる仕組み化」にご活用ください